fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


takan_convert_20210611021541.jpg

たくあん(たくわん)の一例

たくあんはとっても美味しいです~♪

箸休めとしてもお茶うけとしてもはたまたご飯やお弁当のおかずとしても立派にその役割を果たしていると思います。

昔、貧乏学生の頃に仕送り前やアルバイトの給料が振り込まれる直前で本当にお金が全然無くて、冗談抜きに
家に白米以外の食べ物がほとんどなくて冷蔵庫にかろうじてたくあんが残っている際には
白いご飯とたくあんだけで夕ご飯にした事すらありましたけど、あの時も実はそんなに貧乏たらしい・・という感じではなくて
むしろ「あれれ・・? たくあんってこれだけで十分すぎるほどごはんのおかずになるものなんだ~♪」と
感じたほどでした。
ちなみにその翌日に学食でランチや夕食を食べるお金すら無かった時には、
アルミのお弁当箱にご飯をいっぱい詰めて、たくあんとウインナーだけのおかずを入れてお弁当にし、
それを吹奏楽団の練習の合間の昼の休憩時に食べていたら、同じパートのクラリネットの先輩お姉さまたちより
「あらあら・・なんという粗食!」と言われつつも
「だけど他人が食べているとたくあんとウインナーも美味しく見えてしまうのよね~♪」と言われたのはなんだか少し
照れ臭かったですけど、その後そのお姉さま先輩たちが
「はい、これ、貧乏学生の後輩君くんへ・・」と言われてセブンイレブンで買われてきたシーチキンおにぎりとゆで卵と卵焼きを
差し入れで頂いた時は感激したものでしたし、あの時のおにぎりやゆで卵などはとっても美味しかったです~♪

そして翌日に無事にバイト代などが振り込まれると、そのお姉さま先輩たちと飲みに行って、
「いえいえ、昨日のお礼ですから・・」とかなんとかいって散財してしまうのは世の男たちの見栄とサガみたいなものでした・・

そうそう、余談ですけど、当時の私のたくあんとウインナーのみのお弁当も貧相でしたけど、
今年に入って100円ローソンにて、一つ200円+税の「おかずがウインナー5本のみのお弁当」が発売されていて、
あの貧相さは相当なものがありましたけど、あれはあれでむしろ潔さと開き直りの姿勢も感じられ、
あれも一つのお弁当の立派な方向性と感じたものでした。
ちなみにですけど100円ローソンのあのウインナー弁当は厳密に書くとウインナーとご飯のすきまにはスバケディ―も
はさまれていました~♪

たくあん(口語読みでたくわん)は干した大根を糠床で漬けた日本の漬物であるのに対して、
べったら漬けとは塩漬けした生の大根を麹で漬けた江戸発祥の漬物です。ぺったら漬けは塩で下漬けした生の大根を、
米や塩、砂糖を加えた米麹に漬け込んで熟成発酵させるのが伝統的な製法で、
米と米麹によってできる甘酒の独特の甘味があり、塩味が多い漬物としては珍しい甘口の漬物になっています。
表面についた米麹がべっとりしている、べたべたしていることが名称の由来とされています。
たくあんと比較すると水分量が多いため瑞々しく柔らかい歯ごたえで、独時のぬめりのある舌ざわりと甘味が特徴と
いえそうです。

とにかくたくあんもウインナーもそれだけで立派なお弁当のおかずになる事だけは間違いないと感じたりもします。

tak.jpg

そうそう、もちろんたくあんがおかずのみのお弁当もシンプルイズベストなのかもしれないですけど、
たくあんをメイン具材としたチャーハンもシンプルですけどとっても美味しいと思います~♪

以前購入したたくあんの袋のレシピに「たくあんチャーハンはとても美味しいから一度お試しあれ」と記されていて、
そのレシピが確か、

1..ウインナーを輪切りに、たくあんをみじん切りに切る

2..卵を溶く

3..熱したフライパンにウインナー、たくあんを入れて軽く炒める

4..卵をフライパン全体に入れてその上にご飯をのせて素早く炒める

5.塩コショウ、醤油を入れて混ぜ、最後にごま油をほんの少し隠し味程度に入れて風味を付ける

こんな感じだったと思いますけど、たくあんとチャーハンの意外な??相性のよさが存分に発揮されていて
とても美味しかったです~♪

冷蔵庫の中にたくあんとウインナーぐらいしかなかったらこうしたたくあんチャーハンもとてもお勧めです。



2019年の「スター☆トゥインクルプリキュア」の宇宙人プリキュアのララちゃんというと「おにぎり、とってもおいしいルン!」と
いうようにおにぎり大好きという印象もありますけど、
こうしたたくあんチャーハンを食べられたとしたら、「オヨ~!」と感嘆の声をあげられて
「なにこれ、とってもおいしいルン~♪」と言われそうな予感もありそうなのルン!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

たくあんは漬物の中でも食べやすく、親しみやすい漬物ですね。小さい頃漬物が苦手だったのですが、たくあんだけは食べることが出来ました。味はもちろんですが、食感が楽しいですよね(^^♪
たくあんチャーハンは試したことが無いのですが、なかなか興味深い!今度作ってみます!

チャーハンでも・・

ごにぎり 様

たくあんはご飯のおかずにもお茶うけにもつかえる大変貴重な食材と言えそうですけど、
チャーハンにもよく合うと思います。
白いご飯と一緒に食べる時のあのこりこりポリポリ食感がチャーハンのパラパラっとした食感にとても
よくマッチしていると思います。

「ラーメン大好き小泉さん」の小泉さん的にはラーメンライスの箸休めとしてたくあんは重宝されるのかも
しれないです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |