fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


002_convert_20190327172005.jpg

日清のカップ麺としての麺職人のしょうゆ味は安定の一杯といえそうです~♪

私自身も結構色々なカップラーメンは食べてきたと思いますけど、私自身が最も「美味しい!」と感じるのは、
日清の「麺職人」なのかもしれないです。
あの美味しさは、そのへんの街の不味いラーメン店の一杯600円近くのラーメンよりも全然おいしいと思いますし、
チェーン店の画一化されあまりおいしくないラーメン食べるのだったら、麺職人を食べた方がいいとすら感じています。
麺職人は、やや硬めの本格的な麺・鶏がらをベースにしたかなり手がこんでいると思われるスープ・麺とスープのバランス感・
私としては文句の付けようがない味とすら感じてしまいます。

麺職人ですけど、定価は170円くらいだと思うのですけど、うちの近隣のスーパーでは、88~118円あたりで
売られていますので、この安さから見たあの味は「素晴らしい!」としか言いようが無いような気もします。

麺職人は、お湯を入れてから4分という事になってはいるのですけど、
固めの麺が好みの私としては、3分30秒あたりでOKだと思います。
麺職人は、やっぱり少し固い感じの食感があっているのかな・・?と思ったりもしますね。

こうした完成度が高いカップラーメンについては、たまにこの当ブログでも書いているようなちょい足しは
必要ないと思うのですが、缶詰コーンをたっぷりと入れて、海苔をたんまり入れると、
更に鶏がらスープのコクが強調されるような感じもありますし、コーンが入る事が食事としてのボリューム感も増えますし、
海苔がスープに溶けるような感じになる事で、味が少し深くなるような感じもあります。

さてさて、この麺職人の醤油味なのですけど、実は以前から少し気になっていたことがありました。

それは何かと言うと熱湯を入れて3分30秒~4分が経過し「さー食べよう!むと思って麺を箸でつかもうとすると
麺がうまくほぐれず麺と麺同士がくっついてしまうことがよくあるという事でもありました。
しかもそのくっついた麺だけはまるでお湯が通っていないかのように硬くて、一つのカップ麺に
ほぐれた麺とほぐれていない麺が混在し、硬さも部分的に統一感がないものも感じていたものでした。
そしてこの現象を分析したところ・・?? カップに記載されているように「麺とかやくのみに熱湯を注ぎ、液体スープは
4分経過後に食べる直前に入れる」という食べ方ですと、そうした麺がほぐれない現象は発生しなかったのに対して、
液体スープを後入れするという手間暇を惜しみ2回に分けるという手順を面倒くさがり、お湯を入れる直前に
かやく・液体スープ・のりを全て入れてしまうと、結果的にそうした麺がうまくほぐれず麺同士がくっついてしまうという
現象が起きることが判明したものでした。
これは多分ですけど、液体スープが麺に付着してしまい、そのことが麺同士がうまくほぐれないことに
なったのかもしれないです。
要は・・面倒くさがらずにカップ麺に記されている規定の食べ方通りに食べるというのがおいしいカップ麺の食べ方と
言えるのは間違いなさそうです。
確かに、麺同士がくっついた箇所をよく見てみるとその箇所だけ濃くなっていましたので、液体スープがなんらかの形で
麺のほぐれを阻害していたといえそうです。

そうそう、カップ麺ではなくて袋麺ですと、昭和の頃ですと商品によっては鍋でお湯を沸騰させ、その中に麺と粉末スープを
投入して3分ほど煮込んでくださいという商品もあったかとは思いますが、
最近の袋麺は「スープと麺は別々に作ってください」というのがほとんどだと思われます。

要はカップ麺も袋麺も面倒くさがらずにまずは麺をきちんと茹で上げた後でスープを投入して下さいという事なのかも
しれないです。
ただも一部の商品において、粉末スープと液体スープの二種類が入っていて、注意書きにおいては
「お湯を入れる前にかやくと粉末スープをいれ、食べる直前に液体スープを入れてください」という商品もあったりしますので、
速い話が袋麺もカップ麺もメーカー指定の食べ方をきちんと徹底した方がおいしく食べられるという事なのだと
思われます。

d5fc4098-s_convert_20180505141536.jpg

b0958c6e-s_convert_20180505141518.jpg

袋麺における「スープと麺は別々に作ってください」という問題提起は「ラーメン大好き小泉さん」にもきちんと
登場していました~♪

袋麺を作る際に一つ問題があるとすると、それは茹で方の問題と言うか、
鍋で麺を茹でた際にその茹で汁でもってスープを作るべきなのか、はたまたゆで汁は捨てて別に沸かしたお湯でもって
スープを作るべきなのかという古典的でオーソドックスな問題もあったりします。

メーカーの作り方においては・・

1.お湯500mlを沸騰させる
2.乾麺を入れる
3.ほぐしながら3分ゆでる
4.火を止めて粉末スープを入れてよく溶かす
5.器にうつして出来上がり

となっていてメーカーの基本的な考え方は麺を茹でた茹で汁に粉末または液体スープと調味油を入れるという事なのだと
思います。
私自身もそうした方法が無難と言えると感じます。
というのも袋麺というのはその本日はやはり「インスタント麺」であり、茹で汁とは別にお湯を沸かしたりするひと手間自体が
インスタント食品にあっては邪道という感じなのかもしれないですし、
実は私自身も面倒な際は、麺を茹でた鍋にそのまま粉末スープ等を入れよくかき混ぜ、鍋自体にのり・コーン・チャーシュー等の
トッピング具材を乗せることも多々あったりして、結果的にそうした方が食後に洗う器は鍋一つだけで済むという事を
考慮すると茹で汁にそのまま粉末スープ等を加える事自体はむしろインスタントの王道といえるのかもしれないです。

反面・・人によっては袋麺の麺は油で揚げた種類が多くて、その茹で汁には実はたくさんの油や食品添加物が
含まれていて、栄養価的にも体への負担を考えるとむしろゆで汁は捨てて、普通のお湯で溶かしたスープを別に用意した方が
いいし、その方が体にもいいし胃もたれもしないという考えもあったりします。
その点に関しては確かに一理あるのかもしれないです。
なんとなくですけど感覚的には賞味期限が近い袋麺を茹でた時にはその茹で汁がなんとなく防腐剤の香りがしていたり、
普段以上に小麦粉の香りを感じたりもする時もあったりして、スープの純化という観点では、茹で汁ではなくて
純粋なお湯でもって粉末スープを溶かして別にスープを作った方が確かに純度という意味においては優れているのかも
しれないです。
ただ人によっては、「元々袋麺の麺自体に野菜・油の旨味の成分が含まれているので、茹で汁を捨てるのは
麺の味を逃がしてしまう」と言われる人もいたりもします。

要は結論は人それぞれと言えそうですし、自分が試してみて「これが一番おいしい!」と感じる茹で方・作り方が一番だと
思いますし、言えることは袋麺の裏面に記されている調理方法に忠実に作るのが最も無難であるという事なのかも
しれないです。

さてさてそれではラーメン女王の「ラーメン大好き小泉さん」の小泉さんの見解はどんなものなのでしょうか・・?

小泉さん的にはやはりスープの純化を重視されているようで、スープの濁りを回避させるために「麺とスープは別々に
作りましょう」と提言をされているようでもあります。

もっとも・・小泉さんは大の料理下手であり、実は一人ではインスタントの袋麺すらも上手く作れない・・という意外な事実も
判明していますので、小泉さんのそうした見解も意外と??当てにならないのかもしれないですね・・

koiz.jpg

「ラーメン大好き小泉さん」の小泉さんは確かに料理下手ではあるのですけど、さすがに
「カップ麺の麺職人を食べる直前ではなくて熱湯を入れる前に液体スープを投入したら麺が固まってしまい麺がうまく
ほぐれない」という事はお分かりだと思いますし、もしもそんな事を小泉さんの目の前でやらかしたとしたら
例のあの「嫌です」・「お断りします」といった冷たい視線が待ち受けているのかもしれないです・・

だけど小泉さんの魅力の一つはそうした無愛想な冷たい視線でもありますので、それはそれでいいのかも~♪



2019年の「スター☆トゥインクルプリキュア」の宇宙人プリキュアのララちゃんがもしもおにぎりではなくて
カップ麺としての麺職人を食べられたとしたら、おいしさのあまり
「オヨ~!」と感嘆されるのは言うまでも無い事でありそうですし、
「なにこれ、カップ麺でここまで本格的なラーメンの再現はありえないルン~♪」といわれそうですルン・・!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ポタージュ粉末などを使ったのパスタ(西洋物)も水から起こそうとすると固まる時があります。
お湯だと問題なく溶けますが、やはりインスタントスープの成分がお湯で溶解するように作られてるんでしょうかね?

シチューもそうですね~

sado jp 様

言われてみると市販のポタージュ・シチューも粉末系を使用して材料の煮込みから開始しても
結構粉末が完全に溶け切らないで団子状になったりもしますけど、
あれって学校給食の激マズシチューにも通ずるものがあるのかもしれないです。

カップ麺もお湯だけで麺を柔らかくした方が美味しく食べられるという事だと思いますね~

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |