fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


self_convert_20201216165359.jpg

半年ぐらい前の記事にて「最近はコロナ禍のためなのか店員さんとお客さんの感染リスク回避の一策ということもあるし
店舗の経費削減という効果への期待という事もあるのか以前よりは相当程度スーパーやコンビニ等での
フルセルフレジ・セミセルフレジ導入のお店が増えてきた」という内容の記事を掲載した事があります。

ちなみにですけどセルフレジと言っても二種類あり、一つがフルセルフレジでありもう一つがセミセルフレジであったりもします。

セミセルフレジとは何かと言うと、商品のスキャンまでをお店の店員が行い、精算は精算機を使い購入者自身が行う
システムです。バーコードスキャンに慣れていない方でもスムーズに買い物ができるというメリットがあります。
フルセルフレジ(無人レジ)とは何かと言うと、商品スキャンから精算・袋詰めまで全てを購入者が行うシステムです。
レジに人が常駐する必要がないので人員コストを抑えられるというメリットがあります。
セミセルフレジでもフルセルフレジでも共通して言えることは人員コスト削減と購入者にとってレジでの待ち時間を少しでも
減らすことができるという事なのだと思います。
実際、これまでのレジでどうしてあんなにも長蛇の列が出来ることが多いのかと言うと、その一つの要因として
特に高齢者の皆様が会計時に財布からお金を出す時に相当もたついていたり、小銭を引っ張り出そうとして財布の中を
隅々までガサガサやっていたりもするから、それがレジ混雑の大きな要因になっていた事は疑いようのない事だと
感じたりもします。
さらに輪をかけるように店員さんが高齢者顧客に「ポイントカードをお持ちですか?」と聞いた時には、多くの場合
高齢者がきょとん・・と固まってしまい無反応のまま時間が経過し、その時間の積み重ねが塵も積もって山となったのが
あのレジでの混雑だったのかもしれないです。

昨年・・2020年はどのスーパーでもセルフレジの導入がかなりの急ピッチで進んでいたような印象があります。

そこにはもちろんレジ担当の削減と言う費用的効果もあるかとは思いますが、レジ混雑という三密を生み出す要因を
セルフレジ導入によって出来る限り回避させようという意図もあったのかもしれないです。
そしてレジ担当を減らした分、他の業務に人手を回すことができるというメリットもありそうです。
購入者にとっても自分のペースで会計ができ、あせらず落ち着いて買い物をすることができるというメリットもありそうです。
フルセルフレジ(無人レジ)の場合は購入者が自らバーコード読み取りをしないといけないのですけど、これを初めて利用する
高齢者の皆様はかなり戸惑っているような印象もありました。
例えばですけど惣菜品を3個購入した場合は惣菜品自体にバーコードが付着しているわけではなくてレジの誘導にしたがって
商品指定と個数入力をしないといけないのですけど、機械音痴の高齢者にそれを求めること自体無理があるのかも
しれないです。もっとも昨年の新型コロナ以降は惣菜自体が一つ一つの小分けのパック詰めされているようになり、
以前よりは操作が簡単になっているといえそうです。
たまにですけど、こちらは最初からエコバックを持ち込んでいて最初から指定位置にエコバッグを
置いているのに、レジがそれを的確に反応してくれず「エコバックを所定位置に置いてください」と執拗にエラーメッセージが
出る場合もありますし、酷い時には「商品と重量が合致しません。担当者が来ます」となんだか万引き??を疑われるような
エラーメッセージが出ることもあったりして「おいおい・・」と感じることもあったりします。
そのあたりはセルフレジが今後完全に定着するまでの間の課題の一つなのかもしれないです。

このように日本社会でも相当程度会計時のセルフレジ化が進展しましたけど、最近においては同じセルフレジでも
現金も支払い手段の一つとするタイプと、レジにて現金での支払いができずその支払い方法は電子マネーやクレジットカード
のみという完全キャッシュレス対応のレジに二極化しているようにも感じられます。
キャッシュレス決済のみのレジの場合、そこでの支払い方法は、
1.電子マネー(Suica、楽天Edyなど)
2.クレジットカード
3.バーコード決済(PayPay、LINE Payなど)
4.提携ポイント(WAON、Pontaなど) あたりだと思いますけど、
遠い未来ではたとえばAmazon Goのようにレジ自体が存在しない支払い方法などが台頭してくるものと思われますが、
当面の間は・古セルフレジやセミセルフレジが小売店の主流として利用をされていくものと思われます。

ただそれでも例えばイトーヨーカドーや西友などのように店舗内のレジの大半がセルフレジであり、なおかつそのセルフレジの
半分が現金での支払いもOKなタイプで残り半分がキャッシュレス決済のみのレジの場合、
先日もそうした事例を目撃したのですが、とある高齢者がキャッシュレス決済のみのレジに並び、現金での支払いが
出来ないと店員さんから告げられると「どうして現金での支払いができないのだ! おかしくないのか!?」と店員さんに
逆ギレしている場面を見てしまうと、「店員さんも大変だよね・・」と同情してしまいますし、同時に
「あの表記方法だと確かに現金での支払いは不可であることは伝わりにくいよね・・」と感じたりもしたものでした。
セルフレジ化やキャッシュレス決済の今後の更なる普及は高齢者の方にとっては「買い物すらもやりにくい時代・・」と愚痴に
なってしまうのかもしれないですけど、それは「ラブライブ! サンシャイン!!」のずら丸ちゃんではないですけど
それが「未来ずら・・」という事なのかもしれないです。

ただそうは言っても街の八百屋さんとか駄菓子屋さんなどにおいては、そうしたセルフレジの導入はおろか、
バーコードで商品を読み込む今風のレジでもなくて、まるで昭和の頃にタイムスリップしたかのような
いちいち商品を一つ一つ手打ちしていくお店だってまだまだ多々あったりもします。
うちの近所の八百屋さんもレジはそうした昭和レトロのような手打ち方式で、しかも消費税は全ての商品の打ち込みを終えた
後に「うちの商品はみんな軽減税率だ・・たぶん・・」ということで、合計金額の8%分を電卓で弾き、合計金額とその消費税分を
もう一度電卓で合算し、大抵の場合1円単位の端数は「えーい、面倒くさい、端数は切り捨てでおまけだ~!
もってけドロボー!!」と威勢の良い掛け声でお客さんの笑いを誘うという感じなのですけど、たまにこうした街の小売で
セルフレジとは全く無縁の世界を感じたりすると、どことなくなつかしいという気持ちになれたりもしそうです。

先日においてはとある駄菓子屋さんで今どきにおいてはもっと珍しく懐かしい場面に遭遇しました。

なにかというとその駄菓子屋さんのお店にはレジすら存在していなくて、店主の婆さんが商品の合計金額と
消費税の上乗せ分の計算は全て「そろばん」にて見事にバチバチっとソロバンをはじいていたものでした~♪
「あたしゃ、レジはおろか電卓すらも使用はしないし、子供のころから慣れ親しんでいるそろばんが一番しっくりくる」と
言われていましたけど、これは昭和レトロを通り越して江戸時代~明治の頃の店頭の光景を見ているかのような
錯覚すら感じたものでした。
だけどこういう婆さんが巧みにソロバンを扱っている様子はどことなく粋な感じでもありました。

私の子供の頃の記憶としては、大抵どの小学校の周辺には、文具屋さんの他にこうした駄菓子屋さんが
一軒程度はあったような気もするのですけど、最近ではこうした大型商業施設内ではなくて
普通の店舗型としての「小さな駄菓子屋さん」を見かける事も少なくなってきたような気もしますね・・・
中学・高校の頃は、駄菓子屋で息抜きで食べるものって、アイスクリームとかベビースターラーメン・ビッグカツ・花串カステラ・
カレーせんべい・モロッコヨーグル・マルカワのオレンジガムとかミルクせんべいみたいないわゆる駄菓子が
多かったです。
中学校の生徒会で、バカで空気が読めない生徒会長が一度「買い食い禁止令」を発動したことがあったのですけど、
誰もそんな禁止令なんて守っていませんでしたし、ほぼ無視状態でした。
確か、その駄菓子屋の爺婆の二人組が学校に「営業妨害すんな!!」と怒鳴り込みに来てあえなく禁止令が消滅したような記憶が
あります。
駄菓子屋さんの店主というとどちらかというと爺さんが切り盛りしているよりは婆さんが一人で切り盛りしているというような
印象もあったりします。
そして駄菓子屋さんの店主の婆さんというと、なんとなくですけと、子供が大好きで仕方がないみたいなお茶目な婆さんと
「店内の商品をガキどもに万引きされてたまるか!」みたいな意地悪ばあさんみたいなタイプが多かったような印象もありますが、
どちらにしてもそうした駄菓子屋さんと店主の婆さんの組合せというものはなんだか古き良き日本の一つの象徴みたいな
感じもしたものでした。

sidare-hotaru-01_convert_20160224105151.png


ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。

上記にて駄菓子屋の婆さんと記しましたけど、もしもですけど駄菓子屋さんの店内に婆さんではなくて
美少女が店主または常連客として来店するたびににっこり微笑んでくれたとしたら、その駄菓子屋さんには
毎日通いたくもなりそうです~♪
そしてそうした事が描かれていたのが「だがしかし」の世界であり、そうした美少女こそがほたるちゃんだったのです。

「だがしかし」は文字通り、駄菓子を全面的に主役に持ってきた「ボーイ×ガール×駄菓子コメディ―」の一言に尽きます。

田舎の駄菓子屋を継がせたい父と、継ぎたくない実は漫画家志望の息子のココノツ・・・・
そんな店に、都会からやってきた駄菓子屋マニアの女の子・枝垂ほたるが唐突に現れます。
ちなみにこのほたるという女の子は「枝垂カンパニー」という大手製菓メーカーの社長令嬢というバックボーンがあります。
ほたるとしては、駄菓子業界では実は凄腕の有名人?て゜もあるココノツの父親の鹿田ヨウを
大手菓子会社「枝垂カンパニー」に引き抜こう、そして枝垂カンパニーにて剛腕を発揮してもらって
「枝垂カンパニーを世界一のお菓子メーカーにしたい!!」という明確な意図があり、
そうしたほたる自身のの夢の実現に向けて鹿田ヨウに協力を要請します。
しかし「息子のココノツが立派に跡を継ぐまでは店を離れたくない・・」という父親のヨウの意志を聞いたほたるは、
あの手この手を駆使してなんとか、ココノツが駄菓子屋を継がせようとします。
そうしてほたるの「ココノツの駄菓子屋継承」のための奮闘の日々が続き、ドタバタの夏の日が続いていく・・・
ストーリーとしてはそんな感じです。

ほたるちゃんの少しゴスロリっぽい衣装もあの異様な胸の大きさもとっても魅力的でしたね~♪

上記の「だがしかし」のほたるちゃんの絵は、アミグリさんが2016年2月に描かれた作品です。
ほたるちゃんが手にしているのはうまい棒です~♪

アミグリさんが描かれたこのほたるちゃんは、原作の雰囲気をそのまま丁寧に且つ美しく再現されていますけど、
同時にアミグリさんらしいオリジナルティーも十分に伝わってくるとっても素晴らしい一枚だと思います。

ほたるちゃんの原作における確かに美少女なんだけど少し変わっているとかあの独特なハイテンションな感じとか
幾分焦点が定まらない感じの目つきを尊重された上で、
アミグリさんらしいビューティフルでファンタジーな感じがとてもよく出ていると思います。
アミグリさんが描かれると、ほたるちゃんの目つきも全然ヘンじゃないというのか
普通の恋する美少女の眼差しのようにも感じられますね~♪
もっともほたるちゃんが恋しているのは駄菓子であり、「ラーメン大好き 小泉さん」のヘンな謎の美少女JKの小泉さんが
恋しているのはラーメンです。

美少女っぽい雰囲気と胸の感じのアンバランスさとか黒いバラの飾りとか白いブラウスとか、ほたるちゃんのかわいらしさとか
駄菓子の「うまい棒」を持たせているアミグリさんの構成と演出の巧さとか
この漫画・アニメを全然知らない方にも「ほたるちゃんというこの女の子はとてもかわいくて魅力があるね~♪」という事を
すてきに伝えていると思います。
アミグリさんが描かれたほたるちゃんは、原作の「ちょっとあぶない・・」みたいな雰囲気を尊重された上で、
アミグリワールドらしいビューティフルでファンタジーな雰囲気を描かれていて、
普通のアニメ作品の模写・描写ではなくて、アミグリさんの感性・感覚としての
「私はこのように感じたからこのように描く!」という気持ちも伝わってきていて、素晴らしいと改めて感じます。

上記のアミグリさんが描かれたほたるちゃんの権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいいほたるちゃんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

ラーメンを爆食いしている小泉さんもすてきですけど、駄菓子をおいしそうに食べてうんちくを語るほたるちゃんもどちらも
とてもすてきだと思います。
そしてアニメの声優さん的には小泉さんもほたるちゃんもどちらの役も竹達さんというのも凄い話だと改めて感じます。

もしも本当に行きつけの駄菓子屋さんにほたるちゃんのようにすてきな美少女がいたとしたら、毎日でも通い詰めたい
ものです~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

レジ要員経験者ですが正直コロナとかより面倒なお客さんに絡まれたくないのでもっとセルフレジ普及してくれないかなぁとは思ってましたw
お客さん自身のペースで会計ができるというのはお客さんも店員さんも気が楽だろうなという感じですけど、確かにセルフだとスキャン中にエラーが出ること多いんですよね。加えて精算機にお金と一緒に財布のゴミまで入れて詰まらせる案件もよく聞きますし、仮に完全セルフ化が進んでも今度はエラーでいちいち呼ばれそうではあります。
そこにキャッシュレス化ときたら…ポイントカードの理解すら追いついていない高齢者にそのへんを説明するのはなかなか骨が折れそうですし課題は山積みなのかもしれません。

レジの方は大変・・

schwert 様

最近はコンビニ・スーパーでも完全セルフレジまたはキャッシュれ専門レジが相当増えてきましたけど、
そうした無人レジ6~8台について案内専門のレジ担当の方を配置せざるを得ない所に
まだまだ完全には浸透しきれていない難しさを感じたりもします。

高齢者の方や若い方でも機械に弱い方ですと、完全セルフレジのやり方がわからずまるでお地蔵さんみたいに
固まってしまう人もいますし、
店員さんに逆切れしてしまう困ったクソジジイもいたりしますし、
はたまたお金を入れる際にレシート・他店の割引券、挙句の果てには御守りを投入し機会を詰まらせてしまう事は
よくある光景なのかもしれないですルン・・

フルセルフレジは私も戸惑います。
品数が少ないと楽勝ですが・・・
セミセルフレジも お金を入れてください だったか
現金を入れてください だったか 機械にせかされてしまいます。
電子マネーが使えるところはチャージしたカードが使えるのでちょっとスマートに支払いができるのですが・・・
私が通った耳鼻科は 機械での支払いになっていました。
次の予約も耳鼻科にある機械で取るか ネットを利用するか・・・
高齢になるとできないかもしれないなと思った次第です。

近未来のレジは・・

花梨 様

最近読んだ本の中で「2030年に確実に消滅している職業ランキング」という章の中で、
タクシードライバー・レジ打ち・接客業の店員・入力など単純な事務職・コールセンターなどが挙げられていて、
中でも小売業のレジは近い将来ほぼ確実に完全セルフレジまたは無人キャッシュレスレジに移行するのでほぼ皆無になると
記されていましたけど、
そうした意味では現在は移行期といえるのかもしれないです。

そして2030年頃には現在では全く考えられもしなかった決済方法が登場する事も十分考えられますので、
世の中と言うのは常に何かが変りゆく事の連続なのかもしれないです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |