FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


東京オリンピックの開催まであと10日足らずですけど、私たちの雰囲気は東京オリンピックに関しては
相当しらけきっているという感じが濃厚と言えそうです。
「別にどうでもいい・・」・「さすがにこの段階まできて中止というのは現実的ではないけど、一日も早く終わってほしい」・
「この一年半近くオリンピック開催ありきで自粛や飲食店の酒提供禁止など国民生活に相当な規制を強いてきたけど、
さすがに一年半近くこうした生活が続くと疲労感で一杯でいまさらオリンピック開催と言っても全然興味がない・・」などと
いった世相なのかもしれないです。

オリンピックの開催地の東京で緊急事態宣言が出ているのにオリンピック強行開催・・!?
国民に一年半近くここまで日常生活に多大な影響を残す制限を課し続けているのにどうしてオリンピック・・?
今年のGW前後に東京以外の方には「東京に来ないで」と要請をしていたのに、例え無観客と言えども世界中から
選手とその関係者、マスコミにいわゆる五輪関係者が来るのは「おもてなし」とかなんとかいって大歓迎というのは
矛盾ではないの・・?
そもそも論として子供たち・中高生の運動会・修学旅行・文化祭などのイベントが軒並み中止となっているのに
どうしてオリンピックだけは例外扱いなの・・??
そういった目に見えないモヤモヤ感と自粛疲れが東京オリンピックが開催されたとしてもどっちらけ状態になっているのかも
しれないです。

緊急事態宣言またはまん延防止等重点措置が適用される首都圏で東京オリンピックがたとえ無観客でも
強硬開催される意義は果たしてどこにあるものなのでしょうか・・??
無観客と上記で記しましたけど、現段階においては「(可能性的に)IOC関係者=いわゆる五輪貴族やスポンサー招待客は
観客ではなくて五輪関係者扱いだから、無観客のガラガラの開会式や競技会場でも観戦できるなんていう
「五輪関係者は観客に非ず」という理屈はまさに矛盾というか屁理屈以外の何者でもないと思いますし、これは
中国の「白馬は馬に非ず」とか「白猫でも黒猫でもネズミを捕まえるのが良いネコ」という理屈と同じなのかもしれないです。
無観客という事で、空席のはずの観客席でスポンサー招待客や五輪貴族らが観戦している映像がテレビ中継されようものなら、世論は炎上し、怒りの矛先は政府与党とスポンサー企業に向かうことになりかねないだけに、
せめて無観客と決定したからには例外なき無観客だけは徹底して欲しいものです・・
このようなインチキばかりして国民感情を逆撫でし続ければ、スポンサーの企業イメージはガタ落ちしてしまうのが
関の山なのかもしれないです・・

この1年半近く、私達日本の国民は国民の気持ちがわからない・・否! 分かろうともしない政治家たちによって振り回されてきた
ともいえそうです。
そしてそれを最大限象徴しているのが東京オリンピックといえそうです。
招致活動時から「東日本大震災から復興した姿を示すため」と無理やり取り繕った経緯もあり、当初のオリンピック史上
かつてないコンパクトでお金がかからないとかなんとかいっていたのに、結局は建設土建の利権絡みなのか競技会場を
全国各地に分散した挙句、福島開催の野球等も結局は無観客開催となったのは
東日本大震災からの復興というスローガンがいかにこじつけであったかを示唆するものともいえそうです。
新型コロナ感染拡大後は、いつのまにかそうしたスローガンすらも「コロナに打ち勝った証を示す」に変わり、
東京など一都三県、福島、北海道での無観客開催が決まった今となってはこのスローガンさえ崩壊し、
既にスローガンの段階から東京五輪の開催意義は崩壊しているともいえそうです。
米大リーグ、サッカーなど欧米のスポーツが競技場に観客を入れ、熱狂に包まれて試合を行っている中で、
無観客で開催される東京五輪に対しての世界の視線はかなり冷たいものになりそうで、
それは悪く言うと「人類がコロナに負けた証」として歴史に刻まれ続けるのかもしれないです。

というか・・、この状況下でしかも緊急事態宣言またはまん延防止等重点措置が適用される首都圏で、東京オリンピックがたとえ無観客でも強硬開催される意義がどこにあるのかいまだによくわからないです。
東京オリンピックのそもそも論としてのメリットは、例えば海外からの観戦客というインバウンド効果は既に消滅し、
五輪開催による経済押上げ効果は皆無に近いものがあり、現況ほとんどないようにも感じられます。
(スタジアムや競技会場建設のゼネコンさんのみ潤ったとは思います)
そして逆に開催することによるデメリットは感染拡大リスクももちろんありますし、なによりも東京オリンピック強行開催によって
万一選手村や海外選手等にクラスターが発生したり、それに伴って更なる新型ウイルスが登場しそれが世界中に蔓延した
場合などは日本は世界中から非難と失笑を受け、日本の信頼低下と地位没落という危険性もあるのかもしれないです。

そうした点に関して日本の政権は実はいまだに「オリンピックは開催する」と高らかに宣言すらしていませんし、
有観客か無観客を決めるのですらここまで結論が先送りされグタグタな状態で既に海外からは日本を見る目は相当
冷ややかなものがありそうです。
8月に茨城県で開催する予定だった音楽イベント、ロック・イン・ジャパン・フェスティバルの中止も決まりました・・
それなのに、なぜ五輪だけは強引に開催しようとするのかについては実はいまた゜に日本の総理大臣は
国民の誰しもが納得するようなメッセージは発信していません。
ミュージシャンたちから怒りの声が相次ぐ中で、日本の情けない総理大臣は
「安心安全な大会を成功させ、未来を生きる子どもたちに夢と希望を与える歴史的な大会を実現したいと思います」
と相変わらず壊れたテープレコーダーなような決まりきった事しか答えていません。
そして二言目には「ワクチン接種がここまで進展している」と自分の自慢話ばかりをして、
どうして今現在の日本で東京オリンピックが開催される必要があるのかについては全く明確な事を一言も言っていないのは
残念至極という感じです。
本日から適用される東京都内の緊急事態宣言や埼玉等での蔓延防止措置により飲食店などはまたまた困窮させられ、
子どもたちの運動会や修学旅行も中止となり、アーティストをはじめ多くの人の夢と希望を奪い、そ
れでも開催しようとする東京オリンピックは誰のための「安心安全」なのかいまだによくわかりませんしも国のトップからも
明確なメッセージが出されていません。
矛盾に矛盾を塗り重ねた結果がこのような事態を招いたにもかかわらず、なお表面的な言葉だけで乗り切ろうとしている限り、
日本の負のスパイラル=悪循環から抜け出せる時は来ないのかもしれないです。

現在の政権は東京オリンピックのお祭り気分を利用して選挙に勝とうなど浅はかなことを考えているから、
こうした窮地に追い込まれれているのかもしれないです。
オリンピックなどに頼らず、本来やるべき医療体制充実やコロナによる生活苦支援と経済立て直しに専念すれば
私達国民は付いてきたはずだったのかもしれないです。
例えば現政権が「これこれこうした理由によって日本はオリンピックを開催しないと国際上これだけまずいのです、実は
中止により後世に××兆円といった負担を残すことになってしまうのです」といった中止ができない理由を
自らの言葉で力強く発信していれば、ここまで私たちはオリンピック反対または無観客開催とまで言わなかったのかも
しれないです。
現政権は東京オリンピックの感動や興奮をきっかけに社会全体が活気づき、経済活動が回復する展開を期待し、
有観客にこだわっていたのかもしれないです。
但しそれはあくまで平時の場合であり、
現在のようにある意味有事の場合は、もくろみ通りの効果は望みにくくいですし、この東京オリンピックが閉幕したとしても
そこに残るのはどうしようもないむなしさと疲労感だけなのだと思います。

run_convert_20210423235613.jpg



2019年の「スター☆トゥインクルプリキュア」の宇宙人プリキュアのララちゃんがもしも現在の日本の状況展望とをロケット内のAIに
質問したとしても「国民と政権の意思が乖離した政治は腐敗するというのは歴史のセオリーなのルン・・」、
そして「文明が遅れた星では一部の特権階級の利益のために国民に不自由さを押し付けるというのは
宇宙あるあるの範疇なのかもしれないルン」と言われるのかもしれないですルン・・

そしてララちゃんのAIの分析では、
東京オリンピックはコロナが原因で無観客になったのではなく、政府と国民とのコミュニケーション力が極端に欠落し、
国民の理解や信頼を失った政権が原因で無観客になったと見るべき」という分析結果で提示され、
ララちゃんは「オヨ~!」といわれるのかもしれないです。

更にララちゃんの分析では
「Go to による年末の第三波、オリンピックに合わせた早過ぎた宣言の解除、その結果としての現在進行形の第五波、
場当たり的なワクチン接種と接種予約の打ち切り、これの一体どこが「安心・安全」なのでしょうか・・?」
「現政権が国民とのコミュニケーションを尽くし、合理的でフェアな政策により国民の支持が得られていれば有観客開催も
もしかしたら可能だったのではないかもしれないです」という分析を出されるのかもしれないです。

もしもララちゃんのAIに
「このまま国民と政権の意思疎通がうまく図られず、このまま衆院選挙に突入した場合、自民党が現有勢力を
維持できる可能性はどのくらいありますか?」と質問したとしても
「オヨ~! その可能性は限りなくゼロに近いルン・・」と言われるのは間違いなさそうなのルン・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

オリンピック…これほどこの言葉が重くなる日がこようとは…。バッハ会長の来日も正直しらけましたね(-_-;)何を犠牲にしてでも開催したいという雰囲気はひしひしと感じますが、果たして何のためのオリンピックなのか。そりゃララも呆れますわ。

暗い話をした後で申し訳ないのですが、まずは…お誕生日おめでとうございます!まずはこの場でお祝いのお言葉を送らせて頂きますね。後日、お誕生日記念のレビューを当ブログで行う予定です。更新時、お時間がありましたら読んで頂ければ嬉しく思います。

開催するならパきちんと説明を・・

ごにぎり 様


今現在、東京都内には緊急事態宣言が、埼玉でも蔓延防止措置が取られていますけど、実は都内も埼玉も
人通りはかなり多くて、誰もそうした発令が出ていることはあまり意識していないというか、
すでに有名有名無実化していると思います。

それもこれも要は私たち国民が政府の言うことを信用していないということが大きいと思いますし、
「すべてオリンピック開催のために自分たちの行動が制約されていて、こうしたオリンピックありきの制約は
もはや我慢できない」ということなのだと思います。

開催するのは別に仕方ないと思いますが「緊急事態または蔓延防止の真っ最中に東京五輪を開催してもいい」という
意義を提示すべきではないかと思います。

今の日本はララちゃんもあきれて「ありえないルン・・」と言われそうですルン・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |