fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


かなり昔の過去記事の中で、
「とある本屋で630円の雑誌を購入し1030円のお金を払ったのですけど、
出されたお釣りを見ないまま財布に入れてしまい、そのまま帰宅しました。
翌日、財布の中の小銭が多いな・・・昨日こんなに小銭って財布の中にあったっけ・・・?とふと考え、
何気なく本屋でのレシートを見てみたら、謎が解明できました。

本来は、1030-630=400円のお釣りなのですけど、
レシートを見てみると、1300円-630=670円となっていて、
つまり、本来貰うべきお釣りよりも270円も多く貰っていたのでした。

どこからこの数字になったのかな・・?と訝ったのですけど、
あの時、間違いなく本屋で出したのは千円札一枚と10円硬貨3枚でした。
という事は・・店員さんが10円硬貨と100円硬貨を間違えたという事になると思います。
私自身も会社帰りという事でなんか頭がポケッ・・としていて、お釣りを全然確認しませんでした。

こうやって「お釣り」を多く貰ってしまうのは、得した気分はあるけどちょと後ろめたいものがありますよね・・」
といった記事を書かせて頂きましたけど、実は最近似たような事がありました。

先日とあるコーヒー雑貨店でうちの奥様から頼まれたモノを何点かカゴに入れレジに進み、大体2300円くらいかな・・?と
頭の中で計算したらレジにて「全部で1200円です」と言われて会計を済ませたのですけど、この時は会社からの仕事帰りで
頭がなんだか少しボーーっとしていましたし、なんとなくお釣りをもらっていたのですけど、
その後帰り道の京浜東北線の中ではっ・・と我にかえり「あれれ・・、さっきの買い物いくらなんでも1200円の訳ないよね・・」と
思って改めてレシートを眺めてみたら、なんと・・!
とある商品2点が本来は500円の所が50円、600円の商品が60円とレシートに表記されていて、
それが結果的に本来購入したモノに対して1000円以上安くなっていた事になります。
あの時あの店では特段バーゲン何てやっていませんでしたし、ましてやいくらバーゲンでも9割引なんてありえませんし、
レジでは店員さんがバーコードで商品を読み込ませていましたから、おそらくはバーコードのなんらかの読み間違いとか
バーコード作成時に間違えて価格を本来の価格に対して10%設定にしたのかもしれないですし、
どちらにしても何らかの間違いでこうしたレジでの会計間違いが発生したのかもしれないです。
ただ今回は店員さんに罪は全く無く店員さんもレジ対応の際はまさか元々のバーコード設定が間違っているなんて
夢にも思っていないはずですし、店員さんとしても機械的に商品をバーコードで読ませ合計金額を伝えただけなのかも
しれないです。

なんにせよこれだけ商品のAI管理とか機械的管理が進展している中でもこんな間違いが起きり得るものなのですね・・

あの時は既に電車に乗った後だし今更店に戻るのもなんだか面倒くさかったのでそのままにしましたけど、
気分としてはとてつもなく後ろめたいというか、なんだか自分自身が万引きでもしたかのような罪悪感すら感じた
ものでした・・
確かにお釣りを多く貰うというのはありがたいものなのかもしれないですけど、金額的に1000円を超えてしまうと
「あの時無理してでも店に戻ってレシートを提示し余計に貰ったお釣りを返却すべきだったのではないのか・・」という
後ろめたさは実は現在も多少は残っていたりもします。

やっぱり人間は何事にも「正直者であるべし」という事なのかもしれないです。

ujim_convert_20210703025403.jpg

さてさて、レジでの会計間違いというと上記の私の話なんて吹っ飛ぶくらいの壮大な会計間違いをされた御方と言うと
「ご注文はうさぎですか??」の宇治松千夜なのだと思います~♪

千夜というとごちうさではココアに次ぐボケ役キャラでもあるのですけど、ココアとの違いは千夜はボケもツッコミも
両方できると言う事であり、やたらとボケたがる傾向が強くリゼやシャロからツッコミを入れられるととても喜ぶものの
ココアやメグのような天然キャラがツッコミを入れてもボケを貫き通すなどなぜかボケに異様な執念を持っているのが
千夜の特性とも言えると思います。
ココアが意外にも数学が得意であるのに対して、千夜の数字の弱さは時々すごいものがあったりして、
甘兔庵の会計において、間違えてお客さんに国家予算並みの請求書を出してしまったエピソードすらあったりもします。
千夜は代わりに文系全般の成績は大変優秀で、そのあたりは甘兎庵での千夜独特のセンスによるかなりユニークで
独創的なメニュー名にも表れてもいます。

それにしても国家予算並みの請求書を突き付けられた甘兔庵のお客さんはびっくり仰天したのかもしれないですね~♪

ま・・、それが笑って許せてしまうのがごちうさのやさしい世界であり「全てはかわいいから構成されている」という
こころぴょんぴょんの世界といえそうですね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

キャッシュレス化も大分進みましたが、それでも田舎はまだまだ現金社会。
今回のお話ではバーコードの読み違いで大きく金額が変わっていたんですね。この額は大きい!設定にミスがあったんですかね。これは受け取った方ももやもやする。すぐ返せる距離のお店なら良いんですけど(^^;

こんな事もあるのですね・・

ごにぎり 様

昭和の頃のレジですと全て一つ一つが手打ちで入力間違いやけた違いという事も日常茶飯事だったのかも
しれないですけど、
バーコード管理の最近のAI管理ではこうした基本的な入力ミスが起きること自体が
初代キュアのなぎさではないですけど「ぶっちゃけ、ありえない~」という感じだと思いますね。

ララだったら「AI管理でもそうした間違いは宇宙あるあるの範疇なのかもしれないルン」といわれるのかも
しれないですルン・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |