fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


東京オリンピックの開会式まで既に一ヶ月を切っていますけど、(私は数年前から反対論者でしたけど)ここまで事前の
盛り上がりや高揚感がない大会というのも珍しいと感じますし、多くの国民が
「本当に有観客で開催しても大丈夫なの・・? これでもって人的移動が加速し人と人との接触機会が増えることで、
新型コロナの感染拡大リスクは本当にないと断言できるの・・?」とか
「もう一ヶ月を切っているからさすがに中止は現実的ではないから、もう開催はやむをえない・・、だけどせめて
競技によっては無観客とかせめて上限を5000人以下に抑えるとか、IOC関連の招待客と言えども特別扱いはしないといった
事だけはせめて真剣に検討して欲しい」と思っているのかもしれないです。

日本国の天皇陛下は日本国憲法の規定によってその地位はあくまで「国民の象徴」に留まり、天皇陛下ご自身が
政治に介入したり政治的なメッセージを発信する事自体NG扱いとなっています。
ただそれでも現況のように「なにがなんでも東京オリンピック開催、そしてスポンサーが少しでも潤う有観客開催の
実現を目指す」という日本国政府の国民の気持ちを何も考えないゴリ押し的強硬姿勢と国民感情の間になんらかの
ズレや気持ちの乖離があるのは残念ながら間違いではないと思いますので、
そのあたりを天皇陛下はギリギリのタイミングで、自らの口からではなくて自らの分身ともいうべき宮内庁長官の言葉を
借りてギリギリ許される言葉を選びながら慎重にメッセージを発信されたのだと推察されます。

宮内庁の西村長官は6月24日の記者会見で「天皇陛下は現下の新型コロナウイルスの感染状況を大変ご心配されておられる」
としたうえで、「オリンピック・パラリンピックの開催が感染拡大に繋がらないか、ご懸念されていると拝察する」などと
述べられましたけど、
このメッセージはいうまでもなく西村長官自身の考えなのかもしれないと同時に天皇陛下がお考えになっているものだと
思われます。
西村長官は元々は警察官僚のトップですし、自身が天皇陛下の名前をかたってなにか政治的メッセージを発信したとすると
それは大変なスキャンダルとなってしまう可能性もありますけど、それは恐らくは事前に西村長官と天皇陛下が
天皇の国事行為の領域を侵さず天皇の政治的発言に抵触しない範囲で、国民に向けた天皇陛下ご自身のなにか後世に
残るメッセージを残せないものだろうか・・と色々と思案と熟慮を重ねた結果として、西村長官の「拝察」という形を通して
ギリギリ誰にも迷惑がかかる形にならないメッセージを発信されたといえそうです。

あのような拝察の形を通したお言葉は、宮内庁長官の発言とはいえ天皇陛下のご了解も無く出来る事は考えられませんし、
記者がわざわざ気を回して「(陛下のご意思として)よろしいのですか?」と確認しても、
結構だと答えた件を見ると、やはりこ陛下と長官との間には確固たる信念があるのだと感じます。

天皇陛下は平成天皇の時代から常に「国民の気持ちに寄りそう」ということを第一にされていましたし、
平成天皇も令和天皇もたとえば東日本大震災の時も最近の甚大な台風被害の時も、昨年からの新型コロナウイルスが
ここまで国民の生活に制約を課し苦しめている時も、常に天皇陛下は国民の事を第一に考えられていたと推察されます。
西村長官の拝察という形を借りたあの天皇陛下のメッセージは、日本政府・IOC・JOC・オリンピックスポンサーといった
主催者サイドと、コロナによって現在も苦しんでいる国民の気持ちの乖離を心配され懸念された天皇陛下の
深い憂慮があの短い言葉の中に詰まっているのだと思います。
天皇陛下はおそらくですけど、東京オリンピックに反対されているのではないと思います。
ただ、開催するのであるならば最大限感染リスクが拡大しないように十分すぎるほど注意をして欲しいという
注意喚起をされたのだと思います。
そしてあのメッセージからは国民によりそう天皇陛下のお気持ちを読み取るべきなのだと思います。

そうした天皇陛下の国民のためを思って国民に寄りそうメッセージを天皇の政治的発言にスレスレ抵触しない範囲で
慎重な形で発信されたというのに、そうした天皇陛下のお気持ちを無視するかのように
加藤官房長官・丸川五輪担当大臣、そして総理大臣からは信じられないことに、
「それは宮内庁長官の意見であると認識している」と寝ぼけた事をほざき、あれは長官個人の意見であると突っぱねましたけど、
あれって総理の官房長官時代の「ご指摘は当たらない」といったご意見無用的な冷たい機械的反応と
全く進歩がみられないですし、なによりも天皇陛下からの貴重なメッセージすらもスルーするばかりでなく
「あれは第三者が勝手に言ったこと」的に収めてしまうそのやり口は、この国の保守政治の為政者たちは
口では天皇を崇めているものの実際は天皇陛下を軽視し、普段野党や国民の意見を無視するやり口をそのまま天皇陛下に
まであてつける失礼千万な者たちである事だけははっきりしたような気もします。
もちろん国家の為政者にはそれ相応のご苦労や表にはできないたくさんの大人の事情がある事は理解できますけど、
せめて、天皇陛下からのあのようなメッセージが出された以上は、
「状況を鑑みれば天皇陛下のご懸念はもっともな事です。より一層感染対策強化に力を入れ万全を期したいと思います」とすら
いえないのか不思議でならないです。
換言すれば今の政権幹部は日本の伝統的な天皇制度を重く受け止めるという余裕すら無くて、それどころか
神話の時代から続く日本の天皇制度そのものを軽視しているといわざるを得ませんし、あれでは戦前の
都合が良い時だけ天皇陛下の御威光を政治利用し、大東亜戦争に突入していった戦前の愚かな指導者と大して
変わりはないのかもしれないです。
あれでは天皇陛下の憂慮とご懸念を突っぱねることでより一層政府の傲慢さが強調されただけな気がすしてならないです。

ここまで天皇陛下の国民への想いを土足で踏みにじる今の政治家たちの無知、非常識さは許されないものが
ありますし、とにかく、恐い、怖ろしい・・、何も起きなければいいけど・・という気持ちしかないです。

run_convert_20210423235613.jpg



こんな個人的信条は本来あまり書きたくないのですけど、私自身はこれまでの国政選挙は基本的には自民党にばかり
投票していましたし、2009年の民主党への政権交代選挙の際も、民主党の鳩山党首が大嫌いということもあり、
不本意ながら麻生総裁の自民党にいれた程でもあります。
だけどこの秋に予定されている衆議院選挙に関しては、少なくとも自民党に投票する気持ちは全く無いです。
(これまでの菅政権のあまりにも国民視線を無視した政治もありますけど、トドメはやはり菅政権の天皇陛下のメッセージに
対して真摯に向き合わない態度なのだと思います)
間もなく開票される東京都議会選挙は多分ですけど、都民ファーストの会の惨敗が予想され、自公両政党が躍進し、
菅政権はまたまた「これで国民の信任は得た」といわんばかりに勘違いと強引政策を展開すると予想されますが、
今回の衆院選挙ばかりは国民が何らかの形で「意思表示」をすべきなのかもしれないです。

そうなるとまたまた2008~09年前後の頃のような衆参ねじれ現象が起きて、またまた「何も決められない政治」の復活が
起るとは思いますが、このまま国民の意向や気持ちを無視した強権政治がまかり通るよりは
はるかにマシと考えざるを得ないです。

2019年の「スター☆トゥインクルプリキュア」の宇宙人プリキュアのララちゃんがもしも現在の状況をロケット内のAIに
質問したとしても「国民と政権の意思が乖離した政権は腐敗するというのは歴史のセオリーなのルン・・」、
そして「文明が遅れた星では一部の特権階級の利益のために国民に不自由さを押し付けるというのは
宇宙あるあるの範疇なのかもしれないルン」と言われるのかもしれないですルン・・

ララちゃんにはセンサーというか触角が付いている手のグローブを通じてロケット内のAIと会話や指示を受けることもでき、
宇宙的視点からいろいろと適確な分析や予測が可能なのですけど、 もしもララちゃんのAIに
「このまま国民と政権の意思疎通がうまく図られず、このまま衆院選挙に突入した場合、自民党が現有勢力を
維持できる可能性はどのくらいありますか?」と質問したとしても
「オヨ~! その可能性は限りなくゼロに近いルン・・」と言われるのは間違いなさそうなのルン・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

御前会議(笑)

わはは…まるで開戦前の「御前会議」ですね~
軍部と政治家…いゃ、体育会系貴族と政治家が、自分達で勝手に決定しておいてから天皇に報告する。
「誰が決めたのか?」と聞いても「衆議が一致した」で逃げる…はて?誰が責任を取るのでしょうか?
それで天皇が難色を示したら「あれは宮内庁長官の発言で、天皇の意思ではない」…と知らん顔でスルーする。
100年近く経っても、日本の上に立つ連中の体質って一向に変わらないんだな~(笑)

普段は余り話さない様な話題なのですが。

あまりにも総理や閣僚のコメントが他人事過ぎて、陛下のお気持ちが踏みにじられた思いで一杯です。
本当に宮内庁長官個人の発言と考えているのなら、越権行為で更迭でも何でも長官を処分したら良いのですけどね。陛下のお気持ちをないがしろにするのならば、せめて安全に開催出来る事を示して欲しいとおもえばウガンダ選手団に対する大失態。もう開いた口が塞がりませんでした。

こんばんは

ぬくぬく先生がおっしゃる様に 宮内庁長官の会見は
言葉を選びながら慎重に話されていたように感じました。
個人としての意見と受け止めたとしても
総理・官房長官・丸川大臣は 自分たちに都合のいいようにしか
考えることができないのでしょうね。
そのように言うしかなかったのかな・・・


やることなす事 国民との間にズレが生じているように思います。
安心安全と言うけれどどこが安心安全なのか?!
濃厚接触者を隔離することもなく 移動させたり・・・
水際で防ぐということをしないので 不安だらけです。
今までも特例として抜け道があったからこそ変異株感染者が出た
のだと思うし・・・(最初はパイロットとその家族でしたよね)
安心なんてできません。
ワクチン接種もまだですし 毎日の生活も不安ですよ。

五輪開催するのであれば 無観客でどうぞと言いたいです。

コメント失礼します

こんばんは(こんにちは)

ブログでこのような事柄はコメントしにくいですが、しかし、個人的には近年は政治家が天皇陛下の発言を自分たちの都合のよい方に解釈して政治利用しようとしていないかという思いも浮かんできます。

今回の件は宮内庁長官の会見を受けて、総理も官房長官も丸川大臣も天皇陛下のご心痛を無かったことにしようとしているのではないかと思います!

政治家も未だに政治資金の問題で逮捕される議員が出る始末。

ぬくぬく先生様、そろそろ、我々も本気で日本をなんとかしないと考えて行動しなければいけませんね!

コメント失礼しました!

戦前と大して変わりがないかも・・

sado jo 様


大東亜戦争も、文系官僚や海外の事情がわかっている軍人たちの「このまま戦争に突き進むには科学的にみても物質的に見ても
日本に勝ち目は全くない」という冷静な分析にも全く耳を貸さず
「気合を込めれば何とかなる」とか「いざとなれば神風が吹く」といった根拠が全くない精神論だけで
日本を結果的に壊滅的惨状に追い込みましたけど、
現在の政権の「なにがなんでもオリンピック開催」は「絆を取り戻す」とか「世界を一つにする」といったわけのわからん
精神論だけで開催しようとする強硬路線は、まさに戦前の軍部と重なって見えてしまいそうです。

本当にこのまま何事もなく無事に夏が過ぎればいいのですけど・・

GILLES27 様

天皇陛下は憲法上国政への意見表示はできないということもあり、天皇陛下としてはご自身でできる範囲で
国と国民の間に広がる意識の乖離と感染拡大を懸念されて、宮内庁長官の「拝察」という形にして
国民に寄り添う趣旨の発信をされたと思いますが、
それすらも無視してしまう現政権の対応はまさに「なにがなんでもオリンピック開催」ということであり、
「陛下のお気持ちを十分理解したうえで、開催する場合は感染拡大には万全の対策を講じます」とすらいえない
現政権の失礼千万と強硬さには
怒りを通り越して「本当にこの国は大丈夫なのか・・」と憂いすら感じてしまいそうです。

せめて無観客で・・

花梨 様

埼玉もいくつかの競技が開催ということで既にさいたま新都心エリアでは交通規制がはじまり、部分的に迂回のための
大渋滞も発生しています。
ここまできてしまうと開催はもうやむを得ないのかも・・と諦めの境地にもなりますが、
そうした国民の不安と懸念を心配され憂慮されたのが天皇陛下の宮内庁長官の「拝察」という形をとったメッセージ発信と
思われますけど、それに対しても
「陛下のご懸念はもっともです。そうした感染拡大につながらないように政府としても万全の対策を講じます」とすら
いえない現政権の非常識・不遜な態度・頑迷ぶりには
開いた口がふさがらない・・という思いです。

やるなら勝手にやってください、ただできればやるなら無観客でお願いしますとしかいいようがないですし、
埼玉の大野知事が「夜間協議は無観客開催を要望する」というのは
当然の話だと思います。

仰る通りだと思います・・

keel  様

普段はお気楽当ブログも最近の政権の強硬路線や国民視線無視や、そればかりか国皆に寄り添う天皇陛下のたとえ
宮内庁長官からの拝察という形をとっていたとしても大変貴重でありがたいメッセージに対しても
「それは長官個人の意見」とガン無視するような姿勢に対しては
強く疑問に感じずにはいられないですし、
ご指摘のことは多分誰もが感じていることなのだと思います。

なんだか東京オリンピック開催後の日本はこのまま世界から取り残され沈没していくような予感しかないのですけど、
そうならないためにも、まずは秋に予定されている衆院選挙で
私たちの「想い」を一票という形にしてきちんと表明することが一番大切なことと感じずにはいられないです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |