fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


世の中には思いもよらない突然の不幸への転落とか、
今まで何不自由もないお嬢様生活を送ってきていたのに突然の親の財政破綻や破産によって
それまでのセレブ生活からとてつもない貧乏生活への転落を余儀なくされてしまったとか、
はたまた本人が究極の不幸体質の持ち主で、本人にそうした気は無くてもなぜか不幸・運の悪さ・事故や病気が自然と
寄ってくるような御方もいたりもしますし、
本当に男運が全く無くて、本人はいい娘なのに言い寄る男がなぜかみなクズ男とかどうしようもないヒモ男みたいな事も
多々あったりもしますし、
本当に世の中はうまくいかないものだし、素直で誠実でやさしい事が世の中全てプラスにはたらく訳ではない・・みたいな事も
感じたりもします。

それでもそうした不幸をなぜか引き寄せてしまう女の子でもはたまた親の転落に巻き込まれて自分自身もお嬢様生活からの
転落を余儀なくされてしまった薄幸の美少女JKさんでも
めげずに「それでもがんばろう!」とか「そのうちなにかいい事あるのかも~♪」という前向きなヒロインには
共感するものがありそうです~♪

そうしたセレブ生活からの転落をが背景にあるアニメ作品というと記憶にある範囲では印象的な作品は、
1985年の世界名作劇場で放映されていた「小公女セーラ」なのかもしれないです。

それにしてもあのアニメの小公女のヒロインのセーラは「青い眼をしたおしん」とも言えそうなほど学院院長等からの
すさまじいいびりと虐待を受け続けていて、後に原作作品を一読した際に「原作ってアニメほど酷い扱いは受けていないのかも」
と感じたほど原作をかなりいじくっていた印象も感じていたものでした。
ヒロイン・セーラが真冬の街に放り出されて「マッチを売ってこい!完売するまで帰ってくるな!」とあの意地悪院長から
厳命されていたシーンはまるで「マッチ売りの少女」の世界そのものだったのかもしれないです・・
原作では元・お金持ちのお嬢様が父親の破産・死亡によって学校のメイドとしてこき使われていたという感じでもあったの
ですけど、アニメでのセーラたちメイドさんはまさに「薄幸の極限の美少女」という雰囲気でした。

それでもセーラは帖貧乏生活のメイドさんになっても、気持ちは常に清らかで崇高な魂を有していたのが、物語終盤での
奇跡の逆転劇・・? というか再びのセレブ生活への復活を呼び込んでいたのかもしれないです。

最近のアニメにおいて、超セレブのお嬢様生活から「パンの耳を常食とする」といった超貧乏生活への転落を余儀なくされた
貧乏美少女JKヒロインというと「三者三葉」の西川葉子さまを思い出してしまいますし、
とてつもない不幸体質だけどとてつもなく前向きで明るいキャラというと「あんハピ♪」のはなこちゃんだと思います。

本日はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた西川葉子さまとはなこちゃんのお二人のすてきな絵をご覧頂き、
皆様に少しでも「明日も頑張ろう~♪」と感じて頂ければ幸いです。

hanako-04_convert_20160617160932.png

ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた絵のご紹介コーナーです!

そんな訳で本日は西川葉子さまとはなこちゃんのお二人をご覧頂きたいと思います。

上記の作品はアミグリさんが2016年6月に描かれたアニメ「あんハピ♪」のはなこちゃんです!

「あんハピ♪」に登場する5人のJKさんたちは「歩く不幸」とか「負の連鎖」を背負ったような
不運を絵に描いたような女の子たちなのですけども、
アミグリさんが描くはなこちゃんからは、とてもとても設定の「不幸のオーラ」みたいな香りは全く感じさせませんし、
むしろこのすてきなイラストからは前向きさ・ひたむきさという幸せの連鎖とかハッピーをとてもよく
一枚の絵として伝えていると思います。

頭のお団子がとってもキュートですね!
白いリボンもとってもよく似合っていますし、そして何よりもこの金髪のショートヘアがとにかくめちゃくちゃ可愛いと
思います!

はなこちゃんは、運のない女の子で、特に水運が悪く、度々川落ちしたり水を被ったりすることも多いのは
とっても気の毒でしたけど、それを全く気にしないあのひたむきさがとっても素晴らしかったです!
アミグリさんが描かれるこのはなこちゃんからもその「健気なひたむきさ」がストレートに伝わってきて、
見ている私もこのイラストからは「アンハッピー」ではなくてやっぱり「すてきなハッピー」が伝わってきそうです~♪

はなこちゃんの本名は「花小泉杏」なのですけど、このアニメのメインヒロインたちは
それぞれ「西武線」の駅名から名前が由来されています。
はなこちゃんの「花小泉」は唯一西武線の駅名そのものではないのですけど
どうみてもその由来は西武線の「花小金井」だと思われます。

はなこちゃんは、じっくりと自分としてのハッピーをつかんでいくすてきな女の子と言えそうです。


youkosama-007_convert_20160616151430.png


上記の「三者三葉」の西川葉子さまはアミグリさんが2016年6月に描かれた作品です。

参考までに「三者三葉」は原作は4コマ漫画で、016年夏にアニメ化されました。
物語は、元気爆発大食い娘の小田切双葉、天使の顔を持つ悪魔の葉山照、元お嬢様で極貧生活真っ最中の西川葉子様という
性格も考え方も育った環境も全く異なる三人が織りなすドタバタコメディーです。
三人の名前にいずれも「葉」というワードが含まれているのが「三者三葉」というタイトルの由来にもなっています。
そうそう、面白い事は、原作漫画の上では、小田切双葉の視線で描かれているのに対して
アニメでは西川葉子様の視点から描かれています。
この漫画はかなり長期連載なのですけど、3人ともずーーっと高校1年生のまま時間軸が流れていましたけど、
なぜか唐突に原作第12巻で三人とも2年生に進級していました。
西川葉子様は、父親の会社が倒産したためかつての超名門お嬢様学校とお屋敷を離れざるを得なくなり、
今は安アパートで極貧生活を送られていて、昼食はパンの耳とか賞味期限スレスレのお弁当というのも
何だか気の毒な感じもするのですけど、西川葉子様ご本人は、平民としての暮らしに馴染めるよう葉子様なりに努力され、
いつの間にかお嬢様と貧乏人が変にごちゃまぜになった妙な(?)キャラになってしまったという
経緯があったりもします。

アミグリさんが描かれる西川葉子様は、お嬢様!というイメージがぴったりだと思います!
葉子様のサラサラストレートヘアはいかにも「お嬢様!」みたいな雰囲気を醸し出していると思いますし、
何よりもとってもかわいいです~♪

アミグリさんは西川葉子さまのような「長髪さらさらの女の子」を描かれると右に出るものはいないのかもしれないです!

現在の貧乏設定でもそれに臆することなく過去を引きずる事も無く健気に頑張っている西川葉子さまの魅力が存分に
発揮されたすてきな作品だと思います。

上記のアミグリさんが描かれた西川葉子さま・はなこちゃんは、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいいはなこちゃんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

がんばる前向きな女の子はとてもすてきですね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

アニメでは様々な形で不幸な境遇のヒロインが描かれていますが、そういったヒロインたちは総じて心の強さを持っていて、視聴者としては自然と応援したくなりますし、幸せになってほしいと思いますよね。

アミグリ様のイラストは「はなこ嬢」と「西川葉子嬢」!満点の爽やかさを持っていて、心が澄むような気持ちになる素敵なイラストですね(^^♪

ひたむきな美少女

ごにぎり 様

不幸体質の娘や本当に男運がない娘も親の経済的事情によりセレブから転落して
貧乏になった子も
めげずにくじけず現実から目を背けず前向きに生きている子は共感するものがありますし、
そうした子にはいずれどこかで運が向いてくるのかもしれないです。

アミグリさんの描かれた葉子さんやはなこちゃんはそうしたひたむきさが一枚の絵からも伝わってきますし、
見ているだけで希望がわいてきそうです~♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |