fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


全日本吹奏楽コンクールは、1970年を境にしてその評価方法と言うのか表彰方法は大きく変わる事になりました。

1969年以前は順位制度と言いまして、全出場チームの中から、得点順に、1位・2位・3位と順位をつけ
1位を「優勝」という扱いとしていました。
順位制の頃は、1位=優勝というと関西支部の学校の独断場という雰囲気もあったようにも思えます。
高校の部は、福岡電波高専(福岡工業大学付属、現・福岡工大付属城東)が頑張っていた時期もありましたけど、
基本的には天理高校の独断場という感じでしたし
(一度、泉庄衛門先生による天王寺商業の優勝みたいな回もありました!)
中学の部は、兵庫県の今津中学校が、昭和34~37年、39~40年、43~44年に1位=優勝をもぎ取るみたいな
偉業も達成し、それを追っていたのが、豊島第十と出雲第一という感じでした。

1970年以降はこの順位制度を廃止し、出場チーム全てを金賞・銀賞・銅賞に振り分けるというグループ表彰となりました。
最近のコンクールは、比較的相対評価が厳格に行われているような印象もあり、
毎年、金・銀・銅の比率はある程度バランスよく一定に保たれていて、金賞受賞チームも前半・後半合わせて
大体8~9程度に絞り込まれているような印象があります。
全体として、金の数・銀の数・銅の数が事前に決まっていた方が、わかり易いみたいな感じになると思います。
むしろ現行体制の方が審査の一貫性が保たれているようにも感じられ、私にとっては
こうした評価の方が好ましいし、年度や審査員による評価のぶれを防止できているようにも感じられるような気もします。
絶対評価のような年も中にはあって、
1980~81年の中学・高校の部のように銅賞が一つも無くて、全出場チームの半分程度が金賞という年もあったかと思えば、
中には1976年のように金賞受賞チームがわずか3チームという年もありましたし、
1975~76年のように出場チームの半数程度が銅賞という大変シビアな年もありましたから、
私個人としては相対評価のほうがスッキリしているような感じがあります。

県大会レヴェルになると、県によってコンクール規定に微妙な違いもあるせいもあり、
県によっては、優秀賞・優良賞・県知事賞・きらめき賞・努力賞みたいな名称で表彰している事もあったり、
一応、金銀銅の評価はするけど、1位=優勝という賞を設けたりなど色々と違いがあったりします。
(今現在の規定はさすがに細かくは分かりませんので、上記のような名称がまだあるかどうかは分かりませんけどね・・)
例えばですけど、
私が現役奏者だった頃の東北大会の福島県大会では、大編成部門において1位~3位を
県代表として選出するものの、1~2位をA部門として推薦し、3位をB部門(35人編成)の代表として選出する
みたいな選出方法を取っていたと記憶しています。
実際、1990年代において阿部裕治先生率いる原町第二中学校が、突如、A部門ではなくてB部門に出場し
ローマの祭を演奏していたのは、多分当時のそうした事情があったせいなのかもしれないです。
(確かあのローマの祭はチルチェンセス・五月祭・十月祭・主顕祭全ての楽章を取り上げていて、あの演奏は全国でも
聴いてみたかったです!)

当ブログで何度か語っている通り、私自身は1990年~95年の6年間、仕事の異動のため山梨県に
居住していたのですけど、その6年間は毎年のように(当時は)すさまじくレヴェルの低い山梨の吹奏楽コンクールを
聴きに行ったものですけど、その山梨県大会においては、そうしたローカルルールがあり面白いものがありました。
その一つが中学校のC編成部門は、出場人数に一切の制約が無い代わりに関東大会への選出枠もなく
県大会で終了と言う部門もありました。
これは県大会で3年生の部活は終了ということで受験生に対する一つの配慮だったのかもしれないです。
このC編成部門においては、50名での「アルルの女~前奏曲・メヌエット・ファランドーレ」をすてきな演奏をしていたのに
関東大会への出場を自ら辞退していたのはなんだかとても勿体無く感じたものですし、
なかにはこのC編成部門にて坂下中学校のようにわずか7名の編成で出場し、シューベルトの「軍隊行進曲」を
全員起立して演奏していたのは大変興味深いものもありました。
また、中学の部門のB部門・A部門においては、金銀銅の他に銅賞よりもレヴェルが低い「奨励賞」という賞が
設けられていた事もそうしたローカルルールの一つでした。。
この二つの部門は関東大会への出場という代表枠を掛けたものであり、
結果として、当時の山梨県大会の評価としては、代表金賞・ダメ金・銀賞・銅賞・奨励賞と5段階評価といえそうです。
それと年度によっては奨励賞よりもさらに低い評価の「努力賞」というのも確かあったと記憶しています。
私の記憶の中では奨励賞や努力賞というのは、本当にひどい演奏が多かったです・・・
というか・・音程が悪いとかピッチが狂っているとかそれ以前の話という感じで、
音楽以前に「音」として成立していなかったという印象が強いです!
この奨励賞というのは換言すると参加賞みたいなものでした。
当時の山梨のレベルは驚異的に低かったものですから、銅賞以下の賞も必要だったと言えると思います。

そうそう、上記で「参加賞みたいなもの」と記しましたけど、全日本吹奏楽コンクールの全国大会において、
タイムオーバー失格が残念ながら発生した場合、表彰式で授与される表彰状には「参加賞」と表記されるそうです。
2019年時点でグループ表彰式が開始されて以降、今まで計10回タイムオーバー失格が発生し、いずれの場合も
表彰式においてはタイムオーバー失格の告知と参加賞という表彰状は授与されたりもします。
2003年の小高中、94年の広島大学、79年の札幌市民交響、2007年の春日井市民などがそのタイムオーバー失格の
事例ですけど、個人的に大変惜しまれるタイムオーバー失格と言うと1987年の足立第十四中学校のタイムオーバー失格は、
もしも時間超過がなかったとしたら確実に金賞という高い評価が予想されただけに残念では割り切れないものは
確実にあると思います。
(あの課題曲Aの風紋は全部門の中でも最高の風紋の一つでしたし、自由曲の「サロメ~七つのヴェールの踊りの完成度の
高さは圧巻でした!)
参考までに記すと2003年の中学の部は小高中を含めて計2チームがタイムオーバー失格という大変珍しいというか
あってはならないことが起きていたりもします。
タイムオーバー失格が発生する要因として色々あるとは思いますが、①元々課題曲と自由曲の演奏時間が長かった、
②当日の演奏において、指揮者が普段の練習と大きく異なる指揮と音楽の流れを作り、普段以上にゆったりとしたテンポ設定を
してしまった ③課題曲と自由曲の間になんらかのトラブルが発生した など色々あるとは思いますが、出場者にとっても
指揮者にとってもタイムオーバー失格というのは後味が悪いということなのだと思います。

ほとんどの県では、県大会の前に地区予選という大会があり、この地区予選で
県大会で演奏する出場するチームを絞り込んでいるのですけど、
山梨県のように人口自体が少ない県では、この地区予選すら存在しなくて、いきなり県大会で関東代表を選出する
みたいな事をやっています。
地区予選がなくていきなり県大会スタートという県は、他には、関東では栃木県もそうでしたし、
意外な所では、「響け! ユーフォニアム」の舞台となっている京都府もそうです!



2bd2c512-s.jpg

「響け! ユーフォニアム」第二期の第12話は全国大会での話となっていましたけど、北宇治高校の全国大会での評価は
銅賞ということで、表彰状にも銅賞の文字がはっきりと写っていたものです。
というか・・、滝先生赴任当時の北宇治高校吹奏楽部は、簡単なマーチの海兵隊も満足に吹けず、滝先生から
「なんですか・・これ・・」と冷たく言われてしまうほどお粗末のレヴェルだっただけに、確かにあすか・麗奈・香織・サファイア
など優秀な一部の奏者に優秀な指導者はいたものの、全体のレヴェルがああした低レヴェルの状態でわずか数か月で
関西大会を突破して全国大会に進めるほど吹奏楽コンクールは甘くはありませんし、アニメ版で北宇治の全国出場が
決まった時は「これって現実には絶対にありえないじゃん・・! この回を見て吹奏楽初心者やこれから始めようとする人たちが
吹奏楽って楽勝じゃん・・」と妙な誤解をされるのは心外であると感じたものでした。

ま、それはアニメだからいいとして、全国のスクールバンドに所属して全国大会という檜舞台に立てる方はわんのわずか
一握りの人たちに限られていますので、ああやって全国大会のステージに立てて大勢の聴衆の前で自分たちの演奏を
お披露目できることは本当に幸せな事だと思いますし奏者冥利に尽きると思います。
たとえ評価が銀賞・銅賞であったとしても、コンクールの評価は水物だし自分たちがある程度満足のいく演奏が
できればそれでOKなのだと思います。

そうした意味では全国大会でのタイムオーバー失格、そして表彰式で授与される「参加賞」という表彰状は
残念と言う一言では済まないなにか割り切れないほどの不本意さともどかしさはあるのかもしれないです。

私自身は中学・高校・大学で計10回吹奏楽コンクールに出場しましたけど、地区予選・県大会・都大会予選の最終評価の
内訳はタイムオーバー失格1回、金賞2回、銀賞5回、銅賞2回ということで、本当に冴えない結果だと自分でも
わかってはいます・・
自分自身のコンクール初出場は地区予選でタイムオーバー失格でしたけど、当時はコンクールの規定とか全然知らなくて
コンクールで課題曲と自由曲合せて12分間という時間制限があることや12分という制限を1秒でも超過した場合は失格と
なってしまうことは全然知らなくて、表彰式と審査結果発表の場でタイムオーバー失格と告げられても
「なにそれ・・!?」という感じできょとん・・としていたと思いますが、その瞬間に3年間のコンクールに幕がおろされた3年生は
多くの上級生が大泣きをしていましたので、あの時に「なにかこれはとんでもない事態になったものだ・・」と感じたものでした。
そして私自身のコンクール最後の出場の時も結果的に都大会予選銅賞という不甲斐ない成績で幕を閉じたときはさすがに
ガクッ・・と落ち込んだものでした・・

hibike-yu-huloniamu-reina_convert_20180613165611_convert_20180620162540.png


上記で京都府は地区予選がないエリアとか「響け! ユーフォニアム」の全国大会銅賞の話が出てきましたので、
ここはdream fantasy2
アミグリさんが描かれた北宇治高校吹奏楽部のトランペット奏者の高坂麗奈を改めて皆様に見て貰いたいと思います。

上記の作品はアミグリさんが2018年6月に描かれた「響け! ユーフォニアム」の1年生トランペット奏者の高坂麗奈です。

この高坂麗奈は、2018年7月に当ブログが迎えた「吹奏楽カテゴリ通算1000記事到達」を記念して
アミグリさんに事前にリクエストをして描いて頂いた記念碑的な作品でもあります!

アミグリさんの描かれた麗奈は、アニメ版の特に第一期で見せていたちょっと孤高で気高いオーラとプライドの高い麗奈という
要素を少し弱めて、第二期で見せていた麗奈本来のかわいらしさを感じさせているのだと思います。

北宇治高校の冬服の茶系統のセーラー服のかわいらしさに黒髪ロングの素晴らしさにつぶらでどこか訴えかけるような
瞳の吸い込まれ具合に微笑みの上品さなど
完成度の高さにはただただ脱帽するしかないと思いますし、
「この麗奈を描くのに一体どれだけご苦労をされたのだろう・・」と改めてアミグリさんには感謝の言葉しか出てこないです。
麗奈のこの流れるような黒髪ロングの美しさやキラキラ感も本当に充実していると思います。
笑顔もすてきですし、背景の音符やトランペットも「麗奈はミューズ=音楽の女神様みたい・・」といった雰囲気を
伝えているように思えてならないですね~♪

高坂麗奈というと全国大会の表彰式の前で行われる指揮者賞贈呈の場面で、北宇治高校指揮者の滝先生の名前が
アナウンスされると、会場に響き渡る声で「滝先生、好きです!」というまさかまさかの愛の告白?をされていたのも
大変印象的でした。
ちなみにリアルの閉会式の指揮者賞贈呈の際には、指揮者が盾を手渡された際に、コンクール演奏メンバーから
「〇〇先生!」とか愛称などで声援が飛ぶというのも一つのお約束になっているようですけど、
麗奈の愛の告白?シーンはとてもインパクトがあったものでした~♪

アミグリさんの描かれた麗奈からもそうしたちょっとお茶目で意外性のあるキャラと言う要素もすてきに伝わっていると
思えてならないですね~(^^♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

タイムオーバー…

ここ十数年ぐらいは、タイムオーバー=失格という悲しい結末の結果が閉会式で発表されることがほとんどなくなったように思います。

やはりタイムオーバーは全て・必ずではありませんが、だいたいは指揮者の責任、指摘されてますように、課題曲や自由曲(自由曲のみの演奏もありますが)の選曲の時点でタイムオーバーの可能性がわかっていたはずだと思います。もし学校の吹奏楽部員がどうしてもやりたいというのもありますが、そこは顧問の先生もはっきりと「この曲だとタイムオーバーの可能性があるから、再考した方がいい」と思うこと言った方が本番の後で悲しい思いをすること、避けれると思います。
また指揮者が本番での緊張からか、もしくはうっかり演奏または音楽の流れに自分が入ってしまい練習よりテンポが遅くなったもあるようですね。

近隣の学校でも過去に残念ながらタイムオーバーに終わった団体もあり、やはり将来大人になってもそういう感情は残るんだろうなぁということで、指揮をされた顧問の先生やそのタイムオーバーの出来事に「恨み」や「トラウマ」ということで残ってしまっているみたいでした。
やはり暑い夏頑張ったことが「失格」では納得できないでしょうね。

失礼不謹慎とは思いつつもそんな悲しい経験のある方から聞くと「普段の合奏でも、どうしてもその先生の指揮はスローテンポになりがちで、時間配分をしっかりカウントしてるとは言い難かった」と当時でも危惧していてそれが恐れていた現実なったとの話でした。
そしてこの方の顧問の先生はその学校に6~7年間勤務したんですが、うち3回タイムオーバーをしてしまい「あー、タイムオーバーのあの…」「常習犯だよね。うちの学校には来てほしくないね」と他校からもすっかり悪いイメージがついてましたね……。

今年は昨年中止になった全国大会も東日本大会も開催されるとのことでよかったと思うのと同時に、最後の最後のステージでそのようなことで悲しい思いをさせないよう、しないようにと思います。

タイムオーバー失格

一秋田県民 様

吹奏楽コンクールで銅賞も悔しいものもありますけど、「タイムオーバー失格」というのは
審査の対象外という事で、何も評価されず閉会式で渡される表彰状も「参加賞」だけというのも
奏者にとっても指揮者にとっても
悔やんでも悔やみきれないというのか
割り切れないものがかなり大きいと言えそうです。

ご指摘の通り、タイムオーバー失格と言うのはほぼ指揮者が原因ではあると思いますが、稀に
課題曲と自由曲の間でパーカッション奏者たちの準備が手間取り
(宮城県大会ではヴィヴラフォーンの電源が入る入らないでモタモタしていたらタイムオーバーとなってしまった
事例もあったと記憶しています)
後で他のパートから大ブーイングを食らった話もあったりします。

どちらにしても一発勝負のコンクールではそうした哀しい事例が生じないように指揮者もコンマスもしっかりと事前の
調整が必要と言えそうです。
お話に合った7年間で3回のタイムオーバー失格の先生は、ある意味自己陶酔の確信犯ですね・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |