fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム




今川焼(または大判焼き、はたまた回転焼き)

季節は早いもので既に10月に入り、今年・・2021年の終わりまで三ヶ月を切った事に歳月の早さをしみじみ感じたりもします。
今年はまだ終わってはいませんけど、なんだか昨年も今年も新型コロナに振り回された一年だったよねと感じてしまいますし、
来年の事を言うと鬼が笑うと言いますけど、さすがに来年は少しはいい事あればいいなぁ・・と感じずにはいられないです。

季節が秋に向かってくると、そろそろビール・ラムネ・アイスと言った夏の食べ物よりも例えばココアやおでんや焼き鳥や
肉まんといった温かい食べ物も恋しくなりますし、秋・冬のおやつの定番の一つがたこ焼き、たい焼き、お好み焼きや
今川焼、熱いうどんやラーメンなのだと思います。
(ラーメン大好き小泉さんのラーメン脳の小泉さんは暑くても寒くても考えている事はラーメンだけなのかもしれないです・・)

上記で何気なく「今川焼」と記しましたけど、昔、大学の吹奏楽団に在籍していた頃、うちの学校はいわゆるマンモス校で
北は北海道から南は沖縄まで47都道府県全ての出身者が在籍していた思いますが、その関係で吹奏楽団にも
関西や九州出身の方もかなりいたと思います。
ある時、関西出身の方と学食でランチ兼おやつを食べていた時に、私がなにげなく「たまには今川焼でも
食べようかな・・一個60円だし手頃だからね・・」と言った時に関西出身の方が
「今川焼ってなんやねん! あんたが食べようとしているものは大判焼きやで~! 今川焼ちゃうでー」とかなんとか言われていて、
その時に私は初めて「大判焼き」というワードを知りましたし、世の中には大判焼きという和菓子が存在している事を
知ったのでした。
そしてさらに混乱に拍車をかけたのが、隣のテーブルにいた九州出身の先輩が私たちの会話に入り込み、
「いやいや、福岡ではその食べ物は回転焼きと言っていたよ・・」と言われていて、その時私は、
「日本は狭いようで広いものだ・・全く同じ食べ物なのに、東北や関東、関西、九州では呼び名が全然違うのだ・・」と
感じたものでした。

それでは改めてですけど、今川焼・大判焼き・回転焼きにはどこか違いと言うものはあるものなのでしょうか・・?

結論から書くと、大判焼き、今川焼、回転焼きは全く同じ食べ物であり、名前が違うだけです。

食べ物自体は、小麦粉、砂糖などを水で溶いた生地を、太鼓形の焼き型に流し込み、あんこなどの餡を中に入れて焼いた
円筒形の和菓子でして、餡には小豆のつぶあんが用いられたものが一般的ですが、
白あんや抹茶あん、カスタードクリーム、チョコレートクリームなど多数のヴァリーエ―ションがあります。
最近では、チーズ風味・ピザ風味などさらに進化を重ねていて、最近ではどちらかというと昔ながらのあんこよりも
カスタードが中に入ったものの方が食べる機会が多いような印象もあったりします。

今川焼は主に東北~関東で用いられる呼称で、回転焼はおもに九州地方で用いられ、
大判焼きという呼び方は関西ではスタンダードな呼び方といえそうです。
ただそれ以外にも小判焼き、二重焼き、太鼓焼き、黄金焼き、満月焼きなど地域によって様々な呼ばれ方をされていて、
同じ和菓子なのに多くの呼称があるという珍しい全国的な和菓子と言えそうです。
換言すると、この和菓子の呼び方でその人の出身地が判明するといえるのかもしれないです。

そのため東北出身で関東育ちの私はいうまでもなくこの和菓子は「今川焼」と呼びますし、大判焼きなどといわれても
正直あまりピンとこないです。

遠い昔の話ですけど、私が高校生の頃に全日本吹奏楽コンクール・アンサンブルコンテストに木管五重奏として出場
したことがありましたけど、あの時は地区予選をどうにかこうにか通過し県大会に出場したはいいのですけど、
(現在のアンサンブルコンテストは地区予選の段階から市民ホールなどそれなりのホールで開催されますけど、
私が高校生の頃の地区予選はなんと・・! 普通の高校の音楽室が会場となっていて、とてつもなく味気ないものでした・・
ちなみに・・私の中学生時代の地区予選の会場は3年間とも全て普通の公立中学校の体育館でした・・)
市民会館小ホールという音響の悪い地味なホールで開催された県大会は、残念ながら銅賞という結果に終わり、
結果発表と表彰式にて銅賞の表彰状を授与された時は本当に悔しくて不甲斐ない気持ちで一杯でした・・
というのも吹奏楽コンクールでしたら、もしも評価が銅賞などあまり芳しいものではなかったとしても
「全体は確かに悪かったけど自分自身は申し分なかった・・」みたいに言い訳?もできなくはないのですけど、
演奏者が3~8人のアンサンブルコンテストにおいては、一人一人の技量が嫌でも曝け出され、銅賞と言う評価は
これすなわち「おまえたち一人一人の技量はまだまだ未熟」という事の証明でもありますので、あの時のアンサンブルコンテスト
県大会銅賞という評価は当時の私にはかなり堪えたものでした・・

当時のアンサンブルコンテスト県大会は2月開催という真冬の時期でしたし、外の気温も寒かったけど
私たちの心もとてつもなく寒かった・・という感じだったのかもしれないです。

だけどそのあたりの立ち直りの早さは高校生の若さや怖いもの知らずの為せる業なのかもしれないです。

あの屈辱的な?表彰式から30分後には、木管五重奏の出演者5人は「残念会だー!」ということで、
とある駅前の駄菓子屋にて、やけ食いパーティーをしていました。
あのやけ食いパーティーの食べ物は、その駄菓子屋で焼き上げたという当時一個50円の今川焼で、
たしかあの時はやけ食いということもありましたし、食べてストレス発散ということで5人で40個ぐらい食べまくり、さらに
カップラーメンやハムカツ、コロッケ、メンチカツなどをパクついていましたけど、
そんな訳で私にとってアンサンブルコンテストの思い出というと県大会銅賞という悔しい評価と今川焼の残念会という
印象が大変強いです!

秋~冬の温かい和スイーツというと「たい焼き」も欠かせないです~♪

たい焼きとは言うまでも無く、鯛を形とった金属製焼き型で焼いて作られた餡入りの和菓子なのですけど、
たい焼きの歴史は意外と浅く、江戸時代からとあった訳ではなくて、明治時代に関東の今川焼から派生した和菓子と
いうのが一つの定説にもなっているようです。
上記でも触れた通り、私は生まれは青森、育ちは東北、高校卒業以降は関東ですけど、
何となくですけど私の勝手なイメージでは、いわゆる粉モノの定番は、関西はたこ焼きまたはお好み焼きで、
関東から東北は、今川焼・たい焼きがどちらかというと主流みたいな感覚もあったりします。
私の記憶の中では、東北に住んでいた頃は、実はたこ焼きはあまり食べた事は無くて、
どちらかというとたい焼きの方が冬の寒い時のおやつみたいなイメージもあったものです。
関東に移り住んで以降も、お店でよく見かけるのはたい焼き屋ばかりという感じだったようにも思えます。
関東でもたこ焼きが浸透しメジャーな食べ物になったのは、な銀だこの存在が大きかったようにも感じられます。

6848fd3133dc5d95b6db622f92f0a0c8-570x320_convert_20171128072053.jpg

最後に・・たい焼きは「ご注文はうさぎですか??」の千夜のお店でも登場していました~♪

千夜 : ココアちゃんは黄金の鯱スペシャルね。
リゼ : 鯱がたい焼きって無理がないか?

チノ・リゼ・ココアが注文した3品の中ではこれが一番分かり易いというかイメージがしやすいのかもしれないです。

金のシャチホコをたい焼きとして表現してしまう千夜のセンスは、なかなか面白いものがあると思います。

実際に上記でも書いた通り、この「黄金の鯱スペシャル」に近いメニューもあるようですし、パフェにたい焼きを丸ごと一匹
とどーんとのせるアィディアは私としては「なるほどっ!」という感じです。

ボリュームもありそうですしとても美味しそうですし、抹茶とバニラのソフトクリームともよく合っていると思いますね~♪

これはココアじゃなくても注文してみたくなってしまう一品だと思います。

「ご注文はうさぎですか?」は、チノとココアとリゼのコーヒーの喫茶店、千夜の和をメインとした喫茶店、
そしてシャロのハーブティー専門店とそれぞれすてきなメニューも色々と登場してきますので、
こうした所もごちうさの見どころの一つなのかもしれないです。

こうしたたい焼きの色々すてきなヴァリエーションは見ているだけでも楽しめそうですね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

うちら地方では朝市に(どら焼き)の店が立ちます。
今は1個(40円)です、昔むかしは20円くらいだった。。
子供に1個食べさせて朝市を回るとか・・・

2口か3口で食べられるほど小さいです。
大判焼きは,上と下を別々に焼いて合体します?
どら焼きは(穴の中に小麦粉を流し、アンコを入れ、その上にまた小麦粉を流して)要するに(型1つ)の中で焼きます。

大阪では(御座候)って言いますね、送ってもらってビックリです大判焼きでは無いですか~。。(笑)

人生いろいろ、大判焼きもいろいろ・・

アイハート 様

考えてみるとたい焼きもどら焼きも大判焼き(今川焼=回転焼き)も見た目が少し違うぐらいで
大体は同じようなものですけど、
地域によって呼び名が異なるというのも大変興味深いですし、人生いろいろ、大判焼きの呼び方もいろいろ・・
という感じなのかもしれないです、

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |