fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


東方Projectのメインは弾幕ゲームということで、あのゲームを一度でもやってみるとよく分かりますけど、基本的には
空中戦が多いという事で幻想郷の住民たちは人間も妖怪も幽霊も鬼も吸血鬼も妖精も妖獣も天狗もその他のキャラ達も
ほとんどが普通に空を飛んでいるというイメージがありそうですね~♪

幻想郷の住民たちには、例えば光の三妖精やチルノ、リリーホワイトに代表されるような妖精たちには2~6枚の透明な
羽が付いている事がほとんどですし、天狗(文ちゃん・はたて・椛)や鳥系キャラ(ミスチー・お空など)のように立派な翼が
元々付いているキャラもいますし、スカーレット姉妹のように畏敬の翼が背中に元々ついているキャラもいますし、
中には例えば封獣ぬえやフランドールのように背中に翼・羽は元々付いているのだけど「あんな畏敬で異形な形状の羽で
一体どうやって空を飛んでいるの・・!?」と思わずツッコミを入れたくなるキャラもいたりもします。

妖夢やゆゆ様、ムラサ、プリズムリバー三姉妹といった亡霊・幽霊は元々は「気」そのものの存在ということで、最初から
もしかしたらフワフワ浮く事が出来ているのかもしれないですし、
ゆかりんは幻想郷最強・最大の賢者でもありますので最初から空を飛ぶこと自体が朝飯前ともいえそうですし、
アリス・パチュリーさん・魔理沙といった魔法使い系は魔法の箒というアイテムによって自在に元々が空を飛ぶことが出来る
ともいえそうですし、
(一本の箒に乗って空を飛ぶ魔理沙とアリスのカップリングは東方最強の百合カップリングともいえそうです~♪)
橙・藍・うどんげちゃん・お燐ちゃんなどといった妖獣系キャラも普通に空を飛ぶことができるのは妖怪系キャラそのものの
生来有している特性なのかもしれないです。
(うどんげちゃんは月界から地上に亡命??を果たされた時には、天の羽衣によって地上に降り立っていました
天の羽衣なんというと私的にはスター☆トゥインクルプリキュアの羽衣ララを思い出してしまいそうなのルン~♪)

それでは幻想郷の人間はどうなのでしょうか・・?

魔理沙は普通の魔法使いだけど、魔法の箒に乗ることで普通に自由自在に空を飛ぶことができますし、
咲夜さんは空間を弄って飛んでいます。
霊夢は「空を飛ぶ程度の能力」という力を初期設定から有していますので、自在に空を飛び空中を浮遊することができます。
霊夢の能力は他の東方キャラのとてつもない能力から比べると普通過ぎるのではないのかな・・?と感じなくもないのですけど、
よく考えてみると、普通の人間で空を飛ぶことはできませんからね~
霊夢は、あくまで能力として空を飛んでいるというのが咲夜さん・魔理沙との違いなのかもしれないです。
最近の東方的な解釈としては、空を飛ぶ→重力にしばられない(無重力)→
どんな物事にもしばられず霊夢の前では意味がないというのが定説という感じみたいにもなっていると思います。
ちなみにですけど、旧作においては自力では飛べず亀(玄爺)に乗っていたのが、今となってはなにか懐かしい感じも
あると思います。
但し、幻想郷の人間属性で普通に空を飛べるのは霊夢・魔理沙・咲夜さん・早苗さんに留まっていて、
東方鈴奈庵でお馴染みの阿求と小鈴に関してはおそらくは空なんて飛べそうにないと思ったりもします。
というか・・小鈴はあまりにも普通の人間すぎて空を飛ぶという予感すら感じさせないですし、もしも魔理沙の魔法の箒に
同乗させて貰ったとしても空中浮遊した瞬間に「ママ、ママ、怖いよ~」とか言って大泣きしそうのは目に見えていそうです~♪

東方キャラの中でも最初から背中に羽や翼が映えているキャラもたくさんいるのですけど、その代表格は
天狗の文ちゃんや吸血鬼のレミリア様、妖精系のリリーホワイトや鳥系キャラのミスチーやお空だと思いますが、
中には確かに背中に羽・翼がはえているものの「一体あんな羽や翼とは到底思えないもので空を富んでいるのだろう・・?」と
思わせるキャラがいたりもしますけど、その代表的事例は吸血鬼のフランちゃんと妖怪系の封獣ぬえだと思われます。
ちなみにフランちゃんに関しては霊夢自身が「あの羽で一体どうやって空を飛んでいるのだろう・・?」と不思議に感じて
いますし、ぬえに関しては霊夢自体が「幻想郷の中で最も妖怪らしい妖怪の一人」と指摘しているくらいですので、
ぬえのあの背中の奇妙な羽は確かに一見全く羽や翼には全く思えず、どうやって空を飛んでいるのかという原理は全く
不明で謎ではあるのですけど、そうした謎というのが妖怪らしいという評価にも繋がっているのかもしれないです。

縺ャ縺医・_convert_20160617141120

それにしてもぬえの背中の羽は異彩を放っていると思います。

上記は今は亡きメーカーのグリフォンから発売されていたぬえのフィギュアの後姿ですけど、この絶対領域の素晴らしさは
一旦置いておいて、改めて見てみるとぬえの背中の羽は畏敬または異形以外の何者でも無く
この羽で空を自由に飛べること自体が謎ともいえそうです。

こんなに厄介な羽が背中にあると、ぬえは一体黒ワンピースをどうやって着ているのでしょうか・・??
(それはスカーレット姉妹・文ちゃん等の羽キャラ全体の謎とも言えそうですね~)

ぬえをぬえたらしめている要素として特に強調しておきたい事は、ぬえの黒ミニスカと黒ニーソの絶妙なコラボから
醸し出される素晴らしき絶対領域の美しさなのだと思います。
こんなにも薄そうな布地の黒ワンピースを一枚だけ纏っているような雰囲気がありますし、
この黒ワンピースのすぐ下は地肌みたいな感じも漂っていますし、
それがぬえ独特のあの曲線美というのか、衣装と体のラインがジャストフィットしていて、あの独特の少しエロっぽい感じ
というのか絶妙なお色気をもたらしているようにも感じられます。

2021-nuesan-02_convert_20210114101557_convert_20210114143959.png

ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。
本日は背中の異形または畏敬な羽キャラの代表格とも言えそうなぬえとフランドールのお二人をお披露目させて
頂きたいと思います。

まず上記の絵は今年・・2021年の初描きキャラでもある封獣ぬえです。

アミグリさんが描かれたぬえというとかなり以前にバストアップ構図のぬえがあるのですけど、それとは一味も二味も違う
進化と変化が見事に感じられる絵に仕上がったと思います。
2020年の終わり近くに描かれた描かれた霊夢やこいしちゃんやお燐ちゃんをご覧頂けるとよくわかるのですけど、
「過去に描かれた絵を現在の感覚で再度描き直してそれが見事に成功する」ということはかなり難易度が高いと思うのですが、
そうしたことをさり気なく複数キャラでもって実践されているアミグリさんの進化と変化の歴史には「さすが!」と感じてしまいます!

ぬえというと前述の通り、公式では不気味で正体不明でよくわからないとか、
霊夢自体がゆかりん・ゆゆ様と並んで「妖怪らしい妖怪」と認めたキャラでもありますし、
確かに背中の不思議な羽や左右で異なる髪の長さなどはそうした奇抜さも感じるのではありますが、
アミグリさんの描かれたぬえはそうした奇抜さや正体不明の不気味さというよりもぬえのキュートさや義理人情に厚かったり、
お茶目でいたずら好きという側面が一枚の絵からも感じ取られ、それが絶対領域の美しさや優しさにあふれた表情ともあわさり、 新年開幕にふさわしい華麗さにつながっているように感じられます!
上記にてぬえの義理堅さや「受けた恩には恩でもってきちんと返す」とかぼっち状態は実はあまり好きではないという心の本音が
アミグリさんの描かれたぬえのやさしく温かみのある表情に結びついているといえるのだと思います。


20190902-hurancyan-02_convert_20190902161207_convert_20190902181822.png


続きましてアミグリさんが2019年9月に描かれたフランドール・スカーレットです。

ちなみにこのフランちゃんは当ブログの2019年におけるブログ開設記念の記念絵としてリクエストさせて頂いた
記念作品でもあります~♪
その時にどうしてフランちゃんの絵をリクエストさせて頂いたのかと言うと理由は二つほどありまして、
一つはアミグリさんにとって東方キャラの中でもフランちゃんはアミグリさんのライフワークキャラの一人とも言えるほど
大好きで重要視されているキャラと言う事でアミグリさんにとっては大変思い入れが強い東方キャラでもあります。
フランちゃんのようにアミグリさんにとって描く事にはある程度の決意が必要なキャラを是非ぜひ当ブログの節目記事の
記念作品として描いて頂きたいという気持ちが大変大きかった事と、もう一つの理由は
アミグリさんにとってフランちゃんを描かれるのは実は2017年12月以来2年ぶり近くと言う事で、
この2年間の間にもアミグリさんの描かれる絵自体に進化と変化も多々感じることもありましたので、アミグリさんにとって
久しぶりのフランちゃんをどのように描かれるのか私自身大変な興味とわくわく感・ドキドキ感があったという事でもありました。

最初にこのフランちゃんを見て感じた事は、「椅子に座っているフランちゃんとはなんと珍しい構図!」とその今までにない
新鮮な雰囲気でした。
まるで初めて文ちゃんやはたてから記念写真の一枚を撮影されているかのように
初めての写真撮影に少し驚いて「あの天狗が手にしているカメラというものはどんな
ものなのだろう・・?」と興味津々ながらも初めて見るカメラと写真撮影独特の緊張感にさすがのフランちゃんも少し
戸惑ってきょとん・・とされているような初々しさも感じられ、とても新鮮な表情と構図だと改めて感じたものでした。

フランちゃんのスカート・ハイソックスの二重フリルやZUN帽のリボンのフリルも豪華絢爛な雰囲気が見ている人達に
楽しさ・わくわく感を伝えていると思います。
羽のクリスタがいつもより大きめというのはフランちゃん自身の成長を意味しているのかもしれないです。
きょとん・・とした表情ですけど、これまで描かれてきたフランちゃんの中で゜は大人っぽい雰囲気も感じ取れますね~!
サイドテールの先端付近のクルクル巻きもよくお似合いだと思います。

フランちゃんの背中の羽も一般的には少し不気味でどうやって空を飛べるのかその原理がよくわからないということで
ミステリアスな感じでもあるのですけど、こうやってアミグリさんが描かれるとそうした謎の羽も一転して
「かわいいね~♪」と感じさせてしまうのはアミグリさんの深いフランちゃん愛に他ならないと感じたりもします。

上記のアミグリさんが描かれた封獣ぬえとフランちゃんの権利は、全て上記作品の絵師様であられる
アミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにも美しいぬえやフランちゃんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと
興味がある方は、 是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

幻想郷の住民たちはほとんど自在に空を飛ぶことができますし、換言すると空を飛ぶことができないキャラの方が
圧倒的に少ないとも言う事はできると思います。
そうした空を飛べないキャラの代表格は普通以下の人間である小鈴もそうなのですけど、
モチーフが人魚でもある「わかさぎ姫」も間違っても空は飛べそうにもないかもですね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

異形の存在

確かに・・

妖怪・吸血鬼・悪魔といった異形・畏敬の存在は背中に羽や翼があり、自由に空を飛べるという印象がありますし、
その意味では幻想郷に空を自由に飛べるキャラがたくさんいるのは当たり前なのかもしれないです。
それでも幻想郷の人間も自由に飛べるというのも幻想郷らしい話なのかもしれないですね。

わかさぎ姫や小鈴は確かに間違っても空は飛べそうにないですけど、トロプりの人魚のローラもプリキュアになったくらいだから
わかさぎ姫も意外と飛べるのかも・・?

アミグリさんの絵はいつも素晴らしいですし、フランドールは
どの作品も素晴らしいと思います。
ぬえもミステリアスさよりもかわいらしさがすてきです。

ローラ

ふにゃん 様

なるほど! 確かにトロプりのローラもわかさぎ姫と同じく元ネタは人魚ですけど、なぜかプリキュアになって
しまいましたし、
最近のプリキュアはアンドロイドも宇宙人も果てには人魚すらプリキュアになってしまうのですから、
もはや「なんでもあり!」という感じなのかもしれないです。

「邪神ちゃんドロップキック」というアニメでは蛇神で足がない邪神ちゃんもなぜか普通に外を出歩けるのも
似たようなものなのかもしれないです。

アミグリさんの描かれた絵はみんな美しいですけど、特にフランちゃんの絵は特に際立っていると感じられます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |