プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「デート・ア・ライブ」の原作を読んでいくと、
やはり第三巻の時崎狂三(精霊識別名・ナイトメア)が登場して以降が
俄然面白くなります。
個人的には、本来の主人公であるべき夜神十日香の当初の「救いようのない孤独感」を
もう少し色濃く出した方が、よりストーリー的には厚みが出たような気がしますが
その分狂三のキャラの濃厚さが引き立つます・・・
アニメ版も狂三がメインに登場した第八話~九話が一番面白かったような気もします。




でもなんでこんなに時崎狂三に魅力を感じるのかな・・??
自分でも何か不思議・・
やはり精霊前の人間体時の丁寧な口調と品行さと
精霊後のあのいかれた感じの最悪の凶暴さの落差に惹きつけられるのかな・・・
ストーリー的にも、第一の精霊の十日香や第二の精霊のよしのんが
特段何の目的も有しておらず、一方的に人間界から攻撃を受けることで「孤独」を強いられていたのとは
対照的に、
狂三の場合、明確な目的を持ち、そのために士道に近づいたという経緯もありますからね。

このアニメの第一期のDVD発売またはレンタル開始が待ち遠しいという感じも
するのですけど、やはり第二期の放映が楽しみ・・・
第二期では、共通の敵撃破と十日香救出のため、一時的にせよ
士道と狂三が手を結ぶという第八巻あたりの展開まで及べばいいのですけどね。
第一期の第七話のくだらねーオリジナル話を入れるようなアホなマネはしないで、出来れば
このストーリー辺りまで一気に駆け進んで行ってほしいものですが・・・

最近、十日香のフィギュアを見つけましたけど、完成度が高くて感激しました。
このシリーズのフィギュアは順次発売されていくという話を聞きましたので
これは、時崎狂三のフィギュアが本当に発売されるとなると
楽しみな所です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

[T36] 時崎狂三 そのⅥ:byぬくぬく先生

「デート・ア・ライブ」の原作を読んでいくと、やはり第三巻の時崎狂三(精霊識別名・ナイトメア)が登場して以降が俄然面白くなります。個人的には、本来の主人公であるべき夜神十...
トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/579-791d2987
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |