fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


kya_convert_20210530205811.jpg

普通のキャベツ

gree_convert_20210530205840.jpg

グリーンボール(丸キャベツ)

キャベツは大好きな野菜の一つです~♪

私自身生野菜サラダは実はそれほど好きではないのですけど、千切りしたキャベツにドレッシングまたは塩コショウ、または
醤油、またはシーザードレッシングをかけて食べるのはとっても大好きです。
貧乏学生時代にお金が本当に全然無い時は、ご飯を炊いてゴマ油でキャベツをしんなりする程度に炒めてその上に
お醤油をかけたものをおかずにした事もありましたけど、あのキャベツは立派過ぎるほどごはんのおかずになっていたと
思います。
キャベツをメイン具材にしたメニューも数多くありますけど、私的には特にロールキャベツと回鍋肉が大好きであったりもします。

以前の記事で「チンジャオロースはピーマン嫌いのお子さんたちに抵抗感なくピーマンを味わってもらうには最適のメニュー」と
記しましたけど、キャベツ嫌いのお子様ってそれほどはいないとは思うのですが、
もしもキャベツをなかなか食べてくれないお子さんがいるとするならば、回鍋肉(ホイコーロー)こそは
そうした野菜嫌いのお子様のキャベツ嫌いを是正するにはうってつけのメニューなのかもしれないです。
以前味の素「Cook Do」の回鍋肉CMでぐっさんたちが美味しそうに大皿の回鍋肉を奪い合っておいしそうに食べるものが
ありましたけど、あのCMを見る度に「家族一同で大皿に盛られた回鍋肉を奪い合うように食べたら、それはそれで
一つの幸せなのかも~」と感じさせるものはあったと思いますし、
ああいうアツアツの回鍋肉ほど食欲をそそるものはないと思います!
ただ最近の新型コロナ感染防止の一環としての「新しい生活様式」においては、そうした大皿での提供はNGで、
一人前用の皿に盛るようにとの通達があるのはちょっと味気ない気もします・・

ところで皆様方はキャベツと見た目はほぼ同じである野菜の「グリーボール」はご存知でしょうか・・?

スーパーに行ってキャベツを買おうとすると、キャベツの近くにグリーンボールと記されたPOPを見かけることが
稀にあったりもします。
このグリーンボールは一年中売られている訳ではなくてほぼ春限定の春野菜ですし、なによりもこの野菜を取り扱っている
スーパーや八百屋さんは極めて少ないため、私自身も春先にグリーンボールが置いてあるのを見かけたりすると
「珍らし~」と感じてしまいますし、たまにですけどそうしたグリーンボールを買って帰る事もあります。
(もっともやはりグリーンボールが大好きなうちの奥様に没収されてしまいますけど・・・)

グリーンボールはキャベツよりも一回り小さくて、その最大の特徴はまるでボーリングや野球のボールのように「まんまる」で
あることであり、キャベツの見た目がどちらかというと横に広がっているのに比べると、そのまんまるさが
とても愛らしく感じたりもします。
春先にスーパーでよく見かけるキャベツは、春玉・寒玉という種類ですが、グリーンボールは「丸玉」と呼ばれることもあります。
グリーンボールの重さは、小ぶりのボール型で重さは1kg程度です。葉にはツヤがあって、びっしりと内側に巻き込み
内部まで緑色をしているのが特徴です。
そしてグリーンボールの味や食感の特徴としては葉が肉厚だけれど柔らかく、食感としてはシャキシャキという感じよりは
むしろシャリシャリとしんなりしている感じで、料理の部材として使用した場合、そのやんわりとした甘さも魅力的で、
炒め物、煮物、サラダなどどんな料理とも調和するいわば万能型といえそうです。
生で食べても美味しいですし、炒めても加熱してもさらにおいしくなるというとても使い勝手のいい野菜と言えそうです。

グリーンボールとキャベツの違いはほとんどありませんし、むしろそっくりですけど、見た目の外見と食感以外の違いとしては、
グリーンボールは一般的に出回っているキャベツに比べると栄養価が高い傾向にあり、キャベツよりも多く含まれてい
る栄養素はカリウムとβカロテンであったりもします。

それにしてもグリーンボールは本当にコロコロとしたまんまるですね~♪キャベツが平たい楕円状のような形に対して、
グリーンボールは真ん丸でコロンとした形が多いです。
そのままボーリングのボールとしても使用できそうなほどの愛らしいまんまるです。

そしてあのまんまるというのは見ているだけでなんだか心癒されるものがありそうです~♪

nazo-spring-!_convert_20150407175118.png

ここから下記はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれた絵のご紹介コーナーです。

上記で触れた通り、まんまるのグリーンボールは愛らしい雰囲気を有していますけど、人と言うものはお団子とか満月とか
メロンとか綿あめなと゜のようにまんまるとしたモノにはどこか「癒し」や「やすらぎ」を感じるものなのかもしれないです。
本記事においては、アミグリさんが描かれたまんまるくてとってもかわいくてちょっと不思議な謎生物のオリジナル作品を
ご覧頂き、しばしそのまんまるの不思議な世界を感じとって頂ければ幸いです。

上記の謎の生物は、アミグリさんが2015年に描かれた「お花見」と題された謎生物の絵です。

背景の虹がとっても美しいですし、虹と桜の花びらをバックにしたまんまるの不思議生物がとってもかわいくて
見ているだけで癒されそうです。
色彩的にブルーとピンクトーンという事で「春の息吹」が感じられ、謎の生物たちも冬眠から目覚めて春という暖かい季節の
到来という事で、暖かい気配の中でふわふわと空中を浮遊しているのかもしれないです。

この不思議な感覚とまんまるのやさしさに心なごむ一枚と言えると感じられます。

aki-nazonoseibutu-01_convert_20150922172256.png

上記の「不思議生物」の絵は「秋ですね♪」とタイトルが付けられていて2015年9月に描かれたオリジナル作品です。

本当に不思議な絵トだと思いますし、不思議生物に相応しい作品だと思います。
不思議は不思議なんだけど不気味とかこわい・・みたいな不思議さではなくて、
「なんかヘンなんだけど思わずこのまるっこい物体に触ってなでなでしてみた~い!」と思わせるゆる可愛らしさが
ここにはあると思いますし、
例えは悪いかもしれないけど地方のゆるキャラの皆様とふれあっているようなほのぼのとした温かみがある
ゆる可愛さなのだと思います。
この青の丸っこい感じは中秋の名月のお月様とも言えると思いますし、お月見のお団子のように見えたりもしますね~♪
背景の紅葉っぽいイメージも秋っぽいです。

東方の秋姉妹を思わせる「秋ですよー」というイメージがこの不思議生物からも伝わってきそうです。

東方というとこのお団子っぽい不思議生物のまるっこさは、ゆゆ様の視点で見てみると
「かわいいけど今すぐ食べちゃいたい!」という感じなのかもしれないですね~♪

nazo-haroulin-2015-02_convert_20151028164453.png

本記事の〆を飾って頂く作品は、秋の行事というと最近はやはりハロウィンなのかな・・?とも思い、
2015年10月に描かれた不思議生物ちゃんのハロウィンイラストでもってフィナーレを飾りたいと思います。
そういえば間もなくハロウィンですね~♪
上記の絵は掲載時には「☆ハロウィンパーティー☆(謎の生物) 」というタイトルが付けられていました。

アミグリさんは時にふっと肩の力を抜いた脱力したようなふわふわまるまるのかわいいかわいい謎の生物を
描かれる事が多々あり、そのまん丸の雰囲気のまるでお団子ちゃんみたいな謎の生物のゆるかわいらしさには
何度見ても「くすっ・・」と自然に微笑が生じてしまうすてきな癒し効果のある作品に溢れていると思います。

この謎の生物のハロウィンパーティーもそうしたかわいらしさと癒し効果が見事に発揮されていると思いますし、
その謎の生物ちゃんたちがまるで魔法使いのような箒に跨って空を飛んでいる構成もとても斬新で楽しく
ファンタジーに溢れていると思いますし、
この謎の生物ちゃんたちが被っている帽子が東方の魔理沙っぽくてとてもよくお似合いでかわいいと思います!

背景の三日月もキャンディー等のお菓子もハロウィンの雰囲気を絶妙に盛り上げていると思います。

上記のアミグリさんが描かれたオリジナル作品の権利は、全作品全てがオリジナル作品の絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

dream fantasy2 のアミグリさんの
オリジナル絵の不思議生物のまんまるさやちょっと謎みたいな雰囲気は不思議だけどどこなく癒しを
感じさせてくれていると思います。

アミグリさんのブログ→dream fantasy2 と合せて、
アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは季節の変わり目という事で体調を崩しやすい時期でもありますし、夏の疲れが出る季節でもありますので、
皆様方におかれましてもお体にご留意して頂きたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

グリーンボールって初めて知りました。グリーンピースの親戚かと思ったらキャベツなんですか。
だいぶデフォルメをきかせて描いたような丸さですね。漫画チックなゆるい顔のついたこれが畑に並んでたらちょっとしたファンタジーな風景かもしれません。

ふしぎ生物は見ても描いても楽しいですね。アミグリさんの作品もほっこりしてしまうゆる可愛さが溢れていますね。むにむにしてそうなまん丸デザインはわかりやすいようでその表現の幅は無限大なのだと思います。
まん丸系ふしぎ生物というと私はなんとなくヒープリのエレメントさん的なのをイメージしてしまいます。あれむにむにしてみたいですよね…w

まんまるは正義

schwert 様

グリーンボールは正直リアル店舗でも大変取り扱いが少なくて、店頭に並んだこと自体希少価値があるのかも
しれないです。
リアルで見ると画像以上にまんまるで、あの丸さにはどことなく癒されるものがありそうですし、
仰る通りファンタジー感は伝わってきそうです。

まんまるキャラの癒し効果やかわいらしさはアニメ作品等でも既に立証済だと思いますが、例えばゆるキャン△のなでしこも
現在の姿も勿論かわいいですけど、
静岡時代のでぶしこと呼ばれていた頃のまんまる体型にもむしろ親しみやすさもマシマシといえそうです。
小泉さんはあれだけラーメン食べまくってもまんまるにならないのはやはり永遠の謎です・・

アミグリさんの描かれたまんまる絵というとデデンネがとても印象的でしたけど、こうしたオリジナルの不思議絵ちゃんも
とてもかわいいし癒されるものがありそうです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |