fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


テレビやPCの広告でたまにですけど「昭和××年製造販売の扇風機・加湿器を使用されている皆様へ、使用を続けると
発火・発煙の危険性がありますので、直ちに使用を中止し、△△社にまでご連絡を下さい」といった案内を見かけたりすることも
あるのですけど、それは逆に解釈すると
「へー、それじゃー、昭和の頃に製造された家電が今現在でも尚使用され続けている証なんじゃん」と思ったりもします。

何となくですけとイメージ的には昭和の頃に生産販売されていた家電製品はやたら頑丈で長持ちするという感覚も
あったりもします。
昭和の頃のブラウン管テレビは調子が悪くなると「それはひっぱ叩くといつのまにか直る」みたいな都市伝説もあったり
しましたけど、実際、私自身も昭和の頃のアイワのブラウン管テレビを使用していた際には画像の映りが良くない時に
側面を叩くといつのまにか映りが元に戻っているということは実際に体感したものでした。
でも平成育ちの皆様にとってブラウン管テレビといっても「なにそれ・・!?」という死語の世界ともいえそうですし、
ゾンビランドサガのアニメにおいても平成育ちのさくらが昭和のアイドルの純子の「ブラウン管を通してお茶の間の皆様に・・」と
いう発言を耳にした際には、「え・・ブラウンさん・・?」と外人を連想していた事も昭和と平成の世代ギャップなのかも
しれないです。
平成以降のパソコンや液晶テレビや任天堂のDSなどは大変繊細ですので、ブラウン管テレビのように
やたらとひっぱ叩いたら即雇用してしまう事を考えると、改めて昭和の家電の頑丈さを感じたりもします。

昔の古い電化製品は壊れにくいものなのでしょうか・・?
そうした問いに正解は無いのかもしれないですし、少なくとも昭和の家電=頑丈・平成の家電=すぐ壊れるという単純なものでは
ないと思います。
ただ言えることは、昭和の頃の家電製品は今現在のような高度で多機能な構造ではなくて、元々がシンプルな構造ゆえに
部品が複雑化・多種類化していないから壊れにくいという傾向はあるのかもしれないですね。
今現在は高性能・多機能・低価格戦略により、次から次へと毎年のように新製品を出して売り尽くしていくと言うのが
一つのスタイルと言えそうですし、
新製品のサイクルが極めて早いと言う事もあり、買い替えサイクルの方が製品寿命よりも早いだろうという事で
メーカーとしても以前よりは「壊れにくい頑丈さ」を品質作りの上で以前よりは重要視していないと言う事も案外
あるのかもしれないですし、
昭和の頃の家電は設計、製造技術が今ほど進んでいなかったゆえに、むしろ余裕をもった設計製作がされていた事も
あるのかもしれないです。
それと昭和末期以降は、日本で製品を作らず部品を含めて海外で生産をする事が増えてきた結果、
純粋なメイド・イン・ジャパンとしての製品の割合が激減しているという事も大きいのかもしれないです。
今現在は製造コストや人件費を押さえるため、部品は東南アジア各国で製造し、日本に逆輸入しているというケースも
相当多い故に、やはり品質の詰めの甘さはひと頃よりは多少はあるのかもしれないです。

洗濯機も例外ではないのかもしれないです。

以前の記憶記事でも書いた通り、私自身子供の頃のもっとも古い記憶は3~4歳頃のもので、当時住んでいた家が
小平市の西武国分寺線の目の前という事もあり、あの西武線の車体はうっすらと覚えていたりもします。
そして当時母親が使用していた洗濯機は、現在の全自動はおろか二槽式でも無くて脱水機能すら付いていない
洗うだけの一槽式のもので、それでは当時脱水はどのようにしていたのかというと、洗濯機の側面にローラーが
取り付けられていて、洗濯してびしょ濡れ状態の衣類をハンドル操作によってローラーをぐるぐると回して
水を絞っていたという今現在の感覚ではありえない洗濯機を使用していたと思います。
私自身もハンドルでローラーをくるくる回すのが面白くて当時母親が洗濯機を廻していると、
「ローラーやらせて~」と母親におねだりしていたことはうっすらと記憶に残っていたりもします。
当時の母親が言っていた事も漠然と記憶に残っています・・
「昔はたらいに水を入れてゴシゴシと石鹸で洗うのが面倒くさかったけど、こういう洗濯機が登場してありがたい・・
この洗濯機は既に購入して10年以上経過するけど一度も故障した事が無いのも助かるよね・・」みたいな事も言っていたと
思いますが、この点からも昭和の家電は丈夫で長持ちみたいな都市伝説を具現化しているようにも感じられます。

実際このローラー付の一槽式洗濯機をどのくらい使用していたのかは記憶にないですけど、私自身が幼稚園に入園していた時
には洗濯機は洗濯機能と脱水機能がついた二槽式のものが我が家に備わっていたと思います。
そのころなのですけど、確かサンヨーだったと思うのですけどテレビCMでやたらと「洗濯ロボット」という全自動洗濯機のはじまり
みたいな洗濯機を宣伝していたと思いますが、あの時は子供心には
「え~、洗濯機の横にロボットがいてボタンを操作したり洗濯漕の洗い物を脱水漕に移動してくれるのかな・・?」と
勘違いしたのですけど、実際は横にロボットがいる訳が無くて、あたかもロボットが洗濯してくれるような感覚というイメージの
ネーミングといえそうです。
だけどあの感覚はラブライブ! サンシャイン!!のずら丸ちゃんの「未来ずら・・」という感覚に似ているのかもしれないです。

その後洗濯機は皆様ご存知の通り進化を重ね、二槽式→一槽式全自動→乾燥機能付きドラム式ととにかく便利になったと
思います。
近未来の洗濯機はもしかしたら、洗濯物の折り畳みすらもやってくれるのかもしれないですね・・
だけど反面、昔の単純な一槽式洗濯機に比べると長持ちはしなくなったし壊れやすくもなったという印象もありますし、
実際我が家の乾燥機能付き全自動洗濯機も18年間で2度ほど買換えし、故障によってメーカー修理を依頼した事は
累計3回もあったりします。

そしてようやくタイトルのネタに辿り着きましたけど、洗濯機の故障に関するあるある話というか都市伝説的な話として、
「職人さんや大工さんのいる家の洗濯機は壊れやすい」という話もあるそうです。
これは何かというと、職人さんたちが普段着る作業着や工事の制服やつなぎのポケットには仕事柄よく使用する
釘やビスやドリルの替え刃などの鉄製品が入っている事があり、帰宅後にうっかりそれを忘れて、帰宅と同時に
お風呂に入り脱いだ作業着やつなぎの中に釘や替え刃などの鉄製品がポケットに入ったまま洗濯漕を回し、結果的に
それが原因で洗濯漕が破損する事は実は結構あるそうです。

実は私自身も、一度ズボンのポケットに家の鍵を入れたまま洗濯し、洗濯機は故障するは、家の鍵は見事に真っ二つに裂けて
しまうわで、洗濯機の修理と合いカギを作り直したりするなど余計な出費が掛り痛い思いをした事もあります・・

そうした話を以前、施工現場の60歳を悠に過ぎた職長に話したところ、
「うん、それは職人の世界ではよくある話だよね・・、昭和の頃だったら洗濯機も単純な二槽式だったから鍵や釘を
つなぎにいれっ放しにしても洗濯機が壊れることは無かったけど、最近の全自動洗濯機はデリケートだからね・・」と
言われていたのが大変印象的でした。

runl_convert_20210423235857.jpg

「職人さん・大工さんの家の洗濯機は故障しやすい」という都市伝説みたいな話は、2019年のスター☆トゥインクルプリキュアの
羽衣ララちゃんに言わせると、「それも宇宙あるあるの範疇なのかもしれないルン~♪」と
言われるのかもしれないですルン・・



ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが描かれたかわいい絵の転載&ご紹介コーナーです。

上記にて「職人さん・大工さんの家の洗濯機は故障しやすい・・?」と記しましたけど、東方の幻想郷における優秀な職人さん
というというまでもなく河童のにとりだと思いますし、にとりは外界でいうところの作業着としてのつなぎ服がとても
よくお似合いだと思いますし、つなぎにはたくさんのポケットが付いていて、ポケットにうっかり釘やビスを入れてしまうという事も
実は意外とよくある話なのかもしれないです。

実際、にとりの設定としてにとりが来ている服のポケットにはたくさんの道具や工具が詰まっているみたいな話もありますので、
職人さん絡みの話の本記事のフィナーレを飾って頂く絵としてはアミグリさんの描かれたにとりが最も相応しいと
いえそうです。

上記の作品はアミグリさんが2020年10月に描かれたにとりのデフォルメ絵です。

それにしてもかわいいにとりですね~♪

両手を袖の中に隠さないで両手を顎に当てているポージングはかわいらしさが存分に伝わっていると思います。

ツインテがもふもふしてかわいいし、リュックの巨大さもお茶目な感じです~♪

デフォルメというととある箇所の強調という事もありますけど、このにとりは背負っているリュックサックの巨大化という
すてきな演出もされているのが大変面白いです。
果たしてにとりのリュックの中には工具以外にどんなものが入っているのかは興味津々です。
やっぱり釘やビスは必需品なのかな・・?

にとりの青髪前髪ぱっつんもとてもかわいいです~♪

20191212nitori01_convert_20191212225739_20191213145249eb2_convert_20191213175050.png

続きましてアミグリさんが2019年12月に描かれたにとりです。

にとりのこの笑顔には、見ているこちらまで思わずにっこりとほほ笑みたくなりそうですし、
なによりもにとりのふんわりとしたこのウェーブのかかったツインテールのかわいらしさにうっとりとさせられそうです。

ふわっとした帽子もとてもかわいくてにとりによくお似合いだと思いますし、スカートのフリルの細かさは
デフォルメとの大きな違いなのかもしれないです。

茨歌仙のにとりはちょっとがめつくて、鈴奈庵のにとりはちょっとミステリアスでしたけど、アミグリさんの描かれるにとりは、
爽やかで溌剌としたかわいい美少女という雰囲気に溢れていると思います~♪

幻想郷の薬師というと永琳ですけど、外界の新型コロナウイルス大流行の情報を耳にした永琳は、うどんげちゃんを
人体実験にしてワクチン開発に余念がないのかもしれないですけど、もしかしたらにとりもエンジニア屋の観点から独自に
治療薬の開発ができるのかもしれないです。

とにかくアミグリさんの描かれるにとりは通常絵もデフォルメ絵もどちらもとてもかわいくて魅力的だと思います。

幻想郷には電気が通っていないという事で洗濯機はないと思いますけど、河童の技術はかなり優秀で
文ちゃんのカメラやはたての携帯タイプのカメラや守矢神社と人里を繋ぐロープウェイすらも作ってしまうほどですので、
洗濯機に近いものは案外簡単に作れるのかもしれないです。

でも洗濯機を開発しても作業服にビスや釘を入れっぱなしにして故障の原因もつくりやすいのかもしれないですね・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

私も昭和家電にはお世話になった身なのでやたら頑丈というのは非常に共感してしまいました!壊れないのは良い事ですよね(#^^#)冷蔵庫とか今でこそ買い替えてしまいましたが、母親の嫁入り道具で25年越えでお世話になっていました。
そしてタイトル回収。「職人さんや大工さんのいる家の洗濯機は壊れやすい」とはどういう事なのかと思いましたが、なるほど納得の内容でした!あれだけ収納が多いとビスなどを入れたまま洗濯をしてしまう可能性も高そうですよね。

アミグリ様のイラストは河童の技術屋にとりが2枚も!どちらも爽やかな雰囲気があり、清涼感も感じますね(#^^#)
今回も素敵な記事をありがとうございました。

実は実話・・

ごにぎり 様

我が家のテレビは現在全台いうまでもなく液晶ですけど、実は数年前まで1台はにブラウン管式に地上波対応の
ケーブルを付けたものでした。
このブラン管テレビを購入したのが確か1984年でしたので、なんと30年近く壊れることなく使用できたのは
「昭和の家電無敵説」を立証するのかもしれないです。

記事内の「職人さんや大工さんのいる家の洗濯機は壊れやすい」→つなぎのポケットにビスが入っている事が多いから
というのは実は実話に近いというか
私の勤めろ会社が工務店でその職人さん達から直接聞いたあるある話でもあったりします。

アミグリさんの描かれるにとりはかわいいですね~♪

にとりが外界の職人さんとして勤務したら最強の職人の成り得るのかもしれないです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |