fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


kamo_convert_20210522211017.jpg

鴨南蛮そばの一例

9月も中旬に入り、そろそろ残暑もおさまりかけつつあり秋の気配も日に日に高まりそうですと、おそばもざるそばといった
冷たい麺よりはあたたかいきつねそば・月見そば・天ぷらそばなどが恋しくなりそうです。
そうした温かいおそばの一つに「鴨南蛮そば」というとてもおいしくて鴨とネギの絶品の組合せに独特なだしのつゆを
楽しめるメニューもあったりしますけど、改めて考えてみると鴨とネギのおそばはどうして「鴨南蛮そば」と
言われるのでしょうか・・?
なんとなくですけど鴨ネギそばというネーミングの方がしっくりくるような気もしますし、はたまたよくおそば屋さんでは
「カレー南蛮そば」とか「肉南蛮そば」というメニューもよく見かけたりもします。

それではこの南蛮そばにおける「南蛮」にはどういう意味があるのでしょうか・・?

おそば屋さんに行くとメニューの中にには「南蛮」と名前の付くものがいくつかありますけど、その代表的メニューが
鴨南蛮、肉南蛮、カレー南蛮などだと思います。

ここで素朴な疑問が湧き起こるのですけど、どうして日本の伝統的麺類のおそばに「南蛮」というワードが登場するの
するのでしょうか・・?
実は私自身、この点に関しては勘違いをしていた時期もあり、南蛮そばというと鴨南蛮そばというイメージが強く、
「鴨はフレンチの鴨肉のオレンジソース掛けに代表されるように元々はヨーロッパの食材なのかな・・?
南欧人が持ち込んだ素材だから、鴨肉の事を南蛮と呼ぶようになったのかな・・?」と勝手な想像をしていたら、それは全然
違っていて、実は正解はこの南蛮とはネギの事を指すそうです。

ちなみに「南蛮人」とはスペインやポルトガルの南欧の人達ということではなくて、一種の差別用語にもあたるようですが、
中国の視点で見たベトナム・タイ・カンボジアといった東南アジアに住む人たちという意味で、
「自分達こそが一番である」という中華思想の観点からみると中国より南の諸国は北方の騎馬民族同様にとてつもなく
野蛮であるという考え方があるのかもしれないです。
そしてそうした中国から見ると南方に住まれている人達、つまり南蛮人がネギを好んで食べていたことから、ネギが
いつの間にか南蛮と呼ばれるようになった経緯があるとのことです。

日本のおそば屋さんで南蛮というワードが登場するのは文明年間(1804~18)なそうです。

馬喰町にあった笹屋さんが鴨南蛮というメニューを始めます。

既に江戸時代からネギを南蛮と呼んでいたこともあり、鴨肉とネギがおそばにのった鴨南蛮そばというのは案外すんなりと
受け入れられていったのかもしれないです。

明治42年には大阪でカレー南蛮が登場します。
大阪の難波がネギの産地でもあり、カレー南蛮をカレー難波と呼んでいた事からそうした呼ばれ方が
定着していったという説もあるようです。
このカレー南蛮は大阪では人気だったものの、東京ではなかなか人気が出なかったそうです。
東京でカレー南蛮が食べられ始めるのは大正3、4年頃あたりからだそうでして、
カレー南蛮そぱの場合はネギほ使用し、カレーうどんの場合は玉ねぎとそばとうどんで具材を使い分けていたのも
なんだか面白そうです。

私的には南蛮そばというとやはり鴨肉とネギがのった出しがとてもおいしい温かいおそばを連想してしまいますね~♪

鴨というと鴨鍋もとても美味しいと思いますし、鴨鍋に不可欠な具材というとやはりネギなのかな・・?とも思います。
日本の故事として「カモがネギを背負ってやってくる」がありますけど、カモは本当にねぎを背負っているのでしょうか?
それとも鴨自体がネギを好んで食べるからその様に言われているのでしょうか?
全世界のどこに住んでいる鴨を見ても、鴨はネギを背負って事はある訳ないですし、
鴨が食材として自らネギを食べる事もないようです。
ちなみにですけど、鴨自体は穀物・水生植物・水生小動物などを好んで食べているとの事です。
それではどうして「カモがネギを背負っている」という故事があるのでしょうか?
これは江戸時代の食文化にルーツがあるようでして、鴨は肉質の柔らかさや脂の甘みがとっても人気の食材でしたし、
鍋用の食材としても古くから重宝されてきた経緯があります。
反面野鳥特有の匂いがありましたので、ねぎでその匂いをカバーして食べていたとの事らしいです。
そうした訳でこの故事の由来と言うのは、鴨とネギですぐに美味しい鴨鍋ができるという自分にとって都合の良い事が
二つ同時にやってくるという意味なのです。
この「カモがネギを背負ってやってくる」という故事・・略してカモネギという言葉は決していい意味で使用されている訳ではなくて
「だまされやすい人が、だまされやすいシチュエーションに、自ら乗っかってくる」という意味で使用される事の方が
現実的には多いのかもしれないですね。

カモは簡単に捕まえやすい鳥なので、捕まえやすい人=騙されやすい人をカモと呼ばれる事が多いとも思いますし、
それを動詞化して、人を騙したり、利用したりして利益を得ることを「カモる」と言い、
騙されてお金をとられたりすることを「カモられる」みたいな俗語もあるみたいです。
つまりまとめてみると、「カモがネギ背負ってやってきた」というのは、鳥の「鴨」と騙しやすい人の「カモ」をひっかけて、
「騙すしやすい人が、自分から(財布持って)ノコノコやってきた」という意味へといつの間にか変容していったと
言えるのかもしれないです。

CIMG4102_convert_20210522210846.jpg

CIMG4105_convert_20210522210915.jpg

CIMG4106_convert_20210522210937.jpg

上記でも触れた通り、南蛮そばというとカレー南蛮というのも既に定着したメニューだと思います。

おそば屋さんのメニューにはカレー南蛮の他にもカレーライスやカレーセットといったものもありますけど、おそば屋さんで
頂くカレーと言うのは待ちのカレー屋さんとかCOCO壱といったカレー専門店で食べるカレーとはひと味違う独特な個性を
感じたりもするのですけど、いったいどこが違うのかな・・?ともふと感じることはありますし、
俗に「そば屋のカレーライス」みたいな言い方をされることも多々あるのですけど、
どうしておそば屋さんが提供するカレーライスには独特の味と風味があるのかな・・?と気にもなったりします。
そかにあるのは和食のテイストとも感じるのですけど、カレーも定食もダシの風味がよく効いているという事なのだと思います。

おそば屋さんのカレーはインド料理とも西洋カレーとも違う、純和風のカレーライスといえるのかもしれないです。
COCO壱番などのいわゆるカレーらしいカレーを食べた後におそば屋さんのカレーを食べるとたぶんですけど、
その違いは明瞭になるのかもしれないです。
そうそう、なぜか知らないのですけど、おぞば屋さんのカレーには、なぜかグリーンピースがちょこんと乗っかっている事が
多いような気がします。あれは味と言うよりは単に色取りという意味なだけなのかもしれないです。

おそば屋さんには実はカレーライスとカレー丼という二つのメニューがある店が多いそうです。

それではおそば屋さんのカレーライスとカレー丼の違いとは何なのでしょうか・・?

おそば屋さんのメニューとしてのせられているカレーライスというのはいわゆる普通のカレーの事であり、
肉と玉ねぎを具にしてカレーのスパイスを溶かしたものですで、特にひねりはないようです。
それに対して、おぞは屋さんのカレー丼は、そばのメニューとしての「カレー南蛮そば」の上にかかってる具材を
ライスにかけたようなもので、具は肉と白ネギ、出汁で伸ばしたカレーを水溶き片栗粉で溶かしたようなものというものが
そば屋の普通のカレーライスとの違いなそうです。

おそば屋さんで頂くカレーの和のテイストはカレー丼の和風だしといえそうです。

まとめると・・
一般的には、おそば屋さんのカレーライスは普通のカレーであり、そば屋のカレー丼はカレーを和風ダシで溶いて作り、
カレー丼の具材はネギや油揚げなど和の具材が多いです。

つまり、カレー南蛮そばの味はそば屋のカレー丼と大体同じといえそうです。

そうした和を意識したおそば屋さんのカレー南蛮そばをカップ麺として商品化したのが、今年・・2021年3月に再販売された
マルちゃんの「おそば屋さんのカレー南蛮そば」でした~♪

かつおと昆布のダシを利かせた和風つゆにカレー風味をプラスしたおそば屋さんのカレー南蛮そばがこんなにも
立派にインスタント麺として成立している事が、日本のモノづくりの素晴らしさなのかもしれないです。
基本はダシが利いた和風つゆがきわだっていて、どろっとした濃厚なカレースープではないです。
どちらかというと印象としてはカレーの風味 < 昆布だしの和の風味という感じです。

具材としてかまぼこ・油揚げがはいっているのはカレー丼の具材と同じですし、ネギがたっぷりと入っているのは
さすが南蛮そばの南蛮の由来がネギから来ている事にも合っていると思いました!



最後に・・小泉さんネタでもあるのですけど、小泉さんはラーメン脳なのでそばやうどんを食べているシーンはほぼ皆無ですが、
原作漫画の中で小泉さんがカレー南蛮そばではないけど、カレーつけ麺を食べているシーンも原作漫画には
ありました。

当ブログの5月頃の記事で「ラーメン丼」に関する記事の中で、中村美沙の弟たちが小泉さんを見て
ラーメンのお姫様といわないで「カレーのお姫様」と呼んでいたのは、小泉さんがカレーつけ麺のお店で
おいしそうにカレーつけ麺を食べている様子に由来するものです。

あの話の中では、中村美沙は「カレーつけ麺といえば辛さでしょ・・」と言わんばかりに段階を踏んで激辛NAXのカレーつけ麺に
挑み完食する話でもありましたけど、小泉さん的には「辛さはどうでもいい」という感じで、
辛さよりも麺とカレーのバランスを重視されていたのは、さすがラーメン脳の小泉さんの本領発揮という事なのかも
しれないですね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ネギだったのですね!

私も今まで鴨南蛮そばの「南蛮」の由来は南欧かと思っていました。
実はネギの事だったのですね~
「カモがネギを背負ってやってくる」の故事の由来も
とても興味深いものがありました。

カモとネギ

ナタリー 様

鴨南蛮そばはとてもおいしいですけど、私も依然は鴨肉=欧米料理=南欧=南蛮というイメージで由来を考えていましたけど、
実は南蛮の意味がネギとは私も意外でした!

確かに鴨肉とネギは相性が良いからあの故事の言われもなんとなくわかりますね~

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |