fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム




親子丼の一例=卵と鶏肉の組合せ

tanin_convert_20210515214924.jpg

他人丼(開化丼)の一例=卵と豚肉または牛肉の組合せ


親子丼って本当に美味しいですよね~♪

独身の頃や学生の頃にお金が無い時には、よく夕ご飯としてこの「親子丼」は自分で作っていたものです。

親子丼は調理方法は比較的簡単ですし、基本的に具材はスーパーでも価格がかなり安い部類に入る卵と鶏肉と玉ねぎ
ぐらいで済みますからお財布的にも優しいし、調理自体は短時間で出来るし、
「お金が無いなど困った時の親子丼」という感じでもありました。

鶏肉と卵という同じ素材というか確かに親と子の素材を使うという事で、その味に外れはないという感じでもあったと思います。
卵のあのふわっとした感じに柔らかい鶏肉・・そしてたれのみりんと醤油の優しい味・・!
親子丼は本当においしい丼ものだと思いますし、牛丼とかまぐろ丼とかカツ丼とかチャーシュー丼もとっても美味しいですけど、
親子丼も絶対に忘れてはいけない味だと思います。

ちなみにですけど「玉子丼」という丼ものもあったりしますけど、これは簡単に言うと親子丼からそっくり鶏肉を取り去り、
玉ねぎと卵を炒めたものをご飯に乗せた丼系といえそうです。

そして親子丼とは別に「他人丼」という食べ物もあったりします。
実はなのですけど、私、恥ずかしながら一人暮らしを始めるまで、親子丼とは別の食べ物である他人丼という
存在を全く知りませんでした。
お蕎麦屋さんに食べに行った際に、いつもでしたら「そばセット」という事で、
ざるそばかきつねそばかたぬきそばのいずれかを麺類として選び、カツ丼か親子丼のいずれかを丼ものとして選ぶという
セットを頼むことが多かったと思うのですけど、
ある日何気なくメニューをじっくり見てみたら、チョイスできる丼ものの中に他人丼というものも入っている事に気が付きました。
「この他人丼ってなーに・・? 聞いたことがない・・、一体どんな食べ物なの・・!? 海の幸と山の幸がごっちゃになった丼
なのかな・・?」と妙に気になってしまい、そばセットを注文する際のチョイスとして他人丼を選択し、
その時に生まれて初めて私は「他人丼」という食べ物を口にしたものでした。

そこで提供された丼は、感覚としては豚肉の生姜焼きを卵でとじたものみたいな食べ物で、
その時に初めて他人丼とは、豚肉や牛肉といった鶏肉以外の肉を卵でとじた丼という事が分かったものでした。

この他人丼もとても美味しかったです~♪
豚肉と卵を同時に炒めて食べるというのはもしかしたらこの時が初めてだったかもしれないだけに
当時は「こんな食べ方もあるものだ」と新鮮な感覚を感じたものでした。

他人丼とは、血縁関係にない食材によるどんぶり料理という意味で、 具材に鶏肉(親)と卵(子)を使う親子丼とは異なり、
豚肉や牛肉を卵で閉とじたものを丼飯の上に乗せたものであるというのが他人丼の定義ではあると思うのですけど、
関西方面では主に牛肉を使ったものが他人丼として親しまれており、
関西以外の地域では主に豚肉を使ったものがメジャーな他人丼とされているのが地域の違いと言えるのかもしれないです。
他人丼は関西発祥と言われており、牛肉と青ネギをうどんの出汁で煮たものがそのはじまりなそうです。

ちなみに関東では、豚肉を卵でとじた丼を、他人丼という呼び方ではなくて「開化丼」と呼ぶこともあるようです。
(その意味では他人丼も開化丼も名前が違うだけで実質的には全く同じメニューといえると思われます)

江戸時代まで「牛は力仕事に必須の動物で食べるなどもってのほか」と言われ、牛肉を食べることは忌み嫌われていた
事もあり、明治時代に牛肉が「牛鍋」というメニューで自由に食べられるようになり、
明治初期に日本でも栽培されるようになった玉ねぎを用いて作られはじめた丼なので、
文明開化にちなんで「開化丼」と名づけられたそうです。

私が学生時代に神田神保町には「たつ家」という吉野家・すき家・松屋とは異なる独立系の牛丼チェーン店があり、
このたつ家の牛丼は吉野家の味に比べて少し油っぽくて牛肉と玉ねぎ意外に焼き豆腐が乗っていて、
感覚としては牛丼というよりはすき焼き風丼という印象もありましたけど、味はかなり個性的で好みは分かれるのかも
しれないですけど私自身は意外と気に入っていて、たまに食べに行っていたりもしました。
このお店のおしんこも結構独特で、切り方がなぜか格子状に切られていたような記憶もあります。
そしてこのたつ家の看板メニューとして関東では珍しい「開化丼」というメニューもあり、私自身は開化丼というと
上記の蕎麦屋のメニューとたつ家のメニューとして初めて知ったという感じでもありました。
ちなみに今現在は神田神保町のたつ家は既に撤退していて、たつ家さん自体はお店は新宿に一店舗のみ存在している
ようでもあります。
余談ですけど、私が学生時代には神田神保町~三崎町界隈に「牛丼どんどん」というお店もあり、当時吉野家や松屋よりも
価格は10円程度安かったけど、味は吉野家の足元にも及ばない・・という程度のモノだったせいか、
既にそうしたお店は存在していません。

俗に「西牛東豚」と言う事で、関西にお住まいの方は「肉と言うたら牛やろ!」と言われる方は多いと思いますし、
逆に関東~東北では「肉と言うとどちらかというと牛よりは豚なのかな~」と感じられる方は多いような気もします。
実際私の東北の実家ではすき焼きに普通に豚肉を使用していました。

関西ではカレー肉は一般的には牛肉を使用し、関東では豚肉がメインで使われる事が多いです。

関西のカレーは元々が牛肉を使用する事が当たり前であり、カレーに豚肉が入る事自体が「ありえないやろ・・」という
感覚らしいです。
関西で「ポークカレー」を食べようとしたら、オーダー時に「ポークカレー」と言わないとカレーに牛肉が普通に入ってきます。
関東の方はカレーと言うと(私もそうですけど)豚肉入りをまず連想し、牛肉入りカレーを食べたい時は
「ビーフカレー」とオーダーする必要があるという意識があるのは間違いないような気もします。

庶民の定番「カレー」も東西では違うものなのですね~

庶民の定番とも言える「肉じゃが」においても、
関西の方は「牛以外の肉じゃがなんか見たこともない」という方は非常に多いのに対して、
関東では「肉じゃがの基本は豚肉じゃん」と言われる方は、私もそうですけど大変多いような気もしますね。

やっぱり日本には狭いようで文化圏的には多様性がある国と言えるのかもしれないですね。

sake_convert_20210515215200.jpg

002_convert_20170809171121.jpg

上記の卵と鶏肉の親子丼は陸の親子丼といえさうですけど、海の親子丼というのが
サーモンといくらの海鮮丼といえそうですし、ネタとしても新鮮で素晴らしいと思います。

鶏肉と卵の親子丼は陸のまたは山の親子丼と言えそうですけど、このサーモンといくらのちらし寿司の丼は
「海の親子丼と言えそうです。
もしもですけど、サーモンではなくてまぐろにいくらをちらしたとしたら、これはこれで海の他人丼と
言えるのかもしれないです。

どちらにしても海の親子丼もも海の他人丼もどちらもとっても美味しそうだと思います!!

このように近年ではサーモンとイクラの組み合わせによる海鮮丼も、親子丼」呼ばれて提供されることがあります。

鮭の卵であるイクラと「親子」の組み合わせになることから、ネーミングとしては間違っていないものの、
鶏肉と卵による丼と誤解されることも多いため、どちらかというとこのメニューは「鮭イクラ丼」などと使うことが
多いような気もしますね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

りょうりひがしにし

色々な料理で、東と西との違い、とても良く判りました。
私は主に東(群馬、長野、東京、神奈川、埼玉)に住んでいましたが、すき焼きだけは、小さいころから牛肉でした。

東西文化

むさしの想坊 様


東西文化の違いはいろいろと恐怖深いですし、カレーや肉もそうですけど、たとえばうどんのだしの濃さ薄さについても
かなりの違いがありますし、
言葉以上に食べ物については違いがあるのかもしれないですね。

こういう地域の文化の違いはとても面白くて尊いものがあると感じます。

こんばんは

この記事を拝見して親子丼が食べたくなったのですが
なかなか夕食の献立にできないでいます。
夫が釣ってきた魚攻撃のため(笑)

関東と関西のカレーや肉じゃがに入れる肉の違い
なんとなく我が家も 牛肉を使っています。
しばらく前に牛肉の偽装事件が起きた時
牛肉を買わない時期がありました。
その時に豚肉でカレーや肉じゃがを作ったのですが
おいしいなと思いました。
なのでたまに 豚肉で肉じゃがを作っています。
豚肉の方がうまみがある感じがします。

鮭 いくら丼もおいしそうですね。

東西文化

花梨 様

埼玉は海が無い県のため、海で釣られた魚を当日食べる機会というのは海がある県と比べてかなり低いと思われますので、
うらやましいです~♪

日本は狭い国と言われますけど、食べ物一つとっても西日本と東日本はかなりの違いがありそうなのかも
しれないです。
その一つがお肉であり、うどんのつゆの濃さともいえそうです。
私自身、東日本でしか暮らした事が無いせいもあり、カレーや肉じゃがに牛肉が使用されていると
「なんという贅沢!」と感じてしまいがちですね~

吉野家で以前狂牛病騒動のあおりで牛丼の販売が出来なくなった時にピンチヒッター的に登場した豚丼は
実はかなりお気に入りで、
現在ほとんどのチェーン店で豚丼の販売が休止となっているのはもったいないな・・と感じたりもしますね・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |