fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム




ジャムトースト(いちご)の一例

mama_convert_20210510214641.jpg

マーマレードトースト(オレンジ)の一例

私が小学生の頃の学校給食はパンオンリーでしたけど、中学3年の時に初めて学校給食にご飯が導入され、
給食のある小中の中で最後の一年間だけご飯を味わったことになります。
今現在はどうかわかりませんけど、当時の学校給食の食パンはお世辞にも「おいしい」とは言えず、なんだかパサパサ
しているし鮮度も低いし無味乾燥という印象すらあり、なんだか乾パンを食べているのと同じような触感では
ありました。
そうした中でたまに食パンにつける小さなビニール袋に入ったいちごのジャムが出されると、気分的には「地獄で女神さまに
出会った・・」みたいな感じすらあり、あの無味乾燥の激マズ食パンにいちごジャムをつけるだけで
食パン自体がとてつもなくおいしく感じられたのは不思議なものでもありました。
ただ、ジャムはジャムでもたまにオレンジのママレードジャムが出されるとも気分は一気にトーンダウンしテンションが下がり、
「マーマレードは苦いしおいしくないし、あの皮みたいな繊維がとても嫌・・」という感じでもありました。

さてさて、改めて考えるとジャムとマーマレードってその違いはどこにあるものなのでしょうか・・?

ジャ」とは、果物の果実に砂糖や蜂蜜を加え、ゼリー状になるまで煮詰め保存可能にした食品の総称です。
イチゴ、ブルーベリー、アンズ、リンゴ、オレンジ、ブドウなどの果物を用いた甘いものが一般的でパンやクラッカーに塗ったり
ヨーグルトなどに添えて食されることが多いです。
学校給食ではイチゴのジャムがお馴染みですよね~♪
一般的な話ですけど、食パンをトーストしてからジャムをパンに塗るのが普通だと思うのですけど、真逆の方法で、
食パンにいちごジャムを塗り、レンジやオーブンでトーストすると水分が適時に飛び、いつもとは少し異なる食感の
少しパリッとかカリッとしたいちごジャムトーストが味わえるので、私的にはお勧めです~♪

一方マーマレードとは、オレンジやグレープフルーツなどの柑橘類の果実を用いたジャムの一種で、
果皮がジャムの中に含まれていることが一般的なジャムとの大きな違いです。
オレンジ、グレープフルーツ、夏蜜柑、柚子などの柑橘類の果実を細かく切った果皮とともに煮詰めるため。
ジャムと比べると苦みがあります。
そしてそうした苦みこそが学校給食で出されたマーマレードがかなり苦手ということに繋がったといえそうです。
ただ、小さい頃は苦味と皮があるマーマレードは苦手でしたけど、年を重ねるとむしろ甘いジャムよりは苦みが一定程度
備わっているマーマレードのほうが今現在は大好きですし、特に苦みが少し強いグレープフルーツのマーマレードと
ヨーグルトを食パンで挟んだサンドイッチ的なものは大好きであったりもします~♪

ジャムとマーマレードは砂糖と果肉を煮詰める点は一緒なのですが、皮が含まれるか含まれないかが両者の違いと
言えます。
そのため、イチゴジャムはあっても、イチゴには皮が無いためイチゴマーマレードというのは存在しません。

ちなみにですけど、JAS規格では、ジャム、マーマレードについては、果汁を原料として作るゼリーを含めた食品の総称を
ジャム類としており、ジャムはジャム類のうちマーマレード及びゼリー以外のものと定められ、
マーマレードはジャム類のうち、かんきつ類の果実を原料としたもので、かんきつ類の果皮が認められるものと、
それぞれ定義されているそうです。

まとめると・・

ジャムは、果実に砂糖など加え煮詰め保存可能にした食品の総称で、
マーマレードは柑橘類の果実を用いたジャムの一種で果皮が含まれるものであり、
味的にはジャムはやたらと甘いのに対して、マーマレードは苦みと皮があるのが違いといえそうです。

上記で、子供のころは苦みがあるマーマレードは苦手だったけど、年を重ねると甘いジャムよりは苦みのある柑橘系の
マーマレードのほうが大好きになったと記した通り、
年を重ねていくと食べ物の好き嫌いの変化と言うのか味の好みの変化という話はよくある話だと思います。
二十歳間もない頃は「ビールの一体どこが美味しいの・・?」と感じていたけど、会社員生活が長くなると
仕事が終わった後とか風呂上りのビールが最高に美味しいと感じたり、
(私自身、プレミアビールのおいしさは堪らないと感じる一方、フリー等ノンアルコールビールの激マズには閉口しています)
昔は苦手だったあの食べ物が最近は好きになってきたとか
若い頃は肉ばかり食べていたのに最近は肉を食べると胃もたれがしてしまい、肉よりは魚・寿司・刺身が好きになってきたとか
昔はこってり系のとんこつラーメンが大好きだったのに、最近はさっぱり味の塩系を好むようになってきたといった話は
別に珍しくもなんともない話なのだと思います。
(「ラーメン大好き小泉さん」の小泉さんは、多分ですけど年を取られても今現在同様、正統派も変化球もラーメンの多様性を
死ぬまで探求されるような感じもありそうですね~♪)

私自身もコーヒー・紅茶・緑茶等のお茶系統に関しては、随分と嗜好が変化したようにも感じられます。

20代の頃前後は、コーヒーは缶コーヒーでもミルク・砂糖入りは当たり前でしたし、紅茶も当然お砂糖は入れていましたし、
あの頃は、ハーブティー・ミントティー・薬膳茶などは全然苦手でした。
最近はその辺りも随分と変わってきたようにも感じられます。
以前は微糖缶コーヒーを飲むと「少し苦いのかも・・」という感覚でしたけど、最近は微糖缶コーヒーですらも
「甘すぎてちょっと飲めない」という感覚に変化してきていますし、ここ数年は、コーヒーはブラックでないと飲めないです。
10代~20代の頃にあんなに大好きだった炭酸系、特に特にコーラとかジンジャエールとかサイダーとかは
最近ではあまり飲まなくなりました。
家とか仕事の息抜きとかお食事の際の飲み物は、ほとんどはペットボルのお茶ばかりになってしまったのは、
加齢による嗜好の変化なのかもしれないです。
それでもたまに飲むとコーラはとてつもなく美味しく感じるから不思議なものです。

紅茶も全く同じですね。

余談ですけど、子供の頃に親戚の叔父に連れて行ってもらった生まれて初めての喫茶店にてレモンティーを注文し、
レモンティーが運ばれた際にお姉さん系のウェイトレスさんから
「きみ・・いくつ・・?」と聞かれたので思わず「はい、9つです!」と言ったら、そのウェイトレスさんは苦笑されていました。
彼女にしてみれば「紅茶に入れる角砂糖の数はいくつなの・・?」という意味だったようです・・

最近は砂糖入り紅茶は飲む気にすらならないし、ミルク入りもレモンティーもちょっとパスという感じになりつつありますし、
基本的には砂糖無しのストレートティーしか飲めなくなってきたと感じられますし、
ハーブティーやミントティーは抵抗なく飲めるうえに、以前は苦手だった薬膳茶もそれほど苦手では無いという
感じにはなっています。
昔はキリンの午後の紅茶のペットボトルは「この甘さ具合が丁度いい」と思っていましたけど、最近は午後の紅茶ですらも
甘すぎると感じるようになったのはコーヒー以上の嗜好の変化なのかもしれないです。
キリンの午後の紅茶はとてつもなく完成された飲料という事もあり、ペットボトルの紅茶としての人気度・知名度は
他の紅茶の追随を許さないものであり、一つのブランドをほぼ完璧に確立していると思います。
私自身も「午後の紅茶」はとてもよく飲みますけど、やはり最近は午後の紅茶ですら「あと少しだけ甘さを抑制できると
いいのだけど」とも感じてしまいます。
ただキリンの午後の紅茶・無糖茶はそれほど好きではないのも不思議と言えば不思議です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ジャムのパンがやたらおいしそう

ほんと、人間って歳をとるにつれて味覚ってかわっていきますよね~。
子供の頃なんて煮物なんか全然食べなかったのに大人になって急に好きになったり・・・。
私も最近は晩ご飯に焼き肉なんて食べに行ったら翌日は必ず胃がもたれるようになってしまいましたw

歳はとりたくないですねぇ。

味覚の変化

まいさか 様

人間と言うのは体力の衰え・記憶力の低下と合せて味覚の嗜好の変化が高齢化を自覚させるチェンジの要因と
いえそうです。

私も昔はたとえばひじきの炒り煮や漬物というものは好んで食べる方では無かったけど、今ではむしろ好んで
食べますし、砂糖入りコーヒーが全然飲めなくなったのも
味覚の嗜好の変化と言えそうです。

年を重ねてそれを自覚してもその先まだまだ数十年は生きていく必要がありますので、高齢化とうまく付き合っていくしか
ないのかもしれないです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |