fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


8月もあと少しで終わりを迎え季節もいよいよ9月に入ろうとしていて「秋」の気配もうっすらと感じたりもしますけど、
連日まだまだ暑くて残暑厳しい今日この頃です。
新型コロナウイルスも依然として猛威を振るっているというか、全国へのワクチン接種が一通り行き渡るまでの間は
まだまだリスクが高い状態である事は変りは無いですけど、新型コロナウイルスと私たちが向き合い始めてから一年半以上
経過しますけど、その中でわかった事の一つが「このウイルスの感染源は飛沫がかなり多い」という事であり、
会食・飲み会といった飲食の場でマスクを外した状態で大きな声を出して会話をしたり笑ったりする際に人の口から飛び散った
唾液・つばの飛沫や(日本ではそうした慣習は極めて少ないですけど)ハグやキスの際の口から口へ飛沫感染がなされて
しまった事や、咳やくしゃみで感染リスクがマシマシになってしまったといえるのかもしれないです。
今年に入って何回か緊急事態宣言または蔓延防止法の適用が発令されていましたけど、あれは飲食店への規制が
あまりにも過度に行われていて、営業時間の制約とかお酒の提供の禁止とかが罰則を伴う内容で実施されていましたけど、
考えてみるとあれもなんだかヘンな話であり、ウイルスは別に夜だけ活動するものではないですし、
昼間のランチタイム等でも当然感染リスクが高まる可能性もありますし、はたまたアルコールを提供しないお店には
一切ウイルスは蔓延らないという事は全く無くて、要はウイルスは人間社会に一切忖度をしてくれるものではないと思います。
規制の本姓の目的は飛沫感染を抑える事なのに、それがいつの間にか夜の営業時間制約とかアルコール提供制約にだけ
論点がすり替わったのは妙な事だと思いますし、飛沫感染を本当に抑制したいと考えるのだったら、営業時間やアルコール
提供に制約を課するのではなくて、飛沫を呼び込む大きな要因、すなわち複数での飲食と会話を制約すべきであり、
「一人で来店し会話をせずに黙々と食べて飲んで、食べ終わったら素早く退店すること」は全く問題ないものと考えますし、
むしろそれを奨励した方が飲食店も助かるし、お客さんも喜ぶし、行政側も協力金といったある意味無駄なお金を使わずに
済むし、どうしてそうした「孤独のグルメ」を推奨しなかったのかは疑問に感じたりもします。
孤独のグルメの井の頭吾郎や「ラーメン大好き小泉さん」の小泉さんは、お店に入っても基本的にはほとんど会話をせずに
黙々と食べまくっていましたけど、新型コロナ時代にあってはむしろそうした食べ方こそがある意味理想的だったのかも
しれないです。

どちらにしても人が生きる上では絶対に欠かす事の出来ない人間の唾液・つばにそうしたウイルスが潜んでいて、
それが感染爆発の要因になっていた事自体驚きでもありましたけど、人間の唾液には多分ですけど、そうした目に見えない
ウイルスや細菌がたくさん潜んでいるという事なのかもしれないです。

それと似たような話なのかもしれないですけど、例えば自室や職場等で暑い夏場の際に、ついついうっかりして
ペットボトルの飲料水を一日程度放置していまい、翌日にそれを口にしようとしたら
なんだか甘酸っぱいにおいがするとか異臭がするとか味がなんだか酸っぱい味に変化しているというのも
人間の唾液に起因しているのかもしれないです。
砂糖が大量に入っている清涼飲料水でしたら「多分カビが発生したのかも・・」という事になりそうですけど、無糖のお茶や
コーヒーでもそうした現象が発生するということはやはり人の唾液にはペットボトルのお茶すらも一日程度で
駄目にしてしまうなにか細菌や雑菌が潜んでいるということなのかもしれないです。

上記で書いた通り、梅雨の時期とか夏場の暑い盛りにおいては、一旦開封し自室等で放置したペットボトルのお茶も
半日から一日程度でお茶自体が妙にすっばい香り&味に変容してしまい、とてもじゃないけど飲めやしないみたいな事は
結構起きると思います。
紅茶とかジュースとかポカリスエットなどのように飲み物内に砂糖が含まれている清涼飲料水ですと、
一旦蓋を開けて開封し冷蔵庫に入れないで外で常温のまま放置しておくと、大体丸一日程度で異臭みたいなすっぱい香りが
発生し、翌日にはカビが生えてしまう事はよくあると思います。
だけど、お茶みたいに砂糖が全く含まれていない飲料水でも、夏場でエアコンをあんまり付けない部屋で
開封した状態で放置してしまうと翌日にはすっぱい味に変化してしまうのは不思議なものがあったりします。
普通の水道水というかペットボトルにの天然水なんかもそんな感じになるのでしょうか・・?
緑茶の中に、もしかしたら色々と化学物質みたいなものが含まれていて、それが酸化してしまうことが異味・異臭の原因に
なるとも考えられそうですけど、人間の唾液もそれに一役買っているのかもしれないです。

真冬ですと、室内でしたら一日から二日程度ぐらいなら開封した状態でもそうした事にはなりませんから、
夏場の方がそうした酸化現象とかカビの発生が起きやすいという事なのだと思います。
一度開封したペットボトル飲料は、極力開けたその日に飲み切る、そして2Lみたいな大容器の場合は、
残ったら冷蔵庫に入れて保管というのは、大原則と言えそうです。

我が家には、一台大き目の冷蔵庫があり、元々はうちの奥様と私が共同で使用していたのですけど、最近は。
彼女が色々とケーキだのブリンだのシュークリームだの炭酸飲料等を大量に購入し全部冷蔵庫にしまいこんでいるので、
私自身が購入した物を入れるスペースがほとんど無いというのが実情です。
先日も「仕事から戻ってきた時とかお風呂上りに冷たいペットボトルのお茶でも飲みたいな」と思い、
冷蔵庫に2Lのペットボトルのお茶を入れようとしたら、それでさえ入る余地は全くありません・・
「お茶ぐらい冷蔵庫に入れさせてよね~」と文句を言っても
「ダメ!!  あなたの飲み物・食べ物を入れるスペースなど無い!!  私のケーキ等が無くなって冷蔵庫内にスペースが
出来たら少しは入れてもいい・・」みたいなとんでもない事を言いだすので
仕方なく、ペットボトルのお茶を半分ほどグビグビ飲んで、残った半分は、そのまま自室に放置してしまったら
翌日には上記みたいな事が起きてしまいました。

砂糖や添加物が基本的には入っていないお茶は、夏場でも常温で蓋をきちんと締めておけば二日くらいは平気でもつのかなと
思っていたら甘かったですね・・・・
お茶と言えども、半分飲んだものをそのまま放置しておけば腐ってしまうという事なのですね・・

そうそう、これについて最近実験してみた事があるのですけど、
自室でペットボトルのお茶を飲む時って、面倒だからいちいちペットボトルからコップ等にお茶を注いで飲むという事は
しないで、基本的にはペットボトルをラッパ飲みする事がほとんどだと思います。
ラッパ飲みですので、当然自分の口が直接そのペットボトルの先端と触れることになります。
多分ですけど、その際に自らの唾液がペットボトルに触れることで、何かしらの「菌」みたいなものがペットボトル内で
繁殖しているのかもしれないですね・・・
それゆえに夏場の放置→酸っぱい香りみたいな異臭という事をもたらしているのかもしれないと思います。
(「なんだ! 原因は自分自身なんじゃん!」という感じですね・・)
そうした仮説を裏付けるため、先日とある実験をしてみました。
なにかと言うと、2L入りペットボトルのお茶を自室内で開封し、一切自分の口を付けないで、これを飲む際は、
ペットボトルから水筒というかアルミ製のマイボトルに移して飲む事にし、ラッパ飲みをしないで自室内に置いておいたら、
従来でしたら1日程度で異臭が発生していたのがふ日程度はそうした異臭が発生する事も無く
お茶としての香り・風味がキープされていました。
やっぱり異臭の原因は、自らの唾液に含まれる雑菌だと思いますし、それが新型コロナウイルスの大きな感染源と
なっているとはなんだか少しばかり恐ろしくも感じたものでした。



ペットボトルのお茶や食べ物をとにかく美味しそうにグビグビと飲んでパクついていたのは、歴代プリキュアにおいては
ハピネスチャージプリキュアのゆうゆうだと思いますルンッ~♪
本当にゆうゆうは、美味しそうに食べていましたよね!
ゆうゆうの名前は大森ゆうこなのですけど、私もたまにですけど打ち間違えて「大盛りゆうこ」と
誤変換してしまうことがうるのですけど、
ゆうゆうに関しては、誤変換の方が正しい入力のようにも感じたりもしまいそうです。

ハピネスチャージのハロウィン回においても、めぐみと誠司、そしてブルーの微妙な立ち位置関係を描いていました。

ブルーにドキドキのめぐみ・・
それを見て憂鬱になる誠司・・
誠司を心配するひめ
食べるゆうこ
そうした食べ続けるゆうゆうを半分呆れながら見つめるいなお・・・
食べるゆうこ
食べ続けるゆうこ・・・

そんな感じだったのは、いかにも「食べるゆうゆう」に相応しいエピソードだったと思います。

いおな:さっきから食べ続けてばかり・・・・ひめじゃないけど大丈夫なの・・?

ゆうこ:一年前からハロウィン貯金をしていたから・・・・

という会話の流れは何かとても面白いものがありましたし、
いおなとゆうゆうのコンビで「二人はプリキュア」を展開しても十分一年間やっていけると思います。

特に、めぐみ-誠司-ブルーに関してのいおなとゆうゆうの見解がとっても興味深いです。

いおな:恋愛の好きというより親戚のお兄さんが好きって感じなのかも・・・

ゆうこ:好きには色々な「好き」があるから・・・

という会話には何か痺れるものがありました。ゆうゆうは本当に中学生なのかな・・??

ゆうゆうのこの達観レベルは、歴代プリキュアでも史上最強クラスだと思ったりもします。



2019年の「スター☆トゥインクルプリキュア」の宇宙人プリキュアのララちゃんがもしもですけど、
ひかるがうっかりララちゃんのロケット内で三日以上放置してしまい異臭が発生したけたようなペットボトルのお茶を
飲んだりしたら、そのヘンな味や香りに思わず「オヨー!」といって
「なんだかヘンな味がするルン!」とひかるに文句をいいそうな気がしますね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

う~ん…案の定、オリンピック開催が気の緩みに繋がって大規模な感染爆発が起きてしまいましたね。
パラリンピックに関しては、身体に障害のある方は総じて免疫力が弱い傾向にあるのでとても心配です。
近所にも障害を持つお子さんがいますが、すぐに病原菌に感染します…この前は水疱瘡を患ってました。
まぁ、コロナのデルタ株でなくて幸いだったと思います。

まだまだ先は見えない・・

sado jo 様

どっかの国の暗愚な総理大臣が緊急事態宣言の追加発表にて
「灯が見えてきた」というトンチンカン発言をされていたようですけど、この現状では灯どころか
収束の兆しすら見えていませんので、まだまだ一寸先は闇なのだと思います。
現状ですとオリパラを開催している場合ではないと思うのですけど、開催してしまった以上は選手や関係者の皆様が
感染される事の無いように帰国の途について頂きたいものです。

いまだに暗愚な総理はじめ政府関係者が7月のオリンピック開催と4連休が気の緩みにつながり感染爆発を
招いた要因であることを認めようともしないのは残念ですし、
あの頭の固さはどうにかしてほしいものです・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |