fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


オヨ~!



「スター☆トゥインクルプリキュア」が最終回を迎えて既に1年半近くが経過していますけど、スタプリのキャラの中では
圧倒的にララちゃん=キュアミルキーとユニ=キュアコスモの二人の宇宙人プリキュアの印象がとてつもなく強くて、
なんとなくですけど「まどか・・誰それ・・??」みたいな感覚すらあって、スター☆トゥインクルプリキュアはなんとなくですけど、
地球人プリキュアよりは圧倒的に宇宙人プリキュアのインパクトが強かったです~♪

ララちゃんというと語尾の「・・ルン」とらララちゃんの感嘆符の代名詞とも言うべき「オヨ~!」ですよね~♪

ララちゃんのインパクトはあまりにも強烈過ぎて、実はなのですけど、最近の記事でもちらっと触れていた通り、
うちの奥様のLINEとのやり取りで、語尾に「・・ルン」と付いてしまったり、うちの奥様からの無茶振りや「帰りにあれ買ってきて」
といったメッセージには、「困っちゃたな・・」みたいな意味で「オヨ~!」と返信をしてしまう事もあったりします。
そうした場合の彼女からの返信は「おまえはオヨルン星人か~♪」とか「プリキュア5のミルクだったらこういう時はミル~と
いうのかもしれないルン・・」みたいなものですので、
彼女も結構なプリキュア好きという事なのかもしれないですルン・・

ララちゃんの「オヨ~!」は驚いたり呆れたり疲れたりしたときに用いられていましたが、ララちゃんがあまりにもルン・・やオヨ~を
多用していましたので、一部ファンの間ではララちゃんはオヨルン星人とも言われていましたし、実際に
地球の中学校に編入した際にはクラスメイトからもルンちゃんと呼ばれていたりもしました。

歴代プリキュアにおいては特徴的な語尾というとほんどはパートナーの妖精たちであり、
一例を挙げると、メップルのメポやフラッピのラピやハミィのニャやキャンディのクルやモフルンのモフなどがありましたけど、
プリキュアでこうした語尾を使用したのはララちゃんが初めてとも言えるだけにインパクトは強烈だったと思います。
(プリキュア5のミルキィローズも妖精のミルクの時の語尾は・・ミルでしたけど、くるみやミルキィローズに変身すると
この語尾は一切していませんでした)
そしてララちゃんは初登場から最終回までこのルン・・という語尾はずっと使っていましたけど、あれを演じていた声優さんも
大変だったのかもしれないですね~
ちなみに、ララちゃんの母星である惑星サマーンでは全ての住民の語尾はこの「・・ルン」でしたので、サマーン回の時は
なんだか会話中がルンだらけというのもとても楽しかったです。

そしてララちゃんと言うと二本の触角もとてもかわいかったです。

自由自在に自分の意志で動かせるララちゃんの2本の触覚は、電気が流れてマッサージをしたり、PCのタイピングをしたり、
長さも自在で万能に動き回りますけど、そうした一連のこのしぐさがとてもかわいかったです~♪
落ち込むと曲がったり、怒ったときに光ったりと感情の表現にも使われますし、びょこびょこ動く触覚が超かわいいです。

惑星サマーンでは「13歳は大人」という設定で、ララちゃんのデータを重視する大人としての行動と
星奈ひかるの単純で本能と直感のまま動き、感じたように行動するというパターンを対比させるようにも感じられ、
この大人/子どもの対比というのも序盤の見どころだったともいえそうです。
そしてララちゃんのデータを重視する真面目な性格だけど、実はちょっと抜けているというポンコツ要素があったところも
魅力の一つなのかもしれないです。

もしもですけどプリキュアオールスター映画でララちゃんがモフルンと出会ったとしたら、「あ~モフルンルン~ッ♪」と
なってしまうのかもしれないですね~
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

アニメでは古くから語尾キャラが存在していましたが、プリキュアも例外ではありませんね。記事でも触れている通り、プリキュアの語尾キャラは妖精が担当していましたが、スタプリのララは宇宙人という点も相まって独特の語尾、口調が印象的に使われていたように思います。設定や身体能力も特徴的で、宇宙人要素を思う存分活かしていたキャラクターだと思います。
個人的にもミルキー的な意味で接点のあるキャラクターですし、今回の記事で特集して頂いて大変嬉しかったです(^^♪

ララがどうしてあんなにも可愛いかといえばデザインはもちろんのことたぶんあの変な喋り方と絶妙にアホの子っぽい声が合わさっての効果が大きいと思います。小原好美さんキラやばルン。変な語尾を付けるのは妖精のお約束でしたがプリキュアサイドも語尾を付けていいという明確な例ができましたね。
あとララといえば作中でクラスメイトに「ルンちゃん」と呼ばれていたのがスタプリの優しさが表れてるみたいで好きでした。「ゆうゆう」とか「はるはる」とか「あおちゃん」みたいな仲良しの間であだ名呼びってどれもグッときますけど、ララの場合は大事な個性が受け入れられた証でもありますし特に愛と重みがある感じがしますモフ。

ララちゃん

ごにぎり 様

ララちゃんやそのAIは最近の当ブログにおける世評記事においてもなぜかかなり頻繁にコメント(?)を
頂いておりますけど、
それだけ当ブログでもラブリーとは違う意味で愛されキャラなのだと思います。

あの独特過ぎる語尾や口癖もすてきですし、スタプリの中では最もちびっこということもありますし、
本人が意外とポンコツ要素を有している点も含めて、歴代プリキュアの中でも突出したかわいい愛されキャラと
いえそうです。

そしてララちゃん自身が惑星サマーンの誇りを持っていた事や地球文化も柔軟に受け入れ、文化の違いも多様性も
きちんと認めていた点も素晴らしかったと感じられます。

ララちゃん

schwert 様

ララちゃんはひかると対比するとデータ重視の生真面目な要素がありますし、ユニと対比すると
同じ宇宙人キャラでも少し幼さと言うかポンコツ要素も感じられ、
5人の中では最も背が低くて幼い雰囲気を漂わせているのが絶妙な設定と言えそうなのルン・・

ユニがかなりのツンデレキャラでもあるけどララちゃんも少しツンデレっぽい要素もあったのもよかったと
思います。

小原さんがララ役を演じられていた頃に同じ時期に「かぐや様は告らせたい」の悪意があるのかないのかよくわからない
小悪魔的な藤原書記の役も演じられていましたけど、
その適確な使い分けはさすがとしかいいようがないルン!

メンバー内でララちゃんをルンちゃんと呼ぶ子はさすがにいませんでしたけど、あのクラスメイトからのルンちゃんと
いう呼び方はとてもかわいかったですし、ララちゃんの個性をみんなで認め合っている点もよかったです。
歴代キュアのあだなというと私的にはゆうゆうもそうでしたけど、ブッキーやまこぴーもとても印象的です。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |