FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


昨日より東京、京都、大阪、兵庫の4都府県に通算三回目の緊急事態宣言が発令され、期間は4月25日から5月11日まで
ということで今年も該当エリア内では昨年に続いての巣籠り期間のあまり楽しくないGWという事になりそうです。

だけど今回の緊急事態宣言ですけど、国や都では「短期間で一気に効果があげられるようにする」と言っているものの、
あの中途半端な内容では劇的に新規感染者数の激減とか収束に向かうということはないような予感もあったりします。
私達国民一人ひとりはこの一年間無駄に続いた自粛ということで、緊急事態宣言というワードを耳にしても
正直あまり響きませんし、自粛疲れ・コロナ慣れという事も大きいと思いますし、
なんとなくですけど、今回の三回目の緊急事態宣言は、5月17日に来日が予定されているIOCのバッハ会長に対して
「東京オリンピックを開催するために国民や都民が楽しみにしているGWをぶっ潰してまでも私たちはここまで頑張っていますよ」
みたいな事を必死でアピールするための措置にしか見えないというか、それが透けて見える所に
国民・都民の皆様は「なんかもうどうでもいいや・・」みたいに感じる面ももしかしたら少なからずあるのかもしれないですし、
緊急事態が宣言されようが、総理や知事が何と言おうがオリンピックが中止にならない限り皆出歩く可能性だって
あるのかもしれないですし、IOC会長に対する必死のアピールと忖度が伝わる政治的な意図が感じられる緊急事態宣言や
自粛要請にはもしかしたら誰ももう耳を貸さないのかもしれないです。
まして今回の三回目の緊急事態宣言が発令されているGW期間中は、お店でのアルコール提供禁止とか
夜20時以降の街のネオンの自粛要請など「なんだか戦時中の統制みたい・・」と感じられる人も相当多いかとは
思われますし、ここまで自粛疲れを一年近くに渡って引き起こしている状況の中で、本気でGW期間中の人出を減らしたいと
思うのだったら昨年みたいな一律の給付金の支給とかそれが無理ならば該当エリア内の住民に対する何かしらの給付金を
支給しない限りは多分誰しもが前向きに協力するようには思えないですし、換言するとそれだけみんな我慢の限界を
迎えていると思いますし、「東京オリンピック開催のために我慢と自粛を無意味に続ける」ということに
納得がいかないのかもしれないです。

ここ一週間ほど東京都知事の発言で「東京都外の方は都内に来ないで」というフレーズをやたらと発信している印象が
ありますけど、前回も同じ事書きましたが、そもそも都内に来ないでというのは無理がありますし、
皆好き好んで都内に来るわけではなくて、リモートやテレワークができないために仕方なく仕事のために都内に出勤する
方がほとんどなのだと思います、
観光や遊びや買物のために東京都に来ないで欲しいと言うならば、それは当然だと感じたりもしますけど、
それを言うのだったら前述の給付金の支給とか東京オリンピックの中止を発表した方が国や都の本気度の伝わり方が
違うようにも感じたりもします。
国や都が本気で「短期間でコロナを収束させるためには人の往来を大きく制限する必要があります」という事を発信するには、
「皆様が現在不安や不信に感じている東京オリンピックを開催するために自粛要請するのではなくて、
東京オリンピックを今回はやむをえず返上し、政府としてこのコロナやその変異型の感染爆発を防止するために
万全を期します。そのためにまずはこのGW期間中はとにかく外に出ないで下さい」と発信した方が
おそらく私たちは「それだったら仕方がない・・」と納得はしないけど従うとは思われます。

いずれにしても現在のような「東京オリンピック開催のためには近隣県の人達は我慢しなさい」という
上から目線的というか中央集権的な物言いでは、近隣県の住民は納得しないし制御出来ないように感じられます。
都外の人に「都内に来ないで」という言い回しをするなら「都民も都外へ出ないで」と同様の言い回しを並べて発信しないと
あまり説得力がないようにも感じられそうです、
本気で人流を抑え込むのであれば、飲食店や遊興施設などの休業、時短だけでなく、ロックダウン的な強い策を講じないと
難しいのかもしれないです。
感染者の数、感染力の強い変異株の出現など、昨年4月の緊急事態宣言時より大幅に状況が悪化しているのに、
昨年と大して変わりがないゆるい規制内容では果たして現政権が期待する短期間での収束なんて
夢のまた夢にも思われますし、むしろ今こそ昨年のGWで散々言われていた「STAY HOME」の徹底なのかもしれないです。

オリンピックのために頑張ってきた選手の皆様は気の毒としかいいようがないのかもしれないですけど、
今はコロナ一本に集中した方がいいと思いますし、
国民も都民も「オリンピック開催のためだけにこれ以上自粛と我慢を続けることには限界がある」と感じ始めているのかも
しれないですし、長期的には中止と言う決断の方が国民の信頼も得られると思います。
オリンピックは残念だけど、いつかまたできるかもしれないし、オリンピックは平時の祭典だと思いますし、少なくても現在は
全世界的に平時ではないのだと思います。
緊急事態宣言下の中高校生は、修学旅行は軒並み中止、部活も自粛で対外試合もたとえば吹奏楽部の
コンサートも開催できないということで本当に気の毒だと思いますし、中高校生にこかん辛い想いをさせるのに
東京オリンピックだけはなにがなんでも開催します、オリンピックのアスリートだけは特別扱いですというのは
とても納得いく話ではないですし、どうみてもそこにあるのは「オリンピックのごり押し的強行開催」であり、
日本政府も都知事もIOCもJOCも「とにかくオリンピックを開催さえできれば国民に自粛や不自由さを押し付けても構わない」と
しか考えていないようにしか見えないです。

グタグタ書きましたけど、近隣県の人に対して都内に来ないでと言うのと同様に、都民に対して「都内から出ないで」という
事も強く発信した方がよいのかもしれないです。
埼玉県のさいたま市と私が在住している川口市は今回は緊急事態宣言の対象エリアではないけど、
蔓延防止の指定エリアとなっています。
都内の方が店内アルコール禁止というならば、可能性的に緊急事態宣言も蔓延防止の対象外エリアとなっている
東京からすぐ近郊の埼玉県戸田市・蕨市・越谷市・和光市等に遠征される可能性だってあるのかもしれないです。

追記・・

当ブログは予約記事で書いているものばかりですけど、その後さすがに埼玉県もこれはまずい・・と感じたようでして、
4月28日より新たな対象地域は、川越、所沢、草加、越谷、蕨、戸田、朝霞、志木、和光、新座、富士見、ふじみ野の12市と
三芳町の計13市町が蔓延防止の追加エリアとなりました。
でも、都内の大型商業施設が休業ということだと、例えば越谷レイクタウンといった日本でも屈指の広さを誇る
超大型商業施設は緊急事態宣言対象外県ということ、つまりは休業対象外ということで都内から人が殺到する
可能性もあるのかもしれないです。

run_convert_20210423235613.jpg

runl_convert_20210423235857.jpg

runlala_convert_20210423235941.jpg

2019年の「スター☆トゥインクルプリキュア」の宇宙人プリキュアのララちゃんがもしも現在の状況をロケット内のAIに
質問したとしても「東京に来ないで! だけど今年の夏のオリンピックは開催しますというのは
どう論理的に考えても明らかに矛盾なのルン!」と言われるのは間違いなさそうですね・・
そして「文明が遅れた星では一部の特権階級の利益のために国民に不自由さを押し付けるというのは
宇宙あるあるの範疇なのかもしれないルン」と言われるのかもしれないですルン・・

ララちゃんにはセンサーというか触角が付いている他にロケット内のAIと会話や指示を受けることもでき、
宇宙的視点からいろいろと適確な分析や予測が可能なのですけど、
もしもララちゃんのAIに「現況の予測ではGWが終わった頃には感染爆発が抑えられていると思いますか?」といった質問を
ぶつけたとしたら「その可能性は限りなくゼロに近いルン・・」と言われるのかもしれないですね・・
そしてもしかしたら・・??
ララちゃんのAI分析では「5月以降も感染が抑えられず国民の間に本当に東京オリンピックを開催する必然性と意義が
あるのか・・?という疑問の声が強く上がり始めたら、
今年の都議選で都民ファーストの会の惨敗が予測され、はたまた年内に衆議院解散が確定している状況下において、
都知事や現政権の間では、これはむしろ東京オリンピックの中止を毅然として発表した方が国民にウケるし、
選挙で勝てる可能性が高いと判断した場合は、都と政府の間でどちらが先に中止を言いだすかの争奪戦になる
可能性も少しはあるのかもしれない」という予測もありうるのかもしれないです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

宇宙人?に言われてしまった・・

スター☆トゥインクルプリキュアとかララという宇宙人のアニメは見たことないですけど、
現況の東京の実態を科学的に分析すると、残念ながら
「中止」という選択が望ましいようにも思えますし、
強硬に開催して日本発の二重三重の変異が拡散し、世界中から非難とか場合によっては訴訟リスクを考慮すると、このララという宇宙人のAIの予測においても
「中止が最善ではないけど次善の選択」という事になるのかもしれないです。

インド型二重三重型変異は脅威・・

フィンガル 様


日本国内ですらこういう状況なのに世界各地でまだまだ猛威を振るっているコロナの感染リスクを考えると
開催ありきという考えではなくて、
「本当に開催していいのだろうか・・?」ということを中止になった場合の実損や損害賠償請求や
感染蔓延の危険性や国内の医療体制などを考慮しつつ、
「開催すべきか中止にすべきか」という選択肢を国民全体で早期に議論し、早期に結論を出すべき時期と
いえそうです。

その上で開催するならするでその準備を進め、中止するというならばIOCとの損害賠償請求についての協議をした上で
オリンピック関連予算をコロナ対策に廻すべきなのかもしれないです。

ただ現況はオリンピックのために国内のコロナ対策が全て後手後手に回っている印象が強く、それが
「オリンピック開催のためにここまで自粛と制約を課されるなんて・・」という国民の不満につながっていると
いえそうです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |