fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


A.ドヴォルザークという作曲家は日本人好みのメロディーを多く作曲した屈指のメロディーメーカーという印象があります。

一例を挙げると・・

〇交響曲第9番「新世界より」~第二楽章

〇ユーモレスク

〇弦楽四重奏曲「アメリカ」(弦楽四重奏曲第12番)

〇チェロ協奏曲

など色々あると思います。

私の高校時代の吹奏楽部の定期演奏会において、一年生の時のサードステージ(クラシック音楽吹奏楽アレンジステージ)
において、ボロディンの歌劇「イーゴリ公」~ダッタン人の踊りと共に演奏した曲目が
ドヴォルザークの交響曲第8番第一楽章でしたけど、あの曲は中間部にトロンボーンの雄叫びみたいな箇所を含めて
少し盛り上がる面はあるものの全体的には鄙びた雰囲気の洗練された音楽という感じです。
私が入部する一年前の定期演奏会のサードステージでは、2曲目がストラヴィンスキーのバレエ組曲「火の鳥」で、
1曲目がなぜか・・・?? モーツアルトの交響曲第40番~第一楽章ということで、当時の部全体の雰囲気として
一曲目は打楽器・金管セクションが目立たない曲を内省的に奏で二曲目にその有り余ったエネルギーを爆発させる
というものがあったのかもしれないです。
ドヴォルザークの8番はクラリネットパートは細かい動きが結構大変だったような記憶がありますけど、吹いていても
どこかのんびりとした心地の良さは感じたものですし、この交響曲自体特に郷愁を意識させるものはないですけど、
それでもどこか田舎とか自然ののどかさみたいなものは感じていたものでした。
後から振り返ると「第一楽章を選ぶのだったら、トランペットのファンファーレで開始されどこかマーチ風な感じでもある
第四楽章を演奏すればよかったのに・・」と感じたものですけど、その辺りを後日当時の指揮者の先輩に聞いてみたら
「第四楽章の吹奏楽アレンジ版が(当時は)なかった・・、第一楽章だけブレディ編曲のモノがあったから・・」という
簡単な理由だけだったようです。

ドヴォルザークというと、ユーモレスクという小品も好きなのですけど、スラブ舞曲集、その中でも特に第10番の美しさと郷愁は
素晴らしいと思います。
あの10番の哀愁溢れるメロディーラインは相当日本人好みだと思いますし、不思議な郷愁の感情を感じてしまいます。
4分前後の大変短い曲なのですけど、日本人好みの哀愁・秋みたいな感覚・しっとり感が全て詰まっていて
どことなく田園地帯の静かな秋みたいな色彩が濃厚な感じの曲だと思います。

ドヴォルザークは、新世界の第二楽章と言い、スラブ舞曲集といいどうしてこんなにも素晴らしいメロディーラインを
書けるのだろう?と感じずにはいられない魅力的な曲だと改めて感じたりもします。

ドヴォルザークの「スラブ舞曲集」なのですけど、ジムロックと言う音楽出版社が、
ブラームスの「ハンガリー舞曲集」の出版でかなりのクリーンヒットをかっとばし相当大儲けした事に味をしめ(?)
二匹目のドジョウを意図して、「似たような傾向の音楽を作曲して下さい」とドヴォルザークを強引に口説き落とし
スラブ舞曲集を出版したところ、これまたクリーンヒット、しかもブラームス大先生をしのぐ人気と売り上げがあったため、
そして8年後に「スラブ舞曲集第Ⅱ集」を作曲する事になります。
ちなみに、第Ⅱ集の作曲報酬は最初の第Ⅰ集の10倍近くにも跳ね上がったそうです。

俗にドヴォルザークの「スラブ舞曲第10番」と呼ばれる作品は、Ⅰ番とⅡ番の通し番号として呼ばれるものであり、
厳密に言うと、この曲のタイトルは、スラヴ舞曲集第Ⅱ集作品72第2番 と呼ばれるべきものなのかもしれないです。
この曲は10番と言うⅠ集とⅡ集の通し番号で呼ばれる事もありますし、第Ⅱ集の作品としての第2番として呼ばれる事もあるし、
その辺りは少し混乱しているのかもしれないです。
大抵の場合、10番という通し番号で呼ばれる事の方が多いのかもしれないです。

この曲は本当に哀愁と郷愁が漂っていると思います。

曲は、A-B-C-A-Bという二部形式と三部形式を混合した形式をとっています。
第1ヴァイオリンの憂愁この上ない旋律で始まり、フルートが重なった第2ヴァイオリンでフォローされます。
やがてホ長調で活気が出ますが、すぐにホ短調に戻って中間終止をします。
中間部はハ長調で明るいゆったりとした旋律を奏で、やがてチェロで最初のテーマが戻ってきて曲は静かに閉じられます。

この曲は、日本フィルを振っていた頃の小林研一郎(コバケンさん)がよくアンコール曲として演奏されていました。

この曲、たまにですけど、吹奏楽コンクールでも自由曲として演奏される事があり、
その場合は、(通し番号で言うと)9番~10番~15番という組合せで演奏される事が多いです。

ドヴォルザークの吹奏楽コンクール全国大会で自由曲として選ばれた楽曲は、1960年代~70年代初めは
新世界の第四楽章が多かったですけど、その後、スラブ舞曲集、スケルツォカプリツィオーネ、交響曲第8番~第四楽章も
演奏されるようになっています。

ドヴォルザークの新世界と言うと、アニメ「響け! ユーフォニアム」第一期の前半の回にて高坂麗奈が第二楽章の家路の
メロディーを寂しそうに吹いていたシーンがとても印象的でもありました~♪

292a3226_convert_20150422232252.jpg

86d1cab4_convert_20150422232220.jpg


ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」~第二楽章の家路のあのメロディーは、「響け! ユーフォニアム」【第一期】の第3話
にも登場していました。

中学の特に県大会でダメ金を取り関西大会に勧めず悔しい気持ちで北宇治高校吹奏楽部に入部した高坂麗奈でしたけど、
麗奈のように高い技術と高い目的意識を持った人間の視線で言うと、第3話当時の北宇治高校吹奏楽部の雰囲気は
「ありえない・・」という感じだったのだと思います。

孤高な麗奈としては「やるせない」という気持ちであり、「いたたまれない」という気持ちだったのだと思います。
麗奈本人は、滝先生が赴任したと言う事で北宇治高校吹奏楽部で本気で全国大会を狙っているのに対して、
周囲のテンションは極めて低く、「海兵隊」という簡単なマーチすらもまともに吹けず、滝先生より「なんですか、これ・・」と
罵倒される始末・・それでも部員たちは一向に目覚めず練習も手を抜きがちで、そこに追い打ちを掛けるように
「パートリーダー会議が終わって方針決定するまでは練習も休み」と知らされては、麗奈の「やるせない気持ち」は
本当に痛いほど分かります。

そうしたやるせない気持ちをぶつけるように校庭の隅から麗奈自身がトランペットで奏でる
ドヴォルザーク/交響曲第9番「新世界より」~第二楽章のあのメロディーは本当に心に沁みたものです。
半分泣き出しそうな麗奈の表情もすてきでしたけど、
最後の「うわぁぁぁぁぁぁーーーーー」という叫びが本当にいたたまれないものがありました。

あの場面でどうして麗奈が「新世界より」の第二楽章のメロディを吹いているのかな?とリアルタイムで見た時は感じた
ものですけど、久美子が適切に解説を加えていました。

これ…

新世界より…。

故郷を想って作った曲なんだって。まだ何もない、新しい世界で・・・・・

久美子自身も、中学時代の久美子をほとんど知らない新しい高校で、再度スタートさせたかったし、
麗奈自身も滝先生に憧れて、そして滝先生を信じてついていけば、
もしかして本当に全国大会も夢ではないと信じて、立華高校への推薦を蹴ってまで
北宇治高校という「新しい世界」に飛び込んだのに、現実はああした体たらくの状態・・
そうしたやるせない気持ちが「新世界より」のあのせつないメロディーに繋がっていったのかもしれないです。



2019年の「スター☆トゥインクルプリキュア」の宇宙人プリキュアのララちゃんは、故郷の星の惑星サマーンを離れて
見知らぬ異世界の地球で暮らしていたことを考えると、もしもララちゃんが新世界の家路のメロディーやユーモレスクや
スラヴ舞曲の哀愁溢れるメロディーを聴いたとしたら、「およー」と言いながらも
「なんだか胸を打つメロディーなのルン・・」としんみりされるのかもしれないですね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

スラヴ舞曲

ドヴォルザークのスラヴ舞曲集の吹奏楽アレンジ版は
1991年の福岡第一の演奏で一気に人気が出たように感じます。
指揮者の松沢先生の中村学園時代を彷彿とさせる楽しさもとてもよかったと思います。

ドヴォルザークの8番は確か当時はすでに小長谷先生の
アレンジ版もあったと思いますが、
まだ全国的に普及はしていなかったのかもしれないです。

ドヴォルザークの8番

たがふ 様

ドヴォルザークの8番は1982年に石田中が第四楽章を全国で自由曲として取り上げ、一気に人気が出たような
気もします。
一応蒲郡も80年に自由曲として取り上げていますけど確かこの時のアレンジャーが小長谷先生だったように
記憶しています。

私の高校の時の第一楽章のアレンジはブレディ‐版でしたけど、実態は当時の指揮者がかなり手を加えていたと
思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |