FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


それにしても4月に入ってからの大阪・兵庫といった関西エリアの新型コロナの新規感染者の爆発的増加は
凄まじいものがありそうですし、驚異的なのは変異型が従来型を駆逐しているような勢いがあり、最近の感染拡大は
圧倒的に変異型に由来するものといえそうです。
この変異型は一部報道では従来型よりも感染しやすく重症化の危険性も高く、若年層も発症しやすいという事で、
改めて新型コロナウイルスは確かにそれほど致死率は高くは無いのだけど厄介な側面が多々あるといえそうです。
大阪などは東京・埼玉の関東エリアよりも数週間早く緊急事態宣言が解除され、その解除によって自粛意識が緩んだことが
現況の感染爆発につながった経緯を考えると、現在の関西エリアの状況は数週間後の南関東の状況を示唆するものであり、
とにかく今現在言えることは、特に関東においては今年も昨年に続いて2年連続の全然楽しくない我慢のGWを過ごす
という事なのだと思います。

先週においては東京都知事より随分と踏み込んだ発言がありましたけど、それが「東京に来ないで!」という
メッセージでもありました。
だけどこれって東京都の隣接の埼玉県民の視点でみると「ちょっと違うのかも・・」と感じざるを得ないですし、そもそも論として
お願いしているのに「来ないで!」というフレーズは少し上から目線のようにも感じますし、
他県の人たちにお願いする前にまずは東京都民の皆様に対して「東京都内から出ないで頂きたい」とお願いをするのが
筋ではないのかな・・?とふと感じたりもします。
それに、「東京に来ないで」と上から目線で言われても、大半の埼玉・千葉・神奈川の人たちは好き好んで遊びにいくために
東京都に来るのではなくて、生きるために・・生活費を稼ぐために他県から東京都に通勤したり、
はたまた学生さん達は通学するものであり、「東京に来ないで」と依頼をすべき相手は、隣接県の住人ではなくて
東京都内の会社関係の事業主に言うべきではないのかなと感じたりもします。

そして多分誰しもが感じている事だと思うのですけど、「東京に来ないで、だけどでもオリンピックはやります」というのは
明らかに論理的矛盾のような気がしてならないです。
私自身はこのブログでも何度も書いている通り8年前近くから東京オリンピック反対の立場でしたけど、
多分ですけど、現政権の皆様は東京オリンピックをたとえ無観客でも強引に開催し、テレビ中継を通して日本人選手の
活躍を伝え、その高揚感のまま衆議院解散→自民党圧勝→菅政権維持というシナリオを描いていると思われますし、
スポンサーにしてもIOCにしても「今更中止にはできない」という大人の事情もあるでしょうから、
恐らく今年の夏の東京オリンピックはそのメンツにかけて意地でも強引に開催すると予想します。

開催するならするでそれはやむを得ない事なのかもしれないですけど、もしも本気で東京オリンピックを開催しようと
考えているのならば、現在・・4月~5月にかけてやるべき事は急を要していると感じられます。
例えば、飲食店だけでなく一部可能な業種は休業、レジャー施設や商業施設も一律休業という昨年の一回目の
緊急事態宣言よりも強い措置を講じないと可能性的に6月になっても7月になっても変異型が猛威を振るっている可能性も
決して排除できないと思います。
蔓延防止法で感染数が下がらないなら、三回目の緊急事態宣言出しても同じことなのかもしれないですし、
国民は疲労の連続ですし、コロナにヘンな意味で慣れてしまったし、心のどこかで「自分は発症しない」と思っている部分も
あるのかもしれないです。
そうした意識下で本気で今年の夏の東京オリンピックを開催しようと目論むのならば、極論すると
ロックダウン並みの対策を今からする必要があるのかもしれないです。
例えばですけど、エッセンシャルワーカー以外すべて休業、休職、休学にして、そのかわり世帯ごとに20万円支給といった
思い切った施策が必要と言えそうですし、それが出来るのは国家権力しかないのですけど、
多分ですけど現政権は「まだ全国的蔓延はしていない」とか「財政面で将来に負の財産を残す」といった理屈でやりそうもない
ことは簡単に予想できますけどね・・

ただ、本気で変異型の蔓延防止や東京オリンピック開催を意図するならば、東京都と隣接県の往来はどこかで
制約を課した方がいいのかもしれないです。


_convert_20200405201312.jpg

_convert_20200405201136.jpg

東京都知事の「東京に来ないで!」 」という発言を耳にした際、真っ先に頭をよぎったのは
映画「翔んで埼玉」における「埼玉から東京に行くには通行手形がいる!」というフレーズでした!

現在も都内でも埼玉でも不要不急の外出自粛の要請が出され、埼玉⇔東京都内の往来の自粛要請が出されていますけど、
あれは本当に映画「翔んで埼玉」のリアルでの再現と言えそうです。


_convert_20200405200750.jpg


「翔んで埼玉」における設定は、

1.そもそも文化レヴェルが高くて誇り高き東京都民が埼玉に入ること自体ありえない

2.埼玉⇒東京に入る時には通行手形が必要だし、東京都と埼玉県の境には各所で関所が設けられている

3.都内で「埼玉県民ホイホイ」みたいな装置が設置されていて、埼玉県民が無許可に東京都内に侵入していないかの
  チェックが抜き打ちで行われている

といったまたまたとんでもない設定ではありましたけど、こうした埼玉県と東京都の県境封鎖というものは、
コロナウイルス騒動における欧米諸国の国境封鎖や鎖国下状態の話と大して変わりがないのかもしれないです。

現行法律では東京・埼玉・千葉・神奈川に三度目の非常事態宣言が発令され、人の移動の自粛が
更に求められたとしても、欧米のロックダウンと異なり、それは外出禁止という強い制約が課せられるものではありません。
今後更に状況が悪化した場合は、そうした外出禁止令の発令と言うのも意外と夢物語ではなくて現実のものに
なる可能性ももしかしたら本当にあるのかもしれないです。

さてさて、これはあくまで仮定の話ですけど、もしも本当に東京都と埼玉県の間にロックダウンが実施され、
東京都と埼玉県の移動が禁止された場合、最も困る方が埼玉県新座市内にある東京都練馬区の飛び地にお住いの
皆様なのかもしれないです。

「練馬は実は埼玉!」というのは埼玉県民が一度は使う冗談なのかもしれないです。
(同様の事は「足立区は実は埼玉県!」というネタもそうなのかもしれないです)

しかし冗談ではなく、本当に埼玉県の一部と化している練馬区の飛び地が埼玉県内に実在したりもします。

その地域は埼玉県新座市の南端にあり、住所は「東京都練馬区西大泉町」となっていますけど、その周辺は
埼玉県新座市片山3丁目です。
上下水道や電気などの公共サービスは埼玉県扱いで電話の市外局番も埼玉県で使われている048が割り当てられています。
ちなみにその練馬区の飛び地には現在も13世帯の方が居住されているとの事です、

なぜこうした飛び地になってしまったのかというと諸説あるようですし、不動産業者の登記誤りなど様々な噂が
あるようですが、正確な経緯については新座市・練馬区ともに把握していないそうです。

現在、双方の役所間では「新座市内の練馬区の飛び地の西大泉町は新座市に編入しましょう」という方向で
話がまとまっているようですけど、飛び地の西大泉町の住人全員からの合意を得ることができないため、
未だにこの地域は飛び地の状態のままなそうです。
その飛び地の13世帯の皆様にとっては「埼玉県に編入されるくらいだったら多少不便さがあっても練馬区の方がいいかも~?」と
感じられているのかもしれないですし、まるで「翔んで埼玉」の一シーンを見ているようでもあります。

東京がロックダウンされたら、埼玉県新座市内に飛び地がある練馬区西大泉町の約13世帯の皆様は大変なのかも・・!?
新座市片山3丁目という埼玉県を通過しないことには目の前にあるスーパー・サミットにすら都県封鎖により行く事ができない
という事態が本当におきるのかもしれないです・・





上記のマスクをされている小泉さんは、新型コロナウイルス対策でマスクをしているのではなくて、普通の風邪を発症し
咳き込んでいるためマスクをされています。

小泉さんがマスクを着用されるとミステリアスさも更にマシマシになりそうです。




こちらはアニメ版での春木屋さんの中華そばを食べて感極まった状態で涙ぐんでいる小泉さんです!

もしも都内でロックダウンが厳格に実施され移動制約と外出禁止が実施された場合、小泉さんはおいしいラーメンを
食べに行く事ができずにロックダウン実施中はずっとストレスが溜まりまくられるのかもしれないです。

そしてロックダウン解除後に、小泉さんが真っ先にされる事はおいしいラーメンを食べに行く事であり、その時には
上記のように久しぶりにおいしいラーメンを食べることができて感涙されている小泉さんをお目にかかる事が
できそうですね~♪




2019年の「スター☆トゥインクルプリキュア」の宇宙人プリキュアのララちゃんがもしも現在の状況を
髪からぶら下がっているAIに質問したとしても
「東京に来ないで! だけど今年の夏のオリンピックは開催しますというのはどう論理的に考えても明らかに矛盾なのルン!」と
言われるのは間違いなさそうですね・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

今は大阪が1番例のウイルス関係で厳しい状況となっていますが、東京も着実に危険な状態に近付いていると思います。妹が東京で過ごしているので私としても心配です(-_-;)
今の時期の「東京に来ないで」発言はそれこそオリンピックを見据えての事だと思いますが…正直かなり厳しい現実が待っているような気がします。
ラーメンが食べられない小泉さん、宇宙人に矛盾を指摘される発言…うむむっといった感じですね(^^;

とにかく、ぬくぬく先生様も体調管理にはお気を付けを!

メッセージの必要性

ごにぎり 様


今現在の都内や埼玉市内を歩かれるとよくわかると思うのですけど、どんなに都知事・日本国総理が
「外出は控えて」とメッセージを発信しても、その言葉は全く響かないと思います。
というのも私達自身が悪い意味でコロナに慣れてしまった麺はありますし、なによりもあの表面だけの言葉からは
「どうして自粛をイマしないといけないのか?」というメッセージは全く伝わってこないからです。

ここは思い切って本音というか本当のこと・・たとえば「投球オリンピック中止は今更できない・・もしも中止ということを
IOCに今申し出ると〇〇千億円という巨大な賠償金とスポンサーに対する違約金の支払いが生ずる」とか
「東京オリンピック開催のためには〇月〇日までに最低限新規感染者を〇人程度にしないといけないので、
なんとか是非協力をお願いしたい」という事をストレートにぶつけたほうが
私たちの心に響くのだと思いますし、
同じ事を多分ですけどララちゃんのAIは回答するのかもしれないですルン・・

中止が賢明ではないかと・・

「東京に来ないで! だけど7月の東京オリンピックは世界各地から大勢の選手と関係者に来て貰います」はなんの説得力もないですし、仰る通りの論理的矛盾があると思われます。

ワクチン接種が全然進展していない国内情勢と世界各地でまだまだ増え続ける新規感染者を鑑みると「中止」という一択しか
ないはずです。

こんばんは

地方に住む者にとっては 昨年の今頃は
「東京から来ないで」とか
「東京には行かないで」と思っている人がたくさんいました。
今でも東京に出張に行って戻ってきた人が感染していたとか
東京からこちらに来て体調不良で感染していたことが判明したとか・・・
東京が悪いわけではないのですが・・・
都知事のあの言い方にイラついている人も多いとか

ワクチン接種も私たちはいつになるのやら・・・
医療崩壊にならないようにと願うばかりです。

「翔んで埼玉」おもしろい映画でしたね。
テレビで見ましたよ。
 

動機付けか必要なのかも・・

フィンガル 様


悩ましい問題ですよね・・

政府と都に求めたい事は「どうしてこのある意味世界的に最悪なこのタイミングで東京オリンピックを今年
開催する必要があるのか」という動機を明確に説明する事なのだと思います。

それを明確にしないで自粛とか緊急事態宣言とか東京オリンピックの必要性を口にされても多分ほとんど説得力は無いし、
国民も信用していないから、
みな自粛要請を守らないのかもしれないです。

三度目の緊急事態宣言・・

花梨 様


東京・大阪・兵庫の三度目の緊急事態宣言が発令されるようですけど、現在のあの内容では
多分誰も守らないと思いますし、一旦感染者の人数が減少してもその解除でまたまたぶり返しという
その繰り返しにしかならないというのは簡単に予想ができそうです。
もしも本当に東京オリンピックを今年の夏に開催したいというのならば「どうして今年の夏に開催しないといけないのか?」
という動機を明確に説明する必要があるのだと感じたりもします。

どちらにしても東京と隣接している埼玉も他人ごととは感じられず、都知事から高飛車に言われなくても
当面は仕事以外では都内には足を運ばないというのは埼玉県民は一様に感じているのかもしれないです。

それにしても映画「翔んで埼玉」のGAKTさんのある意味怪演(快演)は素晴らしかったですね~♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |