fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


昨年からのコロナ禍もあり、飲食店の皆様のご苦労は尽きないものはありそうです。
(もっとも、元々一人で切り盛りされていた毎日の売り上げが1万円程度の小規模飲食店経営者にとっては時短に応じただけで
毎日自動的に6万円支給されるシステムは税金の無駄遣い以外の何物でもないと感じますし、あれは税金の配分を完全に
間違えていると感じたりもします)
普段の最寄り駅からの帰り道でも「あれれ・・このお店はいつの間にか閉店してしまっている・・」といったお店もかなり
増えている印象もありますし、コロナ禍の直前の2019年頃にブレイクしていたタピオカ飲料のお店がいつの間にか別の業態へと
変わっている事例もあったりしたものでした。

さてさて、そうやって飲食店が大変な状況の中、ある意味一人勝ちというのかこのコロナ禍でも順調に売り上げと
店舗が増えているテイクアウトのお店があったりもします。
それが何かというと「から揚げ専門店」だと思いますし、実際前述のタピオカの店舗がいつの間にかから揚げ専門店へと
変わっている事例もあったりしたものでした。
ここ一年余りで、からあげ専門店が増えているのは列記とした事実です。
コロナ禍で営業時間の短縮や席間を開けた営業を強いられ多くの飲食店が十分な売上を確保できていない中で、
イートインで減少した売上をデリバリーとテイクアウトで補填しようと外食各社がしのぎを削っていますけど、その中で
存在感を高めたのがから揚げ専門店だと思います。

から揚げ専門店が急激にコロナ禍下でも増えた理由・背景として、幅広い層への人気・原価率の低さ・初期投資の安さが
挙げられると思います。
から揚げは私も大好きですし。お弁当の定番おかずになるほど幅広い世代に人気ですし、
「好きなお弁当のおかず」のランキングでは必ずといっていいほど3位以内に入ってくるのに、
後片付けの面倒臭さもあって揚げ物をしない家庭が増えてきていて、需要はあるのにこれまで意外と供給が少なかった事情も
ありそうです。
またから揚げの材料の鶏肉の原価率は、牛肉や豚肉と比べるとかなり低く抑えられる事が大きいです。
コロナ禍で売上が減少したこともあり、固定費の家賃と人件費の負担が重いこともあり、材料費を抑えることができる鶏肉は
新規参入者にとっては魅力的といえそうです。
唐揚げはフライヤーがあればつくることができるという初期投資費用の安さも経営的にはメリットと言えそうです。
しかも唐揚げはグルメ化は進展していないため銘柄や製法で選ぶ人もほとんどいないので、
未経験でも手が出しやすいビジネスとも換言できそうです。

確かに最近は移動販売のから揚げ店やガストの店舗内にから揚げ専門店があったりなど、以前と比べると格段に
から揚げ需要は高まっている感じすらします。
もっとも急激に店舗が増えすぎるとまたまた過当競争の末の価格下落→ブランド低下に繋がりかねないので、あまりお店が
増えすぎるのもあまり宜しくは無いようにも感じられます。

2bf01c14_convert_20151005172432.png


プリキュアの世界でお弁当屋さんというと、ハピネスチャージプリキュアのごはん娘こと、ゆうゆう(大森ゆうこ)を
忘れてはいけないです~♪

私、このキュアハニーというかゆうゆうは大好きです~♪黄色系プリキュアの中では群を抜いて大好きなプリキュアです。

ゆうゆうは、酸いも甘いもみーんな分かったような大人っぽい面もあるかと思えば、
ポンコツが目立つハピネスの中では、ボケも出来るしツッコミも出来るし、とにかく万能タイプのプリキュアでした。
特にゆうゆうのあのお色気は特に特にあの太ももとお尻)素晴らしかったです。
それでいてとっても優しいし、全ての人を平等に優しく包み込んでしまうようなオーラに溢れていました。
そして特筆すべきはやはりあの食い気だと思います。
歴代プリキュアにも、なぎさ・咲・のぞみ・うらら・響・なおなどのように大食いで食いまくる人は一杯いましたけど、
ゆうゆうの場合は、ま実家がお弁当屋さんという事情もあるかとは思いますが、食べ物をあんなに愛しそうに美味しそうに
食べる人は見た事くらいの食べ物に対する愛情は際立って大きかったです。
敵幹部から何か挑発的な事を言われても、ほぼ全て食べ物に関連付けて言い返すという大変珍しいタイプでもありました。

990eab5f_convert_20151005172357.png

8d605e80_convert_20151005172300.png

冒頭のから揚げ店増加ではないですけど、ハピネスにも「から揚げ」に関係するお話がありました。

第18話の「からあげタワーをウェディングケーキの代りにして結婚式を挙げた若いカップル」のお話がそうでしたけど、
ゆうゆう自身も、もしかしたら「自分の結婚式の際も、あんな大きなタワーから揚げを作って欲しい」と思っていたのかも
しれないですけど、当日の結婚式の神父さんの役割をゆうゆうの父親がシェフ姿で果たしていたのはとても楽しかったです。

第18話においても無事に戦闘シーンが終了し、披露宴シーンになった際、
から揚げをパクパク食べるめぐみとひめも勿論可愛かったけど、「私はまだまだいける!!」と更にパクつくゆうゆうが
本当に素敵でした~♪

やっぱりゆうゆうは天使ですね~♪
もっとも天使といっても「よく食う天使」ですけど・・

ゆうゆうはハピネスの映画「人形の国のバレリーナ」においては、とにかくケーキをよく食べていたみたいな印象すらありました
けど、ゆうゆうには末永く幸せになって欲しいと思いますし、ゆうゆうの生涯の伴侶は
ファンファンというか、ファントムしかありえないのかもしれないです。
本家「おおもりご飯」からのれん分けをしてもらって、分家「おおもりご飯」を開業し、そこでファントムは、
時にアンラブリ」の姿になって接客し、時に中華鍋を振って貰い、二人で商売繁盛になって欲しいなとも思ったりもします。
アンラブリー姿で接客されたら、ぴかりが丘のすけべ男達がわんさかおおもりご飯に来てしまいそうだから、
宣伝効果としては申し分ないのかもしれないです。
ちなみに、私の脳内妄想の中では、オールスター映画での共演かきっかけでありすお嬢様からすっかりゆうゆうは
気にいられてしまい、四葉財閥の社員のお弁当の発注も一手に引き受け、ますます商売繁盛&子だくさんという設定が
出来ております・・

kara02_convert_20210418024918.jpg

kara_convert_20210418024835.jpg

から揚げのテイクアウトのお店として昨年から店舗数が激増しただけではなくて、順調に売り上げや利益が上がっている
お店としてはテリー伊藤が経営にも関わっている「から揚げの天才」もその一つなのかもしれないです。
テリー伊藤さんというと最近では比較的辛口のコメンテーターみたいな印象もありますけど、
伝説の天才演出家とか剛腕プロデューサーという印象の方が強いような感じもします。

そのテリー伊藤さんの御実家は有名な老舗玉子焼きのお店というのは結構知られている話ではあると思うのですけど、
そうしたテリー伊藤さんがワタミとコラボした「から揚げの天才」というチェーン店がここ最近東京を中心に新規OPEN
しています
このお店はテリー伊藤さんが単独オーナーという訳ではなくて、ワタミが深く関係していて、
唐揚げグランプリ「金賞」受賞の実績があるワタミが35年培ってきたから揚げのノウハウと、
実家が玉子焼き屋さんのテリー伊藤さんのノウハウをかけあわせた店舗といえそうで、
既に埼玉・東京・神奈川・栃木・群馬等でフランチャイズ店がオープンしています。

から揚げの天才の名物というか一押しは各種1個99円の「デカから」だと思います!
このデカからは大きいサイズですし、しかも揚げたてのジューシーなから揚げを満喫できます。
デカからは黒・白・赤の三種類の違った味を楽しむ事ができて、からたまおかずや玉子焼き付デカから弁当においては、
玉子焼きとデカからの両方のおいしいお味を楽しむ事ができます!

からたまおかずの4個パックは、デカからとテリー伊藤さんの実家の名物の玉子焼きの両方を楽しめます!
からあげの組合せも自由なそうです。
からたまおかずの4個パックは黒と白のデカからの二種類の味を楽しめ、さらにここに
ふわふわで口の中でさく~っと溶けるような絶品の玉子焼きが2つ入っています。
もちろんメインのデカからもとっても美味しいですし味の変化も楽しむ事が出来ますが、玉子焼きを一度味わってしまうと
他の惣菜店の玉子焼きが食べられなくなってしまう程最高においしい玉子焼きだと思いますし、この玉子焼きを
味合うだけでも元が完全にとれそうな気さえします!

からたまおかずの4個パック以外ではデカからが三つ入っているデカから弁当もあります。

デカから弁当は399円ででっかいから揚げが3つ入っています。

そしてこの三つのから揚げは組合せは自由です。
から揚げの黒は秘伝の黒醤油 白は塩麹と極出汁 赤はコクの辛味噌ですけど、黒はとてもオーソドックスな味、
白は塩麹と和風だしのバランスが大変巧みという印象がある中で、赤の辛味噌は食べた瞬間に舌にどっかーん!と
来そうなほど味にパンチがありますし、赤だけで白いご飯がモリモリとすすみそうです。
実際に食べてみた感想としては、全然しつこくない味ですし、 胃もたれはしませんし、揚げたても冷めてもどちらもとっても
美味しいと思います。



もしも「から揚げの天才」の玉子焼きやから揚げをハピネスのゆうゆうが食べたとしたら、おいしさのあまり
ご飯がどんどん進みそうですし、ゆうゆうだったら普通にデカから弁当を3個ぐらい余裕で完食してしまいそうです。

2019年の「スター☆トゥインクルプリキュア」の宇宙人プリキュアのララちゃんがもしもから揚げの天才の玉子焼きとから揚げを
食べたとしたら「およー!」と言いながら「これ、おいしいルン!」というのは間違いないと思いますルン~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

唐揚げはいつの時代になっても庶民のごちそうですよね(^^♪シンプルに見えて奥深く、お店によって様々な味付けが楽しめるのも魅力かと思います。記事でもお話しされていますが、テイクアウトに向いているというのも今のご時世にもマッチしており、より勢力が増してきているように感じますね。
ハピネスのエピソードも印象的でした。ゆうゆうの大食い設定も話を追うごとにパワーアップしていきましたが、それ以上に可愛さも増していったように思います(^^♪

から揚げ

ごにぎり 様

から揚げはとてもおいしいですし、最近やたらとから揚げ屋さんが増えているのも、テイクアウトの人気や
新規開業するのに設備がフライヤーぐらいで済んで意外とから揚げはだれでも手軽においしく作れるというのも
ありそうです。
鶏肉はヘルシーであるのも人気の要因なのかもしれないです。

ゆうゆうがから揚げ食べている様子は小泉さんがラーメン食べてふはーとされている様子と似ているものがありそうですし、
二人とも食べている時が最も幸せなのかもしけないです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |