fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム




ジャージャー麺の一例

shiruna_convert_20210414023824.jpg

汁なし坦々麺の一例

世の中には名前は違うけど「似ている食べ物」というのは色々とあるように感じられます。

その代表的事例の一つがチャーハンとピラフの違いなのかもしれないです。その違いとして、
チャーハンは炊き上がったご飯を炒めるのに対して、ピラフは生のお米を炒めスープなどを入れて炊き上げるのが違いで、
この両者は似て非なる食べ物といえます。
他にも糸こんにゃくとしらたきの違いも挙げられそうです。
しらたきは極めて細く作ったこんにゃくであるのに対して、糸こんにゃくは普通のこんにゃくを細切りにしたものはですけど、
この両者はそれほど明確な違いはないですし、それ以前に私は昔からこんにゃくが大嫌いなので、この違いは
スマイルプリキュアのなおちゃん風に言うと「どうでもいい・・、極めてどうでもいい」という感じなのかもしれないです。
ツナとシーチキンの違いですけど、ツナは英語でマグロやカツオのことで、シーチキンは、はごろもフーズ株式会社の商品名
ということで、味覚としての違いはなさそうです。

最近では油そば(まぜそば、汁なし麺)がラーメン界において大ブレイクを果てしていますけど、そうした中で
以前から感じていた疑問があったりもします。
それはなにかというと「ジャージャー麺と汁なし担々麺の違いはどこにあるのか・・?」という事なのだと思います。
両者ともに麺の上にひき肉のそぼろというか肉みそを乗せているという事で見た目的には大変よく似ているようにも思えますし、
基本的にはどちらも味付けは辛い系ですし、感覚としては「名前は違うけど実はほとんど同じ食べ物なのかも・・」と
感じてしまいそうです。

ジャージャー麺をごく簡単に定義すると、中華麺の上に肉味噌をのせ、きゅうりやトマトなどの野菜を付け合わせた麺料理と
言えると思います、
細かく書くと、豚ひき肉と細かく切った筍・椎茸などを、豆板醤・甜麺醤などで炒めて作った肉みそを茹でた麺の上に乗せ、
お好みで、なす・かぼちゃ・きゅうり・トマト・いんげん・パプリカ・温・チンゲン菜・温玉などとといったトッピングを乗せます。
日本の町中華やコンビニエンスストアなどで販売されているジャージャー麺は本場とは異なり、
甘さと辛さを適度に配分したバランスの巧みさを感じますし、唐辛子や豆板醤などで辛めの味付けがされている場合も多いように
感じられます。

汁なし担々麺とは、スープのない本場四川省の担担麺を基礎としつつも、
日本においては広島でオリジナルの汁なし担々麺が誕生し、代表的な店舗としてきさく・くにまつがあり、
各店舗がレシピを公表させ普及した歴史があったりします。
本場の中国・四川省の担担麺は天秤棒を担いで売り歩いていた料理で、スープを大量に持ち歩くのは困難であったため、
汁なしがそもそもの原型であったりもします。
温かい担々麺だと、ねりごまを中華味のスープに溶かして豆板醤やラー油を合わせ、肉味噌をのせて完成させますけど、
汁なし担々麺にはこのスープがないので、その分肉味噌や麺にしっかりと味をつけておかなければならず、
中華麺は茹でてから絡まないようにごま油をまぶしておき、そうすることで麺自体にごま油の香りを感じることができます。
店によっては更にラー油を数滴かける食べ方もあったりします。
肉味噌は基本的には長ネギと豚のひき肉を生姜、ニンニクで炒めて醤油や紹興酒、甜麵醬で味付けをするようです。

ひき肉を使ったスープのない麺料理ということで、汁なしの担々麺とジャージャー麺では共通する部分が多いですし、
食材や基本的な味には大きな差は無いと思われます。
レシピによって使う食材には違いがあるので、共通点や相違点を一概に比較することは難しいですし、
基本的にはひき肉と甜麺醤さえ入っていれば、ジャージャー麺も汁なし担々麺もどちらもそのように名乗っても問題ないですし、
肉味噌の材料まで、だいたい同じというならば、違いはトッピングぐらいなのかもしれないです。
汁なし担々麺のは傾向としてトッピングとして白髪ネギが使われることが多いのに対して、
ジャージャー麺は、肉味噌にきゅうりやトマトやチンゲン菜など野菜を使用することが多いというのが違いと言えそうですし、
汁なし坦々麺とジャージャー麺の見た目での大きな違いはトッピングの違いぐらいなのかもしれないです。
それと両者の違いとして汁なし担々麺はラー油・ごま油を目名に絡めて食べることが多いということで、ジャージャー麺よりは
幾分と風味と辛さが強めに感じることぐらいなのかもしれないです。

どちらにしてもジャージャー麺と汁なし担々麺の明確な違いは少なく、大体基本的には似たような食べ物と言えるのかも
しれないです。


CIMG2349_convert_20181127085231.jpg

CIMG2359_convert_20181127085628.jpg


油そば(汁なし麺・まぜそば)は「ラーメン大好き 小泉さん」原作漫画第4巻・30杯目 油そばで小泉さんが熱く語っています。

油そばとは汁なし担々麺のように、スープのないラーメンの一種であり、決して油まみれのラーメンの事ではありません。
小泉さんの表現によるとラーメンの亜種との事です。
小泉さん的には、油そばもつけ麺もそれは一つのラーメンの分類と解釈されているようでして、
大澤悠がつけ麺に関して「小泉さんも(つけ麺という)ラーメン以外のモノも食べるんだね~」という発言に思いっきり反応し、
悠に対してあの沈着冷静な小泉さんが「つけ麺はラーメンではないと・・!?」と壁ドンまでやらかしている事から
明らかなように、小泉さん的には油そばもつけ麺もそれは立派なラーメンであるという認識であられるのは間違いないのだと
思われます。
どんぶりの底に入ったごま油や、しょうゆベースのタレに、ラー油、酢などの調味料を好みでかけ、
麺に絡めて食べるスタイルが一般的で、代表的な具はメンマ、チャーシュー、ネギなどであります。
店によっては油そばではなく、汁なしそば・まぜそば・和えそばとも呼ばれるそうです。

第30話の後の「小泉さんが淡々とかたるコラム」において小泉さんが淡々と語るには、
油そば発祥といわれる珍々亭のように具や味付け自体がシンブルなものを油そばと表記され、
ジャンクガレッジなどのように具・トッピングの種類が豊富でボリューム感があるものをまぜそばと表記される傾向が
あるとの事です。

どちらにしても小泉さんは油そばでもつけ麺でもジャージャー麺でも汁なし担々麺でも、難しい定義や違いなど
あまり考えずに感覚として「おいしいものはおいしい」という感じで食べられて、最後にふはーとされるのかも
しれないですね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

ジャージャー麺と汁無し担々麵…。記事中でも触れていましたが白髪ネギの有無位しか違いを認識できていませんでした。こちらではどちらもあまりメジャーでは無いメニュなのですが、個人的には結構好きでよく食しています。どちらも旨いので良しという事で(^^♪こんなスタンスでは小泉さんに怒られてしまいまそうですね(^^;
食の雑学記事、なかなか興味深くいつも楽しく読ませて頂いております。

メジャーになりつつあるのかも・・

ごにぎり 様

ジャージャー麺と汁無し担々麵もどちらも少しずつ知名度が浸透しつつある麺類だと思います。

ジャージャー麺はコンビニでも夏場限定ですけど時折見かけましたし、汁無し担々麵は油そばの一つという事で
油そば専門店の店舗も少しずつ増えている印象もあったりします。

私自身は過去記事でも書いた通り、舌と言うか味覚は愚鈍ですので、何を食べてもおいしいルン~♪という感じですけど、
そうした私が麺類に関心が集まったのも小泉さん効果だと思います。
他人だったら「よくそんなこと知らずに生きてこられましたね」と言われたら少しはカチンとくるかもしれないですけど、
小泉さんだったら何万回言われても全然OKなのかもしれないです。

広島市内に汁なし担々麺の美味しいお店があるのですが
(ご紹介いただいたくにまつが有名ですけど)
唐辛子の辛さではなく山椒のしびれる辛さなので
クセになるお味です。(すずらん亭と言うお店です)
ジャージャー麺はお店で食べたことがないのですが
学校給食で作っています。
子ども向けなので辛さは控えめです。
人気のメニューです。

つけ麺も広島のばくだん屋さんが有名ですが
つけだれが辛いけど美味しいです。

油そばと言うのは食べたことがありません。
数年前に流行ったことがありますよね。
油で絡めてあるそばのように思っていましたが
違うんですね。

汁なしラーメン

最近ではしびからも大人気・・

花梨 様

最近の激辛ブームを反映してなのか、激辛系の坦々麺のお店も増えましたし、
他にもシビレと辛さが融合したしびからラーメンも人気のようです。
ただしびからや激辛は本当に汗が止まらない感じになりますので、夏場は要注意なのかもしれないですね~

油そばというか汁なし系は麺の底のラー油と麺の上の具材をまぜまぜしてかき混ぜて食べるのが
たまらなく美味しいと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |