fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム




ユーフォニアム

tenn.jpg

マーラーの交響曲第7番「夜の歌」でお馴染みのテノールホルン

bari.jpg

吹奏楽でも現在はほとんど使用されないバリトン



アニメ「響け! ユーフォニアム」のメインヒロインの久美子が手にしている楽器こそが「ユーフォニアム」です!

吹奏楽経験者ならばお馴染みの金管楽器である「ユーフォニアム」なのですけど、
世間一般の認知度はと言うと、ユーフォ奏者の方には申し訳ないのですけど、まだまだ低いのかもしれないですし、
ご年配の方に「ユーフォニアムってなんですか?」と聞いてもおそらく大半の方は「なにそれ・・??」という反応なのかも
しれないですし、「え・・? アルミニウム・・?」と聞き返されたり、はたまた「日清のカップ焼きそばのUFOの新商品・・??」と
答える方もいるのかもしれないです。
もっとも吹奏楽自体も必ずしもメジャーな音楽形態とは言い切れない面もあるのは私も否定はしませんけど、
アニメ「響け! ユーフォニアム」の効果によって以前よりは格段にその認知度が高まってきたのは、大きなアニメ効果と
いえるのかもしれないです。

ユーフォニアムというと、私が中学~大学の吹奏楽部に所属していた1970年代末~80年後半にかけては
新入部員の楽器振り分けの際は、とにかく不人気楽器の一つだったような印象もありましたし、
フルート・アルトサックス・トランペット・トロンボーン等の人気楽器には希望者が殺到し、
ユーフォニアム・打楽器等の不人気楽器は、誰も希望者が現れないなんていう光景は決して珍しくはなかったと思います。
特にその中でもユーフォニアムの不人気ぶりは惨憺たるものが当時はあったように思えます。
ちなみに私は高校時代は男子高校でしたけど、男子高校におけるクラリネット奏者の絶対的奏者不足と凄まじい不人気ぶりも
惨憺たるものがあったと思います。
高校の時は、トランペット5  トロンボーン3  ホルン6みたいな堂々たる分厚く充実した金管セクションに対して、
クラリネットパートは私を含めて毎年毎年・・4~5人程度の少数精鋭部隊となりがちで、
本来ですと上記の充実した金管セクションに見合うクラリネットの人数は最低でも10本程度は欲しいのですけど、
毎年毎年クラリネット経験者やクラリネット希望者は皆無に等しく、とにかくクラリネット奏者を集めるのには本当に
苦労させられたものでした。
私自身も本音を書くと、「高校入学してもしも吹奏楽部に入部したとしたらアルトサックスを吹きたい」と思っていたのですけど、
事前練習見学会にて、「君、中学の頃の担当楽器は・・?」と質問されて「クラリネット」と事実を答えてしまったら
廻りの先輩たちの目の色が急に輝きだし
「そっか――、それじゃー君は三年間は問答無用でクラリネット担当ね!」となってしまい、
泣く泣く(?)高校時代もクラリネットを吹く事になったものでした。
それと同様に男子校のクラリネットに勝るとも劣らないくらい、当時のユーフォニアムの不人気ぶりもひどかったですね・・

アニメであんなにもユーフォニアムが人気楽器になるのだったら、是非ぜひアニメ作品で吹奏楽やクラリネットを吹くJKさんを
メインにした作品が制作されることを願わずにはいられないです~♪

吹奏楽における「ユーフォニアム」は中音域を支え、メロディーラインも担当できるし裏メロも担当できるし、
器用貧乏という印象もあったりしますけど
(アニメ「響け! ユーフォニアム」においてはユーフォは低音楽器と言われていますけど、それは間違いですからね~
ユーフォニアムは中音楽器という立ち位置です!)
ユーフォニアムという楽器は、管弦楽団の世界では極めてマイナーな楽器です。
というか、この楽器は管弦楽で使用される事自体、極めて珍しいと言わざるを得ないですし、使用されている実例として

〇R.シュトラウス/ 交響詩「ドン・キホーテ」

〇ホルスト/ 組曲「惑星」~Ⅰ.火星

〇ムソルグスキー(ラヴェル編曲)/組曲「展覧会の絵」~ビードロ

〇マーラー / 交響曲第7番「夜の歌」~第一楽章

などがある程度です。

こんな事書くと、ユーフォ奏者の方からブーイングを浴びそうなのですけど、
吹奏楽の中でも、ユーフォニアムは比較的地味な立ち位置という印象もありますし、正直中途半端で微妙という感じもあります。
音色自体、トロンボーンと大変よく似ているし
(確か、ユーフォとトロンボーンのマウスピースはほぼ同じだったと思います)
中音域という意味では、ホルンとアルトサックスと被ってしまうし、低音はチューバにその役割を譲らざるを得ないし、
確かにリズムと後打ちもメロディーラインも裏メロも何でも担当できる吹奏楽の便利屋さんみたいな
側面もあるのですけど、それが器用貧乏みたいな印象も与えてしまうようにも思えます。

このユーフォニアムですけど、世界各国的には、ユーフォニアムの類似系楽器も色々とあるようですね。
その一例が、バリトンとかテノールホルンなのだと思います。
確かに見た目は、ユーフォニアムによく似ていますね。
ちなみに、このテノールホルンは、マーラーの交響曲第7番「夜の歌」第一楽章冒頭で朗々とソロを吹いていますけど、
あの音はまさしくユーフォニアム以外の何者でも無いです。
ちなみに、日本の大作曲家、柴田南雄先生は、その「グスタフ・マーラー」という著作の中で
この楽器について
「容易にプカプカと音が出てしまう楽器、上品さと深みに欠ける」みたいな事を述べられていました。

ユーフォニアムと音域が近い楽器として上記でも触れた通り、バリトンとテノールホルンが挙げられると思います。

バリトンは1960~70年代の日本の吹奏楽部においてユーフォニアムよりは廉価ということで一時期使用されたことが
あったと聞いていますけど、現在の日本のスクールバンドにおいてはこのバリトンが使用されることは
まずないと思います。
私が中学生の頃には部室にこのバリトンやメロフォンという楽器もあったような記憶もあります。

バリトンはベルギー人のアドルフ・サックスがパリで1840年代に開発したソプラノからバスまでの
金管楽器群(サクソルン属)の一つで、名前は担当する音域のバリトン(テナーとバスの中間)に由来します。
ユーフォニアムと同じようにピストンで音を変えるB♭楽器ですけど、管がユーフォニアムより細く音が明るいのが
特徴です。
ユーフォニアムとは別物の楽器ですが、この楽器自体プロでもアマチュアでも日本ではほとんど使用されていないと思います。

テノールホルンはロータリー・バルブを備えていて、ユーフォニアムよりもやや管の形状は細く、見た目的には
ユーフォニアムというよりはワーグナーチューバに似ていると思われます。
もともとはトランペット型でテノール音域の楽器でしたけど、次第にトランペット型から卵形やチューバ型に移行したよう
ですが、バリトン同様この楽器がオーケストラや吹奏楽団で使用される事例は極めてまれです。
そしてその極めて稀な事例がマーラーの交響曲第7番「夜の歌」~第一楽章ですけど、私が実際に聴いた演奏会の中には、
テノールホルンを使用せずユーフォニアムで代用していたケースもありました。
ちなみにですけど、プロの管弦楽団がマーラーの7番を演奏する場合、ユーフォニアムで代用されるケースもありますし、
トロンボーン奏者がテノールホルンを持ち替えする場合もあります。
どうしてトロンボーン奏者なのかというと、テノールホルンにはトロンボーンのマウスピースを使用するので、
指遣いさえわかればトロンボーン奏者でも演奏可能なそうです。
参考までに、ワーグナー・テューバにはホルンのマウスピースを使用するのでホルン奏者が持ち替えることが多いそうです。

ユーフォニアムは確かに地味で器用貧乏みたいな楽器かもしれないですけど、時に素晴らしいサウンドを聴かせてくれます!
例えば・・シュミットの「ディオニソスの祭り」とかホルストの「吹奏楽のための第二組曲」とか
2000年吹奏楽コンクール課題曲Ⅰ/道祖神の詩のように、ユーフォニアムという楽器が
素晴らしいソロを聴かせてくれる曲も数多く存在しています。
最近では、樽屋氏「の民衆を導く自由の女神」のユーフォニアムのソロは惚れ惚れするほど素晴らしいものがあると思います!
私が過去の吹奏楽コンクールで感銘を受けたユーフォの使用例としては、
1987年の福岡工大付属の課題曲E/マーチ「ハロー! サンシャイン」の中間部のユーフォの裏メロの素晴らしさとか
1988年の札幌市民の「タンホイザー」の2分近いユーフォの朗々とした素晴らしい歌い廻しとか
同じく札幌市民の1992年の「カルミナ=プラーナ」の圧倒的存在感とか 実に素晴らしかったですね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

バリトン

バリトンとは懐かしい楽器ですね。

1960~70年代初期のスクールバンドでは予算が十分に確保できなっかからなのか、ホルンやユーフォニアムよりは価格が安くて代用が先とされたメロフォンやバリトンが使われた時期も一時期あったと思いますし、
1960年代のBJに掲載されている写真を見るとどうみてもバリトンという楽器もありますし、
時代の狭間で使用された楽器なのかもしれないです。

70年代中盤以降ではメロフォンもバリトンもほとんど使用されなくなりましたし、
80年代にはいるとティンパニはほとんどかペダル式となり。チューバもロータリー式がほとんどになっていったと思います。

私が現役の頃は・・

たがふ 様

私自身が1970年代末の東北の田舎のスクールバンドにいた頃は、部室内に使用はされていないけど
メロフォンやバリトンはあったと思います。
当時のチューバはまだピストン式の楽器ょ使っていましたし、
クラリネットは楽器によっては日管で、ティンパニも古びた手締め式でした。

現在の学生さんの恵まれた楽器環境はうらやましい話でもあります。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |