FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


kurage_convert_20210329205638.jpg

海を漂うクラゲの一例

夏とくれば海!

海とくれば美少女達やJKさんたちのすてきすぎる水着ももちろん素晴らしいですけど、海中をプカプカと漂っている
クラゲたちにも癒されるものがありそうです~♪
もちろんクラゲには毒を有する種もいますのでむやみに近づく事は大変危険だと思いますし、大量発生してしまうと
漁業関係者の皆様や海岸の発電所にも多大な迷惑と被害がこうむる場合もあったりしますので、
必ずしも癒しの存在だけではないのはないのですけど、それでもあの独特な姿で海中を漂う姿にはどことなく
自由さやミステリアスさを感じたりもします。

昭和の頃の4月1日は当時はどちらかというとエイプリルフールではなくて「4月バカ」と言われがちで、よくサザエさんの
新聞掲載漫画の中でも定番のネタの一つになっていましたけど、
過去記事にも書いた通り、あの4月バカの時にまだほんの小さな子供だった頃に、身内や同級生の
たとえば・・「桜が散るとあとからサクランボウの実がつく」とか「スイカの種を食べると、胃からスイカの芽が出てくる」といった
嘘には当時は結構騙されていたものでした・・
同様に、中学の頃にクラスメイトの隣の女の子に、給食で出されていた「キクラゲと卵と豚肉の炒り煮」を
食べていた時に、「海を漂うクラゲは中華料理としても酢の物や前菜でも定番だけど、クラゲを長時間乾燥させたものが
キクラゲなんだよね~」と言われて、あの時は(まるで東方のルーミアのように)「へー、そーなのかー」と瞬間思ったのですけど、
さすがにそれは違うじゃん・・とツッコんだら案の定「嘘やでー」とか言っていましたが、
今現在の視点だったら、その女の子に「お前はゆるキャン△の嘘やでーのセリフでお馴染みのあおいちゃんかっ!?」と
ツッコみたい気持ちで一杯ですね~♪

改めですけど、クラゲとは何かと言うと、刺胞動物または有櫛動物に属する脳を持たないプランクトンの総称で、
クラゲと名の付く生物でも生物学上の分類は多岐にわたり、大きさや形態ともかなりの多岐にわたっています。
一般的にクラゲというと、90%以上が水分でできた透明・半透明のゼラチン質で柔らかい傘のような形の体と触手を持ち、
海水・淡水を浮遊生活する生物の事を指し、漢字では「水母」「海月」「水月」などと表記される事が多いです。
またクラゲは中華料理の高級素材としても人気が高く、どちらかというと中華のコース料理の前菜として出される事が
多いようにも感じられます。

クラゲとキクラゲの共通点としてはどちらも中華料理の具材として使用される事が多いという事ですけど、
食用となるクラゲは意外と少ないようでして、エチゼンクラゲ・キャノンボールクラゲ・ビゼンクラゲ・ホワイトクラゲなどに
留まっているようです。
それにしてもクラゲもキクラゲもあのコリコリとした食感はすてきですよね~♪

kikura_convert_20210329205607.jpg

とんこつラーメンの具材としてお馴染みのキクラゲの一例

yamakur_convert_20210329205707.jpg

山クラゲの一例

キクラゲとはいうまでもなくクラゲとは全然異なるものであり、キクラゲ目キクラゲ科キクラゲ属の菌類で、キノコの一種です。
漢字では木耳・木蛾などと書きます。
主に中国、日本、韓国などの東アジアで食用とされ、中華料理や豚骨ラーメン、炒め物、ナムルの具としてもおなじみの食材と
なっています。
調理をすると歯ごたえがクラゲと似ていることが名前の由来になっているそうです。
キクラゲは大きく分けて黒キクラゲと白キクラゲの2種類が流通していて、色が黒い黒キクラゲは
炒め物、酢の物、和え物など様々な料理に使われ、透明感のある白キクラゲは、スープやデザートの具として
使われることが多いようです。

とんこつラーメンの具材として欠かす事の出来ないキクラゲですので、「ラーメン大好き小泉さん」もとんこつラーメンを
オーダーする際にはキクラゲや紅ショウガのトッピングもマシマシにされるのかもしれないですね~♪

キクラゲと語感が似た食べ物として「山クラゲ」というものもあったりします。

山クラゲは、やはり海の生物のクラゲとは無関係で、植物という・・レタスの仲間です。
もともとは「ステムレタス」という名前の中国からやってきた野菜で、これを乾燥させたものが山クラゲです。
見た目は緑色の細長い棒状で、コリコリとした独特の歯ごたえがクラゲに似ていることから山クラゲと呼ばれるように
なったそうです。
山クラゲは基本的に葉ではなく茎を食べる野菜で、この茎の部分を細長い棒状に切り乾物に加工したものを
和え物や炒め物や漬物など様々な料理に加えて楽しむことができます。


summer-nazonoseibutu_convert_20160827155543.png


ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれた不思議生物の絵の転載&ご紹介コーナーです。

アミグリさんというというまでもなく精緻で幻想的で美しい絵を描かれる絵師様という印象が強いのですけど、時折ですけど、
謎生物・不思議生物といった肩の力をふっ・・と抜かれた脱力系の癒しの絵を描かれる事もあったりします。

本記事はクラゲがメインとなっていましたので、今回は「クラゲと謎生物」と題されたアミグリさんが2016年8月に
描かれた不思議生物系の絵を転載&ご紹介させて頂きたいと思います。

上記のクラゲと謎生物は、癒しと脱力感に加えて夏らしいひんやり感がすてきにコラボされていると思いますし、
こうした不思議生物の絵を拝見させて頂くと、暑い酷暑の際には、海の中をこうやってクラゲと謎生物たちと共に波で戯れながら
涼みたいと感じずにはいられないです。
謎生物系の絵ですけど、気分は癒されるし清涼感が伝わってくる夏らしい作品だとも思います。


rkgk-nazodesu-01_convert_20150906170610.png


続きまして、クラゲではないですけど上記の絵と同様に謎の不思議生物の絵をもう一枚ご紹介させて頂きたいと思います。

上記の作品は、2015年9月に描かれた不思議生物ちゃんです。

これは海の中の未発見生物なのかもしれないですね~♪

海と言うか水を漂うこのまるっこい不思議ちゃんのゆるさが上記のクラゲちゃん同様にかわいいですし癒されそうです。

謎めいた癒しを感じさせる不思議な絵だと感じますし、改めてアミグリさんのこうした肩の力をふっ・・と抜いたような
脱力感に不思議なファンタジーを感じてしまいます。

上記のアミグリさんが描かれたオリジナルの不思議生物の絵の権利は、クラゲたちの絵師様であられるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなに癒される不思議生物を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと
興味がある方は、 是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

海をのんびり自由に漂うクラゲもすてきですし、中華素材としてのクラゲやキクラゲもまたまたおいしくてすてきだと思います!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

今回は涼しげなクラゲの話…と思いきや食に関するお話まで!キクラゲの話題まで出てくるとはおもいませんでした。中華の定番食材ですし、美味しいですよね(^^♪

アミグリ様のイラストもぷかぷかとした不思議生物。こちらも涼しげで良いですね(^^)

こんにちは~♪
豚骨の国からaonekoです(笑)

久留米系の濃い豚骨には標準トッピングの
キクラゲ、自分も大好きです
追加100円でキクラゲ増量もありますが
「キクラゲラーメン」を注文したら
丼の70%位がキクラゲで覆われてました(笑)

豚骨好きはキクラゲ好きでもあります

キクラゲ

ごにぎり 様

本格的な中華料理コースの前菜としてのクラゲの酢の物や
とんこつラーメンにおけるきくらげは絶対に欠かす事の出来ない素材とも言えそうで、
特にとんこつラーメンのトッピングとしては紅ショウガ・白ごまと合せて欠かすことができないと思いますし、
小泉さんだったらキクラゲマシマシのトッピングをされそうです。

アミグリさんのクラゲをイメージした謎生物の癒しと不思議さは夏の暑さを瞬間的に忘れさせてくれそうなほどの
爽快さがありますね~♪

とんこつラーメンのトッピング

aonekopapa 様

とんこつラーメンのトッピングとしてキクラゲは紅ショウガや白ごま・高菜などとあわせて欠かすことができない
素材だと思います。

バリカタの麺にキクラゲのあのこりこりとした食感はたまらないですし、豚骨ラーメンの濃厚なスープにも
よく合っていると思います。

初めてとんこつラーメンを食べた時、関東では存在しない「替え玉」というルールがある事にも驚きましたけど、
今では関東においてもとんこつでは替え玉はすっかり定着していると感じられます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |