fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


皆様は「のらぼう菜」という野菜を食べたり耳にしたことがありますでしょうか・・?

おそらくですけど「なにそれ・・聞いたこともない」と言われるのがほとんどだと思うのですけど、それもそのはずで
この野菜は主に埼玉県比企郡などの埼玉西部と都内の多摩地方で主に生産されている伝統野菜で、
それ以外の地域ではほとんど栽培も出荷もされていないと思いますし、認知度も極めて低い野菜と思われます。
埼玉では昔から「春の野菜」の一つとして知られていますし、3月ぐらいになるとスーパーや八百屋等でも普通に店頭に
置かれていたりもします。


CIMG4095_convert_20210321202947.jpg


のらぼう菜は都内の多摩地方や埼玉県飯能市や比企郡など主に西部方面で栽培されている菜の花に似た野菜です。
菜の花よりも苦味やエグみがなく、とても食べやすくておいしいです~♪
基本的にはおひたしや胡麻和えやサラダとして食べられることが多いとは思うのですけど、油料理との相性がたいへん良い
ということで、最近では炒め物やマヨネーズとあわせた料理として使われることも多いように感じられます。
のらぼう菜は、アブラナ科アブラナ属の一種で、菜の花によく似た見た目をしています。
江戸時代に幕府が「ジャバ菜」という名前でこの種を配布し栽培を奨励していたことで、飢饉のときには多くの民の命が
救われたともいわれる野菜であったりもします。
名前がどことなくヘンというかポケッ・・としたイメージもありそうですけど、のらぼう菜ののらぼうは、
漢字では「野良坊菜」と記載され、「野良にぼーっと生えていて役にたたないもの」として農民が年貢の取り立てを免れようと
名づけたという説もあるそうです。

菜の花のように花茎を摘んで食材とする菜類は、少し苦みやクセがあるため好みがわかれる傾向もありますが、
のらぼう菜はクセがなく甘みもあるため、さっぱりと食べやすいのが特徴です。
のらぼう菜とかき菜は見た目は似ていますが、かき菜に比べるとのらぼう菜のほうが茎が太く甘みがあります。
収穫時期にも違いがあって、かき菜のほうが1~2か月ほど早く収穫が始まります。か
き菜は在来種系ですが、のらぼう菜はセイヨウアブラナの系統です。
しかも価格が一袋100~120円程度とお安いのも魅力の一つではないかと感じます。
葉や花茎の部分を摘んで食べた後に次の葉や茎が伸びるなど生命力の強さには定評がある上、
耐寒性に優れてハウス栽培の必要がなく複数回の収穫が可能で長期間楽しめ家庭菜園も適しているそうです。

埼玉県においても、県が認証した特別栽培農産物として発信をしているようです。埼玉においては比企郡や飯能市で
主に栽培されていますけど、多くののらぼう菜は、地元のJAや直売所そして埼玉県内のスーパーで販売される事が多く、
全国に出荷するには至っていないそうなので、それが知名度の低さに繋がっているのかもしれないです。
以前ですとおひたしや胡麻和えやサラダとしての食べ方が一般的でしたけど、油と相性が良いこともわかり、
バター炒めやマヨネーズ和えの具材としてもうってつけであり、はたまた味噌汁の具にも合うなど調理の用途が広いとも
いえそうです。
特にベーコン・卵・ソーセージ・チョリソーとの炒め物や、ツナ缶とマヨネーズをあえた食べ方とかは
お勧めですね~♪

nora_convert_20210321205228.jpg

のらぼう菜とツナ缶というと、ミニトマト・のらぼう菜・ツナ缶のパスタはとても美味しいと思います~♪

作り方も簡単で20分程度で調理できると思います。

レシピは以下の通りです。

1. のらぼう菜は3cm幅に切ります。茎の太い部分は縦半分に切ります。
2. ミニトマトは半分に切ります。
3. ニンニクは縦半分にして芯を取り除き、みじん切りにします。
4. お湯を沸かした鍋に塩を入れ、スパゲティをパッケージの表記のより1分短くゆでます。
スパゲティのゆで上がりの1分程前に1を加え、ザルに上げ水気を切ります。
5. フライパンにオリーブオイルを入れ香りが立つまで弱火で熱します。ツナ油漬けを汁ごと、2を入れ3分程炒めます。
6. ミニトマトに火が通り潰れてきたら、弱火のまま4、塩こしょうを加え味がなじんだら火から下ろします。
7. お皿に盛り付けて完成

のらぼう菜を使ったメニューはまだまだ応用範囲があると思いますし、都内~埼玉のこのすてきな春野菜の知名度が
もっと上がればいいな・・と思います。

892d57bc_convert_20150424144903.jpg

埼玉名物と言うと当ブログでは何かあるとすぐに「うまい、うますぎる」のフレーズでお馴染みの十万石まんじゅうのネタにばかり
走ってしまいますけど、埼玉にはのらぼう菜といった全国的には知名度の低いけどとても魅力的な埼玉名産品も
ありますので、こうした埼玉の地元の農産物やB級グルメや銘菓が全国に少しでも発信されると嬉しいですね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

埼玉では・・

のらぼう菜は埼玉ではそこそこ春の野菜としてメジャーだと思いますよ~
うちの近くのマルエツやマミーマートでも4~5月頃には
店頭でもたまに置かれていたりもします。

おひたしとして頂くととてもおいしいですけど、
トマト・ツナ缶などのパスタはとてもおいしそうだと思います。
今度うちでも試してみたいと思います。

のらぼう菜

ふにゃん 様

あ・・、確かに17号沿い近くのマルエツとマミーマートでも確か5月頃にのらぼう菜が売られていたと
思います。
だけど取扱いしている店舗は決して多くは無いので、春先に見かけたらまずは一つぐらい購入しておいた方が
いいのかもしれないです。

トマトやツナ缶と合せたバスタはお勧めですし、今でしたら冷製パスタもおいしいと思います~♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |