fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム




ドラキュラ(伯爵)

tonari_convert_20210320054338.jpg

アニメ化されたかわいい萌えとしてのヴァンパイア=吸血鬼の一例

吸血鬼=ヴァンパイアというと、一般的には恐怖・おっかない・遭遇したくないといった畏敬みたいなイメージも
あるのかとは思うのですけど
そうした私の吸血鬼=怖いを打破してくれた作品の一つが「ロザリオとバンパイア」の美少女ヒロインの赤夜萌香だと
思いますし、「物語シリーズ」の忍野忍(キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード)という幼女と
東方シリーズのレミリア様とフランちゃんという吸血鬼姉妹だったと思います。
そして最近では別に本人は吸血鬼という種族ではないのですけど、アズールレーンの駆逐艦娘のヴァンパイアも
自身のことを「吸血鬼」と呼んでいたりもします。
見た目は銀髪の幼げな少女ですけど、飲酒できる年齢でありワインを愛好したりもします。
実はあの見た目のロリっぽい雰囲気は「年を取らない」という吸血鬼の特性なのかもしれないですね~ ♪
2018年秋アニメの「となりの吸血鬼さん」のメインヒロインのソフィーちゃんとエリーの
あのお人形さんみたいなかわいらしさを見せ付けられると「吸血鬼の少女もいいのかも~」とすら感じてしまいそうです~♪

「吸血鬼」というと年を取らない=永遠のロリ美少女みたいな印象すら感じてしまう 今日この頃でもあったりもしますけど、
吸血鬼がアニメにおいてロリ美少女とか萌え要素満開といった感じが溢れだしたのは21世紀に入って以降の流れ
みたいな感じもしますけど、私が小さい頃は吸血鬼=ヴァンパイアというと「おっかない・・」とか「血を吸われると自分も死ぬか
ゾンビ化させられてしまう」といった恐怖の何者でも無かったような印象もあります。
そしてそうしたヴァンパイア=恐怖というイメージを形成した張本人こそが小説や映画でお馴染みのドラキュラ伯爵と
いえるのかもしれないです。

そうしたドラキュラが怖い・・という先入観がいつの間にかドラキュラ=吸血鬼=ヴァンパイア=恐怖であり畏敬という事を
連想させてしまったのだと思われますけど、ドラキュラとヴァンパイアは同義語ではなくて別物です。

ヴァンパイア、ドラキュラは、いずれも民話や伝説、小説など架空の物語に登場する吸血鬼である事は共通していますけど、
ヴァンパイアとは、英語でVampireと書き、人間の生き血を吸う「吸血鬼」と呼ばれる怪物全般の総称です。
狼男、フランケンシュタインと並び、世界中で最も知られている怪物のひとつとされています。
それに対して、ドラキュラとは、英語でDraculaと書き、アイルランド人作家のブラム・ストーカー氏が1897年に
発表した小説「吸血鬼ドラキュラ」に登場する男性の吸血鬼の名前です。
小説がヒットしたため、「ドラキュラ」が吸血鬼を表す一般名詞として使われることもありますが、これは誤用です。
ドラキュラはルーマニア語で、元々は「龍の息子」という意味もあるそうです。
そしてルーマニアにおいては龍というと悪と言う意味合いもあったりするそうです。
それだけ小説や映画の中でのドラキュラという印象が強く、ヴァンパイア=ドラキュラと誤解されがちではあるのですけど、
世界各地にはさまざまな血を吸う怪物としてのヴァンパイア伝説が多数存在し、全てのヴァンパイアが
ニンニクや十字架に弱いとか眼が赤いという訳でもなく、例えば日本においても、男性の生き血を吸い取って衰弱死させる
紫女という妖怪もいたりもします。

そうした訳でヴァンパイアは人間の生き血を吸う「吸血鬼」と呼ばれる怪物全般を指し、ドラキュラは小説「吸血鬼ドラキュラ」に
登場する男性の吸血鬼の名前というのが違いになります。


azrn-vanpaia-irakon-005_convert_20180109173428_convert_20180122171015.png


ここから先はdream fantasy2
管理人様のアミグリさんが過去に描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。

上記の作品は、吸血鬼ではないのですけど、本人がヴァンパイアと名乗っているのですから、それはそれでOKという事で、
アミグリさんが2018年1月に描かれたロイヤル陣営からヴァンパイアをまずはご紹介させて頂きたいと思います。

元ネタは言うまでもなく、イギリス海軍の駆逐艦「ヴァンパイア」を擬人化したものです。

アミグリさんが描かれたヴァンパイアも赤い目・黒を基調としたゴスロリ風コスチューム・長い銀髪・背中の羽といった
ヴァンパイアの特徴を見事に表現されていて、アミグリさんの腕の見せ所が最大限発揮された素晴らしいヴァンパィアだと
思います~♪
そしてこの生足もとても美しいと思います!
背景に吸血鬼をイメージさせるコウモリもしっかり入り込んでいイメージをすてきに彩りされていると思います。

ヴァンパイア自身、かなり謎めいた要素があるのもすてきだと思いますし、
明らかに幼い雰囲気なのに飲酒できるご年齢と言うギャップが凄いと思うのですけど、
アミグリさんが描かれるこのヴァンパイアは、紅い目・背中の謎の羽・ゴスロリみたいな衣装・色っぽい雰囲気の黒の衣装に
生足とか、ミステリアスさとかわいらしさが絶妙に融合したすてきな作品だと思います!



続きまして、アミグリさんが2018年12月に描かれた「となりの吸血鬼さん」から自称永遠の13歳の
まるでお人形さんのようにとってもとってもかわいい吸血鬼のソフィーちゃんです!

吸血鬼というと、上記で触れた通り古今東西畏敬の対象として恐れられていた存在なのだと思われます。
「となりの吸血鬼さん」のメインヒロインのソフィーちゃんは、とにかく見た目がロリロリでとってもかわいくて
現役JKさんの天野灯が「お人形さんみたいでとってもかわいい~」と一目惚れしてしまうのも
よく分かる気がします。

「となりの吸血鬼さん」に登場する吸血鬼は、
「日光で灰になる」「流水やニンニクが苦手」「怪力」など吸血鬼の特性として語られるものを一通り備えられているようです。

それではこの作品における吸血鬼の特性を下記に列挙いたしますと・・

生きた死体、すなわち亡者であるため呼吸や体温といった生体的特徴がない。

日光を浴びると灰になる。日傘といった日よけを万全にしても日光の存在下では弱体化し極端に体力が落ちる。

不老不死。日光を浴びて頭部が灰になったとしても生存は可能

とてつもない怪力

ニンニクの匂いが極端に苦手で人間が口にする物は食べられない。

血液を栄養源とするけど、ソフィーのように人間を襲わなくて通販の血でも生存は全く問題ない

蝙蝠状の羽を生やし飛翔することができる。

流水が苦手であり、洗い物は全自動食洗器や洗濯機に頼りきりである。

犬が苦手

鏡に映らない

こうして見てみるとソフィーちゃんは吸血鬼そのものですね~ だけど見た目がロリロリだし人間を襲わないから
全く「怖さ」は感じさせないのがすてきですね!

アミグリさんの描かれるソフィーちゃんは、元々のかわいらしさ・ロリロリ感・清楚な雰囲気が見ているだけで
すてきに伝わっていると思います。
吸血鬼は本来はおっかないとか黒衣裳と言う事でどちらかというと派手な雰囲気ではないと思います。
そうした事を意識され、アミグリさんはこのソフィーちゃんを掲載時に
「吸血鬼さんということで、流水や日光が苦手とのことで、このイラストではキラキラはとばしませんでした。
背景の色は、薄紫で夜をイメージしています。」と述べられていましたけど、それは極めて妥当だと思います。
キラキラを飛ばさないで薄紫の一色の背景という事で「夜」をイメージさせていると感じられますし、
咲夜さんみたい銀髪や黒系統の服の色が、やはり吸血鬼の活動時間帯の夜を象徴しているようにも感じられます。
流れるような美しい長髪もとてもすてきです!
全体的にはかわいいけどとても清楚という雰囲気も見事に表現されていると思います。

少しだけきょとん・・とした表情もとってもかわいいです!

アニメ・原作漫画では灯が一目見た瞬間にソフィーちゃんに一目惚れしたような展開になりましたけど、
灯がもしもですけど、アミグリさんを描かれたこのソフィーちゃんを見たとしたら間違いなく「お人形さんみたいでかわいい~!」と
言うと思います!


remi-sama_convert_20120709093114.png


ここからは下記の2作品は正真正銘の本家本元の吸血鬼でもある東方のスカーレット姉妹のお二人の絵を
改めてお披露目させて頂きたいと思います。

上記の作品はアミグリさんが2012年7月に描かれた紅茶レミリア様です!

アミグリさんの描かれたスカーレット姉妹、紅茶、とてつもない最高傑作という三つのワードから容易に想起されるのは、
アミグリさんが2013年10月に描かれたアミグリさんのお言葉によると「最高傑作」とも言える紅茶フランちゃんだと
思うのですけど、近い時期に描かれた紅茶レミリア様も素晴らしいと思います。

レミリア様は500歳を超えたおっかない吸血鬼ですが、その言動はおこちゃまそのものであったりもします。

同時に紅魔館の唯一のご主人様であり、妹のフランちゃん同様に紅魔館のすてきなおぜうさまである事には
何ら変わりはありませんので、本来はアミグリさんが描かれた「気品」が感じられるレディーというのが
レミリア様を描かれるにあたっての正しいアプローチとも言えますので、アミグリさんが描かれたこの高貴なレミリア様こそが
正攻法な描かれ方の正統派のレミリア様と言えるのだと思います。

アミグリさんの描かれたこの紅茶レミリア様のかわいらしさと気品は素晴らしいですね~♪

とてもとても公式書籍でのあのおこちゃまぶりと同一人物とは思えないのかもしれないですけど、
そうしたレミリア様はあくまで仮の姿なのかもしれないですし、その本質はあくまでも恐怖の吸血鬼もしくは
アミグリさんが提示された素敵な紅魔館の高貴なご主人様という事である事だけは言うまでも無い事なのだと思います!





続きまして2013年10月にアミグリさんが描かれた傑作の誉れ高い素晴らしいフランちゃんです!

アミグリさんにとってこの紅茶フランちゃんは、一つの記念碑的作品でもあり一つの到達点でもあり、
同時にアミグリさんにとっては「アミグリさんご自身がが納得できる数少ない作品の一つ」との事なそうです。

この紅茶フランちゃんは、アミグリさんの最高傑作の一つではないのかなと私自身確信しておりますし、
この完成度の高さは特筆に値すると断言しても構わないと思います!
とにかく全てが精緻で優雅で幻想的・・・
見れば見るほどこのフランちゃんに一目惚れしちゃいそうな素晴らしい渾身の作品だと思います!!
フランちゃんのこの表情は夢見る少女にも見えますし、
少女から大人への階段を一段一段登り始めたすてきなレディーのようにも感じられますし、
あどけなさも美しさも気品も優雅さも物憂げさも可愛らしさも全てがこの一枚の作品の中で見事に表現されていると
思います!
フランちゃんのこの雰囲気は「ちょっとあどけないけど小さな貴婦人のすてきなポートレイト」とも言えるのだと思います。

上記のアミグリさんが描かれた吸血鬼娘たち作品の権利は全て上記作品の絵師様である
アミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつも素晴らしい絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにも美しいスカーレット姉妹を描かれる人のブログってどんな感じなのだろう・・? 」などと
興味がある方は、是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy2  を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy2  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

吸血鬼は本来はおっかないですけど、東方や最近のゲームアニメ作品のヴァンパイアは萌えかわいい~♪という
事なのだと思いますね~
関連記事
スポンサーサイト



コメント

吸血鬼ドラキュラのモデルとなったワラキア公「ヴラド・ツェペシュ3世」は、ルーマニアではオスマントルコから母国を救った英雄として崇められています。
ツェペシュは本名ではなく串刺しと言う意味で、敵であるトルコ人に対しては残虐極まりない仕打ちで恐れられたとか。
ルーマニア人にとっては寛大な名君だったそうですが、それがなぜ吸血鬼のモデルにされたのか…多分、多くの敵の血を啜ったと言う由来からではないでしょうかね?

串刺し・・

sado jo 様

ご指摘の通り、ドラキュラのモデルとなったワラキア公「ヴラド・ツェペシュ3世」はドラキュラを語る上では
欠かす事の出来ない実在の人物ですけど、
歴史上の評価が極端に分かれるほど、英雄さと残虐さを併せ持った御方といえるのかもしれないです。

串刺しというのはもしかしたら異教徒や敵兵に対しての容赦のない仕返しや拷問の類なのかもしれないですけど、
どちらにしても血しぶきがあがりそうで、
それが血を吸うみたいな話の由来なのかもしれないですね・・

自分の知っている限りですが……

小野不由美著「ゴーストハント」文庫版5巻に
「血塗られた迷宮」というエピソードがあるのですが、
ドラキュラの意味は「ドラゴンの子供」だそうです。
実際ヴラド公爵の父は当時のローマ法王から
「ドラゴン公爵」の名前を賜っています。
ストーカーは「吸血鬼ドラキュラ」の中で、
「ドラキュラ=悪魔の子」と書いていますが、
ローマ法王は「最強公爵」くらいの意味で
この称号を与えていたようです。
その証拠に実在のヴラド公爵は、
「ドラキュラ」の称号をとても誇りにしていたそうです。
つまり「吸血鬼ドラキュラ」刊行以前に
「ドラキュラ=吸血鬼」のイメージはありません。

それとは別に、ルーマニアには吸血鬼伝説がありました。
一つは、ハンガリーのエリザベート公爵夫人の伝説です。
バートリ=エリザベートは自分の美貌を保つために
自分の領内の若い娘をさらい、殺害して
生き血で湯船を満たし「鮮血風呂」に入っていたそうです。
もう一つは、狼男の伝説です。
狼男はもともとルーマニアの神様の1柱だったのですが、
キリスト教がルーマニアに布教される過程で、
狼男は悪魔のように扱われて、
「狼男は人を襲って、その生き血をすする」
という伝説に変化していきました。
(キリスト教布教の過程で、
古来の神々が悪魔や妖怪化することはよくあります)
おそらくですが、ブラム=ストーカーは
ハンガリーやルーマニアの吸血鬼伝説を知ったうえで、
「ヴラド公爵の正体は、吸血鬼」という話を
創造したのでしょう。

由来はさまざま・・

ぴのぴな 様

世界各地にはさまざまな血を吸う怪物としてのヴァンパイア伝説が多数存在し、全てのヴァンパイアが
ニンニクや十字架に弱いとか眼が赤いという訳でもなく、その由来となっている話のネタや
元ネタと思われる歴史上の人たちについても千差万別であり、
そうしたたくさんの違いによるヴァンパイア伝説が古今東西世界各地で語り継がれているというのも
興味深いものもありそうです。

日本よりもヨーロッパ諸国にそうした伝説が多いのも、十字軍・魔女狩りという歴史的素描があるからこそ
なのかもしれないです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |