fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


昨日記事のナマケルダの「サインコサインタンジェント、微分積分やな気分」の名言(?)が登場した回は、
めぐみの試験における学年最下位という歴代プリキュアとしてはワースト記録を更新してしまった事が判明した回でも
ありましたけど、同時に後半においてはなぜか・・?ナマケルダとめぐみの野球対決が展開されていて、
あの時のめぐみ=キュアラブリーの一球を捉えたあの眼の雰囲気は素晴らしかったですし、メンタル面の弱さを指摘されていた
プリキュアながらも野球対決におけるチャンスの強さは素晴らしいものがあったと思います~♪
ちなみにナマケルダは「微分積分やな気分」以外にも例えばですけど、めぐみに対して
「ハピネス満点だか赤点だがしりませんですけど」などのように時折しょーもないオヤジギャグを発するあたりも意外と
いい人振りを示唆しているのかもしれなかったです。

めぐみのような美少女たちの「一球を捉えた眼」は素晴らしい!としかいいようがないのですけど、そうしたシーンは
昨年・・、2020年春アニメの「球詠」最終回でも新越谷の4番の中村希によっても再現されていました!



cffd642b-s.jpg

9eb1f395-s.jpg

1d6a6f5a-s.jpg


細かい経緯は省略しますけど、中田奈央の値千金のホームランにより試合は1-3と新越谷が負けていた中、
6回表に一点を返し、7回表に新越谷の4番打者の中村希による「これぞ起死回生の値千金のスリーランホームラン」によって
新越谷は3-5と逆転し、7回裏という最終回を迎えることになります。

中村希は高校入学と共に親の仕事の都合で福岡市東区から埼玉県越谷市に移ってきたのですけど、
中学時代から非凡な打撃センスを発揮していました。
しかし、福岡の中学時代に全国大会出場を賭けた決勝戦で、4度の好機に4打席とも凡退してチームも敗退する
という失敗経験を抱えておりその責任を一人で背負いこみ、そのトラウマもあったのか
新越谷高校の新チーム発足当初も、普段は安打を打ちまくるのに、チャンスの場面では全く打てず、
打率はそこそこあっても得点圏打率、および打点がゼロという悩みを抱えていた経緯もあったりします。
そして4番打者として出場した梁幽館との試合において、参謀役の芳乃は自分の作戦ミスでチームを劣勢に追い込んだと
かなり落ち込んでいたのですけど、希は芳乃から打点ゼロでチャンスに弱かった頃に
「そんなに一人で背負いこまないで・・」と励まされた経緯もあり、
「芳乃ちゃんのために私が打つ!」とベンチ裏で宣言したシーンは、球詠屈指の泣かせるシーンであり、同時に屈指の
百合シーンだったと思います。
そしてその宣言通り、希はチームのために・・そして芳乃のために起死回生の逆転スリーランをホームランを
かっ飛ばしていましたけど、ピッチャーとしての中田真央が投げた渾身の一球を捉えた希の眼差しも大変鋭く
美しいものがありましたし、ホームランを放ちベース一周している際に自軍のベンチに対して「やった!」と言わんばかりに
手を高々と上げて誰かを指さししていましたけど、その誰かとは希にとっては芳乃以外ありえなかったのかもしれないです。

希 : 私新越の野球部入らんですぐ強い所に転校するつもりやったっちゃね。人数も少ないし弱そうやったけん。
あの時芳乃ちゃんベスト4行けるって言いよったやろ。今まさにベスト4常連相手に最終回1点差!言った通りになっとーやん!

希 : みんな疑っとったけど芳乃ちゃんだけはマジやった。私は信じれたし新越でいつか全国行けるって思った!

希 : 私が調子悪い時一人で背負わんでって言ってくれたやろ。あれ、そのまま返すけん!いつもみたいに采配して!

希 : 私ね。芳乃ちゃんに会えてよかったし新越に来てよかったよ

希 : 大好き!

「球詠」の百合カップリングというとついつい詠深ちゃんと珠姫という新越谷バッテリーばかりを思い起こしてしまいますけど、
こうやって振り返ってみると希と芳乃の熱い百合というか絆というか信頼関係も本当に素晴らしいものが
ありましたね~♪

そして希はチームのために・・そして芳乃のために絶体絶命のこの状況の中で、満を持して打席に入ります。

希(チャンスは初球ストレート狙い。外野はやや前進守備…越せる!バッターの時ほどのプレッシャーは感じられんね。
でも4番としての姿勢はマジで参考になったよ)

(私のためにもチームのためにもいつか全国に行くためには芳乃ちゃんの采配が必要やけんね)

(4番に置いてくれたこと後悔させたくない!芳乃ちゃんの采配が正しいって証明するにはここで打つしか!)

そして希の眼は中田奈央が投げた渾身の一球に対して見事に捉えることになります!

希(届け!届け!)

(芳乃ちゃんに!)

b55cddb4_convert_20151124204622.png

ここから下記は話はなぜかプリキュアに転換します。

というのも、美少女たちの「一球を捉えた眼」というともちろん上記の球詠の希も素晴らしいのですけど、
それが最高潮に発揮されたキャラというと「ハピネスチャージプリキュア」第12話の野球対決における
愛乃めぐみ=キュアラブリーに尽きると思いますルンッ~♪
もちろん歴代プリキュアにおいてもそうした野球対決をしていたプリキュアや敵幹部もいましたけど、ラブリーの
あの一球を捉えた眼の鋭さは本当に素晴らしいものがあったと思いますし、あのワンシーンだけはプリキュアではなくて
完全に熱血野球アニメだったのかもしれないです。




「ハピネスチャージプリキュア」第12話は、めぐみが期末試験か中間試験かは分からないのですけど、
テストの結果は学年最下位という事が判明してしまったある意味恐ろしい回でもありまして、
このテスト結果を受けて、めぐみは、地球の神・ブルーより
「試験で一科目でも赤点があればプリキュア禁止」という事を言い渡されてしまうのですけど、
それを言ってしまうと、めぐみ達の2代前のスマイルのポンコツ先輩たちは、れいかさん以外は全員「プリキュア活動禁止令」の
対象者となってしまい、スマイルプリキュアはキュアビューティ以外誰も戦闘要員がいないという恐ろしい結果に
なってしまいそうです。
ブルーが指示していた「プリキュアの恋愛活動禁止令」と合せてしまうと、
例えば、「プリキュア5」に至っては、のぞみ・りん・こまちは恋愛活動禁止に抵触してしまいプリキュアとしての活動が
できなくなってしまい、うららとかれんさんが「ふたりはプリキュア」をせざるを得なくなってしまいそうです。

そうした訳でテストで学年最下位となってしまっためぐみですけど、この時のめぐみの言葉が大変印象的でもありました。
「私が学年最下位を取る事で今までビリだった人が最下位でなくなる! 人の幸せは私の幸せ! これぞハピネス!!」とか
何とか言っているのですけど、 確かにめぐみらしい言葉であり、 「人が困っている事はぜーんぶ私にお任せ!」
「人の不幸もぜーんぶ私が背負ってあげる!」みたいな事でもあり、
確かに慈愛とおせっかいに溢れためぐみらしいある意味菩薩様みたいなお言葉ではあるのですけど
どことなく「なんかそれは違うのだよね・・」という違和感も感じざるを得ないです。

解釈・捉え方によっては、この言葉を一つの免罪符として、
勉強を一切しなくてもいい・怠けても全然構わないという事に対する言い訳のようにも聞こえてしまいますし、
極端な事を言ってしまうと、
「殺人罪を犯してしまった人の罪を私が肩代わりする事で、その犯罪を犯した人も救われる・・
私も肩代わりをした事で幸せになれるし、罪を犯した人も「刑」を免除されて幸せになれる」という理屈と
同じような事を言っている危険性すらあるようにも感じられます。

勉強を怠ける事でその事に対するツケが返ってくるのはめぐみ自身ですし
めぐみ自身が「刑」の執行を肩代わりする事で
めぐみ自身の人生も周辺の人達の人生プランも大きく狂ってしまう事にもなりかねません。
確かに「人の幸せは私の幸せ」というのは大変美しい言葉なのですけど、その前提として、
まずは自分自身が自分の幸せをちゃんと見つけましょうという事があるのだと思います。

めぐみは初期の頃はそうした点の認識がかなり甘かったように感じられますし、そうしためぐみの自己評価の低さが
ハピネス中盤以降のアンラブリー回や映画「人形の国のバレリーナ」の中でかなりクローズアップされていたようにも
感じられます。
それに関しては、このブログでも何度も述べている通り、めぐみ自身の家庭環境という事情もあったのでしょうし
小さい頃から病弱の母親のお手伝いを日常的にしていた事で、
「誰かの役に立ち、人からありがとうと言われる事が自分を表現出来て、自分と言う存在を他者から認知してもらう場」という事を
めぐみ自身が少しばかり強迫観念的に捉えてしまう素描が出来上がっていたのかもしれないです。

ハピネスチャージの物語は、ある意味においては、「幸せ」というのは案外身近な所に潜んでいたりもするものだけど、
それを自分自身がちゃんと認識しておかないと、身近な存在であってもするりと逃げられてしまうはかない存在である事を
きちんと認識しておきましょうといった事も一つのテーマだったような感じもありますし、それを示唆していた回が
誠司の闇堕ちの回だったようにも感じられます、
他人に色々とおせっかいを焼いたり、他人の事にあれこれ口出しするよりも、まずは自分自身の存在を認識し、
自分の幸せや自分は一体何をしたいのかという自分の存在意義をきちんと整理したうえで認識しましょうという事なのかも
しれないです。
その辺りの認識が大変甘いところがあったから、
アンラブリーのあの精神攻撃に激しく動揺し、めぐみの不安感が露呈される結果になってしまったのですけど、
それは、実は既に初期の話から「めぐみのやや歪んだ幸福観」が示唆されていたという感じなのかもしれないです。

その辺りは、後半にかけて相当是正されていき、 最終決戦における素晴らしい成長を私達に見せつける事になるのですけど、
プリキュアというものは、初期設定にポンコツ要素とかなにか内面の問題性を加味した方が
後半にかけての主人公の成長が大変楽しみになってくるので
私としてはこういう設定の方が大好きですし、めぐみのような典型的な遅咲きの主人公は素晴らしいと感じざるを
得ないですし、こういうところがハピネスとしての物語に私自身が好感を感じる点なのかもしれないです。

f5d4f319-s_convert_20151124204758.jpg

cd714de0-s_convert_20151124204704.jpg

4370fa78_convert_20151124204044.jpg

356ef4fa-s_convert_20151124204016.jpg


ハピネスの第12話の戦闘シーンはなぜか野球対決になってしまいました。
(これとほぼ同じような展開がフレッシュのラブと大輔のあまずっぺー恋愛話の回にもウエスターによってなされていました!)

「野球で勝負よ!!」とラブリーの挑発に
「受けて立ちますぞ!!」というノリの良さを見せてくれるナマケルダは、意外といい人なのかもしれないですルンッ~♪

ナマケルダは名前の通り地道に真面目に仕事をするのが嫌いで、仕事をサボりまくるのが大好きな敵幹部であり、
毎回登場時でもやる気があるのかないのか今一つよく分からない御方でもありましたけど、第12話の野球対決においては、
サイアークを使って野球対決を始めることになったのですけど、
いざキュアラブリーと野球勝負に入ると、普段の怠惰や無気力振りはどこへやら・・メガホン片手にサイアークを応援し、
監督になってブロックサインで配球を指示するなど普段の無気力ぶりが嘘のように熱が入っていたのは
大変印象的でもありましたルン!
この時はいつもやっているような卑怯で姑息な真似をせず正々堂々と勝負しており、
プリキュア側の作戦会議を認めたり、配球を読まれてホームランを打たれて落ち込むサイアークに負けを認めて
プリキュアに浄化されるよう命じたりと意外に潔い一面を見せていましたしも撤退の際には自らの采配ミスを認めていたあたりは
ナマケルダは、オレスキーなどハピネスの他の幹部同様に根は意外といい人だったのかもしれないです。

b55cddb4_convert_20151124204622.png

それにしてもラブリーの「一球を捉えた眼」はまさにスポ根アニメそのものでした!

あのラブリーの眼は「巨人の星」の星飛雄馬そのものだったのかもしれないです。
(巨人の星を持ち出す事自体、実年齢がばれてしまいそう・・)

ラブリーのような可愛いかわいいプリキュアがあのスカートを穿いた格好で野球をしている事自体
大変素晴らしいものがありますし、
なによりも、ラブリーがあの燃える様な闘魂の眼差しでかっ飛ばしたラブリーホームランは、球詠の希の起死回生の
逆転スリーランと同じくらい尊いものがあったといえそうです。

あのラブリーの気迫と格好の良さと熱さは、
毎年毎年貧打にあえぐ私が愛してやまない千葉ロッテマリーンズの打撃陣にも見習って欲しいものですね~♪
(今年に関しては珍しく打撃陣が好調なのはありがたいですけど、かわりに特に先発投手陣が崩壊寸前なのは
痛いですルン・・)

最後に・・、「球詠」の新越谷の4番打者の中村希のモデルは福岡ソフトバンクホークスの中村晃選手なのですけど、
昨年あたりまでですと「パ・リーグの中村というと、西武のおかわりくんまたはホークスの中村晃」というイメージが
強かったですけど、
今年は私が愛してやまない千葉ロッテマリーンズの3番打者の中村奨吾が絶好調なのがとてもありがたいです~♪
昨年のマリーンズは特にシーズン後半に深刻な貧打にあえいでいましたけど、今年は1番・荻野、2番・藤原、3番・中村奨吾、
4番・マーティン、5番・レアードという布陣が高度に機能し、昨年のあの貧打はどこへやら・・パ・リーグでも屈指の
強力打線が発揮されているのは、ここ数年のマリーンズの深刻なチャンスに打てない決定力の弱さに泣かされたモノとしては
とにかくこれほどありかだいことはないです。
ここに角中という指名打者や代打の切り札も控えていますので、マリーンズの今年の打撃陣はあなどれないですし、
だからこそ、五輪代表候補の巨人の菅野を交流戦で玉砕KOできたり、先日もホークスの絶対的エースで怪我からの復帰明けの
千賀投手に10失点を食らわせることもできるのだと思います。
そしてその中でも荻野とマーティンと中村奨吾の活躍ぶりはマリーンズファン冥利につきますね~♪
(更に安田や井上のさらなる覚醒があれば最高です!)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

若手が

こんにちは。
芳乃ちゃんが今期のホークスを指揮したら、間違いなく胃に穴が開きまくります。
最終的には思い悩んでも仕方ないと思うかも。

この時期に日替わりで若手が活躍したチームは強い。
のびのびとプレーすればイイよ。
ところで、平澤大河は出ないんスかねぇ?
出したら曲者ぶりを発揮するのに。

若手

五航戦の愛鷹 様

先日ホークス-マリーンズの試合で千賀投手が炎上した試合は、その後ホークスの若手が次から次へと登場し、
「へー、ホークスにはこんなに元気で素晴らしい能力を秘めた若手がたくさんいるんだ~」と感心させられましたけど、
ベテランと中堅と若手がうまく噛みあったチームはとても素晴らしいと思いますし、
それが最大限発揮していたのが2005年のマリーンズなのかもしれないです。

平沢さんは昨年の手術のリハビリ途上なのかもしれないですし、現在は鳥越二軍監督と福浦ヘッドにビシバシと
鍛えられている最中なのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |