FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム




名古屋名物・ういろうの一例

yo_convert_20210315023453.jpg

(水)ようかんの一例

7/2の名古屋めし記事の続きみたいなものです。

その記事でも書いたように名古屋にはおいしいご当地グルメがたくさんあるのですけど、和菓子系としては
「ういろう」がとっても大好きです~♪
関東においてはういろうの取り扱いをしているお店が少なくて、めったに食べられない和菓子ではあるのですけど、
たまに物産展でういろうが販売されているのを見かけたら、ついつい買ってしまいます。

うちの奥様は例のあの舌の鈍感さを見事に発揮されて(?)、「ういろうなんて(水)ようかんと大して変わりがないじゃん・・」と
またまたとんちんかんな事を言っていたりもしますので、ここは改めて両者の違いについて簡単に触れてみたいと
思います。

「ういろう」とは、米粉などの穀粉に砂糖と水を加え練ったものを型に流し込んで蒸籠で蒸して固めた和菓子です。
うるち米やもち米の米粉以外に、小麦粉、ワラビ粉などを主原料とするものもあります。
白砂糖を用いた白いもの、黒砂糖を用いた黒いもののほか、小豆や抹茶、コーヒー、柚子、桜など様々な風味のういろうが
あります。
ういろうは、漢字で書くと「外郎」で起源は諸説ありますが、江戸時代に普及した口中清涼剤の大衆薬
「外郎薬(ういろうぐすり)」に外観が似ていたためとされるのが一般的なそうです。
私個人としては桜の風味のピンク色のういろうが大好きです。
あのなんともいえないぷにょぷにょとした食感がたまらないです~♪

「ようかん」とは、小豆を主原料とした餡を型に流し込んで寒天で固めた和菓子です。
抹茶などを練りこんだものや、甘露煮にした栗を混ぜたものなど様々な種類のようかんがあります。
寒天の添加量を減らして柔らかい食感にしたみずようかんや、寒天ではなく小麦粉や葛粉を加えて蒸して固める
蒸し羊羹など、一般的なようかんと異なる製法のものもあり、
これらに対して通常のようかんをねりようかん)と呼び区別することもあるそうです。

こうやって簡単に比較しただけでもういろうと水ようかんは似て非なる食べ物といえそうですし、その違いは
艦これとアズールレーンの違いと同様なのかもしれないです。

名古屋めしの食べ物として「似て非なる食べ物」としては、名古屋の名物の味噌煮込みうどんと山梨名物の「ほうとう」が
挙げられると思います。

ほうとうは、基本的には小麦粉を練りざっくりと切った太くて短い麺をカボチャ・里芋・にんじん・じゃがいもなどの野菜と共に
味噌仕立ての汁で煮込み、アツアツの状態で食べる郷土料理です。
作り方はとてもシンプルで、上記の野菜をカットして出汁に投入し煮込み、そこにほうとうの麺を粉がついたまま投入し煮込み、
肉などの追加具材があれば投入し、最後に味噌をいれて味をととのえて完成です。
本来的には具材は野菜とこんにゃくぐらいなそうですけど、最近は鶏肉・豚肉・貝・エビを入れたりすることもあるようです。
味噌や調味料も各家庭や店舗によって微妙に違いがあったりして、それが家庭の味・お店の味という事になるのだと
思います。
具材に関して言うと概して家庭のほうとうは野菜と油揚げがメインで、お店のほうとうだと野菜に加えて肉類が入ることが
多かったような印象もあります。
(店によっては具材として山梨名物のアワビの煮貝をうすくスライスした豪勢なものもあったと記憶しています)
最近ではほうとう用の市販の生麺やほうとう用のスープも販売されていますし、出汁や味噌を用意することもなく気軽に
作れそうですし、秋~冬にかけてのスーパーではレンジでチンするだけのほうとうセットも普通に販売されていたりもします。

ほうとうの麺の生地は、うどんやきしめんと違い、生地を練るときに塩を使わずに小麦粉と水のみで練るため独特な食感に
なりますし、うどんより幅広く、やや薄い形状であったりもします。
具は野菜が中心となり、夏にはネギ、タマネギ、ジャガイモなど、冬ではカボチャやサトイモ、ニンジンやハクサイ、シイタケ、
シメジなどのキノコ類を入れる事が多いです。
私個人の好みですけど、ほうとうの具材としてはジャガイモ、にんじん、タマネギがベストだったような印象も
ありますけど、冬場のかぼちゃのほうとうは食べるととにかくポカポカと温まったのがとてもよかったです。

名古屋にも「味噌煮込みうどん」というほうとうと似た食べ物がありますけど、あれはあくまでうどんであり、ほうとうとは
味噌ベースのスープという共通点はあるものの、麺の形状から考えると似て非なる食べ物といえそうです。
味噌煮込みうどんの麺は通常の麺と違い、小麦粉と水のみで塩は使いません。塩を麺に練りこまないのは味噌の汁に塩が
溶け込んで辛くなりすぎるのを防ぐためです。
味噌煮込みうどんの具材としては鶏肉・かまぼこ・ねぎ・しいたけがオーソドックスだと思いますが、名古屋めしらしく
鶏肉として名古屋コーチンを使う店も多いとの事です。
また、薬味として一味唐辛子、七味唐辛子を利用することが多いそうです。
そして名古屋めしとしての味噌煮込みうどんの最大の特徴は、使用する味噌として八丁味噌である豆味噌がメインいう事が
挙げられると思います。

山梨の人に言わせると「ほうとうはあくまでほうとう、うどんはうどん、きしめんはきしめんずら」という事なのだと思います。


283a4c91-s_convert_20200903135017.jpg


「ゆるキャン△」の第一期にも二度ばかり山梨名物のほうとうが登場していましたね~♪

なでしこ : これ知ってる!野菜がたくさん入った味噌煮うどん!

ほうとうの話はゆるキャン△第8話においても、なでしこ・千明・あおいの三人が身延駅前のアウトドアグッズ専門店に
立ち寄った際にもちらっと登場しています。
これは第9話の後半で各務原家でほうとうを作る羽目になってしまった千明の話の前振りなのかもしれなかったです。

なでしこ自身がほうとうを作る場面はアニメではなかったと思いますけど、意外と?料理が上手であるなでしこが作る
ほうとうは是非食べてみたいものです!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

さらに、水無月もありますね

ぬくぬく先生、こんにちは。
たびたびコメントをを書きます。

毎年6月30日の「夏越の祓い」では、
神社の鳥居に付けられた茅の輪をくぐった後、
外郎に似た水無月を食べますね。
まぁ水無月の下半分は外郎そのものなのですが、
上の方に小豆の粒を並べて、
そこに葛を流してから蒸し上げます。
最近は京都でも水無月を「変な外郎」という方もいます。
だんだん消えていくと思いきや、
京都では夏場にいちばん売れる和菓子でもあります。

水無月

ぴのぴな 様

水無月とういろうはよく似ている面もありますけど、実際は「似て非なる和菓子」といえそうでずが、
どちらもその地域のすてきな銘菓ということで、どちらもとても美味しいと思います~♪

ういろうに近いというと関東では「すあま」という和菓子は定番の和菓子の一つといえそうですけど、
西日本においては「すあま」の知名度が低くて「すあま・・、なんやねんそれ・・??」という御方が多いというのも
関東と関西の文化の違いの一つとも言えそうてす。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |