fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


昨日記事の中ですてきな名古屋めしの一つとして「名古屋・台湾ラーメン」について少しばかり触れさせて頂きましたけど、
名古屋めしというとそれ以外にもたくさんのすてきなメニューがあると思います。

大阪は「食い倒れの街」とか言われ、とにかくめちゃくちゃおいしい食べ物が「これでもかっ!」とたくさん出てくるすてきな街
という印象があるのですけど、食べ物がおいしいしそのヴァリエーションが豊富という意味では名古屋も負けていないと思います!
ういろう・味噌カツ・ひつまぶし・手羽先・天むす・きしめん・味噌煮込みうどん・小倉トーストなどなど
本当にすてきな「名古屋めし」はたくさんあると思います。
そして名古屋の食文化で「これはいいなぁ~」と感じる一つが、喫茶店等のモーニングサービスの充実なのだと思います。
名古屋めしの象徴と言っても過言ではない名古屋のモーニング文化は大変魅力的なものがあると思います。
名古屋の喫茶店では主に午前中にドリンクを注文すると、トーストや玉子などが無料で付いてくるのも素晴らしいと思いますし、
それが質量ともに充実しているのもうらやましいと感じます。
名古屋がこれだけ食文化が充実しているのに、埼玉は本当に「何もないない、な~んにも名物も銘菓もない・・」という
感じですからね・・

繧€縺吝、ゥ_convert_20180415234950

私的には、名古屋めしというと味噌カツやきしめん・味噌煮込みうどん・手羽先・ひつまぶしも大変美味しくて印象的ですけど、
特に忘れられないおいしい味というと「天むす」です~♪
そして実はなのですけど、天むすの発祥の地は三重県津市であり、津名物でもあったのですね~!
天むすと言えば、「名古屋が発祥でしょ?」 と思われる方も多いと思いますし、
名古屋というと「えびふりゃ~」というくらい海老が大好きというイメージがタモリによって定着していると言えなくもありませんし、
天むすは名古屋めしは普通にガイドブックにも掲載されていますからね・・

実は、天むすは名古屋が発祥の地ではなくて三重県津市がその発祥の地でもあったのです。

天むすとは言うまでもなく海老の天ぷらを具にしたおにぎりの事ですけど、
1950年代に三重県津市大門にある天ぷら定食店「千寿」の賄い料理として考案されたのが始まり立ったとの事で、
忙しくて昼食を作る暇もなかったご主人のために奥様がせめて夫には栄養のあるものをと、
車エビの天ぷらを切っておむすびの中に入れたところ、とてもおいしいと喜んでくれて
いろいろと苦労を重ね味付け法を工夫し、編み出した結果、あの天むすの誕生となったそうです。
当初はお得意様限定のいわゆる裏メニューだったそうですけど、あまりにも評判がよく、最終的に「天むす一本でいこう!」と
決断し、今現在も天むすを専門にされているとの事です。

こうしたそもそもの発祥の話を見てみると「えー、それだったらどうして三重県津市の名物が名古屋名物として
転化したのかな・・?」と思われる方も多いと思いますし、
タモリの初期の頃の「名古屋人はエブフリャー、うみゃーぎゃーといって食べる」というネタに感化されて(?)
エビフリャー大好きの名古屋人が津名物をパクッたのかな・・?とヘンな誤解をされがちなのかもしれないですけど、
実際は、津の千寿という元祖のお店から製法等を伝授された名古屋の元時計店店主夫妻が暖簾分けをして貰い、
これが結果的に全国的に広まってしまい、結果として本来の元祖・発祥のお店である津の千寿はあまり知られていなくても
名古屋めしの天むすは知っている~という感じになったのもなんだか面白いものがありそうです。

ちなみにだすけど、名古屋の皆様は決してエビフライのことを「エビフリャー」とは言いません。
それ以前にエビフライが名古屋名物であることや名古屋めしの一つである事を否定している人もかなり多いとは
聞いています。
以前勤めていた会社に名古屋出身の人がいますし、私の高校時代の吹奏楽部仲間で今現在は愛知県在住のメンバーが
いますけど、皆さん言われますには
「名古屋人は断じてエビフライの事をエビフリャーとは言わないし、ましてやタモリが茶化したように
エビフリャー、うみゃーぎゃーとは絶対に言わない」との事です。
そして皆さんが言う事には、確かに元の生れが三河で高齢者の方だと語尾にみゃあとかだぎゃーというのは多いけど、
最近の若い子ではそうした方言を日常で使っている方がむしろ珍しいのではないのか・・?」との見解でした。
発端はタモリが名古屋弁の語尾である「みゃあ」を茶化し「ナゴヤ人はエビフリャーばっか食べとる」と言ったことから
えびふりゃあというあの言葉の響きと、「名古屋ではエビフライをよく食べるらしい」という勝手なイメージだけが全国的に広まり、
このネタに名古屋の飲食業界が乗じて名古屋名物として売り出し定着したというのが真相とも言えるそうです。
もともと愛知県人は海老が大好きとの事で、お祝いには海老料理は欠かせず、
海老せんなどの菓子も有名で、海老フライだけが特別ではないそうです。
それとやっぱりあのエビフリャ~の響きが「名古屋弁を茶化している」とお感じになっている人も相当多いと思われますし、
私の元同僚の名古屋出身の人も「その点はタモリに文句言ってやりたい」と言っていたのが
大変印象的です。
それとその彼が言うには鳥山明の「Dr.スランプ アラレちゃん」で登場してくる宇宙人なのになぜか名古屋弁を使用している
ニコチャン大王のイメージもあるんじゃないの・・?とも言っていました。

それにしても天むすはとても美味しいと思います。

というかやはりおにぎりの中にえびのてんぷらを入れてしまえ~!というあの発想は簡単なようでいて、案外と中々
思い浮かばない発想だとも思いますし、
エビのてんぷらとごはんがあんなにも相性はいいものだと感心もしますし、例えば塩分・調味料・タレの配分など
お店の方でないとわからない作る上での難しさもあると思いますし、こんなすてきな料理を思い浮かばれた事に
敬意を表したいと思います。
埼玉の人間からすると、「ま・・おいしければその発祥の地が津であっても名古屋であってもどっちでもいいんじゃないの・・?」
という感じでもありますし、タモリが茶化した事で逆に名古屋ネタがあそこまでブレイクし、結果的に現在の名古屋めしの
大人気にも繋がっているといえなくもないですので、その辺りは・・ま・・どうでもいいのかなぁとも思ったりもします。

今でも三重県、特に津の方に言わせると
天むすを名古屋名物とすることは納得がいかないと言うのも確かに分からなくはないですね・・
発祥の地が津である上に、暖簾分けをしたお店が名古屋にあるとはいえ、名古屋だけに天むすがある訳では
ないですからね・・
三重県のなかで名古屋文化が全く感じられない名張などでも、この天むすだけは普通にメニューとして
扱われていることもありますので、天むすは名古屋名物であると同時にやはりすてきな三重名物の一つとも
言えるのかもしれないです。

天むすの付け合せには「きゃらぶき」が添えられているのも大きな特徴でもありますけど、あのきゃらぶきは
漬物みたいな役割というか箸休めみたいな意味がありそうです。
天むすととてもよく合っている付け合せだとも思えます。



名古屋めしを語る上で外せないのはうなぎのひつまぶしですね~♪

埼玉も実は鰻が名物でもあるのですけど、鰻というとやっぱりその本場というのか聖地は浜松なのかもしれないですけど、
名古屋のひつまぶしもとってもとっても美味しいと思います~♪

普通のひつまぶしもしても美味しくて大好きですけど、うなぎのひつまぶしのお茶漬けもとても美味しかったです~♪

うな重または鰻丼を食べた後でもあのお茶漬けならば2~3杯は食べられそうな美味でした。
ちなみに浜松のそのお店ではひつまぶしのお茶漬けとは呼ばずに「鰻のお茶漬け」という呼ばれ方がされているのは
名古屋への対抗心・・??なのかもですね~
関連記事
スポンサーサイト



コメント

>あのお茶漬けならば2~3杯は食べられそう

全くの同意です。
海鮮丼もだし汁をかけてザブザブやると
お腹いっぱいになっていても別腹になるのが不思議っす。
そのうちに、ひつまぶしを食しに本場に行くのが只今の夢です♪

ひつまぶし

マイヤー 様

ひつまぶしはとっても美味しいですよね~♪

そのまま頂いてもいいのですけど、こうした出汁をかけてのお茶漬けにすると更においしさもマシマシに
なると思います。

仰る通り、コロナ感染が収束したらたまには遠出や旅行をして、本場の天むすやひつまぶしを久しぶりに
食べてみたいものです!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |