fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


先日の記事において「タンメンとちゃんぽんはどのような違いがあるのか・・?」といった事を記させて頂きましたけど、
似たような感じで「たこ焼きと明石焼きは違うのか・・?」とか「春雨とベトナム料理の春雨にはどんな違いがあるの・・?」と
いった記事を本日は簡単に取り上げさせて頂きたいと思います。



明石焼きの一例

縺溘%縺。繝シ_convert_20181005141536

たこ焼きの一例

たこ焼きは、「生地は小麦粉だけを使うので、明石焼きと比べ、水分がすくないので硬めに仕上げ、
具は蛸、ねぎ、紅しょうが、天かす等であり、ソース、魚粉、青海苔、マヨネーズ等をかけて食べる」というのが特徴ですけど、
明石焼きとは、
「生地は玉子が多く小麦粉とジン粉(沈粉・浮粉)を混ぜ、非常に柔らかいので、
たこ焼きの様に丸くはない。 具はたこのみで、焼き方は銅版でくぼみが浅く、千枚通しなどの金属は使わず、
菜箸などで返す魚粉や青海苔などはかけず、ソースも付けずに、だし汁に浸けて食べる。」というのが特徴との事です。

両者は見た目はよく似ていますけど、食べ方や材料などを見てもその違いは明瞭と言えそうです。

005_convert_20160710190913.jpg


そういえば、明石焼きがアイテムとして備わっているフィギュアもありました。

それが艦娘の明石の「休日」フィギュアの備品として、明石焼きとかスパナも付いているのですけど、
この明石フィギュアが手にしているのはたこ焼きではなくて明石焼きです。
そのため、このフィギュアの明石は、だし汁に付けて食べるためにお椀に明石焼きを浸しています。

全体的には健康的な香りが感じられ、ウインクしたあの表情もお茶目なものが感じられ、とっても可愛いです!
美少女という雰囲気よりはすてきなお姉さまという風格が漂っているように思えます。

明石がたこ焼きではなくて明石焼きを食べているのもとても微笑ましいと思います。


fo_convert_20210312022107.jpg

ベトナム料理のフォーの一例

haru_convert_20210312022207.jpg

日本の春雨サラダの一例

日本の春雨やベトナム料理でよく用いられるフォー、そしてはたまたビーフンも見た目的にはよく似ているものがありそうです。

フォーと春雨は、どれも透明感のある麺で、主に東南アジアを中心に常食され乾麺の状態で売られているものが多いという
共通点もありますけど、両者の違いはどこにあるのでしょうか・・?

フォーの発祥はベトナムの首都ハノイの東側に位置するナムディン省だと言われています。
フォーはビーフンと同様に米粉を主原料としていますので、その特徴や風味はビーフンと似ているのかもしれないです、
フォーの基本的な食べ方は、透明のあっさり味のスープに入れてラーメンやうどんのように食べる事が挙げられ、
牛骨ベースのスープで牛肉が入っているフォーボーや、鶏ガラベースのスープで鶏肉が入っているフォーガーなど
種類もたくさんあるようです、
見た目的にはフォーを麺類として見た場合、日本のラーメンと極めて近いものはありそうです。

春雨の発祥の地は中国で、実は意外と古い歴史を持つ食べ物のひとつで、日本に伝わったのも鎌倉時代頃なそうです。
実際に日本で春雨の製造が開始されたのは1930年頃以降なそうです。
春雨の原材料は、ビーフンやフォーとは違い、緑豆のでんぷんで作られています。
日本では緑豆のでんぷんが手に入りにくいことから、じゃがいもやさつまいもなどのでんぷんを利用して作られている事が
多いようです。

春雨はさまざまな料理に活用されていて、炒めて調理することもあれば、スープに入れてラーメンのように調理されることも
ありますし、サラダに利用されることも多いですし、はたまたマロニーちゃんみたいに鍋料理の具材として使うことも多く、
その応用範囲はかなり広そうです。

こうやって見てみると、明石焼きとたこ焼き、そして春雨とフォーは似て非なる食べ物と言えるのは間違いないと
思われます。

akac-hoc-_convert_20141027161911_convert_20160711175721.png


ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。
上記にて食べ物としての明石焼きと春雨について触れさせて頂きましたけど、艦娘の中には、工作艦の明石と
駆逐艦の春雨がいたりもしますので、本記事においてはアミグリさんの描かれた明石と春雨ちゃんをご紹介させて
頂きたいと思います。

上記の作品はアミグリさんが2014年10月に描かれた艦これの明石です。

アミグリさんが描かれた明石はとにかくかわいいですし、
明石と言うと人によっては大鯨・間宮・浦風などと並んでお母ん=おかん=お艦と言われることもあったりするのですけど、
母性としての明石と言うよりは「すてきなお姉さん」と言った方が いいのかもしれないです。
明石にもしも「おかん」とか何とか言ったとしたら、明石から速効で
「修理ですか? どこが壊れてます?」→「頭が・・・」という流れになりそうです・・

ピンクのセーラー服という明石の華やかさとかわいらしさのオーラに溢れていてとっても素晴らしいです~♪

harusame-chansu_convert_20150421140937.png


本記事のフィナーレを飾って頂くのは艦これより白露型5番艦の春雨ちゃんです~♪

上記の春雨ちゃんはアミグリさんが2015年4月に描かれた作品です。

春雨ちゃんは初期からいた白露型6人(「白露」「時雨」「村雨」「夕立」「五月雨」「涼風」)に、2014年夏イベント
「AL/MI作戦」から先行実装という形で新たに加わった、白露型姉妹の五女という事になります。

春雨ちゃんは時雨・村雨といった上の4人のお姉さまたちから比べると少し雰囲気が幼いというのが特徴でもあり、
そのいかにも愛すべき妹みたいなロリ可愛らしさが人気なのだと思いますし、
私も春雨ちゃんのそうした妹みたいな可愛らしさは大好きです。

春雨ちゃんの外見的特徴として、
ピンク髪を左側頭部で黒紐にて片括りにし赤眼というのがまず挙げられると思います。
サイドテールは毛先の方に水色のグラデーションがかかっています。
服装や艤装は白露型に共通の黒のセーラー服ですけど、セーラー服は、こうした妹タイプには
より一層しっくりくる雰囲気がありますね~♪
春雨ちゃんの特徴は、お姉さまたちとは異なり頭に白いベレー帽を被っている事があるのかな・・?

それにしても春雨ちゃんのロリ可愛らしさは本当に素敵ですね!

五女設定という事でもありますけど「こんな可愛い妹だったら妹にしたい!」みたいな雰囲気を有している艦娘だと思います。
春雨ちゃんは五月雨ちゃん・涼風などの妹もいますので、実際はお姉さんキャラでもあるのですけど、
末っ子みたいな感じすらもあるとてもかわいい艦娘だと思います。

アミグリさんが描かれた春雨ちゃんは、文字通り「春」に相応しい雰囲気が漂っていて
見るだけでなんかハッピーな気分にさせてくれそうな素敵な一枚だと思います。
お姉さまたちよりも赤いお目目がいくぶん強調されているのも素敵ですし、この黒のセーラー服も
とてもよくお似合いだと思います。
揺れるサイドテールも素晴らしすぎますし、今すぐ妹にしちゃいたい可愛らしさに溢れていると思います。

上記のアミグリさんが描かれた艦娘の明石と春雨ちゃんの権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいい春雨ちゃんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

そろそろ本格的な夏も近づいていますので、夏祭りにうってつけなたこ焼きに明石焼きや、さっぱりとした春雨サラダが
おいしそうな季節の到来といえそうですね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

関東では・・

明石焼き・・関東では正直全然馴染みがない食べ物ですけど、出汁につけて食べるというのがなにやら新鮮に感じますし、一度は食べてみたい味です。

アミグリさんの描かれた二人の艦娘はとてもお綺麗だと思います。
明石のお姉さんっぽい雰囲気なのに対して
春雨ちゃんのいかにもという妹オーラに満ち溢れた
かわいらしさは、とても爽やかだと思います。

明石焼き

ふにゃん 様

仰る通り、埼玉でも「明石焼き」の取り扱いをしているお店は私も見た事ないですけど、たこ焼き的な粉モノを
出汁に浸して食べるというのは興味津々な食べ方ですし、
その味は一度実食してみたいです。

アミグリさんの艦娘絵をご覧頂きありがとうございます!

明石のお姉さん的オーラに春雨ちゃんのかわいい大切な妹オーラはとてもよく表現されていて
私も大好きな一枚です!

大阪の阪神百貨店が有名です

ぬくぬく先生、こんにちは。
たびたびコメントを書きます。

明石焼き専門店は京都市内には3軒だけですが、
関西全般でそこそこ食べられています。
特に大阪駅前の阪神百貨店にあるフードコートが有名です。
自分は甲子園球場に行く途中で、よく立ち寄ります。

ちなみに、明石焼きはたこ焼きの原型と言われています。
元々は大正時代の「ちょぼ焼き」が始まりなのですが、
(大阪には残っていません。お好み焼き屋の「銭座庵」など
京都に数軒ちょぼ焼を出すお店があります)
そのちょぼ焼に溶き卵と明石のタコを入れて、
丸く成形したものが明石焼きです。
明石焼きの溶き卵の割合を減らしてキャベツなどを入れ、
小さくしたものが「たこ焼き」です。

明石焼きは溶き卵の割合が多いのでフワフワと柔らかく、
だしに付けて食べるので「たこ焼き」より高級感があります。
ただ柔らかすぎて木の皮や発泡スチロール製の「舟」では
丸い形状を保てません。
また「たこ焼き」より大きくなってしまうので、
(小さいと、潰れて丸い形状を保てません)
どうしても単価が高くなってしまいます。
つまり、屋台などで売ることができません。
そのため、フードコートや専門店で戴きます。

明石焼き

ぴのぴな 様

明石焼きは関東では全然なじみがない食べ物で、屋台でもお目にかかったことがなかったのはご指摘の事情が
あったからなのでしょうね。
印象としてはたこ焼きよりは高級感があるというのも、出汁につけて食べるその食べ方もそうでしょうけど、
具材その配分、作り方や大きさにもうるのかもしれないです。

関東ではめったに食べることができない貴重な食べ物ですので、見かけたら是非もう一度べてみたいです!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |