FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


7/14の「ドキドキプリキュア」は見方によっては大変シリアスで複雑な要素をはらんだ回とも
言えると思うのですが、
そうした要素を冒頭の
円亜久里ことキュアエースの毒舌及び
予告編(キュアセバスチャン誕生・・・????)が帳消しに
してしまいました・・・(笑)




それにしても円亜久里の毒舌は鋭いものがありますよね。
「毒舌」というと、スイートのアコちゃんも相当なものがありましたけど
亜久里の毒舌はそれをはるかに超越するものがあります。
前回の餌食はマナでしたけど、今回は真琴がひの餌食でしたね。

〇「あなたにはがっかりです」

〇「プリキュアとしても半人前ね」

〇「そんなのでプロと言えるの」

いやはや、とても小学生が発する言葉とは思えませんね。
もっともアコちゃんも小学生でしたけど・・・
プリキュアシリーズの場合、毒舌担当はもしかして小学生なのかな・・・??

もう一つ興味深い提示がありました。
何かというと、今回のプリキュアの敵方は「ジコチュー」というものなのですけど、
そうした「自己中」というものは、プリキュアも勿論の事、私達全員が一人ひとり有しているという事を
改めて示唆するシーンがありました。
別に「自己中」なんてのは特段邪悪なものではないし、人間誰しもが
「自分が可愛い」のであって、自分を中心にというか基準に物事を考えるのは決して
悪い事ではないと思われます。
そうなると、本当に極悪の自己中とは何なのか、
「自己愛」とも言い換えることができる普通の「自己中」と一体どこに違いがあるのか、
という事が今後の課題になっていくのではないかという事を示唆する内容に
なっていたようにも思えます。

「自己愛」と「極悪の自己中」の違いなんて、もしかしたらほんの紙一重なのかもしれません。
それを分けるのは、結局は
そこに「他人への思いやり・愛」があるのか
他人に対して嫌な事や迷惑を押し付けるものではないのかあたりが
一つの基準になっていくのかなーとも
今の時点では思います。

自己中か否かの判断基準なんて言うものは存在しないと思います。
結局それを分かつものは「常識判断」とか「一人一人の心の中の良心」だと
思うのです。
「自分が良かれ」と思ってした行為が、他人に対しての迷惑行為となっていないのかというのが
世間一般的な見解なのかもしれませんけど、
そうなるとマナの「他者へのおせっかい」というものは、まさしく「自己中」なのではないのかという
問題提起にもなってくるし、
「自己中」と「幸せの王子」の間の違いは何なのかという問題も生じてくると
思うのです。
こんなややこしい問題をレジーナの問題と絡めて、中盤から後半以降どう展開していくのか
その辺りも注視して見ていきたいと思います。

それだけ今回の「ドキドキ」は、プリキュアシリーズとしては珍しく問題提起をする方向性なのだと
思います。
そうした問題提起は、ハートキャッチとスイート以来かな・・・

前回はマナ、今回はまこぴー、次回はありすがそれぞれ
エースからお説教(プリキュア5つの誓い)を食らうみたいですけど
次々回はそうなると六花さんがお説教を食らうのかな・・・??
その場合の六花さんの問題提起と反応はどうなのかな・・・
その辺りも興味津々
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/570-08946e4e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |