fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム




CIMG4093_convert_20210308022224.jpg

先日ですけど、うちの近くのスーパーの惣菜・弁当コーナーにて「九州フェア」が開催されていて、九州の食材を使用した
惣菜や九州のご当地メニューをお弁当にしたものの販売が行われていました。

その中に長崎県のご当地メニューとして大変名高い「トルコライス」のお弁当が販売されていました~♪

江戸時代、200年以上にもわたって鎖国状態にあった日本ですが、唯一外国との貿易が許されていたのが長崎・出島です。
出島から様々な異文化が入ってきた長崎県には、現在に至るまで独自の食文化が根強く残っています。
明治時代に舶来港として栄えた長崎や、軍都・佐世保などで生まれた海外をルーツとするグルメも多数あったりします、
長崎のご当地グルメと言うと、カステラ・長崎ちゃんぽん・皿うどん・佐世保バーガーなどが大変有名で、
「ご当地グルメなんぞ何もないない、なーんにもない」とついつい自嘲気味になってしまう埼玉県民としてはとてもうらやましい
話なのかもしれないです。
そして長崎のご当地グルメというと「トルコライス」というある意味、大人のお子様ランチというべきメニューも大変
印象的です。

「トルコライスって何ですか・・?」と知らない方のために簡単に解説させて頂きますと、トルコライスとは一皿に多種のおかずが
盛りつけられた洋風料理で、豚カツ、ピラフ、スパゲティが一つの皿にのっていることを基本としています。
お店によってはピラフではなくてチャーハンやカレーピラフが添えられている事もありますし、スバケディは基本的には
ナポリタンが多いようです、そして豚カツの上にはデミグラスソースが掛けられている事が多いそうです。
「とんかつにナポリタンにピラフなんて別にトルコ料理でも何でもないじゃん・・」と思われる方も多いとは思うのですけど、
トルコライスはトルコ料理というわけではなく、トルコが東洋と西洋の分岐点である事からという説と
トルコライスを最初に提供したお店の名前からという説など多数あるようですけど、定説はないようです・・
スパゲティ(概ねイタリアのイメージ)、とんかつ(概ねフランスのイメージ)、ピラフまたはチャーハン(概ね東洋のイメージ)
というように三つのエリアの料理をまとめて一つの皿に乗せてしまえ~♪という発想で始まったのかもしれないです。
ただ、このパスタ・とんかつ・ピラフが一つのお皿にまとめて乗った料理は、子供にとっても大人にとってもワクワクするもので
あり、トルコライスが俗に「大人のお子様ランチ」と呼ばれるのもよく分かる気がします。

言うまでもない話ですけど、トルコライスはトルコ料理ではなありませんし、トルコに「トルコライス」というメニューは
存在しません。
というのも、トルコはイスラム教圏の国であり、イスラム教ではとんかつの材料である豚肉は食のタブーとされていますし、
トルコにはパスタとご飯を一つの皿の上に盛り付けることはまずありえないそうです。
長崎では2010年に一度「トルコライスの日」を制定した事があるらしいのですけど、トルコ大使館より
トルコライスは長崎独自の食文化でありそれを否定するつもりはないとしながら、トルコライスはトルコ料理ではなく
全くの無関係であり、誤解を招く可能性があると指摘を受け、その3年後に市としてのトルコライスの日は取りやめにした
経緯もあるそうです。

トルコという国は古くから日本との繋がりも強く、トルコにはかなりの数の親日家が存在し、トルコ国内では日本のイメージは
意外といいという話しはよく耳にしますけど、日本のとあるサービスの名称に「トルコ」という名前が入っている事で
不興を買ったという話しは上記のトルコライス以外としては、これは平成世代の皆様にはわからないのかもしれないですけど、
現在の「ソープランド」という性風俗産業の名称は1984年頃まではなぜか・・!?「トルコ風呂」と呼ばれていたりもしたものでした。
確かに・・私自身が東北の田舎から関東に移り住んだのは1984年春でしたけど、あの当時の新宿・歌舞伎町・鶯谷・西川口
といったいわゆる夜の歓楽街には「トルコ風呂」という看板とネオンで賑わっていたような記憶もあります。
トルコ風呂というのは本来はトルコ国内の大変健全な垢すりというサービスに他ならないのですけど、
昭和30年代頃に一般的な公衆浴場だったトルコ風呂が「個室付浴場(サウナ)」として許可されたことから性風俗産業と結びつき、そこからトルコ風呂という性風俗店へと発展した経緯もあったそうです。

本番ありの性風俗として日本に定着したトルコ風呂でしたが、1980年代になってその名称が問題となります。

トルコ風呂は高度成長期から1980年代にかけて「トルコ」と略して呼ばれるようになり、そのため多くの日本人が
「トルコ」と聞くと国名としての「トルコ」ではなく「性風俗店としてのトルコ」を思い浮かべるようになってしまうという誤解が
発生してしまい、
東京大学に留学していたトルコ人の留学生が1984年に当時の厚生大臣・渡部恒三に「トルコ風呂という名称を変更してほしい」
と直訴した事がきっかけとなりましたし、
駐日トルコ大使館は、新宿区にあった「大使館」という「トルコ風呂」がNTTの電話帳に「トルコ大使館」と記載されていたことに
猛抗議したという事件も発生し、日本とトルコの国際問題に発展しかねない事態ということで、
トルコ風呂という名称は撤廃され、東京都特殊浴場協会が新しい名称を一般公募して選ばれたのが「ソープランド」であり、
これが今現在でも使用され続けています。

大変古い話ですけど、昭和の名作ラブコメの「めぞん一刻」において、主人公の五代裕作の初体験のお相手は、
実は響子さんでも無くこずえちゃんでもなく、六本木朱美でもなくて、実は風俗店の女の子というのもちょっと意外な(?)
話でもありました。
裕作の童貞喪失は社会人になってからでそのお相手は風俗嬢というのは奥手で純粋な感じも無くは無い裕作のイメージでは
ないのかもしれないですし、「響子さんへの純愛はどこにいったんだ・・」当時はいろいろとツッコミがあったようですけど、
さすがに大学を卒業して童貞を続けているというのも作者の高橋留美子先生としても「ちょっとね・・」という想いも
あったのかもしれないです。

裕作の童貞喪失後の朝帰りした場面で、裕作は一之瀬のおばさんにソープランドのマッチを持っている所を見つけられ、
その時に一之瀬のおばさんは「あー、トルコか~」と反応を示されていたのは、一之瀬のおばさんも
昭和世代の御方・・という事なのかもしれないです。

hitomicyan-03_convert_20181215160141_convert_20181216180415.png

長崎と言うと夜景の美しさもとても素晴らしいと思います。

長崎のご当地アニメというと、2018年の秋アニメとして放映されていた「色づく世界の明日から」がとても印象的でしたけど、
「色づく世界の明日から」においては、長崎の大浦天主堂や女神大橋の再現度も素晴らしいと思いますし、
何よりも作品全体の美しさが大変際立っていたと思います。
あの背景や風景描写の美しさは大変見映えがしましたし、あの映像としての美しさを味合うだけでもこの作品は存分に
役割を発揮していると感じたものでした。
長崎は日本三大夜景(神戸、函館、長崎)、世界新三大夜景(香港、モナコ、長崎)に数えられるほど
有名な夜景の名所でもあるのですけど、そうした夜景としての長崎の美しさも丁寧に描写されていたのが
大変印象的でもありました。
長崎という異国情緒あふれる街並みや坂の多い地形という「長崎らしさ」をこんなにも美しく描かれていた事に
驚きを感じさせてくれますし、一つだけあえて強調させて頂きますと、アニメシーンの中にほんの数秒程度でしたけど
雨に濡れた石畳が描きだされていましたけど、あのシーンの美しさはアニメとしての美的限界に迫るものは
間違いなくあったと思います。

「色づく世界の明日から」の監督・製作スタッフは「凪のあすから」というやはりファンタジー系の作品と同じですので、
こうした作品は得意中の得意だったのかもしれないです。
凪のあすからは、7人の少年少女の揺れ動く心情をメインモチーフにした作品でもありますので、
思春期の少年少女の心理描写という意味では両作品の共通性は多々あるようにも感じられます。

ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた美しい絵の転載&ご紹介コーナーです。

上記の絵はアミグリさんが2018年12月に描かれた「色づく世界の明日から」のヒロインの月白瞳美ちゃんです。

この瞳美ちゃんは当ブログでも何度か転載&ご紹介をさせて頂く場を頂きましたので、皆様にとっても馴染みがある絵の一つ
なのかもしれないです。
私もこのアミグリさんが描かれた瞳美ちゃんが大好きで、こうした素晴らしい絵と言うものは何回でも転載したいです!

アミグリさんの描かれる月白瞳美ちゃんは、とても繊細で神秘的な印象を与える美少女のように感じられます!
せつない表情もそうですけど、この流れるように美しい銀髪もそうしたミステリアスな印象を醸し出しているのかも
しれないです。

まるで東方のさとり様のようにどことなく心、ここにあらずのようなもの寂しげな様子が伝わってきますし、
瞳美が今にも感極まって泣き出しそうな感じさえする「儚くてせつなくて、まるで砂糖菓子のように
ちょっと触れただけで壊れそう・・」といったとてつもなく繊細なものがとてもよく伝わっていると思います。

銀髪ロングの繊細な描かれ方も素晴らしいですし、
左耳のアズライトの耳飾りも神秘的な雰囲気を高めているようにも感じられます。
ちなみにアミグリさんが描かれた瞳美ちゃんの制服は、2018年時点での南ヶ丘高校の制服ではなくて、
2078年時点の南ヶ丘高校の制服でもあったりします。
同じブレザー制服も祖母の琥珀が着るとやんちゃな雰囲気もあるけど、一応は孫の瞳美ちゃんが着ると
繊細なJKさんという印象を受けたりもします。
(60年後のおばあちゃんになっていた琥珀はいかにも落ち着いた雰囲気の女性になっています・・)
この寂しそうな視線を見るとなんだか見ている私までもがせつなくて甘酸っぱい気持ちにもなったりしますし、
こうやってたった一枚の絵なのですけど、見ている人に色々な感情をきちんと伝えることができている作品を拝見させて
頂くと本当に心の底から内省的な充実感を感じたりもします。

上記のアミグリさんが描かれた瞳美ちゃんは、その権利は全てこの瞳美の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもせつなそうな瞳美を描く人のブログってどんなもんなのだろ・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2  を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それにしても長崎には一度行ってみたいものですし、夜景も異国情緒もそうですけど、本場の長崎ちゃんぽんやトルコライスも
是非食べてみたいものです~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

長崎よいとこ

こんにちは。
長崎はイイところですよ。
食べ物はおいしいし、観光スポットもいっぱい。
福山雅治の故郷ということで、通っていた淵(ふち)中学校は聖地巡礼のひとつになっています。
淵中学校の吹奏楽部は県内で名門といわれてます。
そして長崎で雨が降ると脳内でクールファイブが歌います。
ずっと「ワワワワー」ってリフレインします。

小泉さんと一緒にちゃんぽん食べに行きたいですね~♪

五航戦の愛鷹 様


長崎というと2018年の秋アニメの「色づく世界の明日から」にてとても美しい長崎の街並み・夜景・港の描写が
なされていて、あれを見ているだけでも長崎の素晴らしさが伝わっていると思います。
そして長崎はたくさんのご当地グルメもありますけど、出来る事ならば「ラーメン大好き小泉さん」の小泉さんと一緒に
長崎を訪れ一緒に長崎ちゃんぽんを食べ歩きしたいです!

クールファイブの宮本さんも欽ちゃんに結構いじられていましたけど、あのバックコーラスは確かに
耳に残りそうです。

九州の高校の部の吹奏楽は、実は長崎県は45年近く全国大会代表を果たしていませんので、そろそろ福岡や熊本の
学校を撃破して久しぶりに全国大会出場を果たして欲しいです。

トルネコ風呂じゃダメですかそうですか

昔の人がトルコに対してわりと適当過ぎて驚きましたww

トルコライスといいトルコ風呂といい誰が最初に言い出したんでしょうね。
しかもあっさり定着してしまうあたり皆あまりトルコのこと知らなかったり興味無かったんでしょうね・・・。

まいさか 様


トルコライスはまだいいとして「トルコ風呂」は確かにトルコにしてみると「我が国をこんなヘンな所で使うな~」という
感じなのかもしれないですけど、それがまかり通る辺り昭和の時代のいい意味でのゆるさがあったのかもしれないです。

トルコと日本は実はかなり古い歴とがあり、しかもかなり良好な関係を長期間継続してきた歴史があるだけに
当時の中曽根政権もトルコの学生さんと大使館からの抗議を受ければ
さすがに名称変更を業界に要請せざるを得なかったのかもしれないです。

トルコライスって台湾ラーメンとかロシアパンみたいなネーミングですね。でもあれらは一応職人さんの出身地由来という説があるのに対してトルコライスはそういうの全然関係ないんですね。
誰もが大好きなメニュー盛り合わせで大人のお子様ランチと呼ぶに恥じないボリューム感ですけどこれじゃたしかにトルコ要素ない…w
他所の国名入ってると変わり種っぽくて気になっちゃうというのは買い手の感情としてもありそうです。

昔のヤクザ漫画で「トルコ風呂」って単語よく出てました。「なんでトルコ?」とは思ってましたけど国名をそんなとこで使われてたらそりゃ抗議も来ますね。
官能小説でおなじみフランス書院もそのうち怒られるでしょうかw

トルコ

schwert 様

おそらくですけど、私の一廻り上の世代の皆様は「トルコ」と聞くと「風俗」・「エロい」・「ドスケベサービス」・
「西川口や吉原や歌舞伎町」というワードを思い出されると思います。
当時のトルコ大使館からの抗議はかなり強かったようで、何事にも対応が遅い日本としては珍しく業界団体に
名称変更を要望し、その後現在の「ソープランド」に名称変更した経緯がありましたけど、
あれはトルコの方にとってはいい迷惑以外の何者でも無かったですけど、それだけ昭和の時代の日本はゆるくて
平和だったのかもしれないです。

トルコライスはお弁当やランチとして食べる分にはボリューム的にも内容的にも理想的ですね~♪
ただここにもトルコ要素は皆無ですけど・・
(トルコの方が豚肉やチャーハン食べる訳ないですルン)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |