fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


「浦和の調ちゃん」というのは2015年4月~6月の三か月にテレビ埼玉で放映されていた一話5分間のローカルショートアニメ
なのですけど、当ブログは、このアニメそのものの感想も勿論そうなのですけど、このローカルショートアニメで
登場してきた浦和のローカルネタ関連もかなり記事にさせて頂き、どちらかというとアニメ紹介と言うよりは
浦和というか「埼玉県」がいかに何も無くて名物とか銘菓が少ないかをテーマにしたカテゴリでもあったのですけど、
いつの間にか管理人の意外な(?)「埼玉愛」を露呈するコーナーにもなってしまいました。
このカテゴリで、十万石まんじゅうとか彩果の宝石とかゼリーフライとかねぎ味噌煎餅とか
アニメ自体には登場していませんけど、埼玉県民のローカルフードみたいな存在の「山田うどん」とか色々とネタに
させて頂いたカテゴリでもありますし、良くも悪くも埼玉県の紹介コーナーみたいな様相も呈していたと思います。

埼玉ローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」は見方を変えると「浦和周辺の浦和という地名が付く駅の擬人化アニメ」という
側面もあるのかもしれないです。
「浦和の調ちゃん」の基本コンセプトというのは、8つの「浦和」という地名が付く駅を擬人化してしまおうという
発想から生まれた埼玉県のご当地ショートアニメなのですけど、
改めて考えてみると、この8つの駅を「8人の女子高生」として擬人化して表現しようとする発想は、
中々そうした発想を思いつく事は出来ないもので、これはとても素晴らしいアィディアなのだと改めて感じたりもします。

ちなみにこのアニメで登場する8人の女の子たちの声優さんは全員埼玉県出身です!

浦和周辺には、「浦和」という地名が付く駅がなんと8つもあったりもします。
浦和・南浦和・東浦和・西浦和・中浦和・北浦和・武蔵浦和・浦和美園がその該当駅なのですけど
埼玉県を全然知らない人がそれを聞いてしまうと、
「東浦和と西浦和は距離が近いのかな・・・?」とお感じになる人もいるかとは思いますが、
実際はかなり遠く、車でも多分40分程度は掛かると思われます。
同様な事は、埼玉県川口市の西川口と東川口でも言えまして、西川口から東川口まで行こうと思ったら、
車だったら30分程度は掛かるのかもしれないですね~
東川口というと、感覚としてはむしろ越谷にも近いという感じもありますし、西川口はむしろ東京23区寄りでもありますので、
似たような地名だけど両者はかなり遠いと言えると思いますし、
こうした話をしても他県の方にとっては「なんじゃそれ・・?」という感じになってしまうのかもしれないですね・・
ついでに書くと、埼玉県の東大宮と西大宮も地名だけを聞くと一見近そうに感じたりもしますけど、どちらも大宮という地名は
つきますけど、西大宮はさいたま市西区に属しどちらかというとほとんど川越市という印象もあるのに対して
東大宮はさいたま市見沼区に属し、どちらかというとほとんど上尾市という印象すらありますので、
東大宮と西大宮はとてつもなく遠いです・・



47623.jpg

「浦和の調ちゃん」の大きなポイントは、前述のとおり登場キャラの8人の女の子の名前が全員、浦和周辺「実在する地名に
由来している点なのだと思います。

列挙すると・・・・

高砂調: 主人公で、「高砂」というのは浦和駅周辺の地名です。「調」は「調神社」に由来します。

上木崎常盤: 北浦和のラーメン屋の看板娘という設定、上木崎と常盤はさいたま市浦和区内の地名です。

別所子鹿: 中浦和のうなぎ屋の看板娘という設定、別所はさいたま市南区の地名です。
        浦和近辺の高級住宅街というと、常盤・別所・岸町・高砂・仲町辺りだと思いますが
        特に別所~岸町のあたりはいかにも「お金持ちが住んでいそう・・」みたいな雰囲気は間違いなくあると思います!

沼影彩湖: 武蔵浦和の模型店の看板娘という設定、沼影はさいたま市南区の地名で彩湖は人工湖でもあります。
この沼影彩湖は調たちが通う浦和第三高校の生徒会長でもあるのですけど、
         猫耳とか背中の悪魔の羽など、とてもじゃないけど生徒会長に見えず単なるコスプレイヤーにしか
         見えない所がとてもお茶目で楽しいです!
ちなみにですけど、沼影という地名の周辺にロッテの工場とかロッテの二軍球場があったりもします!

田島桜: 西浦和のそば屋の看板娘という設定、田島というのはさいたま市桜区の地名です。

道祖土緑: 東浦和の花屋の看板娘という設定、道祖土(さいど)とはさいたま市緑区の地名です。
大変おっとりとした鉄道部の部長でもあるのですけど、道祖土緑のあの胸の大きさは「これって反則じゃん・・」
        みたいな雰囲気を漂わせるほど素晴らしいものがありました!

大谷場南: 親が南浦和でライブハウスを経営と言う設定、大谷場とはさいたまし南区の地名です。
        ちなみに大谷場は、私の自宅から結構近いです・・・

三室美園: 三室はさいたま市緑区の地名で、美園にはサッカーで有名な「埼玉スタジアム」があります。

これって埼玉県というか、さいたま市周辺にお住まいの方ならすぐにピンとくる地名ばかりですし、
確かにあまりにもローカルな話すぎて
埼玉県以外の方には「何がなんだかよく分からない・・」という話かもしれませんけど、
とにかく一部の埼玉県民にとっては無性に(?)血が騒ぐようなキャラの名前でもありました~♪

CIMG8444_convert_20150621230812.jpg

2015年に浦和駅前のパルコで開催された「浦和の調ちゃん」えきしびじょんでは、調と常盤のコスプレ制服も
展示されていましたけど、「これって指定制服じゃないじゃん・・」とツッコミたくなるような彩湖のコスプレ制服も
展示されていました。

あのえきしびじょん展示にはアニメの設定資料やキャラ設定原画など貴重な資料も展示されていて見ごたえ十分でした!

「浦和の調ちゃん」は続編の「むさしの」の制作が2017年あたりから発表され、公式HPにおいても「むさしの、2019年放映開始」と
表示されていますけど、実はいまだに放映がされていない状態が3年近く続いていますので、
そろそろ正式に放映に関する正しい情報もほしいものですね~♪
(気長に待つしかないかもしれないです・・)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

このアニメで

こんにちは。
このアニメで十万石まんじゅうを知りました。
うまい、うますぎる。
このコピーは見事だと思います。

桜区

五航戦の愛鷹 様


浦和の大おば様が住まわれているさいたま市桜区の「浦和の調ちゃん」のモチーフとしては田島桜なのですけど、
桜区といえばホークスの上林選手が桜区の土合中学校の出身である事は桜区としてはかなりお馴染みの話であり、
土合中の前を通るたびに学校の正門近くに掲示されている「祝! 上林選手 ホークス入団」や
「みんなの誇り、上林選手」といった垂れ幕が目を引きますし、
今後とも上林選手の活躍を願わずにはいられないです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |