fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


東京MXの再放映作品というとプリキュアシリーズやルパン三世・ドラゴンボールといった過去の名作作品というイメージが
あったりしますけど、今年・・2020年1~3月に再放送されていた作品としては「宇宙よりも遠い場所」と「SSSS.GRIDMAN」が
とてもなつかしいばかりでなく、改めて拝見させていただいてもとても面白く見させて頂けました。

SSSS.GRIDMANは、円谷プロの特撮番組「電光超人グリッドマン」のアニメ作品であり、
グリッドマン生誕25周年記念作品であると同時に円谷プロ創立55周年記念作品とも言える作品です。
東京MXでは2018年の秋アニメとして放映されていました。

新条アカネは、クラスのアイドル的存在の美少女で、才色兼備才貌両全の最強女子であり、クラス全員に好かれるという
奇跡を巻き起こしているすてきな美少女と言えそうです。
2018年の放映の際は、あの年の秋アニメのとてつもない充実のせいもあり、再放送の時よりはあまり真剣に見ていなかったり、
SSSS.GRIDMANのアニメ自体は、新条アカネが私の大の一押しでした~♪
新条アカネの口調は意外とゆるくて「武士は食わねど高楊枝」を「武士は食わねど高笑い」と言い間違えたり、
意外なことがあると硬直したりしてしまうなど一見孤高そうに見えてかなり抜けていそうなそのギャップには誰しもが
萌えを感じてしまうのだと思います。
制服の上から赤紫のパーカーを重ね着し、更にそれを胸元まで開けていたり、真夏にタイツを履いたりという独特な制服の
着こなしをしている一方で何処か浮世離れした雰囲気を持っているとても魅力的なキャラと言えるのだと思います。
アニメのエンディング映像では宝多六花と仲睦まじい様子を見せており、関連商品等でも六花とセットで登場することが
多いのですけど、実はアニメ本編ではこの二人の絡みは意外と少ないというのも面白いものがありそうです。

新条アカネは「SSSS.GRIDMAN」の中では敵対者という立ち位置でもあり、
周囲からは才色兼備な好人物として認識されているが、裏では自分の意にそぐわない人間を怪獣で殺害し
その様子に狂喜する残虐性をもっていたりもします。
怪獣でもある子飼いのアンチを平気で暴行したり結構酷い仕打ちをしていましたし、
(アンチくんはそうした事情もあり、結果的にはグリッドマンサイドについてしまいました・・)
自宅は大量のごみ袋と怪獣フィギュアで埋め尽くされており、私生活はかわいい雰囲気とは信じられないほど崩壊している
キャラともいえそうです。

2018年のリアルタイムでの放映時は謎要素ということもあり、このアニメでは新庄アカネにばかり目がいっていましたけど、
再放送を見るとなんだか今回は宝多六花の魅力に気づき始め、再放送時においてはなぜか知りませんけど
やたらと六花ばかり応援していたようにも感じられます。

6c6207ef-s.jpg

宝多六花は今どきのJKさんらしい少しクールな雰囲気を漂わせる美少女であり、どことなく気怠げな口調が魅力でも
ありましたけど、最大の魅力はあのとてつもなく短いスカートとそのスカート自体がカーディガンに隠れてよく見えなかったりする
シーンも多々あり、見方によっては「六花はスカートやズボンをはかないキャラ・・!?」とすら誤解を受けそうでもありましたし、
あの脚を組んだ様子や太ももの素晴らしさは新条アカネすらも軽く超越するものもあったと思います。

アニメでも六花が自宅でくつろいでいるときに太ももが露わに?なったシーンもいくつかありましたけど、あれを見せつけられる
たびに「SSSS.GRIDMANのスーパーヒロインは六花で決まり~♪」とすら感じたものでした。

そうした六花が登場したシーンでも私的に特に印象的だったのは、第6話での(本当は敵サイドの立ち位置のはずの)アンチを
六花が餌付けしたばかりでなく自宅にお持ち帰り(?)をし、入浴までさせてあげただけではなくて
アンチの背中を流してあげたシーンでした~♪
(新条アカネはそうした事は間違ってもやりそうもないだけに六花の天使ぶりが俄然光り輝いていたものでした!)

206d79cb-s.jpg

600f5ff3-s.jpg




第6話は物語の核心部分が少しずつ見え始めた回でもあり、アカネと内海、裕太とフード付き謎の?怪獣少女、六花とアンチ
という三者三様の不思議な?デート??を楽しみつつ、特に裕太との絡みから新条アカネの実像が明らかにされたお話でも
あったのですけど、その中にあって街中でお風呂に長期間入らなかったせいで異臭が漂い、さらにおなかをすかせていた
アンチを六花が餌付け?をしてパンを御馳走したばかりでなく、自宅にまでお持ち帰り?をして
六花自身がアンチの背中を流してあげたシーンはとても印象的で素晴らしかったです!

私も是非ぜひ六花さんによってお風呂で背中を流してほしいものです~♪

六花はある日公園内で食べ物あさりというかゴミ箱をあさっているアンチを発見し声を掛けます。

アンチ : 俺になんの用だ?

六花 : えっ?あっ…いや…おなかすいてる?

(公園内の看板の「公園内でノラ猫に餌をあげないでください」というのがいい味を出しています・・)

そして六花はアンチの異臭に気が付きます。

六花 : ねえちゃんとお風呂入ってる?

アンチ : なんだそれは?

六花 : マジか…

それにしても一度しか面識がないはずのアンチを(その真の正体も知らないで)自宅にあげお風呂に入れてあげたばかりでなく
背中を流してあげる六花の面倒見の良さは素晴らしいです!
それにしても現役JKさんの六花がほとんど制服姿のままでお風呂で男の子の体を洗ってあげるのもすてきでしたけど、
この時の六花はジャージの上からスカートを穿いていたのは少しもったいなかったです。
というか・・ジャージをはいているせいなのかいつもよりスカートが長めになっていたのは不思議でもありました。

女の子からお風呂で背中を流してもらえるとは男の子にとっては至福のひと時であるのは言うまでもないと思いますが、
私自身は女の子に背中を流してもらったのはこれまで二回ぐらいしかないかな・・?
一度目は1990年の吹奏楽コンクール関東大会を山梨からわざわざ聴きに行ったときに、山梨から朝一番の電車に乗っても
プログラム一番の演奏には全然間に合わないので、前日に千葉の市川文化会館近くの本八幡のレインボーという
カプセルサウナ付きホテルに泊ったのですけど、その際の大浴場にてなぜか・・!? おばさまを通り越した?熟女??でしたけど
「背中を流します」という三助みたいなサービスをやっていて、他人に背中を流してもらうことの気持ちよさを実感したものでした!
あ・・もちろん流してもらうのは背中のみで前は洗って貰える訳はないです・・
二度目はうちの奥様との新婚旅行みたいなお泊りをした時に
(うちはいろいろな?諸事情があり、結婚指輪も新婚旅行も結婚式も披露宴もウェディング写真もなんにもやらないで
役所に婚姻届のみを出しただけという味も素っ気も何もなかったもので、さすがに彼女からブーブー言われ煩かったもので、
一泊二日の箱根への旅行を新婚旅行と当時は称していたものでした・・
その際の部屋には個室温泉もついていたのですけど、その時にうちの奥様が新妻らしく・・?「背中を流してあげる」と
言ってくれましたので、ご厚意に甘えさせていただきました)

アンチはその後グリッドマン陣営に寝返ったことの一因にはもしかしたら六花に背中を流してもらった恩義も少しぐらいは
あるのかもしれないですけど、六花に背中を流してもらえるとは「この幸せ者め~」とやっかみを入れたい気持ちで一杯です!

rika.jpg

rica-00.jpg

宝多六花のフィギュアはいくつか発売されていますけど、コトブキヤの完成度は素晴らしいと思います!

アニメーションスタジオ TRIGGER描き下ろしのイラストを忠実に再現されていて、風によって広がるプリーツのスカートや
カーディガンの皺など細かい部分まで繊細に造形されていますし、
何よりもあの太もものむっちりとした感じは最高だと思います~♪

アニメ版よりも表情が柔和で六花本来のやさしさがにじみ出ているようにも感じられそうです。

ricca_convert_20210223211757.jpg

六花フィギュアというと、ウェディングドレスverも既に発売済です!

純白ドレスに身を包みクールな表情で佇む姿はとても美しいですし、細かく造形されたブーケの鮮やかな青がアクセントとなり、
六花をイメージしつつも気品溢れる仕上がりになっていると感じられます。
ウェディングドレスの大きく開いた背中は、ハーフアップにまとめた髪型とも相まって色気を感じさせてくれています。

制服版フィギュアとは一味も二味も違う仕上がりですし、ウェディングは女の子にとっては憧れそのものであるということが
よく伝わってきそうです~♪

_convert_20200211102958.jpg

SSSS.GRIDMANのウェディングフィギュアというと新条アカネも既に販売されています。

六花同様に15歳の設定とは到底思えない 素晴らしい美しさとボディに溢れていると思います。
表面上のキャラとはちょっと異なるハッピー感も、やはりそれはウェディングのなせる業なのかもしれないです。

完全描き下ろしイラストによる華やかなドレス姿が再現されており、流し目で微笑む表情が最高にかわいいです~♪

大きく広がったスカートのボリューム感は見応え抜群で、リボンやベールの透き通るような淡い色彩がとても美しいです。

微笑む姿もとってもキュートですし、グラマラスボディにもついつい目がいってしまいそうです!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

今回はグリッドマンから立花の特集!
私は知っての通りアカネ派なのですが、立花ももちろん魅力的なキャラクターだと思います。作品全体を通して、人間関係の描写がなかなかリアルで、立花の反応なども現代のJKらしさが良く表れていると感心したものでした。クールでありながらも優しいというのもヒロイン力がありますね。
グリッドマンヒロインは立体化も活発で、様々なフィギュアが発売されていますが、ご紹介されているフィギュアはどれも傑作ばかりですね(^^♪

SSSS.DYNAZENON

ごにぎり 様

あ・・立花ではなくて六花さんですので・・・
(このお名前はドキドキの六花さんを彷彿とさせてくれます!)

この作品の六花の立ち位置は単なるサポートに留まらすず、アカネとの友情を最後まで信じていた
意外と純粋な面とかクールだけどアンチを助けるなど意外と優しい面など
改めて魅力的なキャラだと感じたものでした。

現在グリッドマンシリーズの一環のSSSS.DYNAZENONも放映中ですけど、この作品での
六花の立ち位置に近そうな南夢芽のさらにクールでアンニュイでミステリアスな雰囲気も素晴らしいです~♪

自分は創業者である「円谷英二社長」に仕えた一人ですが、最近の円谷プロは随分変わった気がします。
昔は怪獣特撮物は「円谷プロ」ロボット物は「サンライズ」と住み分けがあったんですが今や境目も何もない。
まぁ、どちらのスポンサーも玩具メーカー「バンダイ」ですから、境目がなくなっても当然かも?(笑)

サンライズ

sado jo 様


仰る通り、私の世代あたりまではサンライズというとメカ系という印象がありましたけど、
ここ最近のサンライズというとメカ系というよりも、アイドルマスターしリース・アイカツ・ラブライブシリーズといった
アイドル路線という印象が大変強いですし、
これもまた時代の変遷という事なのかもしれないです。

どちらにしてもバンダイ様は儲かって笑いが止まらん!という感じなのかもしれないです・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |