fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


人の音楽の好みは傾向として中学生~高校・大学の10代の頃のいわゆる思春期の頃に聴いた音楽によって形成されて
いて、思春期の頃に聴いた音楽がその人の音楽の好みに最も重要な影響を与えるそうです。
そして20代以降に聴いた音楽というのは10代の時に聴いた音楽の半分ほどの影響力しかないという研究結果も
あるそうです。

子供たちが父親たちが思春期の頃に聴いていた音楽といった古い?音楽ばかり聴いていて
子どもの好きな音楽がまったく理解できないというのは別に今に限った話でもないですし、私自身、
今は亡き父親が私自身が実家で生活していた頃にやたらと昭和の頃の古い演歌や昭和40年代の古い歌謡曲ばかり
聴いているのを目の当たりにしたり、
はたまた私自身が聴いていた音楽に関して「おまえが聴いている音楽はさっぱり理解できない」と苦虫を噛み潰したように
文句たれていましたけど、ああいう時は「ああいう古くて頭の固い大人にはなりたくないね・・フンッ!」と感じていたものですが、
実際私自身も実を言うと現在も高校生あたりの頃に聴いて影響を受けた音楽ばかり聴いているというのか
特に30代以降は何か新しい音楽を聴いてみよう・・というチャレンジ精神というかそうした意欲は年々低下しているようにも
感じたりもします。

実はこうした事は私に限った話ではないようでして、実際に研究成果として、
この種の話は世代間の隔たりや老化とも深く関わりのありそうでもあるのですけど、
実は音楽の好みの成長は意外と早く終わるようです。
2015年に、スウェーデンの音楽ストリーミング配信サービスSpotifyなどの
アメリカのユーザーデータをもとに行われた同種の調査によると、音楽の趣味は30代前半で成熟し、
33歳までには新しい音楽を聴かなくなると発表されましたけど、こうした傾向はほぼ世界共通現象との事です。
人による差や例外はありますけど、全般的傾向として人間は30歳代以降になると、CD購入やダウンロードの対象となる
音楽は主に思春期を中心に10~20代の頃に聴いて「いいな・・」と感じた音楽ばかりで、
思春期前後に聴いた音楽をそのまま死ぬまで自分の好みとしてパターン化してしまい、それ以降は脳自体が
新しい音楽を聴こうとする意欲を喪失してしまう傾向にあるようです。
補足すると、新しい音楽に全て興味がなくなるというわけではなく、ライフスタイルの変化や仕事や子育てに忙殺されるのが
30~40代という背景もあるようですし、
好きな音楽を聞いたときに脳はドーパミンやセロトニンなどのいわゆる幸せホルモン」分泌しますけど、
このような反応は特に思春期に強いというデータもあるようでして、
こうした事も脳があらゆる物事を吸収しようとする思春期に初めて聴いた音楽に対する愛着が強くなると分析できるのかも
しれないです。

なんにせよ、「昔の音楽の方がよかった」などと愚痴る音楽老人だけにはなりたくないですし、
年は重ねても新しい音楽とか今まで自分が聴いた事も無い楽曲とかジャンルも聴いてみようという新鮮な感覚だけは
忘れたくないものです。
過去の自分自身の好みや記憶だけに囚われてしまうと、どうしてもいつも聴く音楽は固定化してしまいますので、
ストリーミング配信サービスやYouTubeでアッとランダムに物は試し・・とばかりに新しい音楽を聴いてみるのもいい事なのかも
しれないですね~♪

だけどこんな記事書いている私自身も実は全く人の事は言えないと思います。

当ブログの音楽カテゴリは吹奏楽とクラシック音楽ですけど、今現在私自身も好き好んでよく聴いている楽曲は、
吹奏楽ですとネリベルの二つの交響的断章、アンティフォナーレ、フーサのプラハのための音楽1968、
リードのオセロ、ハムレットへの音楽・第二組曲、アルメニアンダンス、スミスのフェスティヴァルヴァリエ―ションなどが
その代表例ですけど、これらま曲はほぼ例外なく高校時代にのめりこんだ曲でもありますし、
クラシック音楽カテゴリの場合も、当ブログでよく語っている通り、1982年の全日本吹奏楽コンクール・東北大会で
初めて聴いて衝撃を受けた矢代秋雄の交響曲、ウォルトンの交響曲第1番、プロコフィエフの交響曲第5番は
今現在もよく聴いていますし、それ以外でもたとえばショスタコーヴィッチ・マーラー・松村禎三・シベリウス・アイヴズ・三善晃・
ウイリアム・シューマン、ベルク・トゥリーナなどもやはり高校時代に初めて聴いた曲を現在に至るまで
そのまま聴き続けているという感じであり、私自身も実は音楽上の現在の嗜好は思春期の頃に聴いた音楽であるという
事なのだと思います。
もちろん、社会人以降に演奏会で聴いた事がきっかけではまった曲もいくつかありますけど、概して20代後半~30代以降、
そして現在は好みが固まってしまったという傾向は否定できないと思います。

そうしたマンネリ化・固定化を打破する一つの要因が環境の変化なのかもしれないです。

私自身、結婚するまでは正直漫画やアニメってそれほど見ていなかったと思うのですけど、うちの奥様が
大の漫画・アニメ好きということもあり、彼女からの影響もあり、彼女が勧めていたプリキュアや多くのアニメ作品を
何気なく見ている内にいつの間にか私自身がプリキュアやアニメを結構見るようになってしまいました。
私自身、結婚するまでの趣味と言うと吹奏楽や音楽関連ばかりだったのですけど、結婚以降これに加えてアニメという
カテゴリが増えたことになり、これは典型的な環境の変化がもたらした嗜好の変化といえそうです。
もっとも、うちの奥様は私自身の趣味でもあった吹奏楽やクラシック音楽はいまだに興味のきの字も持ってくれないので、
どちらかというと男の方が女の子よりも環境の変化を受けやすいのかもしれないです。

そしてアニメ作品に結構詳しくなったりすると(もっとも私が観るアニメはJKさんと美少女がヒロインを務める作品ばかりです・・)
それに派生して音楽関連で言うとアニソンも結構聴くようになり、
一つの環境の変化がひいては音楽のカテゴリ上ではアニソン関連にも少しはわかるようになってきたという事なのかも
しれないです。
ちなみに私自身が好むアニソンの傾向はバラード系よりはアップテンポの曲またはリズムのノリが良い曲ばかりで、
具体的には一例でいうと「トニカクカワイイ」やRELEASE THE SPYCE(略称、リリスパ)のOP曲だと思います~♪

リリスパの概要について語りだすととてもじゃないけど一回の記事では終わる訳ないもので割愛しますけど、
一言で言うと、私設情報機関「ツキカゲ」に所属する6人の美少女JKさんのスパイの物語です。
リリスパはストーリーも大変スピード感に溢れ、6人の美少女JKさんたちが皆それぞれかわいくて魅力的でしたし、
あのOPの歌の破壊力とスピード感はリリスパの魅力をOPから既に示唆していたと思います。
師匠と弟子の絆の深さとか師匠から弟子へと受け継がれていくものとか、
後半近くでのメイのまさかまさかの組織裏切りと実はその裏切りというのは二重スパイであったとか
モモの師匠の雪との絆の深さや雪の最終回での秘めた想いとか雪とその師匠の藤林 長穂のエピソードとか
スパイなのになんであんなかわいいミニスカで動き回るの~!?というすてきなツッコミとか
とにかく見ていて全く飽きない展開と切れ味の鋭さとかわいらしさは素晴らしいものがありました~♪

繧・k繧・j_convert_20190416121538

そうそう、リリスパというと、当ブログでも過去記事で何度か登場していた「ゆるゆり」と実は密接な関連性が
あったりもします。
何かというと、ゆるゆりの原作者である漫画家のなもりがリリスパにおいてキャラクター原案を担当されていて、
リリスパとゆるゆりの登場キャラの設定は全然異なるのですけど、なんとなく全体の雰囲気が似ている面があるのは
大変興味深いです。

ゆるゆりは脱力系日常作品なのに対して、リリスパはハードなスパイものという事で物語としては対極的でも
あるのですけど、キャラクター原案者が同じだとやはり雰囲気的に少し似ているというのは妥当なのかもしれないです。

ゆるゆりは、七森中の「ごらく部」に所属する女子中学生4人をメインに、笑いあり百合ありのまったりとした日常生活を描いた
作品ですけど、リリスパとの共通性を見てみると、ふわふわツインテがかわいい吉川ちなつは、リリスパの1年生の楓と
雰囲気的には大変よく似ているという面はあると思います。

yuruyuri-akari-01_convert_20151114173524_convert_20170226214113.png

ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。

上記のカワイイ絵はアミグリさんが2015年11月に描かれた「ゆるゆり」の赤座あかりちゃんです!

赤座あかり・・アッカリ~ン! の髪型もかなり個性的というのか、やはりあの左右のお団子ヘアがとても印象的です!
周りからはよくお団子バズーカとかてるてる坊主とかからかわれていたのも楽しかったですけど、
お風呂や睡眠時などでお団子を解いた状態でも髪の長さが殆ど変わらないため、
ショートカットのあかりがどうやって髪型をああしたお団子にできのかについては実は謎であり(笑)
例えばドールに付けるようなウィッグを付けているのではないのか・・?という疑惑がもたれているのも分かるような気もします・・

アミグリさんが描かれたこのあかりちゃんは、左右のお団子ヘアがとっても可愛いです。
厳密に書くとあかりの髪型はショートカットではないのかもしれないですけど、お団子付のあのショートヘアはとっても
かわいらしさに溢れていると思います~♪

このふわっとした感じとかわいらしさがアミグリさんらしいやさしさを感じさせているのだと思います。

それにしても年を重ねることはあまりいい気持ちはしないものですけど、新しい何かに絶えずチャレンジしてみるという
気持ちだけは忘れないようにしたものです!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

耳は原点に帰る

お疲れ様です(^^)

たしかに自分が思春期に繰り返し聴いた音楽を30代以降になると繰り返し聴いているのは納得ですね💦

自分自身も10代、20代の頃の様に30代後半にかかると新しい音楽を聴くのが苦痛になり10代、20代の頃に繰り返し聴いた音楽をまた聴いてしまっていますね💦
(主に自分が聴いているのは吹奏楽以外だと山下達郎、stardust revue、KAN、スピッツ、大滝詠一、大江千里、ゴスペラーズ、洋楽のオールディーズもの、プリキュア主題歌あたりになりますね💦)

上記のアーティストだと耳にスッと入ってくるのだが…最近のアーティストや流行りの音楽を勧められて聴くと…苦痛なのか途中で止めてしまいますね💦

上記のアーティストを妻に勧めて聴かせようとしましたが、見事に拒否されてしまいました💦
(ちなみにうちの妻は学生の頃よりずっと浜崎あゆみが好きでよく聴いています💦)

たしかに音楽面での影響を受け易いのは女性よりも男性の方が強いです(笑)

新しい挑戦

esakui69 様

ご無沙汰しています!

お変わりないようで何よりです。

記事でも書いた通り、年を重ねるということは考え方もそうですし、音楽の志向も安全運転の傾向が
強くなるというのか、「新しい分野にチャレンジ」という発想は年々弱くなり
「昔聴いて感動した安心安定の音楽をついつい聴いてしまう」というある意味保守的な傾向は
人間は30代以降は強くなるのかもしれないです。

脳の刺激という意味でも新しい挑戦や新しいジャンルに積極果敢にチャレンジして聴いてみるという事は
とても大切な事だと思いますし、
それを人は「前向き」というのかもしれないですね。

要は古きを訪ねて新しきを知るというのが理想なのかもしれないです。

思春期に取り込んだ情報にその後いろいろ左右されてしまうのはなんか納得です。
新しい音楽を聴こうとする意欲がなくなるのはいわゆる思い出補正というやつも多分に働いているのでしょうけど、大人になると感動がなくなるとよく言われるのはそういうのもあるのでしょうね。
その大事な青春時期をアニメに費やしてしまった私は音楽に関してもアニソン中心で生きていく気しかしないです。知らない言語の歌は聴いてみたいと思えても、音楽ジャンルとして未知の領域にあえて手を出そうとは思えないかもしれないですねw

年を重ねるという事は・・

schwert 様

30代を過ぎると人間と言うものはそれまで積んできたたくさんの経験もあり、よほどのことが無い限り
「新鮮な感動体験をする」ということが少なくなるのかもしれないですし、
「それって前にもそんな事があったよね・・」と済んでしまうのかもしれないです。

それが年を取るという事なのかもしれないですけど、生きている限りは音楽にせよ仕事にせよアニメにでも、
フレッシュな気持ちを忘れないことは大切と言えそうですし、
確かにこれまでの体験からの「これは素晴らしい!」と感じたことを大切にする事は大変貴重ですけど、
それ以上に新しい気持ちとしての「前向きさ」は忘れないようにしたいものですルン~♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |