FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


うちの奥様はぐーたら専業主婦というか何にもしない専業主婦の鑑みたいな存在(?)なのかもしれないですし、
現在は引きこもりゲーマ兼アニメおたくと化しているのかもしれないですけど、
実はその正体は我が家に棲みついてしまった妖怪・座敷童なのかもしれないです。
ま・・それはどうでもいいとして、彼女はどーせ購入したとしても全然使わないのが目に見えているような調理家電を
時々おねだりしては時に私を困らせたりもします。
過去においても、米でパンを作る製造機・・コーヒーメーカー・ヒューロムスロージューサー・ワッフルメーカー・野菜カットマシーン
など色々買わされてきたのですが、彼女の場合どちらかというと買う事で目的が終了してしまい、
後は眺めておしまい・・・というパターンが結構多かったりして、こちらとしても
「せっかく購入したのだから使えばいいじゃん!」と文句をついつい言いがちでもあるのですけど、
何か最近では色々おねだりされても「よし、買ってみよう・・」という気持ちには全然ならないものであったりもします、

毎回毎回「今度は絶対に使うから」とか「美味しい料理を作るから」の言葉に騙されて(?)きた訳なのですけど、
その一つが自動たこ焼きマシーンとも言うべき「たこ焼きトントン」です。
これ・・実際に購入したけど実は箱すらも開けていないようなので、機会があればこっそりこのマシーンをキッチンから
盗み出し? 一度くらいはたこ焼きトントンで自宅でたこ焼きを食べてみたいものです~♪


tako_convert_20210221203518.jpg

tako-00_convert_20210221203555.jpg


「自宅で作りたてを食べたい」という気持ちはあるもののたこ焼きを作る事は実はかなり大変なのかもしれないです。
街中のたこ焼き屋さんは本当に手慣れたように巧みにクルクルと鉄板からひっくり返してうまいこと回して
作っていますけど、あれを見る度に「これはプロの技だよね~♪」と感心させられそうです。

焼けたところを串または返しピックでツーッと回しクルリと返す工程は慣れもあるでしょうけど、かなりの技術を要すると
思います。
だからこそ関東のように普段日常的にたこ焼きを自宅で作らない者にとっては、たこ焼きを自宅で作るという発想自体は
ないのかもしれないです。
人によっては「自宅でも簡単にたこ焼きがつくれる調理家電があればいいのに・・」と思った人もいるのかも
しれないですけど、実はそうした自動たこ焼き製造マシーンは既に数年前からあったりもします。
それこそがうちの奥様が数年前に購入したはいいけどキッチンの収納庫で放置状態になっている「たこ焼きトントン」という
自動たこ焼き器なのです!

このたこ焼きトントンは、具とたこ焼きの素(生地)をザザーッと流し込んだら、自動的に丸くなってくれるようなマシーン
でもあったりします。
「たこ焼きトントン」は、たこ焼き作りのハイライトである返しの作業を自動でやってくれる機械です!
たこ焼きの生地をつぼの中に流し入れ、モータースイッチを入れると自動返し運転で、たこ焼きの出来上がります!
(回転を、5〜6回繰り返すと丸く焼き上がります)

ちなみにこの製品には、油引き、生地注ぎ用のポット、返しピックがついた一式セットになっていますので、
わざわざたこ焼きの道具をそろえる必要も無いので大変お得でもありそうです。

今現在は既に初夏に入った頃で暑い季節にたこ焼きはパス・・という感じなのかもしれないですけど、寒い季節になったら
このたこ焼きトントンで熱いたこ焼きを自動で作り、ふーふー言いながら食べてみたいです~♪


_convert_20191211131508.jpg


歴代プリキュアでおいしそうにたこ焼きを食べていたのはなぎさ・なおちゃんなどがとても印象的ですけど、
特に強いインパクトを残したのは2018年放映の「Hugっとプリキュア」のアンドロイドのはずのルール―が美味しそうに
たこ焼きをぱくついていたシーンでした~♪

ルール―アムールはうちの奥様の大変なお気に入りキャラでして、ルール―アムールがあまりにも美味しそうにたこ焼きを
ぱくついていましたので、それに感化される形で彼女は一時期かなりたこ焼きにはまっていた時期もあり、
その影響で冒頭の「たこ焼きトントン」をおねだりされる羽目になったものでした・・

大食いしているルール―は普段の知的な雰囲気とは別の顔みたいなものもあり、とってもかわいかったです!
それにしても、アンドロイドがプリキュアとして覚醒しただけではなくて、アンドロイドなのに大食いキャラといのも、
東方のゆゆ様が亡霊のくせに実はとてつもない大食いと同じくらい凄い話でもありそうですね~♪


15195dd3_convert_20160528181755.jpg


ハピネスチャージプリキュアの文化祭回でもたこ焼きは登場していました~♪

めぐみたちのクラスの模擬店は喫茶店なのですけど、喫茶店でたこ焼きというのも面白いものがあると思います。

めぐみやゆうゆうのいかにもメイドさんみたいなユニフォームがとっても可愛かったです。

やっぱり、めぐみはどんな衣装を身につけても全てそれが似合ってしまうすてきなプリキュアでもありましたルンッ~♪


99effab0-s_convert_20180517163537.jpg


「ラーメン大好き 小泉さん」でも一度だけたこ焼きが登場した事もあります。
というか・・食べるものはラーメンか甘いスイーツばかりというイメージが濃厚なあの小泉さんが大阪遠征編で
たこ焼きを食べていたシーンは小泉さんがラーメン以外の炭水化物を食べているという意味で大変貴重なものが
ありそうです。
小泉さんは原作漫画版もアニメ版もひたすらラーメンを食べまくっているという感じで、
小泉さんがラーメン以外のモノを食べているシーンが珍しく感じたりもしたものでした。

アニメ版第11話での大阪遠征編において、あれだけラーメンを絢音お姉ちゃんと一緒に食べまくっていたのに、小泉さんは
「これだけは別腹・・」みたいな感じで食べていたたこ焼きはとても印象的でしたし、
大阪編に相応しい一品でしたし、やはり「あの小泉さんがラーメン以外のモノを食べている~!」という感じで
大変珍しいシーンだったようにも思えます。

絢音 : あーお腹いっぱい。まさか昼だけで四杯いくとは

小泉さん : 大丈夫ですか?

絢音 : イエス!ウチの家族ばーちゃん譲りで胃袋大きいねん。つーか小泉ちゃん、更にたこ焼きて…

小泉さん : せっかくの大阪ですし・・

小泉さんの頭は、潤の言葉ではないですけど「ラーメン脳」と言えるのかもしれないですね~

小泉さんたちはこのシーンの時点で既にラーメンを4杯完食しているのですけど、小泉さんはたこ焼き程度なら
余裕で食べることができるというのは小泉さんの胃袋は無限なのかもしれないです。
美沙や潤や悠たちは小泉さんが実は大食漢である事は既に見破っていたのですけど、小泉さん自身に
「自分は実は大食いである」という自覚が皆無であるのも凄い話なのかもしれないです。

それにしても絢音お姉ちゃんもよく食べますね・・

絢音お姉ちゃんは大澤悠の年上の従妹なのですけど、悠も東京で小泉さんと共にラーメン食べまくっていて
一日だけでラーメン4~5杯程度食べているのも珍しくないのですが、こうやって見てみると、小泉さんだけでなくて、
大澤家には実は小泉さん同様の「大食いの血筋」が元々流れているのかもしれないですね。

絢音お姉ちゃんと小泉さんは、原作漫画第5巻の移転前の築地市場編にて、絢音お姉ちゃんの通勤と小泉さんの通学前の
早朝の時間帯に二人で市場内のラーメン店でラーメン2杯も完食しているシーンもありましたけど、
実は小泉さんは絢音お姉ちゃんとの待ち合わせ前にもう一杯ラーメンを食べていたことが判明し、結果的に
小泉さんは通学前に既にラーメンを3杯も余裕で平らげているという恐ろしい事実も判明していましたけど、
小泉さんの脳はラーメン脳だけど、胃袋は大食いファイター並の胃袋を持っているのかもしれないですね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんにちは

自動タコ焼き器があるんですね。
知らなかったです
タコ焼きトントンなんですか?!
昔は ガスコンロに乗せて作るタコ焼きの鉄板で作っていました。
その後電気のタコ焼き器に買い替えましたが・・・
しょっちゅう作るわけでもないのですが
家にある人って少なくないのかもしれません。

たこ焼きとんとん

花梨 様

都市伝説的な扱いですけど、「関西の一般家庭では必ずたこ焼き用の鉄板プレートが置かれている」とか
「関西では週に一度はたこ焼きは食べられる」という話がいかにも本当のように語られるほど、たこ焼きは
一般的なのかもしれないですけど、
関東や東北では「半年に一度食べる感じなのかな・・」という感覚なのは、やはり東西文化の違いの一つなのかも
しれないです。

たこ焼きトントンは技術的に難易度の高い「かえし」をマシーンがやってくれるということで大変重宝だと
思いますし楽だとは思いますが、
関西の人から言わせると
「あれはじぶんたちで作るから余計におもろい」という感覚なのかもしれないです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |