FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム




40m-00_convert_20210214012212.jpg


ボーカロイド楽曲には例えば「ハッピーシンセサイザ」・「夜もすがら君想ふ」・「君色に染まる」など数多くの名曲が
ありますし、最近ではそうした名作ボカロ曲がバンドリ!やD4DJのカバーアルバム曲の中に使用されているのも
ボーカロイド楽曲が既に名曲の宝庫として認知されている証なのかもしれないです。

初音ミクが歌う「純情スカート」もそうしたボーカロイド名曲の一つだと思いますし、あの独特な繰り返しのサビ部分は、
何度聴いてもその都度以前聴いた感覚とは異なる何かをそこに発見し、
新鮮な感覚で聴ける楽曲として私も大好きなボーカロイド楽曲の一つであったりもします。
というか純情スカートは一度耳にしたらなんだか忘れられない独特の「クセになってしまいそう・・」みたいな陶酔感も
あったりするようにも感じますし、歌詞の世界もよく見てみるとかなり意味深でもあり、
歌詞から純情スカートの世界を分析されてみても、それは大変興味深いものがあると思います。

「純情スカート」とは、作詞・作曲40mPによるVOCALOID初音ミク歌唱のオリジナル曲です。

「誰も触れることが許されない」とか「僕も触れることは許されない」等の意味深な歌詞の解釈については
色々な見解もあるのかもしれないですし、その答えは聴き手の自由な解釈に委ねられるべきものなのかもしれないです。
全体的には少年がとある女の子に恋しているけど、その恋は決して報われることは無いし悲恋に終わるのは確実・・といった
せつない雰囲気が漂っているようにも感じられますし、歌詞を深読みすると、もしかしたらその女の子は
既にこの世の人ではないという可能性もあるようにも感じられます。
(「いつか生まれ変わるとして」という歌詞からふとそのようにも感じたりもしたものでした・・)
もしかしたらその男の子の永遠の憧れがその女の子なのかもしれないですし、それを象徴しているのが
「スカート」というワードなのかもしれないです。

歌詞には「決して叶わぬ恋」というワードも登場していますので、既に一度告白して振られてしまったのか、はたまた
その女の子には周囲の人たち公認の彼が既にいるのかもしれないですし、どちらにしてもこの男の子の恋が成就する事は
まずないという事なのだと思います。
歌詞の後半で「誰も触れることは許されない」と言っている一方で、「僕だけの純情スカート」とも言い切っていますので、
現実の恋としては既に悲恋に終わっているのだけど、
男の子の脳内妄想としての恋の中では「このかわいい女の子を自分だけの存在にしておきたい!」といった独占欲みたいな
事もテーマにしているのかもしれないです。

歌詞の中で「僕だけの純情スカート」とずっと言っていたのに、最後には「僕も触れることは許されない」という言葉に
微妙に変化している事が妙に気になったりもします。
現実の恋としても既に破れ、脳内妄想の中でも「彼女を独占したい」なんて考えは不純で彼女に申し訳ないと
感じているのかもしれないですし、
「スカート」というワードを借りて、「結局は僕には彼女とお付き合いをさせて貰う資格は元々なかったんだ・・」みたいな事を
言っているような感じもあったりします。

「スカート」は言うまでもなく(女装という趣味がある方は別として)男の子がそれを穿く事はありませんし、スカートは
女の子全体の一つの象徴なのかもしれないです。
そうした観点から捉えてみると、純情スカートの最後の方の歌詞は

誰も触れることは許されない君だけの純情スカート

僕も触れることは許されない君だけの純情スカート

というフレーズで閉じられるのですけど、上記の通りスカートそのものを女の子のシンボルとして考えると
「スカートを穿く事が許される女の子である私と言う存在は、たとえ大好きな男の子であったとしても私を支配する事は
許されないし、あなたという男の子とお付き合いするのかどうか決めるのも私だけだし、
あなたとお別れする事を決めることができるのもこの私」という解釈も成立するのかもしれないですし、
「私と言う存在を汚したり私と言う人間を侮蔑する事は誰にもできないし、何よりも私自身がそれを許さない」という事を
高らかに謳い上げているという解釈もありなのかもしれないです。

「私と言う存在は私だけのモノ・・」という事なのかもしれないです。

とにかく色々な解釈の出来る歌詞だと思いますし、それは聴く人の脳内妄想に委ねられているのかもしれないですし、
そうした妄想するという行為こそが楽しいものなのかもしれないです。


邏疲ュ繧ケ繧ォ繝シ繝・convert_20190124101814

【東方MMD】霊夢で純情スカート

東方二次創作の一つとして「東方MMD」というものも既に山のようにたくさん制作されています。

東方Projectのゲームのキャラクターを使って、MikuMikuDanceで作った動画というのが東方MMDと言えるのですけど、
ダンス動画にも物語の動画としても応用は可能で、既にたくさんの東方MMDがニコニコ動画やユーチューブ等で
UPされています。
例えば霊夢でしたら、東方の世界での衣装は言うまでもなく巫女さん衣装なのですけど、東方MMDの世界では、
巫女さん衣装に留まらず、ブレザー制服版・私服版・セーラー服版など普段の幻想郷内の霊夢としてではなくて
無限の可能性に溢れた霊夢のダンスを楽しむ事ができます。

「純情スカート」の霊夢が踊る東方MMDは、霊夢の赤と黒のチェックのスカートがとてもかわいいです~♪

この霊夢はいつものポニーテールなのですけど、あのトレードマークの大きいリボンは髪に付けていなくて
代りにベレー帽を被っていますけど、これがとてもよくお似合いだと思います。
霊夢のチェック柄スカートはミニではないのですけど、とにかく霊夢が弾けまくって踊っているので、
スカートの中がかなり見えまくっているのですけど、 不思議とエロいという印象は感じず、むしろ健全さが感じられます。

いつもより少しだけ大人っぽい霊夢でもあり、言えることは霊夢は巫女さん衣装以外でも基本的にはどんな服でも
よくお似合いなのだと思います。
霊夢の東方MMDというと個人的には橙ゲノム・うそつきといった失恋や片想いをテーマにした楽曲が印象的で
あったりもしますけど、そこに見え隠れしているのは「霊夢の恋は結局は悲恋に終わりそう・・」という事を示唆しているのかも
しれないです。
「純情スカート」の霊夢はどちらかというとそうした悲恋のせつない霊夢ではなくて、
「幻想郷の巫女と言えば早苗ではなくてこの私よ~!」と言わんばかりの霊夢としての巫女の矜持のようなものも感じたりも
しますし、純情スカートの歌詞にもある通り、スカートを女の子の象徴と考えると、スカートに相応するのが
霊夢の場合は紅白巫女装束であり、霊夢にしてみれば「幻想郷でこの紅白巫女装束を着ることが許されるのはこの私だけ!」
という事なのかもしれないですし、霊夢にとっては純情スカートでいうところのスカート=紅白巫女装束というものは
神聖にして犯すべき領域なのかもしれないですし、霊夢にとっての「誇り」そのものなのかもしれないです。





ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた美しい絵の転載&ご紹介コーナーです。
上記にて東方MMDとしての霊夢をレビューさせて頂きましたので、ここでもアミグリさんの描かれた霊夢を一枚
ご紹介させて頂きたいと思います。

上記の作品は2014年 4 月にアミグリさんが描かれた霊夢です。

この霊夢にはすてきな華があると思います。

霊夢の外見的特徴というと言うまでもなくあの頭の大きな赤いリボンと袖が無く、肩・腋の露出した赤い巫女服なのですけど、
霊夢のあの紅白の巫女服はとっても見栄えがしますし、華やかですし、何よりもとてつもなくかわいいと思います。
スカート、袖、リボンなどヒラヒラした部分が多いのですけど、ああした白フリルの部分は大変手間がかかっていると
思います。
霊夢のあの巫女さん衣装を制作しているのは誰なんだろう・・?と思われる方も多いとは思うのですが、
あれは当然ながら(?)霊夢自身がつくったものでもないですし、魔理沙やゆかりんがつくったものでもないですし、
そうした裁縫関係が得意そうなアリスでもなくて、実際は森近霖之助に作って貰っているというのも面白い話なのだと思います。
ちなみにですけど、霊夢の巫女さん衣装をコスプレした御方というのは、言うまでもなく華扇なのですけど、
華扇は器用そうだから、あの巫女さん衣装も全部華扇一人でつくったものなのかもしれないですね~

霊夢のこの紅白の巫女さん衣装ですけど、東方地霊殿においてさとり様は、この霊夢の事を「紅白のめでたき人間」と
表現されていましたけど、あれはなかなかうまい表現だと思います。

上記のアミグリさんが描かれた霊夢は、まさにこのさとり様の御言葉がよくお似合いと言うのか
まさに「紅白の素敵な巫女さん」だと思いますし、この華やかな雰囲気に魅了されてしまいそうです。

上記のアミグリさんが描かれた霊夢の権利は、全て霊夢の絵師様であられるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいい霊夢を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2  を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

霊夢の巫女さん衣装もその紅白スカートもすてきですけど、「純情スカート」の歌詞の世界ではないですけど、
霊夢のあのスカートは霊夢だけのモノなのかもしれないですし、ましてや霊夢は神様の花嫁ということで還俗するまでは
純潔が求められる身でもありますので、霊夢という存在は霊夢だけのモノであり、そこに「男」の影がちらつくことも
許されないものがあるのだと思いますし、それだけに霊夢の紅白巫女衣裳は一層美しさが際立つものなのかもしれないです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

意味深すぎる歌詞

解釈するのが大変難しくて厄介な歌詞と言えそうです。

思春期特有の甘い歌詞とも言えますけど、そうとも言い切れない面もあったりしてそれが男の子の独占欲と焼きもちと言う事なのかもしれないです。
だけどそうした男の子からの束縛も一方的な想いも大切なことは女の子自身の意思や気持ちと言う事なのかも
しれないです。

外界の女の子のシンボルをスカートとすると幻想郷の巫女の一つのシンボルは肩だし紅白巫女装束ともいえそうで、霊夢の巫女衣装をさわやかに描かれたアミグリさんの霊夢は初夏の香りが感じられそうです。

たくさんの脳内妄想が出来そう・・

ふにゃん 様


仰る通り解釈が大変難しいボカロ曲で、解釈によってはこの女の子は既に故人ともいえそうですし、
男の子の自虐ソングともいえそうですし、
その人の考えによる脳内妄想がわきおこりそうです。

でもやはりスタンダートナ解釈は「私の道は私が決めるし誰にも意見されたくない」という女の子の宣言とも
いえそうです。

そうした和が道を行くというのは霊夢も同じだと思いますが、アミグリさんの描かれた霊夢はいつも華があり
見ているだけでたくさんの夢や楽しさが浮かんできそうです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |