fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


埼玉県は「住みやすい街ランキング」や「本当に住んでみたい街ランキング」に大宮・浦和・川口がランクインするなど
以前に比べると人気は上がりつつあると感じますし、以前よく言われていた「ダサい」とか「ダ埼玉」という言葉自体年々
死語の世界に入りつつあるのかもしれないです。
私自身、今年で埼玉に在住した年数はトータルで25年目に入ります。
私がこれまで一年以上住民票を置いて生活していた県は、青森・宮城・東京都・千葉・埼玉・長野・山梨になりますけど、
これらの都・県において最も住みやすくて暮らしやすい県はどこかというと圧倒的No.1は埼玉県であると
心の底から断言できると思います。
(もちろん都内で一時期暮らしていた中野区や足立区北千住の魅力や暮らしやすさも捨てがたいものがあります!)
私自身、高校を卒業して最初に暮らしていた町が埼玉県大宮市(現在はさいたま市大宮区)なのですけど、東北の田舎の
お上りさんの観点では、最初からいきなり都内で暮らし始めるよりは最初の一年間埼玉県に在住した事で
都内に住む事への準備期間が出来たと思いますし、何よりも大宮の印象が大変よかった事がその後の
「もう一度埼玉で暮らしてみたいな・・」という漠然とした夢にもなっていたと思いますし、実際その後、埼玉でうちの奥様と
出会い、埼玉で家を建てて埼玉で暮らす事が出来たというのは大変よかった事だと思います。
高校卒業式の時には既にどうにかこうにか都内の三流ポンコツ大学への進学は決まっていたのですけど、その際に
クラスメイトから「どうしてわざわざ埼玉で暮らすすだべさ?」とか「あんなダサイダ埼玉にわざわざ移転する必要ないだべさ」とか
言われていたものですけど、それは最初の一年間のキャンパスが大宮にあった事が主な理由ではありましたが、
それ以前に東北の片田舎の人たちから「ダ埼玉」と既に言われていた事は、あの当時はまだまだ埼玉というとダサイとか
冴えないというイメージが強かったのかもしれないですけど、今にして思うと
「埼玉よりももっと奥地の東北のド田舎のおまえたちにダサイとか言われる覚えはないし、お前が言うなーというレヴェル
なのかもしれない・・」という感じなのかもしれないです。

冒頭で書いた通り、埼玉県は住みやすい街ランキング・本当に住んでみたい街ランキングに埼玉の街がランクインする事は
今ではすっかりお馴染みの事になりましたし、実際都心部や横浜の土地の価格が高い所に無理して住んで高額な
固定資産税を毎年払い続けるよりは、物価も安く交通アクセスも良く都内に比べると新築住宅は戸建てでもマンションでも
まだ手が届く範囲でもある埼玉県で生活した方がむしろ宜しいのかもしれないです。
もっとも毎年ブランド総合研究所が行っている「地域ブランド調査」の2020年の調査結果では、7年連続で最下位だった茨城県が
過去最高順位の42位と躍進した事は一部で話題になっていましたけど、埼玉県はブランドと言うかイメージ調査では
38位と茨城と大して変わりがない立ち位置であるということは、まだまだ埼玉=ださいというイメージが多少は残っている
という事なのかもしれないです。

埼玉県の対外イメージの多少の変化や実際の生活の上での暮らしやすさや利便性というものは少しずつではありますけど、
浸透しつつあるといえそうですし、それを示唆している実際のデータもあったりします。
それが総務省が公表している人口推計の人口増減率なのですけど、
日本は皆様ご存知の通り、既に少子高齢化が進展し出生率が低下し日本全体の人口は毎年少しずつ減少しているのですが、
その中にあって埼玉県は1920年の人口統計以降、全国で唯一人口が減少していない県であったりもします~♪
2019年(2018年10月~2019年9月)に人口が増えている都道府県は全国で7都県(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、滋賀県、沖縄県)のみなのですけど、その中でも実は埼玉県は、国の人口推計では1920年の開始以降、
人口が減少していない唯一の県となっています。

もちろんそこに見え隠れしているのは埼玉県は日本の首都・東京都と隣接しているため、東京都のベットタウンという
側面も勿論大きいとは思うのですけど、それ以外にも「暮らしやすさ」というものはかなり大きいようにも感じたりもします。
首都圏一都三県の中で比較してみると、埼玉県の県民1人当たり商業販売額は最も低いというデータも一見すると
「埼玉県民はダサいからブランド物にあまり関心が無い」とか悪口を言う人もいるかもしれないですし、
埼玉県民は買い物と言えば東京に行くとも言われその影響も考えられるがそれだけではないかもしれないです。
そこにあるのは意外と?堅実な埼玉県民の消費性向と財布の固さなのかもしれないですし、
埼玉県では持ち家比率をみてみると、直近2018年度では一都三県の中では最高水準にあり、埼玉県民は買い物や家賃などに
お金をかけるより家を持つことにこだわりがある方が多いのかもしれないです。

そしてどうして埼玉で家を持つのかと言うと、都内よりも土地や建物の価格が安いということもありますし、
一言で言うと「暮らしやすい」とか「気兼ねなくマイペースにゆるく生活できる」という雰囲気がある県とも言えそうですし、
観光地ではないから外部から人がわんさか来県される事もほとんどないですし、
外から余計な人が来なくて買い物するところも困らなくて、都心にもサクッと出られる利便性も大きな魅力だと思います。
そして埼玉と言うと図書館が意外と充実していますし、大きな公園がたくさん至る所にあるというのも魅力だと感じます。
例えばですけど足立区入谷と接している川口市八幡木~三ツ和エリアは、足立区側から川口に向かって歩いていると
足立区側は町工場と薄汚れた?住宅ばかりが目立つのですけど、歩いている内に
「あれれ・・なんだか急に街並みが綺麗になり美しい公園が目につくようになってきたな・・」と感じるようになった時は
既にそこは埼玉県川口市内であったりもしたものでした。

埼玉って可もなく不可もなくて、この絶妙なバランスがいいのだと感じます。
それなりに色々買い物もできるし都内への通勤も便利だし自然もたくさんありますし、
肩の力を抜いてゆるーく生活できる感じが大きな魅力なのだと思います。
治安は悪くないし夜は静かだと思いますし、家賃や駐車場は安いしそれでいて交通の便が良いから東京都心にすぐ出れる
アクセスの良さも大変魅力的です。
私自身、家は川口市内ですけど、自宅からドアトゥードァで池袋・秋葉原・新宿は大体40分前後で到着できるのも
大きなメリットだと思っています。
(車の場合も近くに外環が走っているのもそのアクセスの良さは極めて魅力的です)
埼玉は既に湘南新宿ライン・上野東京ライン・副都心線直通・半蔵門線直通と鉄道網も大変便利になりましたし、
これからのテレワーク時代はこのアクセスの良さは大変な強みだと思いますし、埼玉はもしかしたら
まだまだ人気が出るのかもしれないですし、人口もむしろ増加が続く可能性だってありそうです。
戸田や川口は東京都と隣接している市のため、よく「ほとんど都内」・「ほぼ都内」・「東京24区と言っても差し支えない」・
「なんちゃって都内」と言っている人もかなりいるのも頷ける話なのかもしれないです。

地震は少なく、大雪はめったに降らず、海が無いので高波津波は関係が無く、
四方を都県で守られていて、新幹線が通り、外環道によって常磐道、関越道、東北道、中央道、東名高速にも繋がっています。
埼玉県全体がどちらかというと昔から天災といった自然災害に強い街であり、一昨年の二度に渡る
大きな台風襲来の際も他県に比べると埼玉県全体の被害は格段と小さかったという事も、
むしろこれから更に埼玉エリアが人気が出そうな要因にもなりそうな予感もあったりします。

埼玉は意外と完璧なのかもしれないです・・

昔から埼玉県民に埼玉県のことを話すと自虐的に話す傾向にありますけど、実は埼玉県の良さは県民がよーく知っていると
いえそうです~♪

今年のNHK大河ドラマは埼玉県が誇る渋沢栄一ですし、もしかしたら今年はかつてない埼玉県ブームが来るのかも
しれないです!
(映画「翔んで埼玉」以来のウェーブがくるのかもしれないです)

まとめると・・
都内にもすぐ出られるアクセスの良さら加えて、関東一円の主要都市へも高速や電車ですぐアクセスできますし、
買い物は大宮と新都心で充分ですし、あえて都内に出る必要は全く無いです!
公園もたくさんありますし、ショッピングモールやホームセンターも充実し、
治安良し、教育良し、文句のつけようがないですし、
強いて言えば名物・銘菓・観光名所が少ないのはありますけど、
現代人にとってバランスの取れた生活が出来る最高の街といえそうです!


十万石

892d57bc_convert_20150424144903.jpg

上記で銘菓がないと記しましたけど、
埼玉と言うと「うまい、うますぎる」のフレーズでお馴染みの十万石まんじゅうだってあります~♪



もしもスター☆トゥインクルの羽衣ララちゃんが埼玉の魅力に気づかれたならば「オヨー」と感嘆の声をあげられると
思いますし、埼玉銘菓の「うまい、うますぎる」でお馴染みの十万石まんじゅうを食べたとしたら美味しさのあまり
「おいしいルン!」と口走るのは間違いないと思いますルンッ~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

人口が減らない、つまり長く住める。数字に出てるっていうのが何よりですよね。
ダサいとかイジられながらなんだかんだ内から外から注目されてるということなのでしょうか。
私たちアニメ民からすると埼玉は聖地がたくさんですしある種憧れの地と言ってもいい存在であると思います。ぶっちゃけ地方住みアニメ民の埼玉のイメージって交通とか名物云々以上に「聖地多い」なんですw
海なんて要らんかったんや。

さよなら、私のクラマー

schwert 様


埼玉の人口増の理由としては東京都の隣というのも大きいですけど、外国人が多いというのも要因なのかも
しれないです。
うちの自宅のすぐ近くの巨大URの人口構成比は先日日本人対外人の比率でついに外国人が5割を超えていますし、
そのUR内の商店街は既に数年前からミニチャイナタウンと化しています。

埼玉と言うと「アニメの聖地」が多いというのはありがたいです。

今年に入っても冬アニメにて「弱キャラ、友崎くん」が大宮をメイン舞台にしていましたし、
春アニメの「さよなら、私のクラマー」は蕨市というと全国で最も小さな市が舞台となっていて、
学校名は全て架空ですけど、浦和・川口・蕨・戸田の地名は大体リアルで出てきますし、アニメ内でも
戸田の河川敷とか蕨駅前や浦和駅前や蕨陸橋が出てきていて、地元民としては「おーー、あの場所がアニメに出ている!」と
結構テンションが上がりますね~♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |