fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


最近では野良犬というものはほとんど見かけなくなりましたけど、野良猫は変わらず存在しているという事は、
保健所の駆除に対して犬よりは猫の方が賢くて逃げ足が早いという事なのかもしれないですし、
この他にも猫の驚異的な繁殖力の強さや冬の寒さや夏の過酷な暑さに耐えられる適応力の高さというものが
猫にもあるといえるのかもしれないです。
こうした野良猫を見かけると「昼間はいいして、例えば真冬の寒い深夜はどこで過ごしているのかな・・?」と
感じる事は多々あったりもします。
うちの近くには埼玉県屈指の巨大URがあり、このUR内には以前は飼い主はいただろうけど何らかの事情により
飼い主から棄てられたと思われる首に鈴や輪がついた捨て猫がかなりの数見られます。
仕事からの帰り道、この巨大URの公開空地でも結構頻繁にそうした捨て猫を見かけますけど、夜ですとよく観察してみると、
例えばですけど公園の遊具の隅とか駐輪場の隙間とか一階ベランダのすぐ下とか比較的冷たい風がうまく避けられそうな
場所にひっそりと潜んでいる姿を目撃したりもします。
猫は室内で飼育している場合でも、ちょっとした隙間に潜り込んでいることも多々ありますので、もしかしたら雨風を
避けられそうな場所を見つけることは一つの本能としてもともと猫に備わっているのかもしれないです。

最近なのですが原因不明ですけど、我が家の北側の隣接マンション境界あたりから、深夜から明け方頃にかけて
どういう訳か猫が一匹だと思いますが哀しげにニャンニャン鳴いています。

ここ一週間ぐらい夜明けあたり続いているのですよね。
「子猫だったら可哀想・・・」とか「老猫が野垂れ死ぬ寸前だったら少し困るかも・・」と思って
何度か北側を見に行っても、特に猫がいる様子もありません。

春近辺のさかりがかかった猫同士という訳でもないし何かあのニャンニャンと哀しげに鳴く様子が何か気になったりもします。

昔、私が田舎の実家にいる頃に同じような現象がありました。
古い家でしたので、布基礎の通気口から子猫が侵入し基礎の下に潜り込んでいたと記憶しています。
確かあの際は、通気口に醤油をかけた鰹節とキャットフードを置いたら数分後に出てきましたけど
わが家はベタ基礎ですし、基礎部分に通気口はありませんので猫が入り込むスペースが無いと思います。
(現在の住宅は、24時間計画換気が主流と言うか、給気口から空気を強制的に入れて、
 換気口から空気を出し、同時に床の通気口から床下部分に空気を送り込んで床下内の空気を循環させていますから
 昔の家のように基礎部分に通気口がある家は最近施工された家ではむしろ珍しいと思います)

外側にも猫の姿が見当たらないし、周りにも猫がいる様子は感じられないし、
鳴き声だけは深夜~明け方の時間帯にだけ哀しげに聞えてくるというのは少しミステリアスですね・・
(猫の亡霊だったらさすがに怖いですね・・、というか、猫の亡霊は化け猫に該当するのかな・・?)

以前車の下によく猫が昼寝していましたし、たまに餌とかあげていたのですけど最近は全く見かけなくなりました。
その時の猫が舞い戻ってきたのかな・・・??
そう言えば最近ニュースで知ったのですけど、猫がうっかり車輪の隙間からエンジンルームの隙間に入り込んでくる
可能性があるから、車を出す際にはボンネットをコンコンと軽く叩いて猫に知らせる必要があるし、
それが事前に事故を防止できる方法との事ですけど、確かに、猫がうっかりとエンジンルームの隙間に入り込んでしまい、
ベルトと猫が接触すると走行中にエンジン停止という可能性も無くは無いのかもしれないです。

寒い外で猫ちゃんがブルブル震えているのなら、せめて一晩ぐらいならうちのポンコツ車でよかったら
ボンネットに潜り込んだりした寒さをしのぐのは全然OKですね~





アニメ作品で「ぜひ第二期の放映が実現してほしい!」と願ってやまない作品は、いうまでもなく「ラーメン大好き小泉さん」や
「球詠」などですけど、2019年の夏アニメの「女子高生の無駄づかい」もそうした作品の一つです!

ノラ((野原愛莉)は、見た目的には目つきがとてつもなく悪くて、ヤンキーオーラを遺憾なく発揮しまくっていて
周囲から浮きまくっているJKさんです。
人間不信で学校では一人でいることが多く、口も態度も悪く、不良のような空気を漂わせていて周りからは
「なに、このやばそうな子は・・」と思われています。
ノラは原作漫画では第5巻から登場しています。アニメ版ではセリフとしては未登場キャラでしたけど、
最終回にてマジメの後ろの席にいた所がほんの一瞬だけ出ていました。

見た目は不良そのもののノラですけど、実はとてつもないネコ好きでもあったりします。

ノラは現在はアパートで一人暮らしなのですけど、その一人暮らしの理由は、1.親との確執があり特に父親とソリが合わない
2.家で猫を飼う事が認められなかったのでアパートで猫を飼いたいという事でもあります。

「ネコ好きの人に実は悪い人はいない」という言葉ではないけど、猫のモフモフ~ッとした感じに癒されるノラは
案外その素顔はいい子なのかもしれないですね。
ノラは野良猫を見かけると、ついつい構ってあげたくなってしまうのですけど、ネコはノラの雰囲気にびびってしまうのか
さーーっと姿を消すことが多く、実は現時点ではノラはアパート内で猫を飼っておらず悶々とした日々を送っているようでも
あります。そしてノラの夢とはいうまでもなくアパート内で「にゃんパラ」という猫のパラダイスを実現させる事でも
あったりします。
猫は本来は敏感な動物ですし、自分に近づいてくる人間が自分に対して敵意を持っているのか
好感を持っているのかは瞬時に感じ取れるのだとは思うのですけど、さすがにノラの本心はピュアなネコ好きであったとしても
あの不良そのもののやばそうな雰囲気はさすがに猫ちゃんでもビビると思いますし、何か危険な香りを感じ取り、
サーと姿を消すかはたまたノラに対して威嚇をしたり鋭い爪でもってノラに襲い掛かるというのも当たり前の話なのかも
しれないです。
「猫、猫好きを知る」ではないのですけど、本来だったら猫ちゃん達は自分達を大好きなノラに対しても心を開いても
よさそうなものですけど、そうならないのはノラの見た目の怖さなのかもしれないです。
2019年冬アニメの「ライフル イズ ビューティフル」の五十嵐雪緒(がっちゃん)もネコ好きで、
ネコを下宿先で飼っているものの全く懐かないので落ち込むこともあるそうです。
だけどノラの場合、いまだにアパートの一室に猫を連れ込む事もてきないですし、コンビニでバイトしているのですけど
中々お金が貯まらず子猫を購入する事も出来ずにいて悶々としている様子は、なんだかちょっと気の毒ですね~

ノラはアニメにおいては最終回でほんのちらっと登場しただけでありまだセリフすら発していないのですけど、もしも第二期が
実現したらぜひノラにも登場してほしいです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |