fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム


昨年の「今年は例年よりも早い健康診断」記事は2020年2月ぐらいでしたけど、振り返ってみるとあの当時は
確かにダイヤモンドプリンセスの集団感染とか屋形船での感染とか北海道の住宅イベントでのクラスター発生など
すでにニュースで新型コロナが取り上げられる頻度も日に日に高くなっていましたけど、
全体的にはどちらかといとまだ他人事というか「自分や自分の住んでいるエリアにはあまり関係がない話だよね・・」みたいな
意識もあったのかもしれないです。

昨年2月頃の健康診断の時は、確かマスク着用とかアルコール消毒といったことも特に指示されていませんでしたし、
院内の混雑ぶりも例年通りだったと記憶しています。
確か2020年の3月中旬前後から健康診断の一時停止がアナウンスされていたような記憶があります。

2021年の会社の健康診断は今月・・1月に実施されましたけど、例年よりはなんだか院内の雰囲気も変わっていたような
印象が強いです。
というのも例年ですと、多くの人たちが受診するため朝9時からの受付開始でも全ての検診が終了するのは大体12時前後
であり、毎年「あの混雑ぶりはなんとかしてほしい・・」と感じていたのですけど、
今年のコロナ禍下での健康診断は初めから一日の受診者自体をかなり制約して最大限少ない受診者に抑えているようでして、
そのせいもあり、当日の受付開始時間は朝8時15分でしたけど、全ての検診が終わったのは午前10時前で
2時間もかからないで当日の健康診断が完了したのは大変ありがたかったです~♪
病院側のとにかく待っている人を一人でも少なくしたいという意図が明確になっているようでして、そこにあるのは
三密回避の徹底だったのかもしれないです。
例年ですと、特に内科検診・胃のバリウム検査が特に待ち時間が長かったのですけど、今年は各検査部門の連携が
大変行き届いていて、例えば「現在はバリウム検査が5人待ちになっているので、その間に血液検査を済ませて
そこからバリウム検査に行ってください」と指示も大変的確で、おかげさまで待ち時間もほとんどない状態でスイスイと
健康診断を終えることができました。

病院関係者の皆様も院内の換気や定期的に医療手袋を外してアルコール消毒を行っていたり待ち時間で受診者が
密状態になっていないかを定期的に連絡取り合っていたりと何かとご苦労が絶えないなか、本当に大変だったと
思いますし、これだけたくさんの不特定多数の人間が受診にやってくるリスクの中でも笑顔を絶やさないで受診者に
的確な指示を出されていたことには、本当に頭が下がる思いでいっぱいでした。

ただ・・肝心の検診結果はほぼボロボロですね・・

私自身、例えば中学・高校の頃は皆勤賞受賞、社会人になっても「10年連続病院に行かず健康保険を一度も利用しなかった」
ということで当時の健康保険組合から特別表彰を受けたこともありましたし、
毎年受ける会社の健康診断も30代までは毎回毎回オールAでどこにも全く異常なしという感じでしたけど、
ここ10年ほどは、毎年のように、血圧が高めとか尿酸値が高いとか、バリウム検査で胃角壁不整または慢性胃炎と指摘
されたり、高脂血症の傾向があるから気を付けてとか、
果てには今回の検診のように「心室肥大→心臓からの電気信号の乱れ→不整脈」の傾向があると指摘されたり、
オールAや注意喚起どころか何項目かは「要経過観察」となってしまいましたし、不整脈関連に至っては
「一年間改善されない場合は精密検査をお勧めします」となっていて、
なんだか頭のポンコツ化と同時並行で体のポンコツ化も着々と進行していそうです・・

ここ数年間の健康診断の結果は、「昨年よくなかったこの数値が改善したと思ったら、今度はこっちの数値が」という感じですし、
内科の問診では医者から「それが年を重ねるというものなのです」と諭され、「そりゃそうだ・・」と妙に納得したものです。
一昨年あたりまでは血圧と尿酸値高めが「要注意」扱いでしたけど、昨年あたりからはそれが「要経過観察」とランクアップ?し、
今年は血圧はおかげさまで降圧剤処方効果もありすっかり正常値になっていましたけど、
さすがに全部の検査項目が問題なしということはもう無理なのかもしれないですが、
社内でそんな話をしてみても「いやいや、要経過観察(12ヶ月)なんて全然マシじゃん、俺なんて要精密検査だよ」とか
「いやいや、私なんて要治療だよ~」という「体の悪いところ自慢大会」になってしまい、
体の悪い所を自慢(?)してお互いに慰め合うというのは、高齢化への第一歩と認識していた私にとっても
少しばかりショックな事でもありました・・

とにかくいえることは「もう20代の頃のような完璧な健康状態というのは無理っぽい・・」ということだと思いますし、
これからはいかにガタついた体のポンコツ化とどのように付き合っていくのか・・ということなのだと思います。




最後に、ポンコツ化というとアニメ・漫画でもポンコツヒロインは「トニカクカワイイ」以外の何物でもないと思うのですけど、
2019年の夏アニメでもあった「手品先輩」の先輩のポンコツぷりはすさまじいものがありました~♪

あの手品先輩の手品成功率は限りなく0%に近いものがありましたけど、日常生活においてもそのポンコツ度は
すさまじいものがあり、「あの先輩はこれからどうやって生きていくのだろう・・」と心配せざるをえないほどの
ド級のポンコツ度がありましたけど、ポンコツ度と反比例するかのような?あのダイナミックスボディーとお色気は
別の意味で「やっぱり大丈夫なのか~?」と感じさせるものもありました。

手品先輩にはこれまたポンコツ教師をしているお姉さんもいるのですけど、姉妹揃ってのポンコツというのも
ある意味すごいものがありそうですね~♪
とにかく私の体と頭のポンコツ化に決しひけをとらないのが手品先輩姉妹といえそうです~
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コロナ下ではなにかと大変・・

昨年は多くの病院で健康診断や検査入院の受け入れが一時中止になっていたようですので、確かに非常事態宣言真っ只中とはいえ
健康診断の再開はありがたいのかもしれないです。

それにしても例年だと混雑しているのに、受診者を最初から制約していることで混雑していないというのは
コロナ禍では数少ない良かった点といえそうです。

年を重ねると、どんな人でも検診項目の一つや二つはよくない点が見つかるのは普通だと思いますし、むしろ早期発見でよかったと割り切ったほうが宜しいと思ったりもします。

今は受けられるだけでも・・

ふにゃん 様


おっしゃる通りでして、知っている人の中にもステージは軽いものの本来はがんの手術の予定がある人が
コロナ患者優先ということで、入院自体が先送りになった人もいますので、
こうやって健康診断が゛受信できるだけでもありがたいといえそうです。

それにしても昔と違って体のがたはどんどん進行する感じで、頭のポンコツ化と合わせて頭が痛いです・・

多くの乗客が犠牲になった「ダイヤモンドプリンセス」も、もう懐かしい過去になってしまいました。
しかしあの出来事があったから、日本人は慌ててマスクや手洗いなどの感染対策を徹底した訳で、その恐怖がなくて感染対策が遅れたアメリカやヨーロッパとの間に大きな感染者や死者の差ができた訳です。
「怖いものは怖い!」と正確に情報を伝える事が如何に大切か…当時のトランプ大統領は「ただの風邪だ。春になったらなくなる」と軽く見てましたからね(笑)

早いものでもう一年・・・

sado jo  様


昨年の今頃はダイヤモンドプリンセス号の集団感染や武漢の医療崩壊や
春節のころの中国人の大量来日のニュースを耳にしてもどこかまだ他人事みたいな雰囲気もありましたけど、
ご指摘の通り、ダイヤモンドプリンセスの一件や志村けんさんの死去で一気に
恐怖感みたいな得体のしれない不気味さが広がり、手洗い・マスク着用・アルコール消毒といった習慣化に繋がったことが
日本人の死亡率の低さや世界的には格段に低い感染者数につながったといえそうです。

だけど慣れとは怖いもので、1年近く連日のようにコロナばかりのニュースを聞かされ、政治家の皆様の
あのような醜態を見せつけられると
日本人全体にどこか慣れと気の緩みは間違いなくあると思いますし、現在は「正しく新型コロナのこわさ」を
おそれることが大切といえそうです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |