FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


昭和の頃ですと、なんとなくイメージ的にはゴミ集積所でゴミを食い散らかしているのは野良猫ではないのか・・?という
イメージも無くは無かったように思えるのですけど、
平成以降にゴミ集積所のゴミ袋の中は「食べ物と言う宝の山である」という事を人間たちの行動やゴミ集積の様子を
遠くからじっと見ていて学習していったのはカラスの方なのかもしれないです。
(私自身、ゴミ集積所にて縄張り争いをしているネコとカラスのバトルを目撃した事がありますけど、勝者はカラスの方でした・・)

「カラス」というと世間一般的には、「ゴミ集積所にて食べ物を食い散らかす迷惑な鳥」とか「真っ黒で少し不気味・・」
みたいな先入観もあるかとは思います。
事実うちの近所のごみ集積所においても毎週生ごみを出す日は月・木となっていて、定期的にゴミ当番というものが
自治会内の組・班内で廻ってきて、その当番の人はゴミ収集車が来る前日にゴミ集積所前に黄色の害鳥ネットを掛けておき、
ゴミ収集車が廻ってくる予定のAM8:00の10分前近くにその黄色い害鳥ネットを取り外しておくというルールが
あるのですけど、大体3回に1回の割合で結果的に朝7:50あたりに取り外された害鳥ネットが無い状態のゴミ集積所を
カラスが我が物顔にゴミ袋を引きちぎり生ごみや残飯を食い漁り、周辺の道路に生ゴミ等をまき散らしてしまい、
当番の人は結果的にゴミ収集車が行った後に集積所周辺を清掃しなければいけないという面倒な事もあったりします。
そしてよく見てみると、例えば当番の人がカラスを警戒して一旦はごみ集積所付近にカラスがいないか確認をして
集積所から離れても、それを遠い位置から見ていたカラスは当番の人がいなくなった隙にゴミ袋を引きちぎり生ゴミを
食い散らかしている光景はむしろよくある話なのだと思います。

そのくらいカラスは頭がいいというのか人間の行動やパターンをよく分析し知り尽くしていると思いますし、賢いというよりは
むしろ悪知恵がよく働く鳥という印象もあったりします。

上記のゴミ当番なのですけど、これは町会の班長・組長といった役員が持ち回りで定期的に廻ってくるのと同様に
本来は一つの班内12~15世帯程度の中で順番に廻ってくるものですけど、
町会の暗黙のルール??みたいなものがあり80歳以上の世帯には町会役員やゴミ当番は負担軽減のため
持ち回りをさせないということがあり、私自身が現在のこの家に住み始めた頃のゴミ当番は大体一か月半に一度程度
廻ってくるようなものでしたけど、町会全体の高齢化に伴いそれが大体三週間に一度程度で廻ってくるようになり、
「面倒くさいな~」とついつい感じてしまいます。
うちの奥様はそうしたゴミ当番なんかは間違ってもやりそうにないので、私自身が毎回毎回やる羽目になっていますけど、
私自身基本的に出勤時間は朝7:45分前後に家に出ることが多くて、例えば朝7:40分当たりで害鳥ネットを取り外しておいて、
朝7:45~50分当たりにゴミ集積所を通りかかった際に数羽のカラスがゴミ袋を引き裂き中の生ゴミを食い散らかし、
そうしたゴミが道路に散乱している場面に何度か遭遇した事がありますけど、それを見る度に
「このクソガラスが~! 掃除する身になってみやがれ~」と文句を言いたくもなってしまいそうです。

カラスは動物学上の分類では鳥類ですが、カラスの脳は他の鳥類の脳とは全く異なっている事が分かっています。
行動生物学者のあいだでは、カラスを「羽をもった霊長類」呼ぶことがあるくらいです。

カラスやカササギ、ワタリガラスといったカラス科に属する鳥たちは、
一般的な鳥よりも頭がいいと言われており、実際に道具をうまく使いこなしたり、いたずらをすることでも
知られていると思います。
よく夕方のニュース番組の中でも、例えば胡桃を道路に落し、その胡桃が車に轢かれた際に割れた実を
車を避けながらたくみに食べる様子とか、カラス捕獲用の罠を巧みに潜り抜けたりする様子を見ると、
「やっぱりカラスは頭がいいよなぁ・・!」としみじみ感じてしまいます。
それとカラスは「真っ黒」という事もあり、一見「怖い・・」みたいな雰囲気も有してはいるのだと思うのですが、
いやいや、実はカラスは意外とお茶目なところもあり、
実際、うちの周辺のカラスなんか、よく我が家の屋上の物干し台に止まって、たまに私と目と目があって
思わず一人と一一羽でにらめっこみたいな事もする事もあります・・・

カラスは非常に知能が高い生き物であり、その知能は霊長類に匹敵するともいわれています。
ちなみに、人間も霊長類の一種であり、霊長類の中で最も頭が良いのが人間とされています。
もちろん、人間ほど知能が高いわけではありませんが、鳥類の中でカラスはとびぬけて知能が高いと
換言しても支障はないと思います。
その知能により、公園の水道の蛇口をひねって水を飲んだり、枝を使用して餌を摂ったり、
貝や胡桃等の硬い殻に覆われた食べ物は、高いところから落としたり、車に引かせて割って食べたりもしています。
カラスを脅かすための製品は多く販売されていますが、常に使用を続けるとカラスは慣れてくるといわれます。
カラス除けでカラスを追い払ったように見えても、カラスは周りから観察して、そうしたグッズは実は自分達に
特に危害がないと理解した瞬間からそうしたカラス除けみたいなグッズは平然と無視するようになるというのは
カラスの学習効果とも言えるのかもしれないです。

カラスの現状の不人気を挽回させるためには、そうした聡明さを有効活用できればいいのかもしれないです。
例えば、カラスを上手く教育して、ドローンみたいな上空からの写真撮影とか伝書鳩みたいな連絡・配達機能を担って貰うとか
なにかカラスたちにも人間との接点とか役割分担を持たさえすれば、
今以上にカラスの人気は案外急上昇を果たしていくのかもしれないですね・・




gomi_convert_20210114144044.jpg


うちの近くのゴミ集積所の害鳥防止ネットは黄色なのですけど、なんだか知りませんけど最近はどこのゴミ集積所の
防鳥ネットは黄色のモノが多いような印象もあります。

「カラスは黄色が苦手」といったなにやら都市伝説みたいな話が流布し、黄色いごみ袋や黄色の害鳥ネットを使用している
方や町会も多いのかもしれないのですけど、本当にカラスは黄色のネットが嫌いなのでしょうか・・?

実はなのですけど、カラスは、紫外線も加えた4種類のセンサーを持ち4原色で見ているため、
より優れた色覚を持つと考えられ、更に油球と呼ばれる特殊なフィルターを持つことで色の識別の精度を高めているそうです。
そのため結果的にカラスは紫外線が当たっているとほぼ100パーセントの確率でゴミ袋の中身もしっかりと見えているそうです。
カラスは無差別にゴミ置き場を荒らしているわけではなく、しっかりとゴミ袋の中身を認識し、狙いを定めて生ごみを
あさっているようです。
つまりはカラスがゴミ袋の中身を見えないようにする工夫こそが紫外線をカットする成分を含んだゴミ袋や害鳥ネットの
最大の目的であり、カラスの色覚をかく乱することが重要なのです。
カラスのゴミ荒らし被害が大幅に軽減させるためには紫外線カットという特殊な顔料を練り込んだフィルムの効果が大切であり、
この紫外線カットの特殊顔料の色として採用されたのが黄色であり、結果として
ゴミ袋または害鳥ネットの見た目の黄色ばかりが注目され、「カラスは黄色が苦手」という風説が広まっていったのかも
しれないです。
黄色いゴミ袋や害鳥ネットならなんでもカラス除けに利くというのは誤りであり、中身が見える害鳥ネットをただ黄色くしても、
カラスに対しては効果がないことになります。

結論としては「紫外線がカギ、黄色はカラスが嫌う色ではない」という事なのだと思います。





以前ですけどウェルシアで買い物をしていたら、上記のような注意書き看板が店の前に立てられていました。

「他店で購入されたお荷物がカラスによって荒らされる被害が多発しています。
お買い物時は面倒でも店内でもお持ちされるようにお願いします」と言うのは具体的にはどういう事なのかと言うと、
このウェルシアのすぐ近くには生鮮食料品やヨークマート・マルエツ等があり、
ウェルシアに自転車で来店した人が、自転車のかごにそうしたスーパー等で購入した食料品等が入ったレジ袋を入れたまま、
ウェルシア内で買い物をし、自転車に戻ってきたら、
レジ袋の中に入っていた肉や魚等のパックが食いちぎれていて、肉や魚等の食料品が食い散らかされていた事案が
かなりの頻度で発生しているとの事でした。
ひどい場合には、カラスがレジ袋ごとさらっていくケースもあるとの事です。

遠くからじっと人間たちの行動を観察していて「あ、あのアホっぽい人間は自転車のかごに食べ物らしいものを詰め込んだ袋を
置いたまま店の中に入っていった・・しめしめ今なら盗みたい放題だ~!」という感じで
チャンス到来と見たら一気に行動を開始し、ばれないうちに現場を離れるという泥棒家業のノウハウをちゃんと
持っているのかもしれないですね。
この鮮やかな手口は、東方で言うと「幻想郷最大の盗人」の魔理沙すらもしのぐ賢さと大胆さがあるのかもしれないですね。


20190621-hatate-02_convert_20190621182803_convert_20190623194201.png


ここから下記はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれた絵のご紹介コーナーです。

東方的にカラスと関連性があるキャラと言うと、文ちゃん・はたてという鴉天狗なのだと思います。
(犬走椛は天狗は天狗でも鴉天狗という種族ではないです)

そうした関連から本記事においては、幻想郷における妖怪の山の実質的支配者である天狗種族の中から、
アミグリさんが2019年6月に描かれた姫海棠はたてをご覧になって頂きたいと思います。

アミグリさんの描かれたはたては、東方では大変珍しく貴重ともいえる正統派の王道的なツインテールを
とてもかわいく描かれていますし
現代のJKさんみたいというか今風のギャルのような雰囲気が見事に伝わってきていると思います。
幻想郷のキャラの皆さまって、妖怪・魔法使い・巫女さん等をモチーフにされているため、
意外とその外見的雰囲気はレトロなものがありそうなのですけど、
このはたてからは幻想郷のレトロさではなくて、むしろ外界の今風みたいな新しさが伝わってきていると思います。
ツインテもそうですし、襟に紫のフリルが付いた白ブラウスに黒のネクタイ・ちらっと見えている絶対領域の素晴らしさ、
黒と紫の市松模様が描かれたミニスカとニーハイに、今風なピースサインとウインクの笑顔などははたてのモダンな感覚を
見事に一枚の絵として表現されていると思います。
全体としてはとっても自由で伸び伸びとしたはたてなのですけど、先日の心霊写真記事で転載させて頂いたはたてと
比べてみると真面目そうとか社会人としてのビジネスマナーを身に付けたはたてという大人っぽい雰囲気を
感じさせてくれていると思います。


20190714-hatate-01_convert_20190714155641_convert_20190714185736.png


続きましてアミグリさんが2019年7月に描かれたはたてです。

上記の2019年6月のはたてとはかなり雰囲気が異なっているのも大変面白いものがあると思います。

はたてはイメージ的には今風のギャルっぽい雰囲気が漂っているのですけど、
2019年7月のはたては同じギャル系でも少しやんちゃな雰囲気が漂っていて
なんとなく「昔はちょっとワルだったのかも~」みたいな感じを伝えているのはとっても面白いと思います。
上記のはたてからは「若いうちは自由にやりたいように新聞記事書かせてよ~」みたいなちょっと羽目を
外すちゃうぐらいの自由な雰囲気をより強く漂わせているのが両作品の違いと言えそうです。
そのように感じるのは、すぐ上の2019年6月に描かれたはたてよりも濃いめのピンクのスカート・リボンと言う事で
派手さや華やかさをより強く感じさせているように思えますし、スカートのフリルが加わった事と
ブラウスの色が2019年6月の白→淡うすいピンクへと変化した事も大きいといえそうですし
何よりもツインテールの髪の量が圧倒的に豊かである事とツインテがすてきに舞っている事も挙げられるのかと思います。

とにかくかわいらしさに+αして自由さが加わった事がとっても素晴らしいと感じました。

上記のアミグリさんが描かれた2枚のはたては、はたての絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいいはたてを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと
興味がある方は、 是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2 のを ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 のに一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それにしてもカラスのゴミ荒らし被害はなんとかしたいものですね・・
(東方的にはカラスを小間使い的に使用していたりもする文ちゃんやゆかりんに指導して貰うのが最適なのかも・・??)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

わっはっは…以前、道路に胡桃を並べて車に轢かせて中身を食べるカラスのニュースを見た事があります。
何でもカラスの脳は記憶力に優れていて、人が仕事のプロセスを記憶して反復できる様に、カラスもできるんだとか。
鳥類の中では尤も人間に近い生物かも知れません。もし手があったなら地球は『カラスの惑星』になっていたかも(笑)
※ところで、そちらでは訪問先のブログが「マルウェアに感染している」とセキュリティ警告が出ていませんか?
FC.2が勝手に挿入してくるページ上部のバー広告が「 HTML:Script-inf[Susp]」ウィルスに犯されている様です。

迷惑カラス

sado jo 様


カラスはとにかく憎ったらしいほど聡明で記憶力抜群で、しかも人の顔を覚えているという厄介な
生き物と言えそうです。
もしもですけどなんらかの事情で人類が滅亡しても、地球の中でしぶとく生き残り続ける種族はゴキブリとカラスだけに
なってしまうのかもしれないです。

セキュリティ警告は出ていませんけど、FC2のトップページの広告がウイルスまみれとはこわいものです・・
というか・・最近はFC2に限らずヤフーでもやたらとトップページに妙な広告が掲示される事が多くて結構あれには
迷惑させられます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |