FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


〇市立川口高校

 B/「無言の変革」より、問い

 市立川口のこの自作自演の演奏の衝撃については、以前何度も書いているので
 詳細は割愛いたします。
 市立川口は1991年の関東大会を最後に表舞台から姿を消してしまいましたが、
 地元での演奏会活動は継続していて、何度か聴いたことがあります。
 全盛期の演奏には足元にも及ばない感じもしましたが、指揮者が変わっても
 音楽を楽しむ姿勢は失って欲しくないと思いますし、「偉大なる先輩たちは先輩たち
 自分たちは自分」と自分たちの代の音楽をのびのびと楽しんでほしいと
 思います。
 だけど市立川口も、予定では数年後に、「川口市内の市立高校三校の統廃合」により
 名称も含めて消滅してしまうのは、何かオールドファンとしては
 寂しいものがありますよね。

 最近の話なのですけど、自分が南区大谷口のあるお客様の家をお伺いし、
 リビングに通された時、自分でも「えーーーっ」と思ったのですが、
 壁にどうみても
 1981年の市立川口の「無言の変革」を演奏した時の写真が掛けられていて
 驚いたことがあります。
 あの赤ブレザー・膨大な打楽器に10人以上いる打楽器奏者・ハープに法螺貝
 まず81年の市立川口に間違いないと確信し、
 そのお客様に
 「ご子息は、昔市立川口高校で吹奏楽部に所属していたのですか?」と聴いてみると
 満面の笑顔となり、
 「30年以上、娘が市立川口で全国に出場した時の写真を飾っていたけど
 それを指摘したのはあんたが初めてだ」という話になり、
 当時サックス奏者だったというお嬢様のお話とか、信国先生の話とか、
 演奏終了後に緊張感と疲労から解放された一人の打楽器奏者が意識を失い
 毛布にくるまれて普門館から退出したとか色々と興味深いお話をお伺いすることが出来
 大変感激をしたものでした。
 やはり、世間は狭いというものですね・・・
 だけど大谷口から埼玉県と東京都のほぼ境ともいえる市立川口まで自転車で通学されていた
 そのお嬢様もすごいですけどね・・・
 やはり当時市立川口の練習は相当厳しかったようですね。
 ま、そうでないと当時としてはあんな革新的な音楽表現・技術力・ソロ力は
 出せませんよね。
 
 当時自分は高校一年で、初めてこの「無言の変革~問い」を聴いた時は
 まさに衝撃的で、よくティンパニー・シロフォーンをいじくって「問い」のフレーズを
 叩いたりして、
 「こらっ、勝手に打楽器触るんじゃねー」と怒られていましたけど・・・

〇東海大学第一高校

 B/カタストロフィー

 後年の東海大学第一というと、奇抜で大胆な表現、過激さ、あまり知られていないオリジナル曲の演奏
 積極的な表現が一つの特徴となりますが、
 この年の演奏だけは異色です。
 前年の初出場の際は、ネリベルの「二つの交響的断章」を79年の市立川口とは別のアプローチで
 大胆かつ積極的な表現を展開し、感銘を与えてくれましたが、
 この年は、課題曲・自由曲共に
 このチームにしては珍しいくらい「淡泊」な演奏を展開しています。
 よく言えば正攻法・正統派的 悪く言うと薄味・個性とインパクトに欠ける演奏・・・
 だけど、後年のこのチームの過激な演奏を知っている立場からいうと、この年のこの淡泊な演奏は
 かえって貴重なのかもしれません。
 もうすこし強弱とかテンポの速さにコントラストがあると面白かったと
 思いますけどね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/565-760f1428
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |