FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


豬ヲ蜥後≧縺ェ縺酸convert_20190520161833

うなぎって本当に美味しいですよね~! 昔も今も大好きな和食の一つです~♪

うなぎ独特のあの脂ぎったジューシー感じもそうですし、とにかくあの炭で焼いた時の香りのこうばしさはたまらないです!
あのうなぎの焼いた香りが鼻に感じ取った瞬間に、例えその時は食欲が皆無であったとしても一瞬で食欲が復活して
きそうですし、うなぎがすっぽん等と同様に滋養やスタミナの王様と言われるのもよく分かる気がします。
日本人が古くから「土用丑の日」と銘打ち、夏の暑さで体力が消耗する前に滋養のある食べ物を摂取して
少しでも夏の暑さによるバテを回避させましょうという発想も極めて妥当なものがあるのかもしれないです。

日本人にとっては古くから親しみのある食べ物であったうなぎが最近は、国産の鰻が極端に不漁とか
鰻自体が絶滅危惧種に指定され、養殖ウナギはともかくとして国産の天然鰻を口にするなんてほとんど出来なくなってきた
という事もありますし、何よりもあのとてつもない価格の高騰は、うなぎは最早庶民の食べ物どころか
高級食材を通り越し、可能性的には今後食べたくても食べることができない幻の和食にすらなってしまう可能性も
あるのかもしれないですし、もしも本当にそうなったとしたらとても哀しい話だと思います。

私の貧乏学生時代、自炊というのは当時は食費を抑制させるという意味では不可欠な生活手段でしたけど、
当時住んでいた埼玉の大宮や都内の中野のスーパーでは、当時はうなぎというと既に蒲焼として焼き上げられていたものが
パックに2串入っていて価格は300円前後という事で、その当時としては鰻という食材はむしろ貧乏学生にとっては
ありがたい食材の一つでもあった・・という記憶もあるのですけど、それから時代が数十年も経過して鰻自体が
あんなにも価格が高騰し食べたくても食べられない食材になるとは当時は夢にも思わなかったですね・・

当ブログの管理人は埼玉在住ということもあり、よく埼玉自虐ネタとして「埼玉は名物も名菓も観光地も何もないない、
何もない県」と記すことは多々あるのですけど、
実は埼玉は知る人ぞ知る話なのかもしれないですけど、鰻が名物となっていて、例えばさいたま市においても
コロナ禍の昨年は別にしても毎年のように「さいたま市浦和うなぎまつり」というイベントも開催されていたものでした。
この記事をご覧頂いている皆様の中には「埼玉って海が無い県なんでしょ・・? どうして鰻が名物になっていて
鰻をテーマにしたお祭りが開催されるの・・?」という疑問がある方もいらっしゃるとは思うのですけど、
実は海が無い埼玉県なのに、昔からうなぎは結構有名というのか浦和名物でもあったりもします。
「どうして海が無い埼玉県にうなぎが名物なの・・!?」と思われる方もいると思いますが、
江戸時代、浦和には別所沼等の沼地が多く、魚釣りなどを楽しむ行楽客で賑わい、
中山道を行き来する旅人たちに舌つづみをうたせたのが実はうなぎでした。
私も最近まで知らなかったのですけど、実は、浦和は、うなぎの蒲焼発祥の地であったりもするそうです。
江戸時代から200年以上経った今も、さいたま市では旧浦和市域を中心に多くのうなぎ料理の専門店が営業しています。
そう言えば、旧中山道には今現在でも結構な数のうなぎ屋さんが立ち並んでいます。
その関係かどうかは分かりませんが、浦和から結構離れた蕨近辺にも、何店かうなぎ屋さんはあったりします。





もちろん埼玉の鰻店もとてもおいしくて魅力的なのですけど、鰻というとやっぱりその本場というのか聖地は浜松なのだと
思いますね~♪
浜松といえば鰻、鰻と言えば浜松というほど、浜松は鰻の聖地だと思います!
鰻の養殖が始まったのも浜名湖と言われてり、その鰻の品質は日本でも随一で、うなぎの名店も多く全国から
わざわざ食べに来るほどの店もあるそうです。

吹奏楽的には浜松と言うと後述しますけど、ヤマハ浜松の存在も大きいですし、浜松工業・浜松商業・浜松交響吹奏楽団など
優れた名演も多いという印象があります。
浜松は、吹奏楽コンクールの関係で「浜松アクトシティ―」に行ったことも何回かありますけど
音響的にも見た目にも素晴らしいホールでした。
ついでに書くと、以前うちの奥様と温泉旅行に行った舘山寺温泉とか浜名湖とか本当に素晴らしかったですね~♪
死ぬまでにもう一回くらいは行ってみたいですね・・
(舘山寺温泉近辺の観覧車とかフラワーパークも大変印象的でした!)
そして浜松と言うと鰻ということで、もちろん地元の名店と言われるお店で鰻も頂きましたけど、これがまたとても
美味しかったです~♪
(埼玉のうなぎはたれのおいしさという印象がありますけど、本場の浜松の鰻は鰻そのものが美味しいという感じもしました)

それと・・これは厳密言うと浜松ではなくてむしろ名古屋めしなのかもしれないですけど、うなぎのひつまぶしのお茶漬けも
とても美味しかったです~♪
うな重または鰻丼を食べた後でもあのお茶漬けならば2~3杯は食べられそうな美味でした。
ちなみに浜松のそのお店ではひつまぶしのお茶漬けとは呼ばずに「鰻のお茶漬け」という呼ばれ方がされていました。


縺・↑縺弱ヱ繧、_convert_20180407202018


静岡のお土産と言うとお茶とかみかんとか色々あると思うのですけど、浜松というと定番なのは鰻のパックもそうですけど、
お菓子と言うとうなぎパイなのだと思います。
浜松のうなぎバイは全国的にも大人気銘菓でもありまして、とある調査によると
「また食べてみたい名産品のお菓子」として北海道の白い恋人、長崎の長崎カステラと並んでこの浜松のうなぎパイも
ベスト3にランクインをされていたそうです!
何も無いない・・何も名物も銘菓も無い埼玉県民としてはこうした全国的に有名で名高い名産品があるというのは
「とってもうらやましいなぁ・・」と思ったりもしますね~
(もちろん埼玉の誇る「十万石まんじゅう」も素晴らしき銘菓だと思います)
私も何度もこの浜松のうなぎバイもうなぎパイ V.S.O.Pを食べたことがありますけど、何度食べてもおいしいな~と
感じますね~♪
うなぎパイは鰻のエキスをパイ生地に練りこんで焼き、最後に蒲焼のようにたれを塗って仕上げた春華堂の登録商標でも
あるのですけど、うなぎの味はほぼ皆無なかわりに濃厚なバターの風味とあの香りがとってもすてきだと思います!
そしてこのうなぎパイには「大人のうなぎパイ」と呼ばれるものもあるようでして、それが浜松の名物のうなぎパイと
ブランデーを加えた「うなぎパイ V.S.O.P.」と言えるのかもしれないですね~
うなぎパイ自体はなぜかしりませんけど元々が真夜中のお菓子ともいわれているのですけど、
うなぎパイ V.S.O.P.の方は更にもっと夜とか大人っぽさを意識させた商品のようでして、
高級ブランデーの芳潤な香りとナッツの王様マカダミアの風味を包み込み、浜名湖名産うなぎパイの頂点を極めた
最高級パイと言えるのかもしれないですね~♪

浜松と言うと、私的には「音楽の街」というイメージがあったりもします。
やっぱりそれは「ヤマハ浜松」の存在が大きいのかもしれないです。
元来、浜松市はオートバイや木工・繊維関連など、「モノづくりの街」として名を知られていますけど、
やっぱり最たるものは「楽器制作」ですよね!!
河合楽器製作所・ローランドなど、名だたるメーカーが浜松市に集結していますし、浜松は国内でのピアノ生産量は全国一です!
そして吹奏楽コンクール的には、かつては浜松工業高校と浜松商業高校が全日本吹奏楽コンクールで何度も
素晴らしい名演を残してくれていたのも今でも大変鮮烈な印象を残してくれていると思います。

そうした意味においては浜松は「世界最大規模の楽器の街」という印象が強いです。

私の勝手なイメージがあるのかもしれませんけど、静岡県はとっても住みやすい街というイメージがあったりもします。
気候が温暖で住んでいる人達も温厚な人柄の方が多く食べ物も美味しいし、
同時に「おっとり」というすごくいいイメージがあったりもします。
あくまで個人的な話なのですけど、知人とか職場で知っている人で静岡出身の人ってほぼ全員 温厚で温和で人間的に魅力が
ある人が多いみたいなイメージがあったりもします。
どうしてそうした印象を持っているかと言うと、
以前もこのブログで書いている通り、私自身は1990年~96年の間は山梨県の金融機関の支店に在籍していたもので、
その際の甲州人の「強引さ・よそ者排除意識・身内意識の強さ・甲州弁のガラの悪さ」等に
いささかうんさ゜りしていた面もかなりあり(あ、勿論、甲州には甲州の良さは一杯ありますよ~)
当時、仕事上、隣接県という事で静岡の方と色々と接点を持つ機会も多く、 その人柄の良さ・おっとり感に正直驚いてしまい、
「なんで隣同士の県なのに、こうまでも違うんだ! やっぱり今でも県民性の違いってあるしみじみと感じたものでした・・


繧ォ繝弱Φ_convert_20150217115217

カテゴリ相違かもしれませんが、スイートプリキュアも音楽を物語の背景にしている要素もありまして、
主人公たちが住んでいる「加音町」(かのんちょう)は、「音楽の街」という事をキャッチフレーズにしています。
以前から思っていたのですけど、「スイートプリキュア」のモデルとなった舞台はどこかな??とふと考えてみたら、
浜松市を真っ先に思い浮かべたものです。

もちろんスイートプリキュアとか加音町というのはアニメでの架空のお話なのですけど、
スイートの舞台となっている加音町の雰囲気がどことなく浜松を彷彿とさせるものがあったもので、そんな事を思わず
感じてしまいました。


2020-misuchi-02_convert_20200201152958_convert_20200201194636.png


ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれた美しい絵の転載&ご紹介コーナーです。

今回はアミグリさんが2020年2月に描かれたミスティア・ローレライ(愛称はミスチー)をご紹介させて頂きたいと思います。
ちなみにこのミスチーは当ブログの2020年2月においての「東方カテゴリ700記事到達」を記念してアミグリさんに
リクエストをさせて頂き描いて頂けた大切な記念絵でもあります!

どうして唐突にミスチーなのかというと、東方の公式書籍や漫画ではミスチーは屋台で鰻または八つ目鰻を酒の肴として
商売をしている事が描かれている事が多々あり、東方で鰻に最も関係深いキャラというとミスチーを挙げてしまいたくも
なります。

ゆかりんはミスチーのことを東方永夜抄にて「蛾」=蟲と評していて、「全く、夜雀風情が。羽蟲の王気取りは絶望的に早いわ」と
ミスチーがまるで蛾であるかのように語って いましたし、
実際ミスチーも永夜抄においては、 蛾符「天蛾の蠱道」等の蛾をモチーフにしたスペルを使用していましたけど、
ミスチーはあくまで「鳥」であり蛾ではないです~ ♪
地獄の閻魔様の四季映姫様より「あなたは鳥」とはっきり明言されていましたし、ミスチー自身も
「自分は鳥」と認識しているようですので、ゆかりんの例のあの発言は、ゆかりんのミスチーに対する挑発、または
ゆかりんからしてみたらミスチーなど取るに足りぬ雑魚妖怪みたいなものですので、気まぐれのおふざけという解釈の方が
宜しいのかもしれないですね。

このミスチーですけど、基本属性としては、
暗い夜道や人気のない森で歌や鳴き声を用いて人を惑わして、そうした歌に気を取られている間に人を道に迷わせて、
闇の妖怪たちに襲われるという設定になっていて、更に人を鳥目にしてしまうという能力も持っていたりします。
その一方でミスチーは、前述の通り幻想郷内においては、鰻や八つ目鰻をお酒のおつまみとして提供する事も多々あり、
八つ目鰻の串焼きの屋台を夜間に出して商売もしていたりもします。
ちなみにですけど、このミスチーの屋台を訪れた事がある東方キャラとては、霊夢・魔理沙・光の三妖精・文ちゃん・萃香・
小野塚小町・妹紅が挙げられと思います。

私たち、外界の世界ではウナギも八つ目鰻も生産量が少なくて希少価値のある食べ物に なりつつあるのですけど、
それはもしかして幻想郷でも同じなのかもしれないです。
ミスチーも八つ目鰻の入手には時折困っている様な感じもあるようでして、八つ目鰻の在庫が無い時はどじょうを
「これが八つ目鰻」とか何とか言って 誤魔化して屋台で出しているようですので、そうしたあこぎな商売もたまには(?)
しているようですね・・・
もしもそれが四季映姫様にばれてしまうと東方花映塚の時と同じように映姫様から
またまた大説教食らう可能性もありそうです。
そうした屋台のおかげかどうか分かりませんけど、あの美食家にて幻想郷でも最大級の大食いキャラでもある
西行寺幽々子(ゆゆ様)より、「食べてしまいたいキャラ」として認識されているというのは東方では既に定番ネタなのかも
しれないです。
ミスチーは、ゆゆ様から食料として狙われ、白蓮さんから「うちの響子をたぶらかす不良」としてお仕置きの対象となっていて、
映姫様からもお説教の対象ともなっていて、その前途は多難なものもありそうです。
三月精の漫画の中でも、ミスチーの屋台の事は出ていましたけど、 光の三妖精から声を掛けられた時、ミスチーはギクッ・・としていましたけど、 声の主は、白蓮さんか四季映姫様かゆゆ様だったらやばい・・とでも思っていたのかもしれないですね・・

ミスチーの受難の日々はまだまだ続きそうです・・

アミグリさんが描かれたミスチーはとってもかわいいですね~♪

ドレスのフリルの精緻さ・ミステリアスな背景・ちょっときょとんとした表情に対比して爪の鋭さの畏敬の表現・
背中の翼の精緻な描き方などとっても見事だと思います。
特にこのフリルの細かい仕上がりは、アミグリさんがこれまで描かれてきた東方キャラのフリル地獄の中でも
かなり大変でご苦労が多かった絵の一つだと思われますので、改めてアミグリさんには
「こんなにも素晴らしいミスチーを描いて頂きありがとうございました!」と強く御礼と感謝の気持ちを申し上げたい気持ちで
一杯です。
アミグリさんが2020年に描かれたサグメ様の片翼はミステリアスな雰囲気も感じますけど、ミスチーは両翼という事で、
鳥らしい雰囲気とかわいらしさと妖怪らしい畏敬が見事にバランスが図られていて、
「とってもかわいいけど同時に妖怪っぽい」という大変難しい要素が実にすてきに融合されていると思います。
そしてこの翼はとても美しく幻想的だと思います。

ちょっときょとん・・とされているのも三月精で示された鳥頭っぽい雰囲気なのかもしれないです。

こんなにもかわいいミスチーでしたら、あの食欲旺盛のゆゆ様だって「食べちゃいたい」と感じるよりは、むしろ
「妖夢のようにかわいくてたまらないね~、これではとてもじゃないけど食べることは出来ないよね~」と
感じられるのは間違いないと思います~♪

上記のアミグリさんが描かれたミスチーの権利は、ミスチーの絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなに美しいミスチーを描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2  を ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy2  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私も
とってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それにしても鰻もうなぎパイもとてもおいしいですし、その最大の名産地の浜松は新型コロナウイルスが収束したら
もう一度ぐらいは是非行ってみたいと感じる素晴らしい街なのだと思いますね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

京都では、ウナギは淡水魚の扱いです

ぬくぬく先制さん、こんにちは。
また、コメントを書きます。

京都では魚屋さんは海水魚を売る海鮮魚店と、
淡水魚を売る川魚店に分かれます。
そして、ウナギは川魚店の方で売られています。
ちなみに川魚店で特に売れているのが、
ウナギ、アユ、シジミの順です。
ウナギは稚魚は海で育ちますが、
食べごろの大きさの天然ウナギは川にいます。
高知県でもウナギが名物ですが、
それは四万十川上流ですし、
京都では隣県の琵琶湖で獲れます。
ですから内陸県でウナギが獲れるのは、
個人的には普通のように思っています。

うなぎ

ぴのぴな 様


言われてみたら確かにうなぎは淡水魚といえますね~

浜松のうなぎは海が近い事もありうなぎは海の生き物みたいに感じてしまいそうですけど、浜名湖は海みたいに
大きいけどあれは湖でしたね・・
埼玉のうなぎは昔は別所沼から獲れていましたけど、確かに仰る通り淡水に生息する生き物と言えそうです。

最近の鰻は養殖物がメインで天然ものはとてつもなく貴重だと思いますし、価格も目の玉が飛び出るほど
高いですよね・・

鰻が食べたくなりました・・・

浜松市在住の私ですが、鰻は高くてお祝い事とかでないと滅多に食べられません・・・(TωT)
美味しいお店は近所にあるんですけどね、悲しいです。

昔は浜名湖周辺地域のイベントで『鰻のつかみ取り』とかやってて無料で貰ったりしていたんですけど今では遠い昔の思い出です。

それにしても埼玉が鰻が名物とは知りませんでした!
埼玉の鰻も食べてみたいです~。


うなぎパイですが、それはもう静岡県であればどこにでも売ってるレベルのお菓子です。
近所ではコンビニにも置いてあったりします。
ですが今は静岡県でなくても隣県あたりのサービスエリアでも普通に置いてあったりしますので逆に地元のお菓子感が薄くなっている気がしますw

埼玉の鰻

まいさか 様


昭和の頃の鰻は養殖ものでしたらスーパーでも一串200円程度で買えて高級食材と言う感じではなかったのですけど、
最近の絶滅危惧ということで価格自体が思いっきり高騰し、
私も最近ではまともな鰻は食べた事すらないです・・
すき家のうなぎは780円という価格の割には今一つみたいな印象です・・

埼玉の鰻は本場に比べると亜流と言う扱いですけど、一応「蒲焼発祥の地は実は浦和」みたいな感じで、
老舗の鰻店がかなり多いという感じですけど、
価格が高くて敷居が高いという印象です。

うなぎパイは埼玉のスーパーでも見かけるくらいメジャーなお菓子といえそうです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |