FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム




希 : 部員は7~8人・・こんなんじゃ全国どころか試合すら…ちゃんと学校選ぶんやった… 駄目やね・・

白菊 : もしかして野球部の見学ですか?あ、私は大村と申します。よかったら一緒に行きませんか?

希 : ここで野球をする気はないけん。それじゃ…

詠深 : 入部希望の人ですか!

詠深 : 我が部はアットホームな部活ですよ~。未経験者大歓迎!レギュラー登用制度あり!1年目から活躍できますよ!
見て行ってくださいよ~

ぐいぐい勧誘する詠深ちゃんはすてきですね~♪ 詠深ちゃんはこういう押しの強さも魅力的です!

白菊  : はい!

希 : いや…私は…

詠深 : みんなすぐ仲良くなれますよ~

白菊 : どきどきします!

こんな感じで始まった珠詠第3話ですけど、第3話でようやく新生チームの新越谷は選手が9人揃います。

希ちゃんは全国レヴェルでも十分に通用する左の強打者であり、本来は希の地元の福岡で強豪チームに入り全国を目指したい
というのが希望なのだと思いますが、高校入学と同時に親の転勤により埼玉に転校し、埼玉の事があまりよくわからなかった
ため何とはなしに新越谷高校に入学したはいいけど、新越谷の部員がその時点では9人にも見たらず、希の視点では
それほどレヴェルが高いチームではないから、埼玉のガールズチームに入ろうと考えます。
一方大村白菊は中学では剣道の全国大会で優勝をするほどの実力者なのですけど、高校ではなぜか野球部入部を希望し、
(白菊はもともと団体競技の野球に憧れを有していて、剣道師範の親との「剣道の全国大会で優勝したら高校では
野球をやってもいい」という了解のもと、新越谷に入学した経緯があったりします)
野球部を見学していた希に話しかけていたのが第3話のプロローグでした。

詠深ちゃんはこういう時はぐいぐい迫ってきます。

そして希に詠深ちゃんのピッチングを見せる事、すなわち詠深ちゃんのあの驚異の落ちる魔球を希に見せつけることで
希ちゃん自身も新越谷野球部を寄せ集めのポンコツチーム→全国でも十分通用する強そうなチームというように
評価を一変させ、ここに白菊と希ちゃんの入部が決まり、新越谷は晴れて選手が9人揃い試合ができるような状態になります。
希ちゃんは詠深ちゃんの投球以外にも芳乃の話を色々と聞く中で「この子の言う事はなにか信頼できる」という直感を
感じたのですけど、希ちゃんの直感は大当たりという事になり、希-芳乃という球詠屈指の百合がここに登場し、
それが最大限開花したのが球詠の感動的な最終回だったと思います~♪


b834281e-s.jpg

95ae6d03-s.jpg


マシンでのバッティング練習においては、希ちゃんは遺憾なくそのバッティングセンスを発揮し、スピードボールも
全て芯でとらえてミートしピッチャー返しの鋭い打球を飛ばしています。
一方野球は全く初心者の白菊ですけど、元々有している抜群の運動神経の良さに加えて、ビギナーズラックもあったのか
最初からいきなりホームランをかっ飛ばします!

白菊 : ああ…バットに当たりました…すごくいい感触…

希 : なんで初心者が…私でもあんな飛ばしたことないのに~…

口惜しがっている希ちゃんはかわいいですね~♪

埼玉の夏の大会の初戦の相手の影森高校戦では、1-0とリードを許した場面で白菊は豪快な同点ホームランを
スタンドに放り込んでいましたけど、あの時も盛り上がるベンチの中でただ一人浮かない顔をしていたのは希ちゃん
でしたけど、希ちゃんは大変生真面目でなんでも一人で背負いこんでしまう所もあったりして、
あの当時はそこそこ打率は残せても打点がゼロで得点圏の打率も0割という事で希ちゃんなりに色々と思い悩む事は
多々あったと思われますけど、それだけに野球初心者の白菊があんな豪快なホームランを叩きこめたことに
希ちゃんとしては焦りと自らのふがいなさを感じていたのかもしれないです。

白菊はバッティングはまだまだ粗削りでも「未完の大器」という雰囲気を有していて、当たれば飛ぶ、当たらない時は空振り
というのは何だか千葉ロッテマリーンズの選手で例えると未完の大器と数年近く言われながらも
まだまだ本来の実力を十分に発揮していない井上選手に近そうなものはありますね~
ちなみに希ちゃんにはモデルとなっているプロ野球選手がいたりもします。
それが福岡ソフトバンクのファースト・中村晃選手です。中村晃選手は埼玉出身で帝京高校卒で2008年入団、
2014年にパ・リーグの「最多安打」、2018年の日本シリーズでは「優秀選手賞」を獲得しています。
バットを構えるフォームが特徴的で希ちゃんとも中村晃選手と同じようなフォームで構えます。
二人の共通点は左打者で「バットの芯でとらえることを得意にしている」という事だと思いますし、二人ともホームランも
狙えるけどどちらかというとバットコントロールの巧みな中距離砲なのかもしれないです。

芳乃 : 希ちゃんってホームランは狙わないの?

希 : フォームが崩れるけん…でも後がない時には狙うかも。私が決めんといかん時はわかっとうけん

そういったシーンもありましたけど、ホームランも狙えるけど普段は確実に塁に出る事と得点圏で打点を上げるというのが
希の理想なのかもしれないです。


24bf3e89-s.jpg

e8132ae3-s.jpg


希 : でも…入るからには一緒に目指してほしいっちゃけど…全国を

希 : それから…白菊ちゃんには負けんけんね!

白菊 : えっ!?

希 : 埼玉来たのは親の仕事とかでたまたまで。ほんとは全国目指せる所で野球したかったっちゃけど…

希 : 中学のみんなと約束したのに…全国で会おうって…

このシーンからわかるように希ちゃんは中学時代の仲間との約束を果たそうとする義理堅くて人情味が厚い女の子
ということだと思いますが、それが結果的に「自分がここで決めないと・・」というプレッシャーに繋がり、球詠の中盤までは
希ちゃんはチャンスにことごとく弱い・・みたいな側面もあったと言えそうです。

後日の希と芳乃の会話のシーンですけど・・

芳乃 : 前のチームもきっとそうだよ。だって全国で会おうって見送りしてくれたんでしょ?

私ね。希ちゃんがホームインしてハイタッチするのが一番の楽しみなんだ!

だから…全部一人でやろうとしないでほしいんだ

芳乃 : 一人で頑張って孤立して一度は大好きな野球から離れようとした人知ってるから

詠深 : (噂をすれば・・ということで) はっくしょん・・

芳乃 : まぁ希ちゃんがそうなるとは思ってないけど。それに希ちゃんから言い出したことだよ。一緒に全国行こう!みんなで!

希 : うんっ!

芳乃の「希ちゃん一人が責任感じることじゃないよ」という言葉は希にとっても救いの言葉だったと思いますし、そうした一言が
希が抱え込んでいたトラウマと重圧から解放されるきっかけになったといえそうですし、それが大きく実を結んだのが
最終回での希ちゃんの値千金の逆転スリーランホームランだったと思います。

希ちゃんと白菊の入部により新越谷高校女子野球部は9人の選手が揃い、ここから物語が大きく動いていく事になります。

希ちゃんは福岡の東区出身なのですけど、福岡県と言うと九州最大都市だと思います。

アジアの玄関口としても知られ国際便も多く就航しており、国内だけでなく海外からの観光客も多く訪れていますし、
食べ物もおいしく、また博多は日本の三大美人発祥の地としても名高く美人さんが大変多いエリアとしても名高いと
いえそうです。
そして海に囲まれ海産物がたいへんおいしい県としても知られていますので、希ちゃんとしては海がない埼玉県への
移住と言うのはちょっと残念なものがあったのかもしれないです。
福岡の県民性と言うとイメージで言うと、
豪快で祭り好きで目立ちたがり屋で「開放的で熱く、強い」が多いイメージがありそうです。
反面、私自身仕事の同僚等の福岡の方の印象と言うと、気が強そうな表面に比べて意外と打たれ弱いというか
何か一つ事件があると結構落ち込んでしまう・・という傾向があったような印象もあります。
福岡女性と言うと、生真面目で思い込みが強く、
男性顔負けの負けん気の強さとプライドを持っているので簡単には妥協をしないという印象がある一方で、
義理人情に厚く仲間意識が強いという側面もあるのかもしれないです。
希ちゃんの一度スランプに陥ると色々と考え込んだり迷ったりする事が多いのも、野球に対するプライドと仲間への強い想い
というのも福岡女性らしい側面といえるのかもしれないです。

それと希ちゃんというとあの博多弁というのか語尾が「・・けん」といった福岡方言が随所に登場しているのも
魅力と言えそうです。
一般的な傾向として、私もそうでしたけど東北や名古屋の方が関東に上京する時はそれまで使っていたお国ことば・方言を
封印し、方言を使わない傾向が強いのに対して、
関西や九州の方は関東に移住されてもそのまま以前のお国ことばを日常でも普通に使用しているというのは
東西の文化の違いの一つの表れといえそうです。


yu-dachi-kaini-002_convert_20170604154939_convert_20170613191749.png


ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。

本記事は球詠第3話のメイン登場人物の九州出身の中村希のお話でしたけど、艦これの世界で九州の艦娘というと
佐世保艦娘を連想してしまいます。

佐世保艦娘とは、
1.艦艇時代に佐世保鎮守府に艦籍を有していた艦娘
2.佐世保海軍工廠で建造された艦艇が艦娘になったもの
3.佐世保海軍工廠で艤装や改修を受けた艦艇が艦娘になったもの が該当しますけど、佐世保生まれの佐世保艦娘というと
球磨・北上・長良・阿賀野・由良・夕張・白露・夕立・睦月・磯風・明石などが思い浮かびます。

上記の「夕立改二」は、2017年6月にアミグリさんが描かれた作品です。

アミグリさんは「夕立改二は初めて描いた」と言われていますけど、とてもじゃないですけど
初描きとは到底思えないクオリティの高さを誇っている素晴らしい作品だと思います。

夕立というと見た感じはお嬢様っぽいのですけど、実際は結構な武闘系みたいな所もありますので、
そうしたふわふわとかわいい感じと戦士としての雰囲気を大変巧みに融合させているという印象があります。

風にたなびく長い髪も白露型共通のあの黒のセーラー服がとても可愛く描かれているのが大変印象的ですけど、
「私・・可愛いだけじゃないですけど、なにか・・?」みたいに強さとどことなくつかみどころがない雰囲気も感じられ、
単なるかわいいだけの絵で終っていないのがアミグリさんらしい個性なのだと思います。

この夕立を描かれた時のアミグリさんのコメントは、
「夕立改二は髪にピンクのグラデーションがかかっているのですが、きれいなグラデーションになるように工夫しました。
黒のセーラー服と明るい金髪のコントラストのバランスも意識しました。 」との事ですけど、
「仰る通り!」という感じでありまして、美しさ・気品・バランス感は絶妙だと思います!

こうやって改めてアミグリさんが描かれた夕立を拝見させて頂くと、
「確かにあのいっちば~ん!の白露お姉ちゃんもすてきだけど、妹の夕立もすてきだよなぁ・・」とか
「白露お姉ちゃんを上回る人気を誇るのもなんだかわかるよね・・」とついつい感じてしまうほどの
とてつもなく高い完成度を誇った絵だと思いますし、
アミグリさんによって夕立の魅力が公式の立ち絵以上にそのすてきな魅力を発揮された絵だと改めて思います。

上記のアミグリさんが描かれた夕立は、上記作品の絵師様であられるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素晴らしい絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!

皆様の中で「こんなにかわいい夕立を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

「球詠」は原作漫画もまだまだ連載が続いていますので、アニメ二期も実現してくれるととても嬉しいです!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

好きな選手の共通点

こんにちは。
白菊ちゃんは西武でプレーしたカブレラタイプかと。
当たれば飛距離がハンパないので。
希ちゃんは、おっしゃるとおりアキラがモデルです。
夏の甲子園でライトライナーの打球を見てホレました。
ボクが初めてサインをいただいたプロ野球選手。
まだルーキーのときでした。

ボクの好きな選手に共通点があって。
最近は左の中距離打者か打てるサードかな。
ホークスなら左の中距離は他に上林誠知や柳町達。
右の打てるサードなら増田珠か野村大樹ですねぇ。

福岡の女性は意外と現実的。
男のロマンを「しけとう(つまらん)」と一蹴です。

打てるサード

五航戦の愛鷹 様


白菊が西武のカブレラタイプというご指摘はなるほど!と納得ですね~
他に似ている感じというと広島に在籍していたランスかもしれないです。
希ちゃんはバッティングフォームも考え方も中村晃に似ている側面はありそうですね~

打てるサードというとマリーンズの安田も昨年の4番抜擢での苦しい体験を今シーズンに是非活かして頂き、
今シーズンは真の打てるサードの4番打者として覚醒してほしいです!
埼玉出身の上林も昨シーズンは相当迷いがありそうでしたので、長距離砲よりも中距離バッターとしての
スタンスを確立してほしいと思っていたりもします。
地元・さいたま市桜区での人気はいまだに健在です!

福岡女性の現実的で堅実な考え方は希ちゃんにもしっかりと受け継がれていそうですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |