FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム




「魔女の旅々」は2020年秋アニメのひとつでしたけど、この作品は実はとても大好きでお気に入り作品でした。

話の内容は簡単に書くと、タイトルの通り、魔法が存在する中世に似た世界観の中で、18歳の美少女魔女のイレイナが
様々な場所や人を訪れるというお話なのですけど、人とイレイナとの感動的なふれあいや成長物語というよくある話では
全然なくて、どちらかというと少しグロテスクで時に残酷な内容を含んでいて、回によっては
正直「見ないほうがよかった・・」という感想になってしまう回もありましたし、
イレイナ自身が決して寛容で心優しい慈愛溢れる魔女ではなくて、むしろ皮肉屋で毒舌極まりないセリフを吐くことも
しばしばであり、お話全体は魔女とか魔法が出るからと言って全然美しいファンタジーではなくて
どちらかというと現実世界の薄汚れたような話をベースとした教訓話とか説話みたいな印象すらあります。
イレイナは設定の上では史上最年少の15歳という若さで魔法使い最高位の魔女となった天才少女になっていましたけど、
意外とお人よしで他人に騙されやすいという側面の一方で、決して素直な性格ではない上に、時に自信過剰であったり
つっけんどんであったり大雑把であったりと、天才魔女だけど案外情に流されやすい側面はアニメの上でもよく描かれていたと
感じられます。

イレイネというと「魔女の旅々」の小説とBDのCMでの宣伝文句のように
「そこの美しい女の子は誰ですか?」→「そう! 私です」の通り、自他ともに認める美少女であり自分の容姿に絶対の自信を
持っていることをモノローグで明言しているのですけど、例えばアニメ版第3話の冒頭でも
「ところで話は変わりますが色とりどりの花々に負けず劣らず美しく咲いている彼女は誰でしょう?」→「そう、私です!」
というイレイネの満面の笑顔で開始されていましたけど、あの「そう私です!」の自画自賛はこの作品の一つのお約束のような
ものでもありました。
(ちなみにイレイネの胸はかなり貧相で、同じく最高位の魔女でもあった母親の胸の豊かさとは対照的であったりもします・・)

イレイネがどうして各地を転々とした旅に出ているのかというと、一言でいうと修行の一環なのかもしれないです。

幼い頃に読んだ「ニケの冒険譚」に登場する主人公ニケに憧れ魔女を志し、故郷の平和国ロベッタで魔術試験に合格し、
ロベッタの近くの森で暮らしていた星屑の魔女フランの下で修業した後に旅を始めるというのが第一話の概要でしたけど、
その後の回はすべてイレイネの旅の途中のエピソードです。
ちなみにですけど、「ニケの冒険譚」の著者はイレイネの母親でもあったりします。
なおこの作品の原作は小説であり、小説版をベースに漫画版やドラマCD版が作られ、アニメ化はその延長みたいなものです。

アニメ版「魔女の旅々」で最もインパクトが強い回というと多分ですけど私を含めて多くの方は第9話の「遡る嘆き」を
挙げられると思います。
あの第9話の残酷さとグロテスクさはとてつもなく強烈なものであり、多分ですけど相当な賛否両論はありそうですし、
私自身も9話を見た数時間は陰鬱な気分に陥ってしまいいろいろと考え込んでしまったものでした。
第9話の冒頭テロップで「流血シーンなどのグロテスクな描写があるため視聴には十分お気を付けください」という異例の
注意喚起が流れていたのもきわめて妥当だと思います。

上記で書いた通り「魔女の旅々」は時に残酷な話がみられるのですけど、そうした残酷性と一つの教訓話としての
大変バランスの取れたお話が魔女の旅々 第3話・Bパート、「瓶詰の幸せ」だったと思います。

本記事においてはごく簡単に第3話・Bパート、「瓶詰の幸せ」についての振り返りをさせて頂きたいと思います。


0bf83988-s.jpg

9111bd70-s.jpg


第3話・Bパート、「瓶詰の幸せ」の大まかな概略ですけど、
イレイナが旅の途中に声をかけてきた少年が持っていたのは「色々な幸せが詰まった瓶」ということでした。
少年が自分が好意を寄せている使用人が「最近元気がないから元気づけるためにこの幸せの瓶をプレゼントしたい」
ということで一緒に来てほしいと頼まれ、イレイナはその少年の家=父親が村長の家にやってきて、そこでたらふく
ごちそうになります。
しかしその村長というのは実に横柄で粗野で、イレイネすらもエロい目でしかみません。
少年がお気に入りのニノという美少女使用人は実は村長が買い取った奴隷であり、村長自身は
「将来美人になりそうだから」というこれまたエロい動機しか有していませんし、おそらくはゆくゆくはニノを自分の愛人というか
性のはけ口として使いたいという不純な意図しか持ち合わせていません。
そしておそらくは「ニノに飽きたらその時は別の奴隷を購入すればよいだけの話であり、ニノは料理もうまいし家事全般は
できるから家政婦代わりに生涯こきつかってやる」ということは見え見えなのだと思われます。

要はイレイネが見たのは横暴な態度をした少年の父親と奴隷として虐げられているニノという薄幸の少女だったの
ですけど、その際にうっかり食器を落として食器を割ってしまったニノに対して少年の父親は容赦ない折檻を食らわせたりも
します。
酷い目にあわされたニノにそのタイミングで元気づけようと、村長の息子であるその少年は色々な幸せの姿を見せてあげようと
その「幸せの小瓶」を解放し、温かい家庭や心優しい人と人とのふれあいや美しい風景といったまるで絵にかいたような
幸せの残像を見せつけられることになってしまいます。
しかしニノ自身は奴隷の身であり、温かい家族とかふれあいというのはニノが望んでも叶わぬことはできない話でも
あるのです。
ニノはそれまでは自分が奴隷の身であるゆえに日々村長から虐げられていたり、将来的に村長の愛人みたいなことに
身をゆだねてしまうことは「当たり前」とか「それは仕方がない私の運命」と悟って諦めの心境だったのかもしれないです。
だけど結果的に少年によって一瞬でしたけどニノが願っても叶うことのできない幸せの残像を見せつけられたことによって、
世の中の普通の幸せを見たことによって自分の境遇に絶望してしまい、
むしろニノの絶望は大きくなったといえそうですし、その結末というのはイレイネが予感していた事と同じ結果に
なってしまいそうなのは自明なことなのかもしれないです。

結果的に少年がニノに対して行ったことは「善意の押しつけ」といえそうで、ニノにとってはむしろ「知らないほうが幸せであった」
という事になるのかもしれないです。


03d04867-s.jpg

0f269f38-s.jpg

20a3d1ab-s.jpg


少年 : ニノちゃんにプレゼントがあるって言ったよね

少年 : はい!これがプレゼント。これはね。幸せが詰まった瓶だよ

ニノ : 幸せ?

少年 : いろいろな場所で見つけたいろいろな幸せが詰まっているんだ。一度しか見られないからよく見ててね

少年 : これが幸せだよ 外の世界はね。こんなにも幸せに満ちてるんだ

少年 : だから暗い顔ばかりしてないで。僕が君を幸せにするから

ニノ : 私を…幸せに…?

村長の父親も下衆なら息子の少年も確かに悪意はないのかもしれないですけど、結果的にニノに与えた絶望は
村長が与えた絶望よりも大きいのかもしれないです。
奴隷の身としてはそれはかなりつらいものだったと思いますし、少年が行ったことは確かに善意から由来するのだけど
結果的に善意の押し付けがもたらした不幸をニノにもたらしているといえそうです。

あのような普遍的な幸せの残像を見せつけられたうえでニノ自身の境遇をニノ自身が振り返ってみるとそこにあるのは
絶望しかないのだと思いますし、一度見せつけられた幸せとのあまりにも落差がありすぎる自分の境遇に対して
ニノがどう思うのかはあまりにも明白だと思いますし、むしろこの少年の行為は下衆な父親よりも質が悪いのかも
しれないです。

39e29818-s.jpg

f8a09917-s.jpg


外の世界の幸せの残像ほどニノにとってはつらいものはないのだと思いますし、この幸せの残像はニノにとっては
精神攻撃以外の何物でもないのかもしれなかったです。


f97108c4-s.jpg

848707a0-s.jpg


少年と村長の家を辞する際にイレイナは決して叶わない幸せを見せられ命を絶った女性の物語を思い出します。

イレイネの独白

病気で家から出られない妻のために・・

夫が外の世界を渡り歩ききれいな景色を魔法で複製して持ち帰って妻に見せようとする物語です。

私はその時思い出したのです。昔読んだ本の結末を・・

夫が見せてくれた綺麗な景色は身動きできない妻をかえって絶望させてしまったのです・・

そして妻は… ※その後自害を示唆する描写

イレイネは実は病気の妻とたくさんの景色を魔法で持ち帰った旦那の話を少年に聞かせていたのですけど、
少年の反応はというと・・
「それでどうなるの!?奥さんすっごく喜んだだろうね! その後治って長生きしたのかな?」というものでしたけど、
改めて感じたものは、人間の善意というものは必ずしもそれが他人の幸せに結びつくものではないという
事なのかもしれないです。

「あたなのため・・」と思ってした善意ある行為でも、結果的に相手にとっては迷惑以外の何者でも無いという事もある・・・
みたいな話なのかもしれないです。
もちろんそうした善意は尊いものである事は間違いないのですけど、人によってはそれが逆に不幸へと導いてしまう可能性も
秘めているという事なのかもしれないです。
世の中にはもしかしたら知らない事の方が幸せという話は相当多いのかもしれないです。
その典型的事例が例えば夫婦または恋人同士の片方の不倫関係に関する事とか、職場での同僚同士のいがみあいとか
多々あるのかもしれないですし、
大きな話になってしまうと例えば国家においては、一般国民にとってはその国が抱えている機密事項・問題事項を
何かのきっかけで知ってしまったら「知らない方が良かった・・聞かなかった事にしておこう」みたいな事もあるのかも
しれないです。
そうした「知らない方が実は幸せ」と対極にある言葉は「無知は罪」とか「知らない事、知ろうとしない事は罪悪」という
事なのかもしれないですけど、人間のキャパというものは知識量や不幸に対する受忍限度を考慮すると、
一定量というものはあるものと考えてしまいますし、確かにすべてを知ろうという意欲は尊いのかもしれないですけど、
やはり「知らない事で平穏が保たれるのならあえて知ろうとする努力を放棄してしまう」ことも人間の一つの知恵なのかも
しれないです。

要は私達が生きる上で自分が「これは相手のためになる」と思って自信をもって行った行為すらも場合によっては
相手の幸せどころかその人を絶望のどん底に陥れしまう可能性もあるという事は
認識しておいたほうがいいのかもしれないです。


2020-marisa-03_convert_20200522150333_convert_20200523235501.png


ここから下記はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。

上記の「魔女の旅々」の魔女・イレイナは、魔女として活動している間は黒いローブと三角帽子、
魔女の証である「星を模ったブローチ」を胸元に身に着けているのですけど、
全般的に魔女とか魔法使いという存在は頭にあの独特の三角帽子を被っている事が多いのは面白いものがありそうです。

東方における魔法使い・魔女というと魔理沙・パチュリーさん・アリス・白蓮さんだと思われますが、この中で三角帽子を
纏っているのは魔理沙のみです。
魔理沙は普通の人間ですけど他の方は厳密にいうと人間と言うよりは年を重ねた妖怪に近い雰囲気もあったりしますので、
ああした三角帽子というのは、魔理沙やイレイナも含めて意外と「普通の人間の証」なのかもしれないですね・・

上記の魔理沙はアミグリさんが2020年5月に描かれた魔理沙です。

お年頃の女の子らしいしっとりとした情感に包まれ、内省的で、どことなく乙女の秘密を胸に秘めた大人っぽい魔理沙のように
感じられます。
手の仕草もお年頃の女の子っぽいですし、髪のリボンもゆかりんみたいな紫色のリボンという事で、
普段とは違う意外感を醸し出しているようにも感じられます。
いつもは霊夢たちとぺちゃくちゃおしゃべりを楽しんでいる魔理沙ですけど、今回描かれた魔理沙は、なんとなくですけど、
霊夢にも打ち明けられないような恋の秘密を抱え込んだ 少し大人の魔理沙という雰囲気もありそうです~♪

こういうしっとりとした恋する乙女の眼差しのような大人の情感を醸し出す魔理沙もとてもすてきです!

そして三角帽子も魔女とか魔法使いの威厳というよりもむしろお年頃の女の子のおしゃれアイテムのようにも
感じてしまいそうです。

上記のアミグリさんが描かれた魔理沙は、上記作品の絵師様であられるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素晴らしい絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!

皆様の中で「こんなにかわいい魔理沙を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

生きる事はなにかと大変な事は多いですし、悩む事は多々ありますけど、別に全てを知ろうとする必要はないですし、
むしろ知らない事の幸せという事もあるという事を認識して生きた方が生きやすいのかもしれないです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

知らぬが仏

難しい問題だと思います・・

純粋な善意で相手にしてあげたことが全て良いことだとは限らないし、それが結果的に相手を傷つけることもあるし、かといって完全な無視というのも道理に反するし、
「相手にしようとしたその行為が相手にとっては傷つくこともあるのかもしれない」と想像できることが
なによりも大切であり、それが相手への思いやりという
事なのかもしれないです。

日本には「知らぬが仏」という言葉もありますけど、
時と場合によっては「知らない方がよかった」と感じることもあるのかもしれないですし、あえて全てを知ることも知らせる必然もないのかもしれないです。

「知らないことは罪」というけど・・

ひより~


昭和後半からのマスメディアの「知る権利」とか「無知の罪」なんて言葉が一人歩きした結果みたいな感じで、
例えばワイドショー等での有名人のプライバシーを暴く事は、結果的に「そんな話は聞かない方が良かった」という事に
なるのかもしれないですし、私たちが生きる上で何もすべてを知る必要はないと感じますし、
ご指摘のように「知らぬが仏」見たい方がむしろ生きやすいのかもしれないです。

どちらにしても、生き方の範囲が狭そうな方に対して過剰に生き方の選択を提示する事自体が、その人の幸せを
かえって破壊する事にもなりかねないですし、そのあたりのバランスは大変難しいといえそうです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |