FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


こうも暑いと、家に帰ると涼しい音楽でも聴きたくなるものです。
でもそうは言っても、埼玉では場所によっては夕方過ぎに雷が鳴り響き、一時的に
にわか雨が降り、大分「恵みの雨」とはなりましたけど・・・

「涼しさを感じさせる音楽」というと
どんな音楽を思いつくものでしょうか??
ふと考えてみると、あまり決定打はないような気がします。
「この音楽を聴くと体感温度が1℃程度は確実に下がる」なんてありがたい音楽は
そうあるものではありませんよね・・・

強いて言うと、

〇ヘンデル/水上の音楽

〇メンデルスゾーン/序曲「静かな海と楽しい航海」

〇ラヴェル/水の戯れ

くらいかな・・・偶然かどうかはわかりませんけど
なぜか「水」に関係する曲ばかりになってしまいましたけど・・・

そんな中、個人的には3分程度の小品なのですけど
サティーの「ジムノベティー第一番」なんかは、聴くだけでなんか心が癒され、
同時に「涼しさ」を感じるようにも聴こえます。
この曲は元々は、三つの楽章から構成されるピアノ曲なのですけど、
ドビュッシーによって第一曲と第三曲が管弦楽化されていて、
特に第一曲は、かなりの人気曲にもなっているようにも思います。
この曲を聴くと、何となく「苦悩」とか「浄化」みたいな情景が思い起こしてしまいます。
というか、この曲を知るきっかけとなったのが、
今は「あまちゃん」での出演でも話題になっていますが、
若かりし日の薬師丸博子主演の1984年の映画「Wの悲劇」で
主人公が悩んだり傷ついたりするシーンのBGMでこの曲がかなり効果的に使用され、
それでこの曲を知ることになったものでした。

あの頃の薬師丸博子は、可愛いというよりは個性的な魅力たっぷりの女優さんで
現在の「たぬき顔のおばさん」というイメージとは
随分とかけ離れたものでした・・・
ま、それはどうでもいいのですけど・・・・
この「Wの悲劇」は劇中劇ともいうべき二重構造にもなっているのですけど、
この映画で出てくる「劇」のシーンの中で
ヴェルディーの「レクイエム」~第二曲「怒りの日」も効果的に使用され、
やはりこの映画でもって、ヴェルディーのこの曲も初めて知ったものでした。

サティーのジムノベティー第一番は、「罪深さと浄化」みたいなイメージの曲で
大変清らかな香りもします。
だからこそ、真夏のけばけばしさを一瞬でも忘れさせてくれるのかも
しれません。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/564-a3f08d12
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |