FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


self_convert_20201216165359.jpg


最近では随分とスーパーにてセルフレジが増えてきましたし、コンビニでもセブンイレブンを中心にそれを導入する店舗も
増えてきたような印象があります。
(関東圏では西友がかなり早い段階からセルフレジを導入していたような印象もあります)

ちなみにですけどセルフレジと言っても二種類あり、一つがフルセルフレジでありもう一つがセミセルフレジであったりもします。

セミセルフレジとは何かと言うと、商品のスキャンまでをお店の店員が行い、精算は精算機を使い購入者自身が行う
システムです。バーコードスキャンに慣れていない方でもスムーズに買い物ができるというメリットがあります。
フルセルフレジ(無人レジ)とは何かと言うと、商品スキャンから精算・袋詰めまで全てを購入者が行うシステムです。
レジに人が常駐する必要がないので人員コストを抑えられるというメリットがあります。

セルフレジでもフルセルフレジでも共通して言えることは人員コスト削減と購入者にとってレジでの待ち時間を少しでも
減らすことができるという事なのだと思います。
実際、これまでのレジでどうしてあんなにも長蛇の列が出来ることが多いのかと言うと、その一つの要因として
特に高齢者の皆様が会計時に財布からお金を出す時に相当もたついていたり、小銭を引っ張り出そうとして財布の中を
隅々までガサガサやっていたりもするから、それがレジ混雑の大きな要因になっていた事は疑いようのない事だと
感じたりもします。
さらに輪をかけるように店員さんが高齢者顧客に「ポイントカードをお持ちですか?」と聞いた時には、多くの場合
高齢者がきょとん・・と固まってしまい無反応のまま時間が経過し、その時間の積み重ねが塵も積もって山となったのが
あのレジでの混雑だったのかもしれないです。

昨年・・2020年はどのスーパーでもセルフレジの導入がかなりの急ピッチで進んでいたような印象があります。

そこにはもちろんレジ担当の削減と言う費用的効果もあるかとは思いますが、レジ混雑という三密を生み出す要因を
セルフレジ導入によって出来る限り回避させようという意図もあったのかもしれないです。
そしてレジ担当を減らした分、他の業務に人手を回すことができるというメリットもありそうです。
購入者にとっても自分のペースで会計ができ、あせらず落ち着いて買い物をすることができるというメリットもありそうです。
フルセルフレジ(無人レジ)の場合は購入者が自らバーコード読み取りをしないといけないのですけど、これを初めて利用する
高齢者の皆様はかなり戸惑っているような印象もありました。
例えばですけど惣菜品を3個購入した場合は惣菜品自体にバーコードが付着しているわけではなくてレジの誘導にしたがって
商品指定と個数入力をしないといけないのですけど、機械音痴の高齢者にそれを求めること自体無理があるのかも
しれないです。もっとも昨年の新型コロナ以降は惣菜自体が一つ一つの小分けのパック詰めされているようになり、
以前よりは操作が簡単になっているといえそうです。
フルセルフレジだとたまにですけど、こちらは最初からエコバックを持ち込んでいて最初から指定位置にエコバッグを
置いているのに、レジがそれを的確に反応してくれず「エコバックを所定位置に置いてください」と執拗にエラーメッセージが
出る場合もありますし、酷い時には「商品と重量が合致しません。担当者が来ます」となんだか万引き??を疑われるような
エラーメッセージが出ることもあったりして「おいおい・・」と感じることもあったりします。

それでも全体的にはセルフレジはレジの待ち時間短縮には一定程度の効果は上がっていると感じられます。

そうそう、セルフレジ導入でひとつありがたい面があり、何かというと財布の中にかなりの小銭が溜まってしまい
「小銭を減らさないと・・」と思った際にセルフレジで会計の際にまとめてどかーんと財布の中の小銭をはきだして
財布の中の小銭を一気に減らすことも可能なのだと思います。
セルフレジは大変賢くて有能ですので、この際にお釣りが発生する時も極力少ない小銭を選択してくれて、例えばお釣りが
598円の際は、100円玉ではなくて500円玉と50円玉1枚と10円玉4枚と5円玉1枚と1円玉が4枚と最小種類でのお釣りを
出してくれますので、間違いなく財布の小銭整理には一役買ってくれていると思います。
もっともそうした際に一つ気を付けないといけないのは、先日もとある高齢者の方が上記で私がやったようなことをセルフレジで
実践され、財布の中の小銭を全てセルフレジに入れたところエラーが表示され、店員さんが駆けつけセルフレジを開けたところ、
なんと・・! ダイソーのクーポンシール2枚とほんの小さなお守りのお大仏さまが機械に入り込んでいて、
担当の方はそれを機械から引っ張り出すのに少し苦労されていましたので、ま財布の中の小銭を全部まとめてセルフレジに
入れる場合は異物混入には十分気を付ける必要があるといえそうです。


sansu-07_convert_20201217172114.jpg


上記で触れた通り、財布の中にこんもりと溜まった小銭を数えたりするのは少しばかり面倒なものがありそうですけど、
東方の幻想郷において、お釣りを数えるとか計算をするとか得意そうなのはゆかりんとか藍だと思われますけど、
そうした事がからっきし苦手そう・・というというまでもなくチルノといえそうですね~♪

そうした計算やお釣りを数えるのが苦手そうなチルノにぴったりの東方楽曲というとそれはいうまでもなく東方でも屈指の
人気楽曲の一つでもある「チルノのパーフェクトさんすう教室」だと思います。

チルノのパーフェクトさんすう教室とは、東方同人サークル「IOSYS」による東方Projectのアレンジ曲で、
同人サークル「IOSYS」が発売した同人CD「東方氷雪歌集」に収録されている動画作品です。
ちなみにですけど、この作品の原曲は「東方紅魔郷」2面ボスでもあるチルノのテーマ曲の「おてんば恋娘」です。
さらに・・チルノのパーフェクトさんすう教室 ⑨周年バージョン というのもあったりします。

歌詞自体もそのほんの一部ですけど
「紅魔館からバスが出て 初めに三人乗りました

白玉楼で一人降りて半人だけ乗りました

八雲さん家で二人降りて結局乗客合計何人だ?

答えは答えは0人0人 なぜならなぜならそれは幻想郷にバス無い」
からわかるようにチルノには全く計算能力が存在しないおばかさんということが一目瞭然の楽曲でもあったりしますし、
とにかくとっても楽しい楽曲だと思いますね~♪

もしもチルノが外界のセルフレジで精算する場合、たとえば475円の買い物した時に475円を数え上げることが
よくわからないのかもしれないですし、チルノにとっては9枚まではなんとか数える事は出来ても10枚以上になると
それは「たくさん」という概念しかなくなり、チルノにとっては11円も125円も「たくさん!」という事になってしまうのかも
しれないです。
そういう場合は上記で触れた通りセルフレジにて財布の中にある全てのお金をレジに投入するというのがいっちば~ん!の
方策といえるのかもしれないです。


021_convert_20190126182926.jpg

ちなみにですけど・・上記はチルノのSEGAフィギュアです!

いたずら好きのチルノらしい天真爛漫な笑顔でカエルを凍らせるが立体化されています。

いかにもいたずら好きの妖精の溌剌とした元気一杯の雰囲気が三次元フィギュアとしても見事に立体化され
表現されていると感じられます。
見た瞬間から「かわいい~」とか「妖精らしい無鉄砲で元気一杯の雰囲気が伝わってくる」とか「いたずら好きのおてんば娘」
というワードが自然と口に出てきてしまいそうな印象があります。

チルノが元気一杯に手を広げ足を広げ「やったー! またまたあたいの冷気によってカエルを凍らせることができた~♪」
みたいな感じでご機嫌な様子が一目でよくわかる素晴らしいポージングだと思います。


20057237_convert_20110709123540.png

ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが描かれたかわいい絵の転載&ご紹介コーナーです!
今回はアミグリさんが過去に描かれた3枚のチルノの絵を転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

上記のチルノは、アミグリさんが2011年7月に描かれた作品です。

上記のアミグリさんが描かれたチルノは見ているだけでなんとなくですけどチルノから元気を分けて貰えそうな
不思議なパワーがあるチルノだとも感じられます。

アミグリさんは東方キャラの中では、フランちゃん・こいしちゃん・妖夢・咲夜さんなどと共に特に大好きなお気に入りキャラ
と言う事で、dream fantasy開設初期の頃から現在に至るまで既にたくさんの魅力的で多彩なチルノを描かれていて、
元気一杯のチルノや少ししんみりとしたチルノとか
おバカさん全開の雰囲気に溢れたチルノもあるかと思えば、デフォルメとチビ化によってとてつもなくちびっこかわいい
チルノがいたかと思えば、まるでメディスンを彷彿とさせるような東方屈指の美少女キャラみたいなアプローチもあったりと
多くの東方絵師様がついつい描きがちな「チルノ=⑨=おバカさん」という単純な図式ではなくて、
「チルノにはこんな側面があるのではないの・・?」みたいな多様なアプローチからチルノを描き続けていた東方絵師様の
お一人がdream fantasyのアミグリさんではないのかな・・?と私的には捉えております。

チルノのこの笑顔とか生き生きとした雰囲気やこの明るさに見ているだけでも癒されそうです!

チルノが身に付けている髪飾りの青いリボンって、結構大きいですよね!
東方の世界で髪飾りのリボンと言うと、言うまでも無く霊夢を思い出してしまいますが、
霊夢の赤リボンに対してのチルノの青リボンも色彩的に対照的と言う事もあり、アミグリさんの描かれるチルノの青リボンも
印象としてはかなり強いものがありそうです。


chiruno-kahitu-002_convert_20170909161822_convert_20170912014513.png


続きましてアミグリさんが、2017年⑨月⑨日のチルノの日に描かれたチルノです!

チルノというとチルノの代表的楽曲のタイトルではありませんけど「おてんば娘」という言葉がこれほど幻想郷内で
お似合いなキャラはいないような気もするのですけど、
2017年の9月のチルノの日に描かれた上記のチルノは、じゃじゃ馬のようなやんちゃなおてんばというよりは、
むしろ妖精らしい無邪気で純粋なかわいらしさをより強くイメージさせているようにも感じられたものでした。
現代のJCさん・JKさんみたいな現代的な可愛らしさみたいな雰囲気も宿しているように感じられ、
アミグリさんの真骨頂発揮!の素晴らしい作品だと思います。

このチルノは「おてんば娘」ではなくて「東方のすてきな美少女」という雰囲気に溢れていると思います!

チルノのこの笑顔がとても眩しいと思いますし、
いつもの青のワンピースもこんなにキラキラ感が加味されるだけで
普段描かれるチルノとはちょっと異なり、より華やかさが伝わってきているようにも感じられます!
そして今回のチルノは普段以上に髪の青リボンをより強調され、このリボンにも思い切りキラキラを飛ばされているのは、
よりチルノの「きらきら可愛らしさ」をUPしているようにも感じたものでした!

よくチルノっておバカさんとか⑨とか言われてしまう傾向はあるのですけど、アミグリさんが描かれるチルノは
全般的にそうした「おバカさん」みたいな要素をやや薄められていて、その分、賢明さとは言いませんけど、
ひたむきな感じとかなんか一生懸命チルノなりに頑張っている感じとかまっすぐな感じをより強く表現されている事は、
ここにもアミグリさんのすてきな「チルノ愛」が窺えると言えるのかもしれないです。

チルノが手にしている謎の物体(?)はチルノの秘密兵器としての弾幕なのか氷の結晶なのかは
見ている方の脳内妄想に委ねた方が楽しいものがあるのかもしれないですね。


doappu-chirrno-desuyo!!_convert_20140710164957.png


上記のチルノはアミグリさんが2014年7月に描かれたチルノです。

このチルノは文句なく可愛いと思いますし、おバカさんという雰囲気ではなくて
いかにもアミグリさんが描かれたチルノらしいファンタジー感に溢れていると思います。
氷の妖精という雰囲気に包まれていて、少なくてもこの幻想的で儚さも感じられそうなイラストからは
おバカとか⑨という感じは微塵も感じさせないチルノをきっちりと描かれている事がアミグリさんの素晴らしい点だと
思いますし、アミグリさんの「チルノ愛」が凝縮されていると言っても決して過言ではないと思います。

こういうちょっとシリアスな雰囲気のチルノはひそやかさも伝えていると思います。

チルノのひそやかさ・大人っぽい感じが見事に表現されていると思いますし、こうしたアプローチでチルノを描かれる
東方絵師様が意外と少ないこともあり、私的にはアミグリさんが描かれたチルノ作品の中でも特に際立って
大好きなチルノの一つでもあります!

上記のアミグリさんが描かれた3枚のチルノの絵の権利は、全てこのチルノの絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいいチルノを描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2  を ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy2  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私も
とってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

チルノは計算とかお釣りの暗算などできなくてもいいので、そのままのポンコツ妖精ちゃんとしてずっとい続けてほしいです~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

セルフレジ、出た当初はちょっと触りにくい印象はありましたが、今はすっかり普及して私ももっぱらセルフレジ使いになってしまいました。緊張や一度にやれなばならないことが多く、高齢者などには優しくない設定ですが、今後はもっと簡単に、誰でも気軽に使えるレジが出て欲しいですね。

後半は計算繋がりでチルノ特集!「チルノのパーフェクトさんすう教室」はもはや伝説の1曲ですね。
フィギュアやアミグリ様のイラストもたくさんで、今回も楽しく読ませて頂きました(^^♪

言われてみたら・・

記事を拝見して、なるほど確かに言われてみると
財布に小銭がやたらと溜まっている時はセルフレジで
一種の両替みたいな感覚で小銭の在庫一掃が
できそうですね。

記事内の年配の方の小銭の中に大仏さんとダイソーのクーポンが入り込んでしまった話は
店員さんにとってはいい迷惑でしょうけど、なんだかほのぼのとした話なのかもしれないです。

セルフレジ

ごにぎり 様


セルフレジは混雑解消やレジでの待ち時間短縮に繋がっているのは間違いなとは思いますけど、
それでも高齢者の中には機械が苦手とか現金かカードといった支払方法の選択すらできない人もかなりいたりもして、
これが完全に復旧するにはもう少し時間がかかりそうです。

あと数年もしたらキャッシュレス化がさらに進行し、現金自体を持ち歩くという習慣自体なくなるのかもしれないですし、
全てカード一枚で済むという時代もすぐそこまで近づいているのかもしれないです。

どちらにしても機械とか数を数えることが苦手そうなチルノにとっての外界は「わけがわからん世界」と
いえそうですけど、
そうしたチルノをかわいらしく描かれたアミグリさんの絵はとてもすてきだと思います。

小銭一掃

ひより~ 様


セルフレジでの現金支払いにおいて財布に溜まった小銭一掃のためにセルフレジ活用というのも
一つの応用と言えそうです。

高齢者の財布の中にはレシートとかクーポン券とかいろいろありそうですけど、大仏の御守りも含めて
まとめて小銭投入の際には異物混入だけはしないように一定の注意を払う必要はありそうです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |