fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム





胡弓というと大変繊細で哀愁に溢れた郷愁をイメージさせる音だと思うのですけど、世間一般の感覚ではなんとなくですけど、
「女子十二楽坊」で7名程度が奏でていた「二胡」という楽器と音色が近そう・・と言う事で
似たような楽器とか「実は同じ楽器ではないの?」ととてつもない誤解をされている方ももしかしたら多いのかもしれないですが、
実は胡弓と二胡は全く別の楽器で、奏法も楽器の構造も全然異なるものでして、
この二つの楽器は「似て非なるもの」といっても差し支えはないと思います。
両者の違いは、艦これとアズールレーンは「似て非なるもの」以上の違いなのかもしれないですし、
楽器で例えると、フルートとピッコロの違い以上のものがありそうです。

日本では二胡が胡弓という名称で呼ばれることがありますし、酷い場合ですと、二胡の音色なのにタイトルは「胡弓の調べ」
みたいなものもあったりして、二胡と胡弓が混合されがちなのかもしれないです。
二胡は中国の民族楽器で、弦が2本であるため二胡(アル・フー)と呼ばれていて、2本の弦を間に挟んだ弓で弾きます。
二胡の仲間の楽器として、京胡(ジン・フー).・高胡(ガオ・フー).・中胡(ジョン・フー).・板胡(ヴァン・フー).などがありますし、
広い意味ではモンゴルの民族楽器の馬頭琴も二胡の仲間といえるのかもしれないです。

上記の画像は日本の「胡弓」です。

日本の胡弓は中国の二胡とは種類も楽器構造も全く異なる日本独自の楽器で、純然たる日本の伝統楽器です。
そして当たり前の話ですけど、中国には胡弓という楽器は存在しません。
そして胡弓は単独楽器としても奏でられますけど、どちらかというと箏や三味線と合奏することが多いと言う事も特徴です。 

二胡は弦が二本ある2弦楽器ですけど、日本の胡弓は3弦ないしは4弦楽器で三味線を小さくしたような構造をしています。
膝に楽器を立てて、手に持った弓で弦を擦って音を出すという擦弦楽器という点が二胡と胡弓の共通点と言えます。
弓は長さ1m程度で大きく湾曲し、馬の尻尾の毛がゆるめに張られています。

日本の胡弓は三味線とほぼ同じ形で、大きさ的には三味線より少し小さいです。各部分の名称は三味線と同じです。
四角形の胴に、猫の皮を張り長い棹を持っています。
棹は三味線と同様に木枠の胴にくし刺しになっていて、その先端は三味線に比べるとかなり長いのが特徴です。
胡弓自体は足に挟んで直立して弾きますけど、糸(弦) を移る時に弓の角度を変えず、弓は低位置を往復させ、
楽器自体の角度をクルリクルリと変えるのが、西洋のヴァイオリン等との大きな違いと言えます。


_convert_20191106171502.jpg


上記は中国の伝統楽器であり民族楽器の二胡(にこ)です。

にこといっても「ラブライブ!」の矢澤にこ先輩ではありませんし、ドクタースランプで登場するニコちゃん大王でもないです・・

構造は見た目的にも日本の胡弓とは全然違いますね~

手に持った弓で弦を擦って音を出すという奏法は胡弓と同じですけど、二胡は弦の本数が二本ですし、
胡弓が三味線と大変よく似た構造であるのに対して、二胡は少なくとも三味線をイメージさせるような楽器ではないと
感じられます。

二胡の胴は木や竹の筒の片面にヘビの皮を張ったものが一般的です。


_convert_20191105234840.png


東奏学園器楽部の部員は30人ですけど、
「ららマジ」は吹奏楽部ではなくて器楽部と言う事で、楽器仕様に制約が無いと言う事で、出てくる楽器も
吹奏楽ではありえない編成のワーグナーチューバ・琴・胡弓・グラスハーモニカ・リコーダー・エレキベース・シンセサイザー・
ウクレレなども登場しているのは自由さがあってとてもすてきだと思います。

東奏学園器楽部の奏者は、管楽器・打楽器がメインの傾向が強いですけど、その中にあって胡弓・琴・和太鼓という
日本の伝統楽器が含まれているのは素晴らしいと思います。
(二胡ではなくて日本の胡弓というのがすてきな心配りなのかもしれないです)

そして日本の伝統楽器のうち、胡弓と琴の奏者二人が「ららマジ」の中でも特に際立って美しい美少女JKさんである
というのも素晴らしいと思います~♪

有栖川翼は胡弓を担当している高校一年のJKさんです。

その性格は誰よりも前向きでおっちょこちょいで、明るく元気な女の子です。そしてららマジ屈指の美少女の一人であると
私的には感じています。
琴を担当している高校3年の橋本ひかりが恥ずかしがり屋の内省的な女の子であるのとは対照的であったりもします。

有栖川翼はいつも明るく元気でリアクションも大きめで、とっても素直な性格で誰とでも仲良くなれるタイプです。
人との出会いやつながりを大切にする優しい少女で、面倒見がよく、年下の子供たちにとってはお姉さん的存在ですけど、
少しおっちょこちょいでよく転んでしまうというのはある意味美少女キャラのお約束ともいえそうですね~♪

町内清掃などにも取り組んでおり、町内においても実は有名人であったりもするそうです。


_convert_20191105234932.jpg


ららマジの高校制服ではなくて、私服の有栖川翼もすてきな美少女ですね~♪

有栖川=ありすがわというとなんだか東方屈指の美少女のアリスを思い出してしまいそうです!


_convert_20191105235017.jpg


巫女さん装束に着替えようとしている有栖川翼も素晴らしいです!

巫女さんというと東方の霊夢というイメージもありそうですけど、巫女さん装束の有栖川翼も魅力たっぷりですね~♪


_convert_20191105235052.jpg


そして、クリスマスイベントの際にサンタコスプレを使用としてる有栖川翼のかわいらしさもそのノリの良さも
素晴らしいと思います!


_convert_20191106164754.png

_convert_20191107003319.jpg


上記で胡弓について触れましたので、最後に少しばかり胡弓と同じく和楽器である琴についても少し取り上げたいと思います。

箏(そう)は日本の和楽器の一つです。

一般的に「琴」(こと)という呼び名の方が浸透しているのかもしれないのですけど、厳密にいうと、
「箏」と「琴」は別の楽器であったりもします。
両者の最大の違いは、箏は柱(じ)と呼ばれる可動式の支柱で弦の音程を調節するのに対し、琴は柱が無く弦を押さえる場所で
音程を決めるという点が挙げられると思います。
琴は弦が7本であり柱は存在しませんし、音の目印となる「徽(き)」がはめ込まれており、
この目印をたよりに奏者は左手で弦をおさえ右手で弾きます。

それではどうして箏と琴が混同されているのかと言うと、その背景として、箏の字が常用漢字に含まれず、
しかも箏という文字が書きにくく馴染みがうすいと言う事で、箏と琴が同一視され混同をされている事情もあったりします。
ふたつの文字は混同されていることが少なくありません
そして箏というともう一つ誤解をされている点は、「箏は日本が発祥の伝統楽器であり、箏は日本古来の伝統楽器」と
認識されがちなのかもしれないですけど、実は箏自体は、奈良時代に中国(唐)から雅楽が輸入された時、
その中の楽器のひとつとして日本にもたらされたものです。
17世紀に近世箏曲の祖と称される八橋検校が、ほぼ現在のかたちの箏曲を完成させ、江戸時代以降の箏の世界は、
胡弓に代る新しい楽器でもある三味線とも結びついてたいへん発展し、
関西では生田検校が生田流をおこし、関東では山田検校が山田流をおこし、現在に至っています。
そして生田流でも山田流でも箏は桐の木で作った中空横長の箱状の胴に、十三本の弦が張られています。
弦の下に柱(象牙またはプラスチックまたは木製)を置き、その位置によって音の高さを合わせます。
(そうした音の高さ調整の事を「調子を合わせる」とも言うそうです)
奏者は自分の前に横に置いた楽器の右端に座り、右手の親指、人さし指、中指に琴爪をはめて演奏します。

箏ではないのですけど、日本の雅楽の楽器が管弦楽と協奏的に構成された作品として大変名高いのが、
武満徹が1967年に作曲した「ノヴェンバー・ステップ」という 琵琶、尺八とオーケストラのための音楽作品だと思います。
吹奏楽と箏(琴)の共演作品としては 櫛田胅之扶の箏と吹奏楽のための組曲「嵯峨野」や
小山清茂の吹奏楽のための「琴瑟」が挙げられると思います。
琴瑟は日中国交回復を記念して航空自衛隊航空中央音楽隊より委嘱された曲で、
瑟という中国雅楽におけるチター属絃鳴楽器 と日本の琴は必ず使用するようにという指示があるそうです。

ららマジで事を担当してるのは高校3年生のJKさんの橋本ひかりです。

身長が高くスタイルがよい美少女というよりは、ララマジ屈指の正統派美人さんだと思いますし、あの素晴らしいスレンダーな
体型は美人さんキャラに華を添えていると思います。

同じ和楽器担当でも上記の有栖川翼とは対照的に、引っ込み思案で恥ずかしがり屋な性格で、
特に男性に関して強い苦手意識を持っているというのも、アニメ・ゲームにおける美少女キャラのこれまたすてきなお約束の
一つなのかもしれないです。

面倒見がよく器楽部の後輩からは大変慕われているそうです。

稀にですけど、吹奏楽団の演奏会等で、琴や胡弓、和太鼓等の和楽器と吹奏楽をコラボした曲目が演奏されることも
ありますけど、ららマジでも橋本ひかりや有栖川翼をソリストにした協奏的な曲目を演奏するのも
すてきな事なのかもしれないですね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ぜんぜん違いますね!

日本の胡弓は中国の二胡とは種類も楽器構造も全く異なり、
似て非なるどころかこの二つの楽器は似ても似つかない別の楽器だと思います。

確かに・・

たがふ 様

ご指摘通り、日本の胡弓は中国の二胡とは全然異なる楽器であり、少しとんちんかんな記事でもありました・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |