fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


本日、3月10日は東方記念日としては「さとり様の日」です~♪

さとり様というと、言うまでも無くサードアイを通して相手の心を読み通す能力をお持ちの御方なのですけど
その能力がゆえに、管理を任された旧地獄に残存する怨霊・妖怪等から大変忌み嫌われ
基本的には地霊殿にひきこもられて生活をしています。
さとり様は、言葉を喋りその表面的な言語と心の深層の間に生ずるズレを有している人間と言うものが基本的にはお嫌いで、
相手の心の本音が相手が喋らなくても全部分かってしまっているので、怨霊・妖怪・人間達がさとり様にいくら口でうまい事を
言っても結局はさとり様に見透かされてしまうだけなのです。
つまりさとり様にとっては人間の心は表層部分もその内面に潜む深層部分も丸ごと全てがお見通し済なのです。
さとり様は人の本音と建前という二面性に嫌気が差され、同時に怨霊たちにとっても、自分達が何かを言う前に
心の本音を既にさとり様に把握されて手のうちを喋る前から読まれているさとり様の存在はうっとうしい以外の何者でもないと
思われます。

さとり様は、言葉というものを一切信用していません!

さとり様の場合、既に「相手の心=本音」をお分かりになっていますので、会話みたいなまどろっこしい事は必要ないのです。
そのため、ついつい先走りして相手の心中を先取りしてポロッと喋ってしまうだけなのかもしれないです。
さとり様の場合は、言うならば会話のデットボールみたいなものです。
いきなり問答無用で、人にとって最も触れて欲しくない部分という核心を突いてくるという感じなのかもしれないです。

上記でさとり様は相手の心の中を読み取ることが可能だから、相手が口で話しているその内容と心の中で思っていることの乖離が
簡単に把握してしまっているので人間が口で話していることは一切信用しないし信用できないと記しました。
ここで改めて考えてみると、人間という存在は心の中の本音を口にするということ自体が極めて異例であるということなのかも
しれないです。
もちろん普段の日常生活や仕事・学校での何気ない会話や伝達事項などはそうした心の本音ということもあまり関係が
ないのかもしれないですけど、基本的には人間という存在は他人には自分の秘密とか自分が隠している心の本当の声
というものを他人に話すということ自体が極めて少ないのかもしれないです。
そして普段の日常会話の中でも「こんなことを相手に話してしまったら相手は嫌な顔するかもしれないし、それによって自分が
相手からヘンに思われるかもしれない」という意識が働き、それをオブラートに包み込む方策の一つが
「(ちょっとした)嘘をつく」ということなのかもしれないです。
そうしたほんのちょっとした小嘘をつくことで、その場の雰囲気を壊さずになんとなくやり過ごすというのはむしろ人が生きる上の
生活の知恵ということなのかもしれないです。
例えば相手から「あの人、とても魅力的だね」と投げかけられた際、本音では「あいつのどこが魅力的なの!?」と感じていても
その場をなんとなくやり過ごすために「そうだね」とか「うん、確かにかわいいよね~」というある意味偽りの言葉を発したほうが
無難の場合も多々ありますし、それが相手との余計な諍いを防ぐための潤滑油になるのかもしれないです。
もちろん嘘というのは基本的にはよくないことであるのはいうまでもないことなのですけど、相手に精神的・金銭的な
被害を与えない限りは多少の小嘘というのはやむをえない場面が多々あるというのが人間社会の生きる難しさなのかも
しれないです。
そして人という存在はその生涯に一度も嘘などついたことは無いという人はまずいないと思われますし、
嘘をつくこと=その人の本心とは異なることを口にするという定義にしておくと、生きている人間のほぼ全ては
嘘つきということになるのだと思われます。
そうした意味においては、人の嘘というのはある程度においては許容範囲なのかもしれないです。
さとり様は人の心の読解をする能力をお持ちなのですけど、そうした能力の過程の中で「人の嘘」というものも必然的に
見抜いているのだと思われます。
さとり様はそうした人の嘘に嫌気をさしている事が「私は嫌われている」とか「人間は一切信用ができない」という意識に
繋がっているのは間違いないと思われますけど、考えてみると人の嘘というものは人が生きる上である意味仕方のない方便
みたいなものであるという事に気がつかればさとり様自身がもしかしたら
「人の嘘も時にはかわいいものもあるよね~」と感じる事もあるのかもしれないですし、さとり様のチェンジにつながる可能性も
あるのかもしれないです。
東方キャラで意外と?正直者キャラというと霊夢とアリスでもありますけど、嘘つきキャラ?は魔理沙やサニーミルクなどだと
思われますけど、例えばゆかりん・ゆゆ様・八坂神奈子・文ちゃんなどといった東方ご長寿キャラの皆様も
幻想郷でのそれぞれの立場を維持するために時にそうした嘘をつくこともあるでしょうし、時には大風呂敷を広げて
しまうこともあるでしょうけど、それも幻想郷内での主導権争いというのか自分の地位を確固なものにするためには
むしろ時に必要なものになるのかもしれないです。
さとり様というと東方深秘録以降に妹のこいしちゃんがブレイクして以降、こいしちゃんを見つけるために幻想郷内や
時に命蓮寺などを訪ね歩いていることもされているようですけど、そうした地底の地霊殿を離れて幻想郷内のキャラたちと
交流を重ねることによって、案外「人間が心の中で考えている事と言葉に出していることに乖離がみられること自体が
人間臭いことであり、そうした乖離は実はそれほどひどいものではないし、むしろ生きる上での生活の知恵」といった事に
気が付かれる日もそう遠いものでもないのかもしれないです。

こいしちゃんのここ最近のあの開き直ったかのような活躍ぶりはもしかしたらこいしちゃんなりにそうした人間の本質に
気が付いたという事なのかもしれないですし、むしろさとり様がこいしちゃんから人の心の本質について
なにかレクチャーを受けられる可能性だってうるのかもしれないです。
さとり様が忌み嫌う「人間がその本心とは異なる事を時にして口に出す」という事は、それを「嘘つき」という定義にすると
嘘つきも時にはやむを得ないことという事になるのかもしれないです。

以前なのですけど、当ブログの記事内にて
「もしも幻想郷のすてきな女の子たちの誰か一人を一日だけ外界に連れ出しデートしたらだれがいいのかな・・?」みたいな
脳内妄想記事を書かせて頂き、その際に私が選ばさせて頂きました東方キャラは文ちゃんまたはアリスでしたけど、
さとり様と言うのもとてつもなくトリッキーな選択ですけが、それもありなのかもしれないです。
さとり様と外界でデートをしたとしたら、通り過ぎる人たちみんなの心をさとり様が瞬時に読み取ってしまい
「あの人は嘘つき、この人も嘘つき・・」という感じになってしまうのかもしれないです。
もしもですけど、さとり様と一緒に国会議事堂の見学に行き、国会を傍聴席で一緒に見学し、
その国会での答弁のやり取りをさとり様がお聞きになったとしたら
「外界のあなたの国の元首たちは嘘ばっかりついていて、誰一人本当にこの国の事を真剣に考えている人は
いないのね・・結局はみんな自分が可愛いし、自分の選挙区の利益ばかり考えている・・」みたいにお感じに
なられるのかもしれないですし、 外界でのデートが終わり、さとり様が幻想郷にお戻りになられる時の最後のお言葉は、
「あなたが一番嘘つきなのかもね・・」という事なのかもしれないです・・
というか、私自身の嘘?は許容範囲??なのかもしれないですけど、政治家が口にする「嘘」というのは質が悪いという
事なのだと思います。


縺・◎縺、縺浩convert_20190205235020


同じ「嘘つき」でもここに男女の愛情とか恋話が絡むと話は面倒なのかもしれないです。

そうした嘘つきをテーマにしたボーカロイド楽曲というと初音ミクの「うそつき」だと思います。

うそつきのは表面的にはかわいらしさというのかかわいくて明るさのようなものも感じ取れるのですけど、
やはりそこに流れているのは失恋という痛さであり、かわいい曲調とこの痛さは本来は相反するものがあるのかもしれない
のですけど、初音ミクの歌い方がなんとなくですけど屈折した明るさというのか開き直ったような明るさも感じ取られていて、
そこに横たわっているのは女の子の自分の本当の気持ちを隠してわざと強がってみせているという事でもあり、
これがタイトルの「うそつき」という事に繋がっているように感じられます。

歌詞の中で後半に

まぁいいや しょうがないね 君のことなんか忘れるし
だけど気持ちは ここにあって 私の目に降り注ぐ雨
まぁいいか もういいや

というのがありますけど、表面的には「君の事なんか忘れるからもういいや~」と強がって見せてはいるのですけど、
こその心の深層としては、大切なモノを失った後にその大切なモノのありがたさを骨の髄まで理解し涙ぐんでしまう
後悔とか未練みたいな感情も感じられます。

結局は自分の心に対して一時的に「うそつき」というのか強がるのも仕方がない事なのかもしれないけど、
やっぱり自分の心に素直に接し、「君の事は本当に大好きだった・・」と認めた上で、新しい恋を探してみるのが
失恋のお薬としては最適という事を歌い上げているようにも感じられますね。

東方で「うそつき」をバックに踊るキャラってやはりなんとなく恋は不器用そうで
男運もなんとなく悪そうな霊夢が一番合っているようにも感じられますね。
そしてこれを紅白の巫女さん衣装でダンスしているから、余計に失恋の痛さとか甘酸っぱさを神聖な気持ちで
感じ取ることが出来るのだと思います。

→ 【東方MMD】 ロングヘアな霊夢さんでうそつき 【Ray-mmd】


縺・◎縺、縺阪€€_convert_20190324173845


この「うそつき」の東方MMDは既にたくさんの作品が投稿されていますし、魔理沙・さとり様なども大変印象的ですけど、
年頃の少女の微妙な恋心という意味では、この妖夢も素晴らしいものがあると思います。

→ [東方MMD]魂魄妖夢でうそつき


2016-3-satorisama-02-kakou-desu_convert_20160309214520.png


ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。
本日はさとり様の日という事で、アミグリさんが描かれたさとり様をご覧頂きたいと思います。

上記のさとり様は、2016年の3月10日の「さとり様の日」に、私自身がアミグリさんにリクエストをさせて頂き描いて頂けた
作品です!

アミグリさんが描かれた微笑みさとり様ヴァージョンは、こいしちゃんのような「希望の灯」が内面に灯されたような印象が
強く感じられます。
このさとり様からはどこか救われた想いや明るい希望のようなものを感じさせてくれていると思います。

背景の演出が素晴らしいです!

窓から光がさーーーっと差し込むというのは、さとり様の閉じられがちでひきこもりがちのさとり様の心が
少しずつオープンになっていくみたいな事を示唆されていると言えるのかもしれないです。

妹のこいしちゃんが秦こころの「希望の面」を拾った事で、こいしちゃんに「他者から注目される事への快感」に
気が付いたという事に、多少なりともお姉さまのさとり様の心にもどことなく
影響を与えてしまったみたいな事も示唆しているような雰囲気が漂っている絵トのようにも感じられます。

「心、ここにあらず」のさとり様の雰囲気ももちろんすてきですけど、女の子というものは、
アミグリさんが描かれたように笑顔とか微笑みの方がお似合いと言えるのかもしれないですね。

上記のアミグリさんが描かれたさとり様の権利は、全てさとり様の絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなに美しいさとり様を描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2  を ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy2  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私も
とってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

さとり様には人間というものは時に嘘もつくし、話している言葉自体すべてが本当のこととは限らないし、世の中は本音と建前から
できているということをほんの少しだけでも認識していただけると、さとり様自身の心が「オープン!マイハート!!」に
なられるのかもしれないですね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

嘘も方便

嘘も方便というのか人が生きるにおいては、時にはどうしても本心とは全然違う事を口にせざるを得ない時もありますし、それが人が生きる上での潤滑油になるのだと思いますが、さとりさんにとってはそうしたやむをえない嘘というのも、「また人間は本音と建て前を使い分けている」と感じているのかもしれないです。

そうした時には嘘も方便は必要悪ということをさとりさんが認識すれば、さとりさんも少しずつ心のどこかに変化が生じ、アミグリさんが描かれたさとりさんのように
「仕方ないわね」という慈愛のような微笑みに変わるのかもしれないです。

嘘も使い方次第・・

ひより~ 様


仰る通り時には「嘘も方便」だと思いますし、人が生きる上で他人とうまく交わるための嘘というのは許容範囲と
いえそうですけど、
相手を傷つけたり政治家のできもしない公約を並べたてるという虚言は、それは既に許容範囲を超えた嘘と言え、
それは看過できないものだと思います。

さとり様は人間の嘘というものを嫌と言う程見せつけられ、「だから人間は嫌なの・・」と感じられたのかも
しれないですけど、他愛もない小さい嘘をつくことがむしろ人間らしいとさとり様が理解された時に
さとり様の心が真に解放されるのかもしれないですし、
それを示唆した作品がアミグリさんの描かれたさとり様だと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |